ユベントスがキエッリーニ&ブッフォンと2021年まで契約延長!

2020.06.30 00:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは29日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(35)と元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(42)の2選手と契約延長したことを発表した。公式サイトによれば、共に契約期間は2021年6月30日までとなる。

2005年にフィオレンティーナからユベントスに加入したキエッリーニは、在籍15シーズンで公式戦509試合の出場で36ゴール21アシストを記録。同選手は昨年8月、トレーニング中に右ヒザ前十字じん帯を損傷し約6カ月にわたって離脱。現在は戦列に復帰しているが、キャリア終盤での大ケガということもあり、引退が囁かれていたが1年間の契約延長にサインした形だ。

一方、2001年7月にユベントスへと入団したブッフォンは、2018年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍するまで17年間プレー。1シーズンでPSGを退団し昨夏にユベントスへ復帰すると、GKヴォイチェフ・シュチェスニーの控えGKとして今シーズンはセリエAで7試合、コッパ・イタリアで5試合、チャンピオンズリーグで1試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベがアタランタの左WBゴセンズに注目か、今季のセリエAで9G6A

ユベントスがアタランタのドイツ人MFロビン・ゴセンズ(26)に注目しているようだ。イタリア『コリエレ・ディ・トリノ』が報じている。 今季のセリエAで28試合に出場して9ゴール6アシストと特筆すべきスタッツを残している左ウイングバックのゴセンズ。攻撃センスが開花している左サイドのスペシャリストに対してはインテルも関心を寄せているようだが、ユベントスは2000万ユーロ(約24億2000万円)の移籍金を準備する用意があると同メディアは主張している。 ユベントスでは現在、左サイドバックのレギュラーをDFアレックス・サンドロが務めているが、バックアッパーのDFマッティア・デ・シリオは負傷がちな上、移籍の可能性も報じられている。 そこでレフティーであり、年齢的にも今後キャリアのピークを迎えるであろうゴセンズに注目しているようだが、アタランタの躍進を支えるキーマンを引き抜くことはできるだろうか。 2020.07.09 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのセリエA初のハットは全てがワールドクラス【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラにとって初めてのセリエAでのハットトリック<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoYWRJNkpGayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年4月17日に行われたセリエA第31節のレッチェ戦。まずは1-1で迎えた34分、MFマウロ・カモラネージのロングフィードに抜け出し、ボックス内に侵入する。シュートフェイントで相手GKを騙しながらマークマンも剥がすと、ワンステップ置いて冷静にゴールへと流し込んだ。 さらに43分、カウンターのチャンスでMFパベル・ネドベドからのパスを受けると、ダイレクトで左足を一閃。簡単なシュートではなかったが、難なく2点目を決める。 極めつけは82分、またもカウンターからネドベドのパスを受ける。波に乗っているイブラヒモビッチはボックス左手前から、コントロールショットを放つ。美しいカーブがかかったシュートは枠外の軌道からゴール右へと吸い込まれていった。 3ゴールとも難なく決めているが、その全てがワールドクラスのゴール。勢いに乗った時のイブラヒモビッチは、誰にも止められないかもしれない。 2020.07.09 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ブッフォン代理人「彼はユーベの監督になれる」

ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(42)の代理人が、将来的にブッフォンがユベントスの指揮官に就任する可能性があると主張した。イタリア『Radio Kiss Kiss』で語った。 ブッフォンは4日に行われたセリエA第30節トリノ戦でセリエA最多出場記録(648試合)を樹立。来季までユベントスと契約しているが、代理人を務めるシルビーノ・マルティナ氏はブッフォンの現役引退後について次のように言及している。 「私の意見では彼は監督になるべきだと思う。サッカーを理解しているし、ロッカールームをまとめる力があるからね。ユーベの監督になれる可能性はあると思う。彼と他のGKの違いは全ての物事をシンプルに捉えることができる点だ。これは彼に元来備わっている天性のものだと思う」 2020.07.09 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

カモラネージのカミソリシュート 威力と軌道に相手GK触れず【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表MFマウロ・カモラネージ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆驚異の威力!カモラネージのカミソリショット<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTbG92YmJWVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチン出身のカモラネージ氏は、2000年初頭にヴェローナで頭角を表し、2002年夏にユベントスへ移籍。2003年にはイタリア国籍を取得し、イタリア代表の一員として2006年ドイツ・ワールドカップの優勝に貢献した。 ユベントスでは、2010年にシュツットガルトへ移籍するまで、在籍8年で公式戦288試合に出場し、32ゴール48アシストを記録している。 中でも2005年9月24日に行われたセリエA第5節のパルマ戦では、見事なゴールを決めている。 ユベントス1点ビハインドで迎えた前半終了間際の44分、ユベントスはMFパトリック・ヴィエラがボールを運び、敵陣中央のカモラネージへとパス。このボールを受けたカモラネージは、ゴールまで距離があったものの、迷うことなく右足を振り抜く。 右足のアウトサイドで捉えたシュートは、アウト回転がかかり、相手GKクリスティアーノ・ルパテッリから逃げるようにゴール右上に突き刺さった。 カモラネージ氏は2014年の現役引退後、メキシコのコラスFCやタパチュラ、アルゼンチンのクラブ・アトレティコ・ティグレなどを指揮。2020年1月からスロベニア1部リーグのターボル・セジャーナの監督に就任し、欧州での監督初挑戦中だ。 2020.07.08 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サッリがミラン相手の逆転負けを分析 「60分間は最高だったが、ブラックアウトが起きた」

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、屈辱の逆転負けとなったミラン戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 前節終了時点で2位のラツィオと7ポイント差を付ける首位のユベントスは7日、敵地で行われたセリエA第31節で好調の7位ミランと対戦した。 この試合前に行われた一戦でラツィオが格下レッチェに敗れたため、ポイント差を「10」に広げるチャンスを得たユベントスは、後半開始早々の47分にMFアドリアン・ラビオのゴールで先制すると、53分にもFWクリスティアーノ・ロナウドが追加点。敵地でも地力の差を見せつける展開に。 しかし、62分にDFレオナルド・ボヌッチが与えたPKをFWズラタン・イブラヒモビッチに決められると、そこから瞬く間の連続失点。“魔の5分間”で試合を引っくり返された首位チームは、その後ダメ押しの4点目まで献上し、屈辱的な逆転負けを喫した。 同試合後、サッリ監督はイタリア『DAZN』で後半の15分間を「ブラックアウト」と表現。連戦が続く中で今回の敗戦を必要以上に掘り下げる必要はないと、主張している。 「最初の60分間はワールドクラスだった。我々は試合を完全にコントロールしていたが、その後にブラックアウトが起こった。3日後にはまた次の試合がある。したがって、それについてあまり深く考えすぎることは意味がない」 「15分間、完全にブラックアウトの状態だった。ただ、それはこの期間に他のチームにも起こっていることだ。したがって、我々はこの試合からポジティブな要素を抽出していく必要がある。つまり、60分間に渡って試合を完全にコントロールできたという事実をね」 「こういった不可解なブラックアウトに関して特定の理由を見つけるのは難しい。ただ、ヴェローナとナポリに対する敗戦とはまったく異なるものであり、次の試合に集中する必要がある」 さらに、ラツィオの敗戦という結果によって少し緩みが出たのではないかとの問いに対しては、「それが影響を及ぼしたとは考えていない。そうでなければ、試合の入りから悪かったはずだ。ブラックアウトを引き起こしたのはあくまでPKだった」と、完全否定している。 2020.07.08 13:34 Wed
twitterfacebook