「すべてがうまくいった」好調ビジャレアルに4発快勝のセティエン監督はご満悦

2020.07.06 13:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのキケ・セティエン監督が5日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のビジャレアル戦を総括した。スペイン『マルカ』が伝えた。

2試合未勝利のバルセロナは、再開後5勝1分けと好調のビジャレアルと対戦。4分にオウンゴールを誘発して先制すると、FWジェラール・モレノのゴールで17分に同点にされるも、FWルイス・スアレスとFWアントワーヌ・グリーズマンの技ありゴールなどで4-1の快勝を収めた。

◆バルセロナが3試合ぶりの白星

試合後のインタビューで、「なぜ、以前からこのような試合をできなかったのか」と問われたセティエン監督は「全試合の内容が異なる。今日は全てがうまくいった。我々は上手くプレーできたし、中央で勝り、サイドでも前進でき、競争に勝てた。他のチームの守備はとても強固だったので、我々をとても困難にさせていた」とコメント。選手たちの出来を称賛した。

また、「今日は少なかったが、そういった意図を常にやろうとしている。おそらく、今日の我々は対戦相手を驚かせることができたのだろう。うまくいったよ」と用意した作戦が当たったと明かし「早い段階でゴールを奪い、追加点を決めたことが助かった。全試合で今日のように戦いたいが、科学的に無理だ」と語った。

なお、優勝争いを繰り広げているレアル・マドリーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入などで勝利を収めていることに関して問われると、「VARはだんだん理解できなくなっている」と疑問を呈した。


コメント
関連ニュース
thumb

「ブラックアウトが発生したのはがっかり」ガットゥーゾ監督が敗戦の弁

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、選手達に喝を飛ばした。クラブ公式サイトが伝えている。 ナポリは8日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでバルセロナと対戦。10分に左CKからDFクレマン・ラングレに先制点を許すと、23分にFWリオネル・メッシ、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスと失点を重ねてしまう。 前半終了間際にFWドリエス・メルテンスが倒されて得たPKをFWロレンツォ・インシーニェが確実に決め反撃に出たナポリは、後半はバルセロナよりも多くのチャンスを作るも、ゴールネットを揺らせず。1-3で敗れ、2戦合計2-4でラウンド16で姿を決した。 試合後、ガットゥーゾ監督は「もっとうまくやれた」と選手たちのパフォーマンスに喝。勝ち進むことも不可能ではなかったと述べている。 「我々は本物の個性を見せてプレーしたことには満足している。しかし、試合全体で彼らを追えなかったという事実により、それほど満足していない。バルセロナに3点を許した時、突然ブラックアウトが発生したのはがっかりしている」 「私は相手にそういった機会を与えたので怒っている。スタッツを見れば我々はバルセロナよりも多くのチャンスを作っていた」 「我々は試合開始の10分と後半はとても良かった。バルセロナを敵陣でプレーさせていた。バルセロナは時々、彼らの陣内で立ち往生していた。我々がもう少し冷静だったら試合に勝てたと思う」 「先ほども言ったように、もっとうまくやれていたと思う。だから、ガッカリしているし、少し怒っている。2ndレグで我々がどのようにプレーしていたかをみると、我々が勝ち進むことは不可能ではなかった」 2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

インシーニェ、勝負が決した前半のパフォーマンスに「もっと何かできた」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、バルセロナ戦の結果に落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 8日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバルセロナ戦に臨んだナポリ。開始早々にFWドリエス・メルテンスが決定機を逃すと前半アディショナルまでに3失点を喫してしまう。 前半終了間際にインシーニェがPKを決めて、1点を返すも反撃はここまで。1-3で試合に敗れると、2戦合計2-4でベスト8進出を逃した。 この試合で1ゴールを記録したインシーニェは、「最後までやり抜いた」と語るも、勝負が決した前半のパフォーマンスを悔やんだ。 「CL敗退はとても残念だが、最後までベストは尽くした。僕たちは素晴らしいチームと戦うことはわかっていた。試合に臨み、戦って最後までやり抜いた」 「おそらく前半にもっと何かできたと思うが、何個かの結果から幸せではない。バルセロナをさらに苦しめられたかもしれないから残念だ」 「僕たちは全体的にピッチ上でのプレーは正しい道に進んでいると思う。ゴール前でもっと点を取る必要があるが、この観点からも成長すると思う」 「来シーズンはCL権を取りに戻したい。次はチャンピオンシップで上手くスタートを切り、最後まで高いレベルを維持したいね」 2020.08.09 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、楽天とスポンサー契約を延長か? 現契約は2021年まで

バルセロナが、メインスポンサーである楽天との契約を1年延長する交渉をスタートさせたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 世界でも有数のビッグクラブであるバルセロナ。しかし、世界中で流行した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響は大きく、次のシーズンは支出を抑える必要があるという。 加えて、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の任期が2021年までとなっているが、メインスポンサーである楽天とBeko(トルコの大手家電メーカー)の契約も2021年で終了する予定となっており、会長退任と同時期となることは、クラブにとって見過ごせない事態となっている。 楽天は、年間5500万ユーロ(約68億7000万円)を支払い、チャンピオンズリーグ優勝で500万ユーロ(約6億2500万円)、ラ・リーガ優勝で150万ユーロ(約1億8800万円)のボーナスを支払う契約を結んでいる。なお、2017年に結んだ契約は4年間で、1年間の延長オプションが付いている。 一方、ユニフォームの袖とトレーニングウェアに載っているBekoは、1つあたり約1900万ユーロ(約23億7300万円)を支払っている状況。バルセロナは両者と契約延長の準備を進めているが、世界的なパンデミックによりスポンサー料が減る可能性があるという。 『ムンド・デポルティボ』によると、楽天の三木谷浩史社長とバルトメウ会長は契約延長に向けた交渉をスタートしたとのこと。バルトメウ会長は、自身の任期が終わる前に契約延長で合意させたいようだ。 2020.08.09 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!シティやバルサ、バイエルンが勝ち上がり!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグが8日に終了し、ベスト8が出揃った。 勝ち上がりを決めたのはスペインからバルセロナとアトレティコ・マドリー、ドイツからバイエルンとライプツィヒ、フランスからパリ・サンジェルマンとリヨン、イングランドからマンチェスター・シティ、イタリアからアタランタとなっている。 準々決勝は一発勝負となり、12日からスタート。バルセロナvsバイエルンなどの好カードが組まれている。組み合わせは以下の通り。 ▽8/12 アタランタvsパリ・サンジェルマン ▽8/13 ライプツィヒvsアトレティコ・マドリー ▽8/14 バルセロナvsバイエルン ▽8/15 マンチェスター・シティvsリヨン 2020.08.09 06:07 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング: バルセロナ 3-1(AGG:4-2) ナポリ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、バルセロナvsナポリが8日に行われ、3-1でバルセロナが勝利した。この結果、2戦合計スコア4-2でバルセロナがベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200808_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 難しいシュートは飛んでこなかった DF 2 N・セメド 6.0 インシーニェに対応しつつ、高い位置を取って攻撃の起点にも 3 ピケ 6.0 ビルドアップの起点に。守備も問題なし 15 ラングレ 6.5 先制点でチームを勢い付けた 18 ジョルディ・アルバ 5.5 攻撃は自重。カジェホンに背後を取られることがなかった MF 20 セルジ・ロベルト 6.0 対面のジエリンスキに仕事をさせず 4 ラキティッチ 6.0 ブスケッツの穴を埋める。PK献上も先制点をアシスト 21 F・デ・ヨング 6.5 ラキティッチと共にうまくゲームを作った FW 9 スアレス 6.0 PKで3点目。さすがのキープ力も見せる (→ジュニオル・フィルポ -) 17 グリーズマン 5.5 流動的にポジションを変えてよくボールを受けた (→モンチュ -) 10 メッシ 7.0 さすがの個人技で圧巻のゴール。1つは幻のゴールに 監督 セティエン 6.0 要のブスケッツを欠いた中、順当に勝ち上がった ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200808_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 オスピナ 5.5 取り立てて好守はなかった DF 22 ディ・ロレンツォ 5.5 ジョルディ・アルバの攻め上がりをケア 44 マノラス 5.5 際のところで踏ん張った 26 クリバリ 4.5 軽率なプレーでPK献上。重い3失点目となった 6 マリオ・ルイ 5.5 N・セメドのオーバーラップを監視 MF 8 ファビアン・ルイス 5.5 F・デ・ヨングとのマッチアップで劣勢に (→エルマス ) 4 デンメ 5.5 まずまずボールは散らしたが、バイタルエリアをやや使われた (→ロボツカ 5.5) 後半から出場。すんなりと試合に入った 20 ジエリンスキ 5.0 攻守両面で存在感が乏しかった (→ロサーノ 5.0) 最前線でプレー。2つあった決定機のうち一つは決めたかった FW 7 カジェホン 5.5 スペースへのランニングで牽制も対応されていた (→ポリターノ 5.0) さほど仕掛けるプレーはなかった 14 メルテンス PK獲得も脅威にはなりきれず 24 インシーニェ 6.0 ケガ明けもPKで一矢報いる。攻撃陣の中ではアクセントになっていた (→ミリク -) 監督 ガットゥーゾ 5.5 後半は反撃したが、とりわけ前半はボールを回された ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メッシ(バルセロナ) 圧巻の個人技でチーム2点目を挙げる。VARで一つゴールが幻となったが、しっかりとチームを勝利に導いた。 バルセロナ 3-1(AGG:4-2) ナポリ 【バルセロナ】 ラングレ(前10) メッシ(前23) スアレス(前46)【PK】 【ナポリ】 インシーニェ(前50)【PK】 ※バルセロナがベスト8進出! 2020.08.09 06:02 Sun
twitterfacebook