バレンシア、セラーデス監督を解任 サンチェスSDもクラブを去る

2020.06.30 08:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアは29日、アルベルト・セラーデス監督(44)の解任を発表した。後任として、過去5度にわたり、バレンシアの指揮歴を持つボロ氏(56)が暫定的な監督を務める。

今季からバレンシアの指揮を執ったセラーデス氏は2月初旬の段階で今季のラ・リーガ最高位となる5位に位置する時期もあったが、過去10試合でわずか2勝と落ち込み、現在8位。コパ・デル・レイも準々決勝で姿を消しており、チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝トーナメント1回戦で敗退している。

新型コロナウイルスによる延期期間で立て直したいところだったが、ラ・リーガ再開後5試合だけでみても1勝にとどまり、直近の2試合も無得点での敗戦が続いている状況。ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位ヘタフェを6ポイント差で追い、6位ビジャレアルとも勝ち点5差の開きがある。

なお、今年1月からスポーツディレクター(SD)を務めるセサル・サンチェス氏(48)の辞任もあわせて明らかにされている。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、ロドリゴが右ヒザ重傷で今季絶望に…

バレンシアは2日、スペイン代表FWロドリゴ・モレノが右ヒザ外側側副じん帯の部分断裂と診断されたことを発表した。 クラブ公式サイトによると、ロドリゴは1日に行われたラ・リーガ第33節のビルバオ戦で負傷したとのこと。また、離脱期間は数週間と明かしているが、フランス『レキップ』は1カ月半程度の離脱になると伝えている。 レアル・マドリーのカンテラ出身のロドリゴは、2014年夏にレンタル移籍でベンフィカからバレンシアに加入。翌年に完全移籍に移行。今シーズンはここまで公式戦34試合に出場して、ゴールこそ7点にとどまっているが、11アシストとチャンスメイクでチームに貢献している。 残り5試合となったラ・リーガ。10位のバレンシアは再開後の成績は1勝1分け4敗と混迷を極めている。 2020.07.03 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

国王杯決勝でメンディエタが魅せた相手DF無力化のリフティングボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFガイスカ・メンディエタ氏がバレンシア時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メンディエタの落ち着きとテクニック!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2NUYycTFSSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カステジョンでデビューしたメンディエタ氏は、1992年7月にバレンシアへ移籍。元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマール氏らとともに2度のチャンピオンズ・リーグ準優勝に貢献した。 バレンシアでは在籍9年間で公式戦282試合に出場し52ゴール10アシストを記録したが、中でも見事だったのが、1999年6月26日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリー戦でのゴールだ。 1-0とリードしている中、バレンシアはカウンターから敵陣左サイドでFWアドリアン・イリエがボールを持つと、右足で中央にクロスを供給する。これをオーバーラップしていたメンディエタがボックス内中央で受け、胸トラップする。 ゴールに背を向ける形になったものの、ボールをバウンドさせることなく、右足でリフティングし、次のタッチでふわりと浮かせる。それと同時に体を反転させ、一気にDFをかわすと、最後はGKとの1対1を冷静に左足で決めた。 クラウディオ・ラニエリ監督(現・サンプドリア監督)率いるバレンシアは、このスーパーゴールもあり、3-0で勝利。20年ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。 2020.07.02 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ガライがバレンシア退団…今季絶望の負傷、クラブとの確執の中で去る…

バレンシアに所属する元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(33)が、自身の公式SNSで退団を発表した。 予てから今月末での退団の可能性が決定的となっていたガライは30日、自身の公式『インスタグラム』にバレンシアでの思い出の写真と共に、「永遠に感謝するよ…。たくさんの家族に感謝する。ここでの素晴らしい記憶は決して忘れないよ」と、サポーターに向けた別れのメッセージを残した。 2016年夏にゼニトから加入したガライは、すぐさま主力センターバックとしての地位を築き、在籍4年で公式戦114試合に出場し5ゴールを記録。しかし、契約最終年となった今シーズンは今年2月に右ヒザ前十字じん帯を損傷し、すでにシーズン中の復帰が絶望的となっていた。 また、先日に年俸270万ユーロ(約3億2000万円)の契約延長オファーを拒絶したとの報道が出た際には、自身のSNSを通じて、「現在、僕の名誉を汚すキャンペーンが行われている。僕が言及しているキャンペーンを行なっているのは、自分のクラブの人間だ。そして、どんなオファーも、契約延長の意思も伝えられていない」と、クラブとの確執を明らかにしていた。 2020.06.30 19:41 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアDFガヤが左ハムストリング筋肉損傷 数試合欠場が確実か

バレンシアのスペイン代表DFホセ・ルイス・ガヤが負傷した。 ガヤは28日に敵地で行われたラ・リーガ第32節のビジャレアル戦(0-2でバレンシアが敗戦)に出場したが、41分に負傷交代。検査で左ハムストリング筋肉損傷の診断が下り、後日改めて回復状況を確認するという。 スペイン代表としても7キャップを誇るガヤは攻撃参加が売りの左サイドバックで、今季もここまで公式戦32試合に出場(2アシスト)。再開後のラ・リーガ5試合も出場停止試合を除けば、全てで先発起用されていた。 現時点でクラブから離脱期間などの詳細こそ明らかにされていないが、スペイン『Cadena SER』によると、最低でも全治10日間の離脱を余儀なくされる見込みだ。 この見立て通りなら、7月1日に行われる次節のアスレティック・ビルバオ戦を皮切りに4日のグラナダ戦、8日のバジャドリー戦を欠場するものとみられる。 なお、現在のバレンシアはラ・リーガの過去10試合でわずか2勝しか挙げられておらず、8位に位置。アルベルト・セラーデス監督の解任が決まり、次節からボロ氏が暫定的な監督を務める。 2020.06.30 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

OGで逃げ切ったエイバルがバレンシアを下し再開後初勝利を飾る!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第31節のエイバルvsバレンシアが25日に行われ、1-0でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず。 残留争いに巻き込まれている17位のエイバル(勝ち点29)が、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う8位バレンシア(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。リーグ戦5試合勝利のないエイバルは、直近のヘタフェ戦からスタメンを大幅に変更。前節先発の乾もベンチスタートとなった。 一方、直近のオサスナ戦で完勝したバレンシアは、その試合からスタメンを4人変更。マキシ・ゴメスやフロレンツィ、ジャウメ・コスタらに代えてフェラン・トーレスやマンガラ、ヴァスらがスタメンに名を連ねた。 立ち上がりからボールに積極的なプレスをかけるエイバルは17分、オウンゴールで先制する。ペドロ・レオンが右CKからクロスを供給すると、これがブロックに戻ったコンドグビアのオウンゴールを誘った。 先制を許したバレンシアは28分、右サイドからドリブルで仕掛けたフェラン・トーレスがボックス右まで切り込みシュート。しかし、これはDFに当たりゴール左に逸れた。 エイバルは40分、ホセ・アンヘルの左クロスのこぼれ球をボックス右手前のロベール・コレアが頭で落とすと、これを中央で受けたオレジャナが反転から左足でゴールを狙ったが、シュートはGKシレッセンのセーブに阻まれた。 迎えた後半、バレンシアはソレールを下げてガメイロを投入。2トップの一角で先発したゴンサロ・ゲデスを左MFに下げて、ガメイロをトップに配置した。しかし、先にゴールに迫ったのはホームチーム。 60分、エイバルはペナルティアーク付近で獲得したFKをホセ・アンヘルが直接狙うも、ゴール右上を捉えたシュートはGKシレッセンが好セーブ。さらに82分には、エドゥの左クロスをニアのセルジ・エンリクが頭で合わせたが、これもGKシレッセンが左手一本で弾き出した。 その後は一進一退の攻防が続いたが、バレンシアは89分にマンガラが2枚目のイエローカードで退場に。結局、数的優位となったエイバルがそのまま逃げ切りに成功し、リーグ再開後初白星を飾った。 2020.06.26 04:35 Fri
twitterfacebook