カソルラが魔法のボールタッチ! ビジャレアルがバレンシア戦で圧巻のゴール!

2020.06.29 16:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
28日に行われたバレンシア自治州ダービーでビジャレアルに圧巻のゴールが生まれた。

ビジャレアルは28日にホームで行われたラ・リーガ第32節でバレンシアとの自治州ダービーに臨み、2-0で快勝した。

そして、同試合で生まれたチーム2点目は、まさに圧巻というべき素晴らしいものだった。

そのゴラッソが生まれたのは前半終了間際の44分。ビジャレアルは自分たちのセットプレーを相手に大きくクリアされた際、ハーフウェイライン付近まで出ていたGKセルヒオ・アセンホがボールを大きく前線に蹴り出した。

すると、一度自陣に戻る動きでオフサイドラインを完璧なタイミングでかいくぐったMFサンティ・カソルラが、滞空時間の長い後方からのロングボールを左足インサイドを使ったベルベットタッチで、やや遅れてペナルティアーク付近に走り込んできたFWジェラール・モレノにダイレクトパス。これをモレノはうまくヒザを被せた左足のダイレクトボレーでゴール右隅の完璧なコースに突き刺した。

ゴールの起点となったアセンホがこのゴラッソをイメージして蹴り出したかは大いに疑問が残るところだが、絶妙な抜け出しから滞空時間の長いボールを寸分違わぬワンタッチで折り返したカソルラの魔法のようなアシスト、それをダイレクトで蹴り込んだモレノのボレー技術の高さが際立つ、今シーズンのラ・リーガベストゴール級のゴラッソだった。

なお、アーセナル時代終盤に負ったアキレス腱の深刻なケガでキャリア終焉も囁かれた中、昨シーズンに古巣ビジャレアルで完全復活したカソルラは、今季の公式戦33試合12ゴール8アシストと健在ぶりを披露している。

◆カソルラが魔法のボールタッチ!
コメント
関連ニュース
thumb

ベシクタシュが契約満了を迎えるカソルラに関心か

ベシクタシュが、ビジャレアルのスペイン代表MFサンティ・カソルラ(35)に関心を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2018年に復帰したビジャレアルとの契約が今シーズン限りとなっているカソルラ。昨季に2年にも及ぶ長期離脱を乗り越え、今季は公式戦35試合に出場し12ゴール9アシストを記録中。およそ35歳とは思えないパフォーマンスでチームをけん引している。 先日、スペインのラジオ『エル・ラルゲロ』で「将来がどうなるかは僕次第だが、まだ決断する時じゃない」とコメントしたように、その去就は不透明な状況。だが、『アス』がトルコメディアをもとに伝えるところによると、ベシクタシュがベテランMFの獲得に乗り出している模様だ。 中盤の強化を図っているという同クラブは、元アトレティコ・マドリーでカイセリスポル所属のガーナ人MFバーナード・メンサーに連絡を取ったが、移籍金の面で良好な返事は貰えず、路線変更したとのこと。 一方で、引退も視野に入れているというカソルラは、今はクラブの欧州カップ戦の出場権獲得だけに集中していると話す。ビジャレアルは第33節を終えた時点で5位に位置しており、チャンピオンズリーグ出場権が得られる4位のセビージャとの勝ち点差は「3」に迫っている。 2020.07.02 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

完全復活の魔術師の未来は? ビジャレアルとの契約は今シーズン限り

ビジャレアルのスペイン代表MFサンティ・カソルラ(35)が自身の将来について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 長期離脱から復活を遂げビジャレアルで本来のパフォーマンスを取り戻しているカソルラだが、今年で35歳となり、ビジャレアルとの契約は今シーズン限りで契約が満了を迎える。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxN1F3REVxRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今季の公式戦34試合12ゴール9アシストと健在ぶりを披露しているカソルラだが、スペイン『ラディオ・マルカ』のインタビューに応え、先の事は考えていないと明かした。 「人生の中で、先々の計画を立てるのではなく、1日1日を生きることを学んだ。全てのトレーニングセッションを楽しみたいし、自分の身体の言うことに耳を傾けたい」 また、延期がなければ、スペイン代表への招集が濃厚と見られていたユーロ2020についても語っている。 「ユーロが延期になったことは悲しいね。代表チームは良いところまでいけるはずだったし、ビルバオでプレーするはずだった」 「ユーロ2020でプレーできるなんて、以前は全く考えられなかったけど、プレーできるんじゃないかと思っていたんだ」 最後に、将来について聞かれたカソルラは、先のことは考えておらず、あくまでビジャレアルの来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)もしくはヨーロッパリーグ(EL)の出場権獲得のために尽力することに集中していると述べた。 「ヨーロッパの舞台で戦うために、シーズンが終わるまでに目指さなければならないところがあるのは明白だ」 「中断期間前は調子があまり良くなかったけど、今はチームの調子も良い。中断期間で自分たちの気持ちを整理することができ、上手く活用できたと思う」 2020.06.30 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル主将ブルーノ、ケガを乗り越えた3年ぶり出場に涙…

ビジャレアルの元スペイン代表MFブルーノ・ソリアーノ(36)が偉大な一歩を踏み出した。 ビジャレアルの下部組織出身で2006年7月にトップチームデビューして以来、イエローサブマリン一筋のキャリアを歩むブルーノ。クラブ通算417試合に出場してきたレジェンドだが、2017年5月に行われたバレンシア戦でのプレーを最後に、度重なる足のケガによって3年以上に渡る長期の離脱を強いられてきた。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1TElUVmVpciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> しかし、22日に行われたラ・リーガ第31節のセビージャ戦の88分に待ち焦がれたその瞬間はやってきた。チームの5人目の交代選手としてピッチに立ったブルーノは、実に1128日ぶりの公式戦出場。短い時間ながらも、試合を終えて取材に応じた同選手は涙を流し、喜びを噛み締めた。『Tribal Football』が伝えている。 「何て言っていいのかわからない。本当に久しぶりの試合だったから言葉が出ないよ」 「ただただ幸せだ。何度も復帰を試みた。でもそれは不可能だった」 「自分にとってもこのクラブの全員にとっても、そして家族にとっても非常に喜ばしいことだね」 「相当タフな時間だったから、引退が一番良いのかもしれないとも考えた。何度も失望に苛まれたよ」 「でも今はチームの力になれるよう頑張りたい」 残念ながら、新型コロナウイルスの影響でその雄姿を生で見ることは叶わなかったが、画面の前のサポーターの脳裏に焼き付いたことは間違いない。 2020.06.24 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

来季のCL出場権を争う両者の一戦は痛み分けのドロー決着…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第31節のビジャレアルvsセビージャが22日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ラ・リーガ再開後3連勝中の7位ビジャレアル(勝ち点47)が、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う4位セビージャ(勝ち点52)をホームに迎えた上位対決。 ジェラール・モレノとアルカセルを2トップに据えた[4-4-2]のビジャレアルに対して、セビージャは3トップにスソ、エン=ネシリ、R・ロペスを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 試合序盤は一進一退の攻防が続く好ゲームとなった中、ホームのビジャレアルが先手を奪う。18分、ジェラール・モレノの右クロスをファーサイドから走り込んだザンボ・アンギッサがヘディングシュート。これはGKヴァツリークが弾くも、こぼれ球をゴール前のアルカセルが押し込んだ。 先制を許したセビージャだが、40分に同点に追いつく。フェルナンドのパスをバイタルエリア左で受けたエスクデロが意表を突いたロングシュートを放つと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 1-1のまま前半終了かと思われたが、ラストプレーでビジャレアルが再びスコアが動かす。前半アディショナルタイム4分、カソルラの右CKをニアのパウ・トーレスが頭で合わせると、このシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 迎えた後半、1点を追うセビージャはスソ、R・ロペス、セルジ・ゴメスを下げてオカンポス、ムニル、ヘスス・ナバスを投入。すると59分、ヘスス・ナバスの右クロスをゴール前に走り込んだジョルダンが頭で合わせたが、相手DFにディフレクトしたボールはGKアセンホのファインセーブに阻まれた。 攻勢を強めるセビージャは63分、右サイドからカットインしたヘスス・ナバスがボックス右手前からクロス供給。これをボックス左のムニルが身体を倒しながらダイレクトボレーで合わすと、このシュートがゴール右隅に突き刺さった。 同点を許したビジャレアルは、すぐに反撃に転じる。すると65分、イボーラのパスで相手DFの裏に抜け出したジェラール・モレノが飛び出したGKの上を越すループシュートでゴールに迫ったが、これはクンデがゴールライン手前でクリアした。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。そんな中、セビージャは85分、右CKのクリアボールをボックス右手前のヘスス・ナバスがダイレクトでゴール前に送るとL・デ・ヨングが頭で合わせたが、これはGKアセンホの好セーブに防がれた。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。来季のCL出場権を争う上位対決は、痛み分けのドローに終わった。 2020.06.23 04:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルのカピタン、MFブルーノが長期離脱乗り越え3年ぶりに復帰へ!

ビジャレアルの元スペイン代表MFブルーノ・ソリアーノ(36)が3年ぶりにピッチへ戻ってくる。スペイン『El periodico mediterraneo』が伝えている。 ビジャレアルの下部組織出身で2006年7月にトップチームデビューして以来、イエローサブマリン一筋のキャリアを歩むブルーノ。だが、クラブ通算417試合に出場してきたレジェンドは、2017年5月に行われたバレンシア戦でのプレーを最後に、度重なる足のケガによって3年以上に渡る長期の離脱を強いられてきた。 しかし、ようやく実戦でのプレーが可能なまでに回復したイエローサブマリンのカピタンは、19日に行われるラ・リーガ第30節、グラナダ戦に向けた25名の遠征メンバーに入った。 現時点でブルーノがプレーするかどうかは不明だが、交代枠が5人に増えていることもあり、不屈の36歳が3年ぶりにピッチへ舞い戻る可能性は十分にありそうだ。 2020.06.19 16:00 Fri
twitterfacebook