アーセナル、シティ戦で奮闘のDFムスタフィがハムストリング負傷でアストン・ビラ戦欠場

2020.07.20 21:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは20日、負傷者の最新情報を発表した。アーセナルは18日にFAカップ準決勝でマンチェスター・シティと対戦し、2-0で勝利。チェルシーとの決勝戦に駒を進め、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を懸けて戦う。

プレミアリーグでは21日に第37節でアストン・ビラと対戦するアーセナルだが、新たな負傷者が出てしまった。

シティ戦で守備に奮闘していた元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィだが、試合中に右ハムストリングを負傷。現在は様子を見ている状態だが、アストン・ビラ戦は欠場することになる。

また、レスター・シティ戦で退場処分となっていたFWエディ・エンケティアは3試合の出場停止処分を終え、アストン・ビラ戦は起用可能となる。

現在10位のアーセナルはアストン・ビラ戦の後、26日にワトフォードと最終節で対決。8月1日にFAカップ決勝を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

アルテタ、R・ネルソンのレンタル案を明かす… 残留の理由も説明

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、U-21イングランド代表FWレイス・ネルソン(20)の今夏残留の理由を説明した。イギリス『インディペンデント』が伝えている。 昨夏にアーセナルの下部組織からトップチーム昇格を果たしたネルソン。アルテタ監督就任直後は4試合中3試合に先発出場していたが、今シーズンは未だ81分しかプレーしておらず、出場機会に苦しんでいる。 「(今夏の)移籍市場の終盤で多くのプレーヤーを獲得してしまった」と話したアルテタ監督は、「レイスとの間にはいくつかのプランがあった。そのうちのひとつは彼をローンで送り出して、より多くのプレーをさせることだった」とネルソンにレンタル案が浮上していたことを明言。しかし、同選手の意向を汲み残留となった旨を説明している。 「彼はここに残って戦いたいと思っていたからだ。その意欲と情熱、そして選手の満足感を見れば、チャンスが限られ、継続した出場機会がないことが分かっていても、彼を引き留めておきたいという気持ちになるだろう」 「物事はすぐに変化するものだ。もし、彼が良いプレーをして、できることを示してくれれば、もっと多くの試合に出場するようになるかもしれない」 ネルソンには29日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・グループBの第2節ダンドークFC戦の出場が期待されている。 2020.10.29 19:41 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦に臨むダンドーク指揮官「ヘビー級vsスーパーライト級のような試合なる」

ヨーロッパリーグ(EL)でアーセナルに挑むダンドークFCを率いるフィリッポ・ジョバニョーリ監督が大変な戦力差を嘆いている。 アイルランドの雄、ダンドークは国内リーグでは2連覇中で、今季はチャンピオンズリーグ(CL)の予選を勝ち上がれずELに回ることになった。クラブ史上2度目のEL本戦出場で、初戦ではノルウェーのモルデに逆転負けを喫し黒星スタート。優勝候補筆頭のアーセナルを相手に初勝利を目指すことになる。 しかしジョバニョーリ監督は歴然たる力量差に悲観しており、階級が全く離れたボクサーが試合をするようだと、その難しさを例えた。 「まるでヘビー級のボクサーとスーパーライト級のボクサーが試合をするような感覚だ。我々スーパーライト級は走り回るしかない」 「実力差は明確だ。それでも我々のパッションを示し、少しでも困難を与えたい」 「ライト級がヘビー級を相手取る際はひたすら頑張るしかない。インファイトに持ち込もうものなら一発で殺されてしまう」 「足で勝負するしかないね。だが、アーセナルのようなチームより走るなんてどうすればいいんだ?」 「インテンシティとパッションで挑むしかない。我々と彼らでは比較対象にもならないのだから。チームを比較するなんてできるはずもないがね」 また、かつてワトフォードに在籍し、アーセナルとも対戦経験のあるアイルランド人MFショーン・マーレイは「今季の僕たちができる最善のことは、ヨーロッパで自分たちの存在を証明することだと思う」とコメント。「僕たちには失うものは何もない」と、肩の力を抜いて戦えると話した。 2020.10.29 18:24 Thu
twitterfacebook
thumb

「こんなに緻密な練習は今までで初めてだった」ムスタフィがアルテタ監督の指導を絶賛

アーセナルの元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィは、ミケル・アルテタ監督の緻密なトレーニングに感銘を受けているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 アルテタ監督は2019年12月にアーセナルの指揮官に就任すると、チームの立て直しに成功しFAカップ優勝を果たす。今シーズンのプレミアリーグでは6試合を消化して3勝3敗とやや苦しんでいるが、それでも選手やファンからの信頼は依然として厚い。 2016年8月からアーセナルに所属しているムスタフィも、アルテタ監督を信頼する1人のようだ。29日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループB第2節ダンドークFC戦の試合前会見に臨んだ同選手は、アルテタ監督の指導を絶賛している。 「初日からチームにどのようにプレーをしてほしいのか明快だったから、皆彼がピッチ上で成し遂げようとすることを信じていた。ピッチ上で何が起きていて、自分はチームを強くするためにどんな役割を果たせば良いかを正確に把握できれば、選手にとってそれが一番の助けになるからね」 「これほど緻密なトレーニングセッションはこれまで受けたことがなかったよ。僕らはすべてのトレーニングについてとても緻密に取り組んでいる。もちろん、まずは自分たちのサッカーを大事にしているけど、そのうえで対戦相手を分析して、弱点を探すんだ」 「(アルテタの練習は)チームにとってとてもポジティブだ。試合に臨むときは、トレーニングで得られたイメージを持っていて、試合で想定通りのことが起きる。それが僕らにとって大きな助けになっているんだ」 アルテタ監督については、アーセナルOBであるマーティン・キーオン氏から「戦術を変えすぎ」と批判を受けるなど、システマティックになり過ぎの面もある。しかし、選手からするとこうしたアルテタ監督の試みが、心強い助けとなっているようだ。 2020.10.29 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

レスター戦で負傷交代のD・ルイスも数週間アウト アーセナルCB陣に故障相次ぐ

アーセナルの元ブラジル代表DFダビド・ルイスが故障者リスト入りしたようだ。 D・ルイスは25日に本拠地で行われたプレミアリーグ第6節のレスター・シティ戦(0-1でアーセナルが敗戦)に先発したが、後半序盤の49分に左太もものケガで交代。イギリス『ガーディアン』によると、数週間の離脱が見込まれるという。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRRHhqMnhZWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 11月1日に敵地で行われるプレミアリーグ次節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦するアーセナルだが、センターバック陣に故障者が続出中。すでにDFロブ・ホールディングやDFカラム・チャンバース、DFパブロ・マリが離脱している。 そのユナイテッド戦前の29日に本拠地で行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でダンドークFCと対戦するアーセナルだが、DFソクラティス・パパスタソプーロスとDFウィリアム・サリバは登録外で起用できない。 したがって、ダンドークFC戦はDFガブリエウとDFシュコドラン・ムスタフィしか起用できる駒がいない状況だ。 2020.10.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ぜひショボスライと契約を! CLでの活躍にガナーズファンが叫ぶ

チャンピオンズリーグ(CL)での活躍が目覚ましいザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライだが、これにアーセナルファンが興奮しているようだ。 ショボスライは母国のブタペストから2017年にザルツブルクに加入したサイドハーフを得意とする選手。20歳ながらすでにハンガリー代表では10試合の出場機会を得ており、2020年のゴールデンボーイ賞最終候補20名にも名を連ねている逸材だ。 昨シーズンのオーストリア・ブンデスリーガで27試合9ゴール14アシストの成績を残し頭角を現したが、今季の活躍も素晴らしく、リーグ戦ではここまで5試合で1ゴール4アシスト、さらにCLでは開幕から2試合連続ゴールを決めており、再び注目を浴びている。 そんなハンガリー代表MFに熱視線を注いているのがアーセナルサポーターたちだ。実はアーセナルは昨夏にもショボスライ獲得が噂されており、ツイッターでは、ぜひ本腰を入れてくれと頼み込むユーザーが相次いでいる模様。 イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えるところでは、「1月にショボスライと契約を!」、「ドミニク・ショボスライ、それが(アーセナルに必要な)名前だ」といった旨のつぶやきがアーセナルの公式アカウント宛てに多く見られているという。 『transfermarkt』によると、現在の市場価値は2500万ユーロ(約30億円)と見積もられており、アーセナルにも手が出せる金額ではあるが、名前が挙がっている競合クラブは多く、とりわけザルツブルクと同じ親会社を持つライプツィヒは手ごわい相手になりそうだ。 果たしてアーセナルファンの叫びは届くのだろうか。 2020.10.28 18:21 Wed
twitterfacebook