去就注目ゲッツェ、来季CL参戦のセビージャから視線?

2020.07.18 16:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
次の活躍先に注目を集める元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(27)に対して、セビージャの視線があるようだ。

ドルトムントと今季限りの契約を巡る延長交渉がまとまらず、満了となり、フリーのゲッツェ。新たな移籍先として、海外を希望しているとされる。

そのなか、ドイツ『スカイ』によると、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したセビージャから大きな関心を寄せられているという。

来季のCL参戦が決まり、それに応じて選手層のアップを図るセビージャが非常に興味深い存在として、ゲッツェの獲得を本格検討しているようだ。

31歳の元アルゼンチン代表MFフランコ・バスケス以外に乏しいという新たな10番タイプの選手として、ゲッツェを最適な候補に挙げている模様だ。

この移籍がまとまれば、希望通りの国外移籍に。既報でヘルタ・ベルリンらだけでなく、ローマらも挙がるなど国内外からの関心も囁かれているが、来季はどの国でプレーするのだろうか。

関連ニュース
thumb

低迷セビージャ、衰え指摘される35歳フェルナンドが告白「よく眠れず、休めず…」

衰えが指摘されるセビージャのブラジル人MFフェルナンド(35)が、自身のコンディションについて言及した。 フェルナンドはA代表歴こそないものの、かつてはマンチェスター・シティにも在籍し、年齢を重ねてもなお圧倒的な存在感でセビージャの中盤に君臨。今季はラ・リーガで全7試合にスタメン出場している。 だが、今年3月に足首を負傷してからはフィジカルの衰えが指摘されるように。現在はチーム低迷の要因として槍玉にされている状況だ。 しかし、スペイン『エスタディオ・デポルディポ』のインタビューでは、未だ万全のコンディションではないと認めつつ、ケガだけが理由ではないと口にしている。 「今は良くなったが、病気で大変な数日を過ごした。よく眠れず、休めず、万全の状態でトレーニングに臨めなかった。もう35歳で、クラブは私の代わりを探す必要があると思うが、起こった出来事は年齢とは何ら関係のないものだった。病気でひどい時間を過ごしたが、ピッチにも立っていた」 「クラブの人間は私がとてもつらい時期を過ごしたと把握しているよ。今の自分が永遠に続くわけではないが、フットボーラーでこの年齢にしては、とても元気な方だと思うね(笑) 近いうちに100%の私に戻るだろう」 どういった病気なのかは明言しなかったものの、心理的な側面すらもうかがわせたフェルナンドの告白。現在はラ・リーガで15位に低迷するセビージャを、ここから浮上へと導く活躍に期待したい。 2022.09.29 20:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマがディ・スティファノ賞を含む個人三冠を達成!「まだまだやりたいことはある」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、スペイン『マルカ』主催のラ・リーガ年間最優秀選手賞に選出された。 2021-22シーズンのベンゼマの成績はリーグ戦32試合27ゴール12アシスト。第4節のセルタ戦ではハットトリックを成し遂げ、第25節から第30節にかけては、ケガで欠場した第29節のバルセロナ戦を除いて5試合連続ゴールを記録した。 エースの大車輪の活躍でマドリーも2シーズンぶりの優勝を収め、ベンゼマは昨季の『マルカ』の最優秀選手賞にあたるアルフレッド・ディ・スティファノ賞を受賞。また、得点王でピチーチ賞、ファン投票で選ばれるMVP賞の個人三冠を達成した。 「自分の仕事に誇りを持っているよ。クラブやチームメイトのサポートに感謝している。だけどもっとやりたいことがある。リーグを制覇して、多くのゴールを決めて、ピッチ上で楽しみたい。準備はできているよ」と、受賞の喜びとさらなる飛躍を誓っている。 また、最優秀監督に贈られるミゲル・ムニョス賞は、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督と、コパ・デル・レイを制したベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が選ばれた。ペジェグリーニ監督は「次のチャレンジは次の試合に勝つこと。まだまだ勉強中だ」と謙虚な姿勢を示した。 そのほか、セビージャの守護神ボノが最小失点GKに与えられるサモラ賞を受賞。昨季30失点のチームの堅守を支えたボノは、今季不調のセビージャの挽回を願った。 フェアプレー賞のプエルタ=ハルケ賞は、ポンフェラディーナBに所属するウクライナ人GKニキータ・フェドロフに。同選手はロシア侵攻食い止める戦士としてウクライナに貢献。故ダニ・ハルケと故アントニオ・プエルタの母親からトロフィーを受け取っている。 2022.09.29 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルvsセビージャは痛み分け…ホームチーム優勢も逆転には至らず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、ビジャレアルvsセビージャが18日にシウタ・デ・バレンシアで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、今季初白星を手にしたセビージャと、今季初黒星を喫したビジャレアルの名門対決は開始早々に動く。8分、右サイドでヘスス・ナバスからパスを受けたイスコがボックス右のゴールライン際で角度をつけたマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたオリベル・トーレスが左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ホームで開始早々にビハインドを背負ったビジャレアルは、すぐさまボールの主導権を握って相手を押し込んでいく。ジャクソンやチュクウェゼが相手サイドバックの背後への抜け出しから際どいシーンを作り出す。さらに、27分にはペナルティアーク付近でチュクウェゼのマイナスパスに反応したパレホが狙いすました右足のダイレクトシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 その後、ロ・チェルソの負傷によってバエナのスクランブル投入を余儀なくされたビジャレアルだが、効果的な攻めで相手陣内深い位置でのプレーを増やしていく。だが、負傷のジェラール・モレノらを欠く攻撃陣は最後の局面で詰めの甘さが目立ち、パレホのポスト直撃のシュート以降は明確な決定機を作り出せなかった。 セビージャの1点リードで折り返した後半、アウェイチームは前半終盤に負傷した守護神ボノに代えて控えGKドミトロビッチ、フェルナンドを下げてタンギ・ニアンズを2ボランチの一角に投入した。 すると、この選手交代も影響したか、後半立ち上がりにホームチームが同点に追いつく。51分、GKからのビルドアップから相手陣内中央左でボールを受けたコクランが相手守備の隙を突きそのまま持ち上がってゴール前のスペースへスルーパスを供給。これに反応したバエナがGKと交錯しながらも泥臭くゴールネットへ流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合は拮抗。アウェイのセビージャはボールを握るものの、前半同様に最後の局面で精度や連携の質を欠き、攻撃が停滞する。対してビジャレアルはパレホらのパスを起点に相手の背後を取って際どいシーンを作り出すが、こちらも2点目を奪うまでには至らない。 その後、互いに選手交代で流れに変化を加えようとする中、80分過ぎには途中出場のジェレミ・ピノの仕掛けからビジャレアルがPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、抜け出しのタイミングでのオフサイドを取られてしまい、勝ち越しの機会は訪れず。 試合終盤にかけてはビジャレアルの時間帯が続く中、右サイドからのクロスにゴール前のダンジュマ、パレホの正確なラストパスに抜け出したホセ・モラレスに2度の決定機が訪れるが、GKドミトロビッチの好守に阻まれ、土壇場での逆転ゴールとはならなかった。 この結果、ビジャレアル優勢の強豪対決は痛み分けのドローに終わった。 2022.09.19 01:22 Mon
twitterfacebook
thumb

名産ビールを無料で振る舞う! コペンハーゲンがCLセビージャ戦でアウェイサポーターをおもてなし

14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲンvsセビージャでホームクラブからアウェイサポーターへの素晴らしいおもてなしが話題を集めている。 今季のCLグループステージでマンチェスター・シティ、ドルトムントと同じグループGに属する両クラブは、いずれも強豪2チームに対して開幕戦を大敗していた。 そういった中、初勝利を懸けた今界の一戦では地力で勝るセビージャが優勢に試合を運んだものの、いずれも決定機をあまり作れないクローズな展開に。結局、0-0のドローで勝ち点1を分け合う形となった。 今季ここまで苦しい戦いが続いているうえ、強豪とは言えないコペンハーゲンとの対戦ということもあり、今回の一戦ではアウェイスタンドはやや空席が目立ったが、それでも現地でチームをサポートした熱狂的なセビジスタには思わぬプレゼントが待っていた。 試合前にコペンハーゲンの多くのスチュワードがアウェイスタンドに現れると、その手には同地の名産としても知られるビールを載せたトレイが…。 当初、多くのスチュワードの登場にセビジスタは事態を把握していなかったようだが、スチュワードからビールの無料配布との説明がなされると、多くのサポーターが笑顔と感謝の言葉を伝えながら受け取り、最終的にはチャントを歌いながら乾杯の音頭が取られた。 その後の試合内容はさておきホームクラブからの素晴らしいおもてなしを受けたセビジスタは、ほっこりとした気持ちでスタジアムを後にすることになった。 なお、今回のコペンハーゲンのおもてなしを受け、10月25日にサンチェス・ピスフアンで行われるリターンマッチでは、コペンハーゲンのアウェイサポーターに対して、同地名産のワインやシェリー酒が振る舞われる可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】1パイントのビールをセビジスタに無料配布</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Salud <a href="https://twitter.com/SevillaFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@SevillaFC</a> <br><br>Thanks for traveling to Copenhagen <a href="https://twitter.com/hashtag/fcklive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcklive</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ucl?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ucl</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/copenhagen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#copenhagen</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcksfc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcksfc</a> <a href="https://t.co/HUhtWxMkGm">pic.twitter.com/HUhtWxMkGm</a></p>&mdash; F.C. København (@FCKobenhavn) <a href="https://twitter.com/FCKobenhavn/status/1570132779802984448?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.09.15 23:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドの古巣恩返し弾で逆転のシティがGS連勝! セビージャは決め手欠き格下とドロー…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第2節、マンチェスター・シティvsドルトムントが14日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で逆転勝利した。 シティは今季CL開幕戦となったセビージャ戦をハーランドの2ゴールの活躍などで4-0の完勝。悲願のビッグイヤー獲得を目指すシーズンで力強いスタートを飾った。エリザベス女王逝去に伴い、先週末のトッテナムとのビッグマッチが開催延期となったことで、中6日と休養十分で臨んだ一戦ではそのセビージャ戦から先発4人を変更。ルベン・ディアスとセルヒオ・ゴメスに代えてアケとストーンズ、フォーデンとベルナルド・シウバに代えてマフレズとギュンドアンを起用した。なお、今夏イングランドに新天地を求めたハーランドとアカンジはいずれも先発で古巣初対戦に臨んだ。 対するドルトムントはコペンハーゲンとの開幕戦をロイスのゴールなどで3-0の快勝。しかし、先週末に行われたリーグ戦では前指揮官マルコ・ローゼの初陣となったRBライプツィヒ相手に0-3の大敗を喫し、今季2敗目を喫した。その大敗からのバウンスバックを図るテルジッチのチームは先発2人を変更。ヴォルフとブラントに代えてジャン、レイナを起用した。 戦前の予想通り、立ち上がりからシティがボールの主導権を握る形で試合がスタートする。だが、[4-5-1]のコンパクトな守備陣形を維持しつつ、ボールホルダーにもきっちり制限をかけるドルトムントの守備を前になかなか良い形でエリア内に侵入できない。 以降も膠着状態が続く中、早い時間帯で打開策を見いだしたいホームチームは、マフレズやカンセロの個人技を起点にサイドからの崩しを試みるが、中央でフンメルスやジューレにことごとく撥ね返される。 共に攻撃を売りとするチームだが、ドルトムントがうまく中央を締めながら相手の攻撃をスピードダウンさせ、クローズな展開に持ち込む。序盤のエズジャンのカウンター以降はなかなか攻め手がないものの、要所で得るセットプレーでチャンスを窺う。 一方、主役のハーランドにほとんど良い形でボールが入らず、デ・ブライネも窮屈なプレーを強いられるシティは、攻撃が完全に手詰まる。となれば、守備で流れを持ってきたいところだが、ドルトムントの極力リスクを排除した攻撃を前になかなかカウンターを繰り出せず。シュート4本枠内0本という見せ場を欠いたまま、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。引き続きシティが押し込む入りとなったが、先に決定機を作ったのはドルトムント。52分、モデスト、エズジャンを起点としたロングカウンターからロイスがボックス左に抜け出す。DFに寄せられながらもうまくシュートコースを作り、体勢を崩しながら右足のシュートを放つ。だが、これはわずかに枠の右へ外れる。 この後半最初の決定機は逸したものの、2度目のチャンスをモノにした。56分、レイナの右CKの流れからボックス左でこぼれ球に反応したロイスがボレーでシュート性の折り返しを入れると、ゴール前にタイミングよく飛び出したベリンガムが頭でコースを変えてゴール右隅に流し込み、一昨季の対戦に続いて母国クラブ相手にゴールを奪った。 リズムを掴めないままビハインドを背負ったシティはこの直後に3枚替えを敢行。マフレズとグリーリッシュの両翼をフォーデン、アルバレスに入れ替えたほか、ギュンドアンに代えてベルナルド・シウバをピッチへ送り出す。 主力投入で流れを変えたいホームチームは67分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランドがボックス右で右足のシュートを狙うが、これはDFフンメルスに寄せられた影響もあって右ポストに当ててしまう。 それでも、主力投入で攻撃に個での打開力とリズムが生まれたシティは、ここから相手を自陣深くに押し込んで多彩な攻めで揺さぶりをかけていく。これを受け、テルジッチ監督はモデストを下げてシュロッターベックの投入で後ろを5枚に変更するが、結果的にこの選択が試合の流れを大きく変えることになった。 以降も押し込み続けるシティは80分、右サイドのタッチライン際で大きな展開を受けたデ・ブライネが内側を取ったストーンズに繋ぐと、ドフリーのイングランド代表DFはエリア外から右足を一閃。鋭いブレ球のミドルシュートが枠を捉えると、GKマイヤーはボールに触れることさえもできずにゴールネットに突き刺さった。 この同点ゴールで完全に勢いづくホームチームは、初の古巣対戦でやや存在感を欠いていたエースストライカーがようやく目覚める。84分、ボックス手前左でボールを持ったカンセロが右足アウトを使ったクロスをゴール前に供給すると、DFシュロッターベックの背後から飛び出したハーランドが驚異的な打点の左足ボレーで合わせ、公式戦6試合連発となる恩返し弾とした。 この日の主役のゴールで試合を引っくり返したシティは、気落ちするアウェイチームの反撃を危なげなく凌ぎ切り、2-1の逆転勝利。苦しみながらも見事な勝負強さでグループステージ連勝を飾った。 また、同日行われたグループGのもう1試合、コペンハーゲンvsセビージャは、0-0のドローに終わった。 共に大敗スタートとなった両チームが、グループステージ初勝利を懸けて激突した一戦は、試合を通して拮抗。直近のリーグ戦で今季初勝利を手にしたセビージャは前半序盤こそ攻勢を仕掛けたが、以降はホームチームに押し返される。 ゴールレスで折り返した後半は積極的な選手交代で流れを引き寄せにかかったが、相手の堅守を前にほとんど決定機を作れず。敵地から最低限の勝ち点1を持ち帰るにとどまった。 2022.09.15 06:27 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly