サッスオーロ、ロベルト・デ・ゼルビ監督と1年間契約延長

2020.07.01 16:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロは6月30日、ロベルト・デ・ゼルビ監督(41)との契約延長を発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年となる。

攻撃的なポゼッションスタイルを信条に、2014年から2016年まで率いたフォッジャで卓越した手腕を発揮したデ・ゼルビ氏は、パレルモとベネヴェントでの指揮を経て、2018年7月からサッスオーロの監督に就任している。

今シーズンのサッスオーロはセリエA28試合を終え、9勝7分け12敗の勝ち点34で12位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

サッスオーロ、ドルトムントDFトルヤンのレンタル期間延長を発表

サッスオーロは29日、ドルトムントのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(25)のレンタル延長を発表した。期間は2021年6月30日までとなっている。 両サイドバックでプレー可能なユーティリティプレーヤーのトルヤンは、2017年夏にホッフェンハイムからドルトムントに加入。移籍初年度は公式戦27試合に出場したが、2018-19シーズンはルシアン・ファブレ監督の構想外となり、2019年1月に出場機会を求めてセルティックへレンタル移籍。 半年間のレンタル移籍を経て、ドルトムントへ復帰すると思われたが昨年7月にサッスオーロへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。今シーズンは右サイドを主戦場に公式戦25試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。 2020.06.30 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、サッスオーロとの打ち合いは痛恨3-3ドロー《セリエA》

インテルは24日、セリエA第27節でサッスオーロをホームに迎え、3-3で引き分けた。 3日前に行われた延期分のサンプドリア戦を2-1と勝利した3位インテル(勝ち点57)は、サンプドリア戦のスタメンから5選手を変更。L・マルティネスやバレッラ、デ・フライらがベンチスタートとなり、サンチェスやボルハ・バレロらがスタメンとなった。 12位サッスオーロ(勝ち点32)に対し、ルカクとサンチェスの2トップ、エリクセンをトップ下に据える布陣で臨んだインテルは、開始4分に失点する。ジュリチッチのスルーパスを受けたカプートにゴールを許した。 早々に失点したインテルはサイド攻撃を起点にゴールを狙うも、なかなかシュートに持ち込むことができない。 それでも40分、インテルがPKを獲得する。エリクセンのパスをボックス右で受けたシュクリニアルがボガに倒された。このPKをルカクが決め、インテルが試合を振り出しに戻すと、追加タイム1分に逆転する。サンチェスのパスをボックス左で受けたビラギがシュートをねじ込んだ。 迎えた後半、前がかるサッスオーロに対し、ビラギの直接FKやガリアルディーニのミドルシュートで牽制するインテルが主導権を渡さずに試合を進める中、62分にL・マルティネスを投入する。 すると63分に決定機。L・マルティネスのパスを受けたボックス中央のルカクのシュートはGKに弾かれ、ルーズボールを無人のゴールに押し込むだけだったガリアルディーニのシュートはバーを直撃した。 その後も押し込まれたインテルは集中した守備で対応していたが、81分にPKを与えてしまう。ヤングがボックス内に侵入してきたムルドゥルを倒してしまった。 それでも86分、インテルが勝ち越す。左サイドで得たFKをカンドレーバが柔らかく蹴り込むと、ファーサイドのボルハ・バレロが押し込んだ。 しかし89分、右CKの流れからマニャーニに決められ3-3に。試合終了間際にはシュクリニアルが2枚目のイエローカードで退場したインテルは、このままタイムアップを迎え、勝ち点2を落としている。 2020.06.25 04:33 Thu
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、ギリシャ人SBキリアコプーロスの買い取りを発表

サッスオーロは22日、ギリシャ人DFヨルゴス・キリアコプーロス(24)の買い取りを発表した。移籍金は120万ユーロ(約1億4000万円)とのことだ。 2019年夏にギリシャのアステラス・トリポリスから買い取りオプション付きのレンタルでサッスオーロに加入したキリアコプーロスは、左サイドバックを主戦場とするレフティー。そのキリアコプは初挑戦のセリエAで16試合に出場して3アシストを記録。セリエA第11節以降はコンスタントにスタメンでプレーしていた。 2020.06.23 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ホームで4発のアタランタが再開初戦を快勝!《セリエA》

アタランタは21日、セリエA第25節延期分でサッスオーロとホームで対戦し、4-1で勝利した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的なパンデミックによる長期中断を経て、約3カ月半ぶりの再開となったセリエA。中断前の時点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に位置していたアタランタ(勝ち点48)は、11位に位置するサッスオーロ(勝ち点32)との再開初戦に臨んだ。 試合が動いたのは16分、アタランタはアレハンドロ・ゴメスの右CKをファーサイドのカルダーラが頭で折り返すと、ゴール前に抜け出したディムスティが右足でゴール左隅に流し込んだ。 先制したアタランタは、19分にもボックス左から侵入したD・サパタのクロスがゴセンズにディフレクトすると、ゴール前にこぼれたボールをアレハンドロ・ゴメスがゴールに流し込んだが、これはVAR判定でゴセンズのハンドを取られゴールは取り消しとなった。 それでもアタランタは31分、アレハンドロ・ゴメスのロングパスをボックス左に走り込んだゴセンズが頭で折り返すと、最後はゴール前に走り込んだD・サパタがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 勢いの止まらないアタランタは37分にもD・サパタのスルーパスに反応したゴセンズがボックス左深くから折り返しを供給。これが守備に戻ったブラビアのオウンゴールを誘い、アタランタが3点目を奪った。 迎えた後半、アタランタは立ち上がりからピンチに見舞われる。50分、左サイドを抜け出したデフレルのクロスをカプートが右足で合わせると、右サイドに流れたボールにベラルディが飛び込むが、これはわずかに届かない。さらに56分には、GKコンシーリのロングフィードから裏に抜け出したデフレルに決定機が訪れたが、これは飛び出したGKゴッリーニの右手に当たり、枠の上に外れた。 守護神の好セーブでピンチを凌いだアタランタは66分、ボックス左横でFKを獲得するとアレハンドロ・ゴメスのクロスをゴール前に走り込んだD・サパタが頭で流し込み、4点目を奪取。 その後、92分にブラビアの直接FKから1点を返されたアタランタだったが、試合は4-1のまま終了。アタランタはホームでのセリエA再開初戦を快勝で飾った。 2020.06.22 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエAで躍動中のボガ、今夏のステップアップを明言 「新たなチャレンジの準備はできている」

サッスオーロに所属するコートジボワール代表FWジェレミー・ボガ(23)が今夏のステップアップを明言している。『フットボール・イタリア』が伝えている。 マルセイユ出身でチェルシーアカデミー育ちのボガは、スタッド・レンヌ、グラナダ、バーミンガムでの武者修行を経て、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍。 加入2年目となった今季は左ウイングを主戦場に、今シーズンのセリエAでは24試合に出場し、8ゴール4アシストを記録。爆発的な加速力と当たり負けしない体幹の強さを武器に、セリエA屈指のドリブラーとして台頭。さらに、インテル、ユベントス、ローマという強豪相手にゴールを挙げている点も評価を高める一因となっている。 そして、今夏の移籍市場に向けては買い戻しオプションを有するチェルシー復帰の可能性に加え、ナポリやインテル、ユベントスといった国内の強豪、プレミアリーグ行きの可能性が取り沙汰されている。 そういった状況の中、ボガはフランス『Telefoot』で自身の去就に言及。「新たなチャレンジの準備はできている」と、今夏のステップアップを明言している。 「現時点では決定的なものはないよ。現状を正確に理解するため、(サッスオーロ指揮官の)ロベルト・デ・ゼルビとも話をした。ただ、新たなチャレンジの準備はできている。それがイタリアか国外かはわからないけどね。もちろん、サッスオーロに留まる選択肢もあるよ」 また、ボガは2年前のチェルシーからサッスオーロへの移籍に関しては、「自分の決断に後悔はないよ。チェルシーを去ることは正しい決断だったと思う。あの時点では最善の決断だった」と、自身にとって正しい決断だったと振り返っている。 2020.06.21 14:30 Sun
twitterfacebook