ゼニト優勝の立役者イラン代表FWアズムンのキャリア初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.07.09 21:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。


この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ゼニトのイラン代表FWサルダール・アズムンが決めたハットトリックだ。

◆イラン代表FWアズムンのキャリア初ハットトリック

2020年3月14日に行われたロシア・プレミアリーグ第22節のウラル戦でアズムン含むゼニト攻撃陣が爆発する。

口火を切ったのはやはりアズムン。8分にMFマゴメド・オズドエフのシュート性のボールをボックス内でトラップすると、反転し、GKの逆を突いたシュートをゴール左へ決めた。

さらに15分、相手GKのキャッチミスを逃さずボールを奪うと、無人のゴールに決めきる。

そして61分、MFマウコムが相手守備陣を切り裂くと、アズムンへお膳立て。これをしっかりと決めきり、アズムンにとってプロキャリア初となるハットトリックを達成した。

さらにゴールを重ねたゼニトはこの試合を7-1と圧勝。シーズンでは、一時は5位に転落するなど調子を落とした時期はあったものの、2年連続7度目のリーグ優勝を果たした。
関連ニュース
thumb

ターゲットマン大爆発!マルセイユのレジェンドが決めた見事なハットトリック/2009-10【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元セネガル代表FWママドゥ・ニアン氏がマルセイユで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユのレジェンドが大爆発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKVWloVG9DVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> トロワでのプロデビューを経て、フランスのクラブを渡り歩いたニアン氏は2005年夏に強豪マルセイユに加入。移籍初シーズンからチーム得点王に輝くなど、得点源として活躍し、2010年夏に退団するまでの5シーズンで公式戦227試合100ゴールという数字を残した。 マルセイユでのキャリア終盤には主将も務めたニアン氏だが、2010年2月21日に行われたリーグ・アン第25節のナンシー戦では、圧巻のハットトリックを決めている。 まずは0-0の前半10分、右サイドでボールを持ったMFシャルル・カボレがクロスを上げる。ボックス内のニアンが絶妙の動き出しでゴール前に抜け出し、ヘディングを合わせて豪快な先制点を挙げる。 1-1と同点に追いつかれて迎えた34分、左サイドからDFタイエ・タイウォがボックス内にクロスを上げると、ゴール前のニアンがDFと競り合い、倒れ込みながらダイレクトボレー。ゴール左下に見事なゴールを決めた。 最後は67分、カウンターからMFルチョ・ゴンサレスのスルーパスにニアンが抜け出し、そのままボックス内に侵入すると、GKとの1対1を制し、ハットトリックを達成した。 ニアンの全得点を挙げる活躍でマルセイユが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.04.01 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのペレ越え!“神様”の記録を更新した圧巻のハットトリック/2020-21【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドがペレ越えのハットトリックを達成!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTSlY2MnB6dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たしたC・ロナウドは、レアル・マドリー、そして現在所属するユベントスでも驚異的な速度でゴールを量産している。 2021年3月14日に行われたセリエA第27節のカリアリ戦では、通算公式戦ゴール数の記録を更新する圧巻のハットトリックを記録している。 まずは0-0で迎えた10分、右からのコーナーキックに抜群の跳躍力からヘディングを合わせて、先制ゴールを挙げる。 続いて25分、C・ロナウドが自ら獲得したPKを冷静に沈め、2点目をマークする。 最後は32分、左サイドから攻めた味方からのパスをボックス内右でC・ロナウドが受けると、鮮やかなシザースでDFを釘付けにし、左足で強烈なシュートをゴールに突き刺してハットトリックを達成してみせた。 このハットトリックで公式戦での通算ゴール数を「770」としたC・ロナウド。これにより、それまで記録とされていたペレ氏の「767」ゴールを上回り、世界一のゴール数を達成している。 <span data-sg-movie-id="1018" data-sg-movie-title="【C・ロナウドのペレ越え】“神様”の記録を更新した圧巻のハットトリック"></span> 2021.03.29 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

5分間でハットトリック!止まらないレヴァンドフスキが驚愕のハットで前半だけで試合を決める/2020-21【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆わずか5分間でハットトリック達成!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqQlo5SmswSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに加入。以降、世界屈指のストライカーとしてゴールを量産している。 類稀な得点能力を発揮し、ドイツの絶対王者バイエルンのエースとして活躍するレヴァンドフスキだが、2021年3月20日に行われたブンデスリーガ第26節のシュトゥットガルト戦では、ハットトリックの大活躍を見せている。 まずは0-0で迎えた18分、左サイド深部まで侵入したFWセルジュ・ニャブリがボックス内に鋭いパスを送ると、誰よりも速くパスに反応したレヴァンドフスキが強烈なシュートを合わせ、先制ゴールを決める。 直後の22分、今度は右サイドを突破したFWレロイ・サネがクロスを上げると、ゴール前でレヴァンドフスキが頭で合わせる。ゴール右上のコースを狙ったヘディングが決まり、あっという間に2ゴールを挙げた。 さらにその1分後の23分、相手ボックスまでバイエルンが攻め入ると、クリアをしそこねた相手DFからボールをかっさらったレヴァンドフスキが落ち着いてシュートをゴール右に沈めた。 わずか5分間でハットトリックを達成したレヴァンドフスキ。39分にも4点目を奪い、バイエルンは1人退場したにも関わらず、前半だけで試合を決めてしまった。試合はそのままバイエルンが4-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1010" data-sg-movie-title="【5分間でハットトリック】止まらないレヴァンドフスキが驚愕のハットで前半だけで試合を決める"></span> 2021.03.27 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スーパーゴール3連発!マルセイユのレジェンドが3連続スーパーボレーで圧巻のハットを達成/1996-97【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元フランス代表MFジャン=フィリップ・デュラン氏がマルセイユで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆強烈スーパーボレー3連発!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJadUs5MHMyViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> トゥールーズでプロデビューしたデュラン氏は、ボルドーでの活躍を経て1991年夏に名門マルセイユに加入。1997年夏に引退するまでの6シーズンを過ごし、1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、タイトル獲得に貢献した。 優れたテクニックを持ちながら高い守備力も備え、中盤の多くのポジションで存在感を発揮したデュラン氏だが、1996年9月3日に行われたリーグ・アン第5節のスタッド・レンヌ戦では、圧巻のハットトリックを達成している。 前半に退場者を出し、数的不利で戦うことを強いられたマルセイユだったが、0-0で迎えた25分、相手陣内でパスカットからデュランがボールを奪うとプレスに来たDFをあっさりとかわし、一気に決定機を作る。デュランは、自ら上に上げたボールに強烈なボレーシュートを合わせると、ゴール左にシュートを突き刺し、見事なゴールを挙げる。 続く32分、マルセイユのコーナーキックのクリアボールをデュランがペナルティーアーク内で拾うと、右足でダイレクトボレー。これまた強烈なシュートをゴール右下に叩き込み、追加点を奪う。 最後は直後の35分、右サイドでFKを得たマルセイユがクロスをボックス内に入れると、相手GKがパンチングでクリアする。しかしこのボールを相手陣内中央で拾ったデュランがまたもやダイレクトボレー。矢のような強烈なシュートをゴールに突き刺し、圧巻のスーパーゴール3連発でハットトリックを達成してしまった。 デュランのハットトリックの活躍により、数的不利ながら前半だけで3ゴールを奪ったマルセイユ。後半は相手の攻勢を凌ぎ切り、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="987" data-sg-movie-title="【スーパーゴール3連発】マルセイユのレジェンドが3連続スーパーボレーで圧巻のハットを達成"></span> 2021.03.22 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ペドロが大暴れ!バルサ時代に前半だけで3ゴールを叩き込む大活躍/2014-15【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回はローマの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスがバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆バルサ大爆発の口火を切るハット<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpQ2RxWkpuOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナの下部組織出身のペドロは、同クラブでプロデビュー。黄金期を迎えたクラブでFWリオネル・メッシを擁する3トップの一角を担い、数々のタイトルを勝ち取った。 サポート役に回ることも多かったペドロだが、自らも高い決定力を持っており、2014年12月16日に行われたコパ・デル・レイ4回戦2ndレグのウエスカ戦では、見事なハットトリックを決めている。 まずは0-0の21分、右サイドのスペースにフリーで抜け出したFWムニル・エル・ハダディがクロスを入れると、走り込んだペドロが豪快なダイビングヘッド。先制ゴールを挙げる。 直後の26分、MFアンドレス・イニエスタの浮き球のパスに、絶妙のタイミングで裏に抜け出したペドロが、そのままゴール左に進み、冷静に2点目をマークする。 最後は4-0とバルセロナがリードを広げて迎えた44分、ボックス内でボールを持ったペドロがミドルシュート。ゴール右上の完璧なコースにシュートを沈め、前半だけでハットトリックを達成してみせた。 5-0と大量リードで前半を折り返したバルセロナは、後半も攻勢一方となり、8-1で勝利。4-0で勝利していた1stレグとの合計スコア12-1という圧倒的な力の差を見せ、ウエスカを粉砕している。 <span data-sg-movie-id="963" data-sg-movie-title="【ペドロが大暴れ】バルサ時代に前半だけで3ゴールを叩き込む大活躍"></span> 2021.03.17 22:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly