狩野健太がプロ15年のキャリアに終止符 「オファーも頂きましたが…」

2020.07.01 18:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスが1日、昨季まで在籍したMF狩野健太(34)の現役引退を報告した。静岡県出身の狩野は2005年に静岡学園高校から横浜F・マリノス入団以降、柏レイソルや川崎フロンターレ、徳島でプレー。今年1月に徳島との契約満了となり、フリーの状況だった。

プロ15年間の通算成績はJ1リーグ148試合13得点、J2リーグ29試合1得点、Jリーグカップ戦43試合5得点、天皇杯26試合5得点。キャリア最後のクラブとなる徳島の公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴り、引退理由や今後も記した。

「まずは、15年間ありがとうございました。他クラブからオファーをいただきましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました」

「振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身が納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえず、苦しむ時もありました。それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」

「そして、自分がこれからやりたいことが明確になったことが、引退を決意するきっかけになりました。これまでの経験を子ども達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動をおこなっていきます。それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています」

「Jリーグも再開されました。今までとは違う形になりますが、子ども達に夢を与え、共に成長していき、これからも日本サッカー界の発展に貢献していきたいと思っています。大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします」

「幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様、プロ生活の中で出会ったたくさんの人たちや家族、そしていつも応援してくださったファン・サポーターの皆様。皆様のおかげでここまでやって来ることができました。本当に感謝しています。15年間本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

大宮が2点差ひっくり返す圧巻の逆転勝利を披露! 2位・徳島は手痛いドロー…《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の4試合が26日に各地で行われた。 大宮アルディージャはサンガスタジアム by KYOCERAで京都サンガF.C.と激突。12分と15分に中川に失点を許し、2点ビハインドで試合を折り返すも後半に圧巻の逆転劇を披露する。52分にイッペイ・シノヅカが頭で1点を返して反撃の狼煙を上げると、その5分後に黒川がGKとの一対一を制して同点に。76分には右CKのクロスに畑尾がディフェンスに競り勝って逆転弾をマークする。さらに、試合終了間際に自陣のセンターサークルで受けた奥抜が攻撃参加していたGKの位置を確認してロングシュートで4点目。4-2でアウェイの大宮が逆転勝利を収めた。 2位・徳島ヴォルティスは鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで20位・松本山雅FCと対戦した。61分のCKのこぼれ球に清武がゴールへ突き刺すも、74分にPKから被弾。結局、1-1で引き分けとなり、下位チームを相手に手痛いポイントロスとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽9/26(土) アルビレックス新潟 1-1 ヴァンフォーレ甲府 京都サンガF.C. 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大宮アルディージャ</span> 徳島ヴォルティス 1-1 松本山雅FC 愛媛FC 0-0 ツエーゲン金沢 ▽9/27(日) 《14:00》 モンテディオ山形 vs ジュビロ磐田 V・ファーレン長崎 vs アビスパ福岡 《16:00》 水戸ホーリーホック vs ザスパクサツ群馬 東京ヴェルディ vs ギラヴァンツ北九州 《18:00》 栃木SC vs FC町田ゼルビア 《18:30》 FC琉球 vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 レノファ山口FC vs ファジアーノ岡山 2020.09.26 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

15位水戸が首位の北九州に3発快勝! 2位徳島は大宮を振り切り勝ち点差1に迫る《J2》

23日、明治安田生命J2リーグ第21節の11試合が行われた。 首位のギラヴァンツ北九州(勝ち点44)はホームに15位の水戸ホーリーホック(勝ち点24)を迎え、0-3で敗戦。連勝が3でストップした。 6分、水戸はカウンターを仕掛けると山口がドリブル突破。横パスを村田がシュートもGK永井がセーブする。 すると10分、平塚の自陣からのダイレクトスルーパスを受けた山口がGKとの一対一を制し、水戸が先制する。 41分にはやや離れた位置でFKを獲得すると、福森が直接狙うも、クロスバーに嫌われてしまう。 水戸の1点リードで迎えた後半、57分に水戸はバイタルエリアで細かくパスをつなぐと、右サイドへ展開しクロス。これをファーサイドで村田がヘッドで合わせ、水戸がリードを2点に広げる。 さらに64分、左サイドからクロスを上げると、ボックス中央で中山がヘッド。水戸が3点目を奪う。 3点ビハインドの北九州は攻勢をかけるも、決定力を欠きゴールを奪えず。結局そのまま試合が終了し、0-3で水戸が勝利を収めた。 2位の徳島ヴォルティス(勝ち点40)はアウェイで14位の大宮アルディージャ(勝ち点26)と対戦し、1-2で徳島が勝利を収めた。 最初に決定機を迎えたのはホームの大宮。14分、戸島の落としを拾った黒川からのサイドチェンジがイッペイ・シノヅカへ。ボックス内右から強烈なシュートも、左ポストに跳ね返されゴールとはならない。 すると17分、大宮が最終ラインでボールを回すと、プレスをかけた杉森が河本からボールを奪い切り、そのままボックス内でシュート。これが決まり、徳島が先制する。 さらに23分には、ボックス手前で徳島がFKを獲得。藤田が直接狙うと、壁の外を巻いたシュートが右サイドに決まり徳島がリードを2点に広げる。 徳島の2点リードで迎えた後半、大宮は52分、ドゥシャンのミスキックを拾うと、パスを受けたイッペイ・シノヅカがシュート。しかし、GK上福元がセーブ。 67分には黒川がDFドゥシャンからボールを奪うと、飛び出したGK上福元をダブルタッチでかわしてゴールに流し込む。 その後も同点を目指す大宮は終始徳島を押し気味に試合を進めるが、2点目を奪えず。そのまま試合が終了し、1-2で徳島が勝利を収めた。 その他、19位松本山雅FC(勝ち点19)と18位FC琉球(勝ち点20)の一戦は1-6で琉球が大勝。風間宏矢が2ゴールの活躍を見せた。また、5連勝中の4位アビスパ福岡(勝ち点34)が2連勝中の20位のザスパクサツ群馬(勝ち点19)と対戦し、1-0で勝利。連勝を6位に伸ばし上位に迫った。 ◆明治安田生命J2リーグ第21節 ▽9/23(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 3</span>-2 栃木SC 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> FC町田ゼルビア 1-1 V・ファーレン長崎 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">6 FC琉球</span> ツエーゲン金沢 0-0 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 モンテディオ山形 愛媛FC 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ジュビロ磐田 1-1 ヴァンフォーレ甲府 2020.09.23 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島は逃げ切り失敗で連勝ストップも暫定2位浮上! 川又2発の千葉が7戦ぶりの白星《J2》

12日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsツエーゲン金沢は、1-1のドローに終わった。 2連勝で3位の徳島が、4戦負けなしで11位の金沢を迎えた一戦。変幻自在のビルドアップを誇るホームチームと、人を掴む攻撃的な守備を特長とするアウェイチームの攻防に注目が集まった中、試合は早い時間帯に動く。 6分、小西から大きな展開を受けた田向が左サイド深くで折り返すと、これをニアに飛び込んだ河田が右足アウトを使った技ありのワンタッチでニアを破った。 幸先よく先制に成功した徳島がその後もペースを掴むが、前半半ば過ぎには足を痛めた河田がプレー続行不可能となり、古巣対戦の垣田がピッチに送り込まれる。一方、前半終盤にかけて盛り返した金沢は長谷川や島津のシュートで相手ゴールに迫るが、決定機には至らず。 迎えた後半、5連戦のラストゲームということもあり、互いにハーフタイム明けにメンバーを入れ替えていくが、引き続きホームの徳島が主導権を握る。右サイドで高い位置を取る岸本を起点に古巣対戦の垣田に幾度か決定機が訪れるが、いずれも決め切れず。 すると、66分には劣勢の金沢がワンチャンスを生かす。左サイド深くでボールを持った窪田が対面のDFを外して右足の鋭いクロスを入れると、ボックス中央の杉浦恭が首を振ってゴール右隅の完璧なコースに流し込む、見事なヘディングシュートを決めた。 1-1のタイに戻った試合はここから徐々に金沢ペースに左サイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、徳島の守備も最後のところで粘る。その後、消耗戦の様相を呈した中、試合終了間際の86分には金沢、88分には徳島に勝ち越しのチャンスが訪れるも、杉浦力のシュートはクロスバー、垣田のシュートはGK白井の好守に阻まれ、試合は1-1のままタイムアップを迎えた。この結果、連勝ストップの徳島はV・ファーレン長崎を抜いて暫定2位浮上も暫定首位浮上のチャンスを逃した。 また、ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。 直近5敗1分けと不振が続く千葉だが、この試合では試合巧者ぶりを発揮。開始3分に左サイドのタッチライン際でうまく残した為田の突破からボックス中央で横パスを受けた古巣対戦の川又が冷静にダイレクトシュートを流し込み、幸先よく先制に成功。 その後はホームの愛媛にボールを握られて幾度も決定機を許すが、相手のフィニッシュの精度にも助けられてリードを保つ。すると、前半終了間際の44分には本村の仕掛けで得たPKをキッカーの川又が冷静に決め、2点リードで試合を折り返した。 後半は守備のアプローチを整備も相変わらず押し込まれる千葉だったが、丹羽らの決定機をGK新井が再三の好守で凌ぐ。逆に、山下にGKと一対一のビッグチャンスが訪れるが、ループシュートは枠を捉え切れず。 それでも、粘りの守備で逃げ切った千葉が8戦ぶりのクリーンシートで7戦ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽9/12(土) 徳島ヴォルティス 1-1 ツエーゲン金沢 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> ▽9/13(日) 《18:00》 栃木SC vs 松本山雅FC 東京ヴェルディ vs ザスパクサツ群馬 ファジアーノ岡山 vs ヴァンフォーレ甲府 アビスパ福岡 vs FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 vs ジュビロ磐田 《18:30》 京都サンガF.C. vs FC琉球 《19:00》 水戸ホーリーホック vs レノファ山口FC 大宮アルディージャ vs モンテディオ山形 ギラヴァンツ北九州 vs アルビレックス新潟 2020.09.12 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

京都橘FW西野太陽が“古巣”徳島加入内定! 今季から特別指定選手として戦力に

徳島ヴォルティスが11日、京都橘高校に在学するFW西野太陽(18)の2021シーズン新加入内定および2020シーズンJFA・Jリーグ特別指定選手認定を発表した。背番号「39」を着用する。 徳島県出身の西野は徳島下部組織出身で、京都橘高校に進学。その京都橘高校で背番号「10」を背負い、昨年にU-17日本代表候補にも選ばれた実績を持つ。クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「京都橘高校から加入する西野太陽です。ジュニアユースの時にお世話になったこのクラブに、プロサッカー選手として戻ってこられたことをとても嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた方々に本当に感謝しています」 「ファン・サポーターの皆さんには、スペースに流れてチャンスをつくったり、ゴールに絡むプレーを見てほしいと思います。チームの勝利に貢献できるように精一杯戦います。これからよろしくお願いします」 2020.08.11 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

再検査の徳島FW押谷祐樹が新型コロナウイルス陽性反応、藤原志龍に続き2人目

徳島ヴォルティスは9日、FW押谷祐樹が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを発表した。 クラブの発表によると、6日にMF藤原志龍が陽性反応を示したことでクラブ全体でPCR検査を実施。押谷は再検査となっていたが、その結果陽性反応を示したとのことだ。 押谷はこれまで発熱などはなかったものの、7日に再検査判定を受け、8日は自宅待機となったが、その際に37.3℃まで熱が上がったとのこと。再検査を受け、陽性反応を受けたとのことだ。 クラブによれば、押谷は練習以外、自治体等から発せられる懸念先への行動はなかったとのこと。濃厚接触者もいないとのことだ。 押谷はクラブを通じて、「たくさんの方々にご迷惑をかけ、また徳島県民の皆さまにも大変申し訳なく思っています。今回、陽性判定を受けたのは私個人となりますので、私の家族にはご配慮をいただきますようよろしくお願いします。一日も早く治して、ピッチで元気な姿を見せられるよう治療して参ります」とコメントしている。 なお、徳島は今後のチームトレーニングについては管轄保健所の指導のもと実施する予定とのことだ。 ◆押谷祐樹の経過及び症状 8月3日(月)体温36.3℃ チームトレーニングに参加 8月4日(火)体温36.3℃ チームトレーニングオフ 8月5日(水)体温36.0℃ チームトレーニングに参加 8月6日(木)体温36.1℃ チームトレーニングに参加、クラブ独自のPCR検査実施 8月7日(金)体温36.4℃ チームトレーニングに参加⇒検査機関より再検査判定を受ける 8月8日(土)体温36.1℃ 自宅にて待機、自宅待機中に発熱(37.3℃、20:00測定) ⇒検査機関による再検査の結果、陽性判定を受ける 8月9日(日)体温36.8℃ 自宅にて経過観察 2020.08.09 11:20 Sun
twitterfacebook