G大阪FW小野裕二がデビュー戦で左眼窩底骨折

2020.07.07 18:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は7日、FW小野裕二の負傷情報を報告した。

小野は4日に本拠地で行われた明治安田生命J1リーグ第2節のセレッソ大阪戦に69分から出場したが、試合中に相手選手と接触。その後の検査で左眼窩底骨折の診断が下ったという。

小野は今季、サガン鳥栖から完全移籍加入。開幕節の横浜F・マリノス戦を負傷欠場しており、C大阪戦がデビュー戦だった。

C大阪との大阪ダービーを落としたG大阪は開幕から1勝1敗の10位に位置。8日に行われる次節、4位タイにつける名古屋グランパスのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪、GK石川慧が交通事故も双方にケガなし

ガンバ大阪は9日、GK石川慧(27)の交通事故を報告した。 クラブの発表によると、事故は8月8日の14:40頃に吹田市内で発生。石川が運転していた自動車が2車線の道路を左折時、後方を走行しているバスと左後方部が接触。ただ、この事故で双方にケガはなく、事故発生後、速やかに警察等、関係各所に連絡を行ったとのことだ。 G大阪は今回の事故発生を受け、「ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げます。事故再発防止に向けてクラブ全体で取り組みます」と、謝罪と共に事故再発防止への取り組みを誓った。 なお、石川はサガン鳥栖から今シーズンに加入。ここまで公式戦の出場はない。 2020.08.09 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

パトリックが起死回生の後半AT弾! 役者揃ったG大阪が横浜FCに劇的勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節のガンバ大阪vs横浜FCが8日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ホームのG大阪が2-1で勝利した。 前節の川崎フロンターレ戦を落として4連勝がストップした3位G大阪は負傷欠場が続いたアデミウソンが4試合ぶりの先発復帰。先のルヴァンカップで移籍後初出場の昌子も引き続き先発入りして、三浦、キム・ヨングォンと3バックを形成した。一方、リーグ戦4連敗中で5戦未勝利の17位横浜FCは前節から3枚が入れ替わり、G大阪からレンタル加入の一美が契約上の問題で欠場。伊野波、カルフィン・ヨン・ア・ピン、瀬古をスタートからピッチに送り出した。 試合は開幕から9試合目にして、ついに現状のベストメンバーともいえる顔ぶれが先発に出揃ったG大阪が立ち上がりから攻撃の主導権を握る展開で推移。セットプレーのチャンスも生かしながら4分、7分、17分とフィニッシュの形も作り出していったG大阪が守りを固める横浜FC陣内に攻め入る時間を続ける。守りでもハイラインのスペースを突こうとする横浜FCの反攻に対して、昌子が好カバーリングで食い止めるなど、試合巧者に回るが、無得点が続く。 それでも、34分に左サイドから中にドリブルを仕掛けた小野が相手を引きつけ、右方向にパスを供給すると、バイタルエリア中央で反応した小野瀬が迷いなく右足を一閃。これがボールの軌道上にいたアデミウソンに当たり、そのままゴール右に吸い込まれ、G大阪が先制に成功する。均衡を破った後は攻めの姿勢を強めた横浜FCに反撃を許したが、41分の松尾、44分の斉藤が放ったシュートはGK東口が阻止。アデミウソンのゴールで手にしたリードを守る。 1点リードで試合を折り返したG大阪はその勢いのまま追加点を挙げたいところだったが、攻撃のギアを上げ、巻き返した横浜FCが同点に追いつく。60分、左ウィングバックの藤春が自陣深い位置でバックパスを試みるが、当たりが弱く、皆川がボールをかっさらい、GK東口と一対一の構図に。相手GKに間合いを詰められ、シュートチャンスを逸するが、ゴール前の斉藤がこぼれ球を押し込み、相手のミスを生かした横浜FCが試合を振り出しに戻してみせる。 追いつかれてしまったG大阪は62分にパトリックと倉田を投入するが、74分にレアンドロ・ドミンゲスと草野を送り出してきた横浜FCに苦戦する。83分に右サイドからのクロスにパトリックが頭で合わせ、ゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴール。最後の交代カードで宇佐美を下げて渡邉を送り込み、勝負を仕掛けるが、終盤に転じたパワープレー気味の戦いも精度を欠いて、なかなか決定打を見いだせない。 このまま終了の頭によぎったG大阪だが、左CKのチャンスを獲得した最終盤の後半アディショナルタイム4分にドラマ。キッカーの井手口がインスイングのクロスを上げると、ゴール前のパトリックがヘッドで合わせる。これが豪快にゴールネットに突き刺さり、G大阪が土壇場で勝ち越した。試合はこのままタイムアップ。パトリックの起死回生となる今季リーグ初得点が決勝ゴールとなり、G大阪が2試合ぶりの白星を手にして、上位を追走した。 2020.08.08 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎Fがクラブ新の7連勝で首位固め! 大島弾でG大阪の挑戦退ける《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節のガンバ大阪vs川崎フロンターレが1日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイの川崎Fが1-0で勝利した。 ここ5試合無敗の4連勝で2位につけるG大阪は勝利すれば勝ち点で並ぶ首位相手とのゲームに向け、負傷欠場が続いた小野瀬が3試合ぶりの先発復帰。古傷の右足首痛でデビューが遅れる昌子が加入後初のベンチ入りを果たした。一方、首位川崎Fは開幕から無敗街道を突き進み、クラブタイ記録の6連勝中。前節の先発から2枚が入れ替わり、田中、大島がスターティングメンバーに名を連ねた。 今後の優勝争いを占う首位攻防戦は互いの攻撃姿勢がぶつかり合う立ち上がりになる。G大阪が高い位置でボールを奪った6分に小野のクロスからボックス中央の渡邉が頭でフィニッシュに持ち込むと、J1最多20得点の攻撃力を誇る川崎Fもその2分後に敵陣左サイドを起点にした分厚い攻めから中に絞る動き出しで攻撃参加した山根もシュート。頂上決戦らしく、激しい攻防戦が繰り広げられていく。 そのなかで、相手のお株を奪うパスワークで徐々に攻撃の主導権を握り出したG大阪は13分に右CKのチャンスからボックス中央の三浦がヘディングシュートでゴールに迫ると、続く20分にも田中のミスパスからボックス右の小野瀬が右足コントロールショットでゴール右隅を狙うが、右ポストを直撃。決定機をモノにできない流れが続くものの、今最も勢いに乗る相手に対して、真っ向勝負を挑む。 なかなか押し上げる時間を作れず、守勢が続いた川崎Fだが、給水タイムを経ての27分にボックス左の旗手から中央でパスを受けた小林がフィニッシュに持ち込むなど、徐々にボールの主導権を握り返す展開に。敵陣深くに押し上げ、ショートパスを駆使しての局面打開を図る場面を作り出していくが、G大阪守備網も最後のところで身体を張ったディフェンスが光り、スコアを動かせない。 後半も立ち上がりから攻めの姿勢を前面に押し出したG大阪だが、ハーフタイム明けに脇坂と三笘の交代に動いた川崎Fが先手を奪う。48分、左サイドで大島からボールを受けた三笘が細かいドリブルでボックス左に侵攻して相手のマークを引きつけ、バイタルエリア中央のスペースにラストパス。これに大島が右足ダイレクトで合わせると、東口も反応できず、ゴール左隅に突き刺さった。 追いかける立場に回ったG大阪は引き続き相手ゴールに迫る形を作り出すなかで、60分に小野を下げて倉田を投入。続く65分に矢島と渡邉を下げて、福田と遠藤をピッチに送り込むが、先制して落ち着き出した川崎Fが冷静沈着な試合運びをみせ、なかなかフィニッシュに持ち込めない展開になる。すると、川崎Fは73分に大島と旗手を下げて下田と守田を送り出して、試合をクローズにかかる。 何とか打開したいG大阪は試合時間が残り10分のところで、小野瀬とパトリックの交代に動いて攻め立てる流れに持ち込むが、85分にレアンドロ・ダミアンを送り出した川崎Fが最後の交代枠で宮代を投入するなど巧みに時間を進め、そのままタイムアップ。川崎Fが2年ぶりの4連勝で好調のG大阪を破り、クラブ新記録の7連勝で首位固めに成功している。 2020.08.01 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:G大阪vs川崎F】2位の追い上げか、首位の振り切りか

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪 vs 川崎フロンターレ [パナソニック スタジアム 吹田] ◆優勝争いに本格参戦なるか【ガンバ大阪】 2位のガンバ大阪は例年のスロースターターぶりから一転して、好スタートを切った。新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断明け後は初戦で実現したセレッソ大阪とのダービーを落とすなど2戦未勝利の立ち上がりだったが、第4節の清水エスパルス戦から4戦全勝。ヴィッセル神戸との前節は守勢に回る時間の多い展開だったが、我慢するところでしっかりと凌いで、決めるところでしっかりと仕留めてみせ、関西勢対決を2試合連続の完封勝ちで飾った。 派手さこそないが、攻守の歯車が噛み合った戦いで勝ち切り、2位に浮上しての今節は再開後6連勝で首位をひた走る川崎フロンターレ戦。宮本恒靖監督が就任してから2勝1分け無敗の川崎F戦だが、どの試合も守りの時間が長く、向かうところ敵なし状態である相手の現況もあり、今回も一層タフな戦いが予想される。勝てば勝ち点で並べる大一番。6年ぶりの奪還に向け、負傷欠場が続く小野瀬康介とアデミウソンを含め、万全を期して挑みたい一戦だ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン MF:矢島慎也 MF:福田湧矢、井手口陽介、小野裕二、藤春廣輝 FW:渡邉千真、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆力強い歩みを続けられるか【川崎フロンターレ】 川崎Fは今、J1で最も乗っているチームといっても過言ではない。ここにきて、再開後の攻撃陣を牽引する1人だった長谷川竜也の負傷離脱という嫌な知らせもあるが、クラブタイ記録の6連勝と絶好調。前節の湘南ベルマーレ戦を含めて、ここ2試合は先制を許したが、J1最多20得点を誇る攻撃力で相手をねじ伏せ、いずれも逆転勝ちを収めた。しかも、ただ選手層の厚いだけでなく、出た選手が独自色を出すなど、チーム全体の高い成熟度もうかがわせる。 ほぼ死角なしの状態で迎える今節はG大阪とのアウェイ戦。昨季1分け1敗と勝てずに終わり、しかも目下4連勝で5戦負けなしと好調の相手だが、2季ぶりの王座奪還を狙うにあたって、勝ちたい一戦となる。また、ここからルヴァンカップを含めて9連戦。その初戦の相手が好調なG大阪であり、今後の連戦に勢いをもって挑む上でも白星を掴み取りたいところだ。ここ2試合で先手を許している点は修正すべきだが、良いムードで敵地での大一番に挑めそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、田中碧、大島僚太 FW:家長昭博、小林悠、旗手怜央 監督:鬼木達 2020.08.01 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸との“阪神ダービー”制したG大阪が4連勝! 小野の移籍後初弾に宇佐美がゴラッソ!《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のヴィッセル神戸vsガンバ大阪がノエビアスタジアム神戸で行われ、2-0でアウェイのG大阪が勝利した。 4戦無敗の神戸は0-0で引き分けたセレッソ大阪戦からスタメン4名を変更。トーマス・フェルマーレンが今季初出場となったほか、藤谷、佐々木、小川がスタメンに名を連ねた。 一方、3連勝中のG大阪は1-0で辛勝したサンフレッチェ広島戦からスタメンを2名入れ替え。矢島がアンカーに入り、小野が2試合ぶりのスタメンとなった。 好調の両者が相まみえる“阪神ダービー”は、試合開始4分にG大阪が早速決定機を迎える。右CKの場面でキッカーの宇佐美がインスウィングのクロスを供給すると、ファーサイドのキム・ヨングォンがフリーでヘディングシュートを放つも、わずかに左へ外れた。ここから畳みかけたいアウェイチームだが、以降はなかなかチャンスを作れない状況が続いた。 対してイニエスタを中心にポゼッションを高める神戸だが、G大阪の粘り強い守備により、なかなかシュートまで持ち込めない。それでも、40分には酒井からのパスを受けた古橋が、ボックス右に持ち運んで右足コントロールシュート。だが、ここはGK東口のファインセーブに阻まれた。 後半に入ってもこう着状態が長らく続いたが、61分にアウェイチームが均衡を破る。高尾が敵陣中央やや右寄りの位置からからボックス左へグラウンダーのダイアゴナルパスを通す。これに反応した小野がバランスを崩して軸足に当てながらも、何とか右隅へ流し込んだ。 先制を許した神戸は、66分に郷家、71分に田中と攻撃的な選手を続けて投入。すると76分、イニエスタから絶妙なスルーパスを受けた古橋がボックス左から右足シュートも、GK東口に好セーブで阻まれる。さらに、79分にも田中のクロスから古橋が決定的なヘディングシュートを放つも、三度G大阪の守護神が立ちはだかる。 東口の再三の好守によりピンチを凌いだG大阪は、“神戸キラー”の異名を持つエースがようやく魅せる。86分、ボックス中央手前で井手口のパスを受けた宇佐美が豪快に右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースに決まり、対神戸の公式戦13点目とした。 その後、危なげなく試合を締めくくったG大阪が小野の移籍後初ゴールと宇佐美のゴラッソで2-0の完封勝利。4連勝を達成している。一方、ボールを保持しながらも1点が遠かった神戸は5試合ぶりの黒星となっている。 ヴィッセル神戸 0-2 ガンバ大阪 【G大阪】 小野裕二(後17) 宇佐美貴史(後41) 2020.07.26 21:30 Sun
twitterfacebook