狩野健太がプロ15年のキャリアに終止符 「オファーも頂きましたが…」

2020.07.01 18:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスが1日、昨季まで在籍したMF狩野健太(34)の現役引退を報告した。静岡県出身の狩野は2005年に静岡学園高校から横浜F・マリノス入団以降、柏レイソルや川崎フロンターレ、徳島でプレー。今年1月に徳島との契約満了となり、フリーの状況だった。

プロ15年間の通算成績はJ1リーグ148試合13得点、J2リーグ29試合1得点、Jリーグカップ戦43試合5得点、天皇杯26試合5得点。キャリア最後のクラブとなる徳島の公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴り、引退理由や今後も記した。

「まずは、15年間ありがとうございました。他クラブからオファーをいただきましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました」

「振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身が納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえず、苦しむ時もありました。それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」

「そして、自分がこれからやりたいことが明確になったことが、引退を決意するきっかけになりました。これまでの経験を子ども達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動をおこなっていきます。それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています」

「Jリーグも再開されました。今までとは違う形になりますが、子ども達に夢を与え、共に成長していき、これからも日本サッカー界の発展に貢献していきたいと思っています。大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします」

「幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様、プロ生活の中で出会ったたくさんの人たちや家族、そしていつも応援してくださったファン・サポーターの皆様。皆様のおかげでここまでやって来ることができました。本当に感謝しています。15年間本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

7年ぶりJ1参戦の徳島が選手背番号を発表! 藤田譲瑠チマ&宮代大聖の背番号は…?

徳島ヴォルティスは16日、2021シーズンの選手背番号リストを公開した。 昨季の明治安田生命J2リーグを制して、7年ぶりのJ1リーグ昇格を果たした徳島。昨季を最後に浦和レッズに旅立ったリカルド・ロドリゲス監督に代わり、新シーズンからダニエル・ポヤトス監督が指揮を執り、日本トップリーグでの躍進を目指す。 その徳島は完全移籍移行のMF杉森考起やレンタルバック組、レンタル延長者を除いて、6選手が新たに加入。東京オリンピックの世代別代表入りも期待されるMF藤田譲瑠チマは「13」となり、FW宮代大聖は「11」に決定した。 ◆選手背番号一覧 GK 1.瀬口拓弥 21.上福元直人 29.松澤香輝 31.長谷川徹 40.後東尚輝←徳島ヴォルティスユース/昇格 DF 2.田向泰輝 3.ドゥシャン 4.ジエゴ 5.石井秀典 16.鈴木大誠←FC琉球/復帰 20.福岡将太 25.安部崇士 27.吹ヶ徳喜 MF 6.内田航平 7.小西雄大 8.岩尾憲 10.渡井理己 13.藤田譲瑠チマ←東京ヴェルディ/完全 15.岸本武流 22.藤田征也 23.鈴木徳真 24.西谷和希 32.大森博←修徳高校/新加入 33.藤原志龍 34.川上エドオジョン智慧 37.浜下瑛 45.杉森考起←名古屋グランパス/完全移行 FW 9.河田篤秀 11.宮代大聖←川崎フロンターレ/期限付き 18.佐藤晃大 19.垣田裕暉←鹿島アントラーズ/期限付き延長 30.鈴木輪太朗イブラヒーム←日本大学藤沢高校/新加入 39.西野太陽←京都橘高校/新加入 監督 ダニエル・ポヤトス 2021.01.16 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

J1昇格の徳島、政府の入国制限により監督が始動日に間に合わず「様々な手段を使いながら動いています」

徳島ヴォルティスは15日、新指揮官のダニエル・ポヤトス監督がチーム始動時に不在となることを発表した。 日本政府は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、外国人の新規入国を制限していた。 徳島は「政府の方針に基づき、スポーツ庁よりJリーグを通じて、緊急事態宣言下における外国人プロスポーツ選手等の入国について、出国元の国・地域を問わず新規入国が認められないとの連絡ありました。そのためスペイン在住のダニエル・ポヤトス監督は1月18日(月)の新チーム始動時は不在となります」と報告。「また、同様の理由によりマルセルコーチも不在となります」とし、指揮官不在で新シーズンを指導することを報告した。 なお、ポヤトス監督はバルセロナから入国予定だが、入国予定日は未定とのこと。不在時は、甲本偉嗣ヘッドコーチが統括するとのことだ。 ポヤトス監督はクラブを通じてコメントしている。 「最愛の徳島ファミリーの皆さんへ。不運なことに世界中の人々が、新型コロナウイルスとパンデミックが引き起こしている様々な例外的な状況に悩まされています。私は日本政府からの指示に従っているため、ファンの皆さんに私自身が最初のトレーニングに帯同することができないことを知らせたいと思います」 「そして、私達はJ1定着を成し遂げるための最適なチーム作りをしていくために、様々な手段を使いながら動いています。ファンの皆さんが心配をなさらないことを願います」 「この状況は、クラブ全員にとって難しい状況ですが、今こそより団結し、この状況に適応しながら、人生が私達に与えた試練を共に乗り越えて行きましょう」 2021.01.15 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島でも選手1名が新型コロナウイルスの陽性判定

徳島ヴォルティスは15日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたと発表した。 クラブの発表によると、選手は14日に抗原定性検査を実施。その結果、陽性判定となったとのことだ。 当該選手は目立った症状がなかったものの、13日に37.0度の発熱と倦怠感があり、14日に検査を受けて陽性判定。15日に徳島県内の病院で経過を観察しているとのことだ。 なお、徳島保健所から選手の問題行動は指摘されておらず、選手やスタッフ、クラブ関係者に濃厚接触者はいないとのことだ。 また、徳島県の発表によると20代の選手とのことだ。 2021.01.15 16:42 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島、生え抜きMF森田凜が奈良クラブへ武者修行

徳島ヴォルティスは15日、MF森田凜(18)がJFLの奈良クラブへ育成型期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 森田は徳島のジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチーム昇格。しかし、出場機会はなかった。 森田はクラブを通じてコメントしている。 ◆奈良クラブ 「奈良クラブのみなさん、はじめまして。徳島ヴォルティスから来ました森田凜です」 「奈良クラブさんの力になれるように自分自身もサッカー選手として成長できるようにピッチで躍動する姿をみなさんに見せれるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 ◆徳島ヴォルティス 「奈良クラブでガムシャラに頑張って試合で活躍します!成長して徳島の皆さんに応援してもらえる選手になって帰ってきます!」 2021.01.15 13:51 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島FW坪井清志郎、今度はアルビレックス新潟シンガポールに武者修行! 「覚悟を持って必死に取り組んでいきます」

徳島ヴォルティスは15日、FW坪井清志郎(20)がアルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)に期限付き移籍で加わると発表した。 2018年に富山第一高校から入団した坪井は、2019年にブラウブリッツ秋田へ期限付き移籍。昨季は日本サッカーリーグ(JFL)の高知ユナイテッドSCへレンタルで加わり、JFL11試合で1ゴールを記録した。 3年連続で武者修行に出ることが決まった坪井はクラブ公式サイトを通じて新天地での成長を誓った。 「プロ生活をスタートさせてもらった徳島から、3年連続での期限付き移籍になりました。徳島の力になれないことはとても残念ですが、また成長して帰ってこられるように、一日一日を大切に過ごしていきます」 「僕を大切に見守ってくださっている徳島ヴォルティスのスタッフとサポーターの方々には感謝しかありません。本当にありがとうございます。必ず成長した自分の姿を見せられるように覚悟を持って必死に取り組んでいきます」 2021.01.15 13:24 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly