シティからレンタル中の板倉滉、完全移籍ならずフローニンヘンに再びレンタルへ

2020.07.21 16:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティからフローニンヘンにレンタル移籍中の日本代表DF板倉滉(23)だが、来シーズンもフローニンヘンでプレーすることになりそうだ。

2019年1月に川崎フロンターレからシティへと完全移籍した板倉。そのままエールディビジのフローニンヘンへと1年半のレンタル移籍となっていた。

◆来シーズンはこの男と同僚に!?

フローニンヘンでは、加入2年目の今シーズンはレギュラーとしてプレー。センターバックとしてエールディビジで22試合に出場していた。

地元メディアのオランダ『DAGBLAD VAN HET NOORDEN』によると、フローニンヘンは板倉のレンタル移籍に関して、シティとの合意が近いとのこと。詳細を詰める必要があるものの、ほぼ移籍は完了したとのことだ。

なお、シティは当初、板倉を売却することを考えていたとのことだが、フローニンヘンからの提示価格が安すぎたため、レンタルとなるようだ。

フローニンヘンは、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが現役復帰を目指して1年のブランクを経て加入。新シーズンのエールディビジでは、板倉と同じピッチに立つ姿が見られる可能性もありそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ヘルタ・ベルリンがフローニンヘンの元U-21オランダ代表DFゼーファイクを長期契約で獲得

ヘルタ・ベルリンは6日、フローニンヘンの元U-21オランダ代表DFデヨファイシオ・ゼーファイク(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期とのことだ。 ゼーファイクは、アヤックスの下部組織出身。2017年7月にファーストチームへ昇格すると、2018年1月からフローニンヘンにレンタル移籍。2018年7月には完全移籍を果たしていた。 主戦場は右サイドバックで、フローニンヘンでは公式戦73試合で1ゴール6アシストを記録。今シーズンはエールディビジで26試合に出場し2アシストを記録していた。 ゼーファイクは、これまで世代別のオランダ代表でプレー。U-21オランダ代表としても6試合で1ゴールを記録していた。 2020.08.06 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

現役復帰のロッベンがフローニンヘンの主将に、監督が語る「究極の手本」

1年のブランクを経てフローニンヘンで現役復帰を果たした元オランダ代表FWアリエン・ロッベンだが、新シーズンはキャプテンに就任するようだ。オランダ『Telegraaf』が伝えた。 ロッベンは、2019年7月にバイエルンを退団して現役を引退。しかし、1年が経過した2020年7月に現役復帰を果たし、自身が育ったフローニンヘンに入団していた。 <div id="cws_ad">◆バイエルンでのロッベンベストゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDSTI3QnRBRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1年間のブランクを埋めるべく準備を進めているロッベンだったが、ダニー・ブライス監督が「彼は誰にとっても究極の手本だ」とかたり、新シーズンのキャプテンに就任することを発表した。 ロッベンはフローニンヘンのユースで育ち、2001年1月にトップチームへ昇格。その後は、PSV、チェルシー、レアル・マドリーと渡り歩き、バイエルンで一度キャリアを終えていた。 ブンデスリーガでは201試合に出場し99ゴール62アシスト。プレミアリーグでは67試合で15ゴール17アシスト、ラ・リーガでは50試合で11ゴール12アシストを記録。エールディビジでは102試合で25ゴール21アシストを記録していた。 2020.08.04 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

フローニンヘンが来季も日本代表DF板倉滉をシティからレンタル 背番号も新たに「5」に

フローニンヘンが24日、日本代表DF板倉滉(23)のレンタル延長を発表した。クラブの発表によると、新たなレンタル期間は来季いっぱいの1年間。その来季は背番号も今季の「17」から新たに「5」を背負うという。 2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティ入りした板倉は直後に1年半レンタルでフローニンヘン入り。フローニンヘン在籍2年目の今季は新型コロナウイルスの影響でシーズン打ち切りになるまで公式戦23試合に出場したが、契約切れとなり、今後の動向に注目が集まっている状況だった。 そのなかで、買い取りの動きも挙がったフローニンヘンだが、新型コロナウイルスの影響で財政的に厳しく、テクニカルディレクター(TD)のマルク=ジャン・フレッデルス氏がレンタル延長に向けたクラブ間交渉を明かすとともに、合意間近の状況も口にしていた。 なお、フローニンヘンは先日、2018-19シーズン限りで現役を退いた元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが電撃復帰。来季のフローニンヘンは板倉とロッベンの共演にも注目が集まるシーズンになりそうだ。 2020.07.24 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ロッベンがオランイェの元同僚をフローニンヘンに勧誘!

先日、古巣フローニンヘンで電撃的な現役復帰を発表した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(36)が、オランイェの元同僚を勧誘しているようだ。オランダ『VI』が伝えている。 バイエルンで2018-19シーズンを終えた後に一度はスパイクを脱いだロッベンだが、先月27日に約1年の休養期間を経て、フローニンヘンで現役に復帰することを発表した。 フローニンヘンでは実質的な戦力に加え、その知名度の大きさ、人脈の広さからアンバサダーやリクルーターとしての役割も期待されているが、ロッベンは早くもリクルーターとしての存在感を示し始めているようだ。 『VI』が伝えるところによれば、ロッベンは今週に行われた公式会見の場で元オランダ代表FWエルイェロ・エリア(33)をフローニンヘンへ勧誘していることを明かしたという。 かつてハンブルガーSVやユベントス、ブレーメン、フェイエノールトなどで活躍したベテランウイングは、2017年からトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルに在籍。 今シーズンはスュペル・リグで22試合3ゴール2アシストの数字を残し、同クラブの初優勝に貢献していた。しかし、クラブとの現行契約は8月初旬に満了を迎えるため、今夏に新天地を求めることが確実な情勢だ。 そういった中でエリアは母国復帰を希望しており、すでに古巣のADOデンハーグ、トゥベンテからの関心が伝えられている。 そのエリアに関してロッベンは、「彼がオランダに戻りたがっているという記事を目にした後、エリアにメッセージを送った」と、かつての同僚とのやり取りを明かした。 「彼に対しては、『君はいつでもここで歓迎される。だから、是非ここに来てほしい!』って伝えたよ。エリアのようなプレーヤーを迎え入れられることは素晴らしいことだからね」 なお、ロッベンとエリアは準優勝した2010年の南アフリカ・ワールドカップなど、オランダ代表で通算5試合の共演を果たしている。 2020.07.22 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

板倉滉はロッベンと同僚に? フローニンヘンがレンタル延長でシティと交渉

日本代表DF板倉滉(23)は来シーズンもフローニンヘンでプレーすることになりそうだ。オランダ『RTV Noord』が報じている。 板倉は2019年冬、川崎フロンターレからマンチェスター・シティに完全移籍したが、ビザの問題もあり、そのままフローニンヘンに1年半のレンタル移籍。初年度こそ出番こそ少なかったものの、今シーズンは公式戦30試合に出場し、主力として活躍した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEaUhBbHRzeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズン限りでレンタル期間満了となるものの、フローニンヘンのテクニカルディレクター(TD)を務めるマルク=ジャン・フレッデルス氏は保有元であるシティとの交渉を明かした。 「マンチェスター・シティとの合意は近い。私の予想では数週間のうちにすべてが明らかになる。だが、良い感じだ」 「まだ終わってはいないが、好印象を受けている。今の主題はコウ(板倉滉)がもう1年フローニンヘンでプレーしたいかだ。仮にそうでないなら、私たちは交渉を始められていないだろう。他のクラブからの関心もあるだろう」 「もしも今後シティが彼を売りに出し、彼が我々のもとで良いパフォーマンスを見せれば、私たちはその対価を得ることができる」 4月には板倉を買い取りたい意向を示していたフレッデルス氏だが、フローニンヘンの財政状況では難しく、1年のレンタル延長になる見込みのようだ。 なお、フローニンヘンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが現役復帰を目指して加入したことを発表。来シーズンはチームメイトとして同じピッチに立っている可能性もありそうだ。 2020.06.30 11:15 Tue
twitterfacebook