「ゴールは彼のもの」 カゼミロがアシストのベンゼマを絶賛!

2020.06.29 10:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが28日に敵地で行われたラ・リーガ第32節のエスパニョール戦で記録した決勝点を解説した。クラブ公式サイトが伝えている。

ゴールレスの45分、DFセルヒオ・ラモスが競り勝ったボールに反応したFWカリム・ベンゼマがボックス右からヒールパスを出すと、走り込んだカゼミロが押し込んで先制に成功。そのまま逃げ切り、1-0で辛勝した。

この試合でも攻守にわたって抜群の存在感を放ったカゼミロ。試合後、「3ポイントを得たが、まだ決勝戦があり、次に進む。僕のゴールに関して、カリムの動きに触れないのは不当だろう」と絶妙なアシストを記録したベンゼマを称えると、「ゴールは彼のもの」だと続けた。

「ベンゼマのことは知っている。彼にとって、あのプレーは普通だ。彼のクオリティは「9番」ではなく、「10番」。彼がどんなプレーをするのかわかっているから、スペースにパスを出すよう求めた。素晴らしいヒールパスだったから、ゴールは彼のものだ」

また、最下位エスパニョールとの試合も回想。7月2日に行われる次節のヘタフェ戦に向けて気を引き締めた。

「最下位チームとの対戦だったが、ゴール後はチーム全員で守り、逃げ切るためにとてもハードワークしたから結果を残せた。クリーンシートは評価されるべきで、守備も大事だ。続けたいね。これからヘタフェとの対戦を考えないと。難しい試合になる」
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャ、バネガ、レギロン、ボノが今季終了までの契約にサイン

セビージャは2日、元アルゼンチン代表MFエベル・バネガ(32)、スペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)、モロッコ代表GKヤシン・ボノ(29)の3選手が今季終了までの契約にサインしたことを発表した。 来季からサウジアラビアのアル・シャバーブへの移籍が決まっているバネガは今季、公式戦35試合の出場で2ゴール7アシストと活躍。 レアル・マドリーからレンタル中のレギロンは今季、公式戦29試合に出場して1ゴール4アシストと主力として活躍している。 そしてジローナからレンタル中のボノは公式戦10試合に出場していた。 セビージャは33試合を消化したラ・リーガでチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に付け、8月にはヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦でローマと対戦するが、3選手をシーズン終了まで起用できることとなった。 2020.07.03 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがハキミ獲得を発表! 2025年まで契約締結

インテルは2日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月までで、移籍金はイタリア『スカイ』によると、4000万ユーロ(約48億3000万円)+成果ボーナス500万ユーロ(約6億円)で、インテルにおけるDF獲得の際にかけた移籍金で最高額になるという。なお、年俸は500万ユーロとのことだ。 レアル・マドリーのアカデミー出身者であるハキミは2018-19シーズンから今季にかけて2年レンタルでドルトムント入りすると、攻撃力が魅力のサイドバックとして公式戦28試合3得点7アシストをマーク。今季はより攻撃性能に磨きがかかり、45試合に出場して9得点10アシストの好成績を収めていた。 そんなハキミを巡ってはレンタル先のドルトムントの他、バイエルンやマンチェスター・シティも獲得に乗り出しているとされてきたが、インテルが争奪戦を制すこととなった。 2020.07.02 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

クラシコでも阿吽の呼吸!ベッカムの絶妙フィードをオーウェンが仕留める!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イングランドの名コンビがクラシコで見せた技ありゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQ3NHRUx2SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールの下部組織で育ち、そのままファーストチームへ昇格したオーウェン。“ワンダーボーイ”としても知られ、多くの注目を集めた。 リバプールで長らくエースとして活躍した後、銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリーへと移籍。その後は、ニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド、ストーク・シティと渡り歩き、2013年に現役を引退していた。 そんなオーウェンが決めたゴールの中でも記憶に残るのは、2004-05シーズンのラ・リーガ第31節、2005年4月10日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”でのゴールだ。 “怪物”ロナウドとの2トップを組んで先発出場したオーウェン。ジネディーヌ・ジダンやラウール・ゴンサレス、デイビッド・ベッカムといった銀河系の面々とともにピッチに立つと、3-1とリードして迎えた65分にゴールを奪う。 自陣でサミュエル・エトーからイバン・エルゲラがボールを奪うと、こぼれ球を拾ったベッカムがルックアップ。すぐさま右足で前線へフィードを送ると、最終ラインの裏へ飛び出したオーウェンの元へ。 ボールはバウンドとともにブレーキがかかりオーウェン冷静にトラップ。ボックス手前で右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがネットを揺らした。 イングランド代表のチームメイトでもある気心知れたベッカムからの絶妙なパスに、特徴でもある絶妙な飛び出しを見せたオーウェンのシュート技術。スペインの地でイングランドの2人が見せた素晴らしいゴールとなった。 2020.07.02 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン、バルサの躓きにも油断せず「タイトルレースが終わったと考えるべきではない」

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、ライバルの相次ぐ躓きを受けても、ラ・リーガ制覇に向けて油断を見せることはない。 新型コロナウイルスの影響による一時中断から再開後、攻守両面で隙のない戦いをみせ、リーグ戦5連勝中の首位マドリー。 一方、エースFWリオネル・メッシへの依存度の高さ、一部主力の不振が目立つ2位のバルセロナは、再開後の5試合で2勝3分けと失速が顕著だ。 これにより、現時点での両者の勝ち点差は暫定で1ポイントとなっているが、マドリーが今節勝利した場合、その差を4ポイントに広げることができる。さらに、当該成績で上回っているため、実質の勝ち点差は5ポイントあり、3年ぶりのラ・リーガ制覇に向けてかなり有利な状況だ。 そういった状況の中、2日にホームで行われるラ・リーガ第33節、ヘタフェとの自治州ダービーに向けた公式会見に出席したジダン監督は、バルセロナとのタイトルレースの行方について言及。「まだ、何も獲得していない」と、チーム全体の気を引き締めている。 「選手たちのことをとても誇りに思っている。彼らがここ最近やってきたことは簡単じゃないからね。だが、6つの決勝戦が残っている。試合に勝つために全力を尽くすつもりだ」 「調子は良いが、何の意味もなさない。我々は自分たちがやってきたことを継続しなければならないし、明日も同じことをするつもりだ」 「仮に勝ったとしても、何かが絶対的に変わることはない。我々は自分たちがやっていることを続けて流れをキープするつもりだ」 「自分たちのエネルギーを持って、そうすることだけを望んでいる。非常に難しいチームを相手に対峙しなければならない。試合に勝つために解決策を探し求めるよ」 「現実として我々には6試合、18ポイントが残されている。対戦相手をリスペクトする必要がある。ライバルたちは最後までラ・リーガで優勝するために全力を尽くすはずだ」 「我々はまだ何も獲得していない。したがって、自信過剰になったり、タイトルレースが終わったと考えるべきではない」 「私自身、選手として、そのような状況を経験しており、そこから彼らに話すことができる。ただ、選手は自分たちが何も勝ち取っていないことを理解してくれているよ」 なお、対戦相手の5位ヘタフェはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け高いモチベーションを維持しており、3戦連続ドローが続いていた中、直近のレアル・ソシエダ戦では再開後初白星を挙げている。 そのため、3-0で圧勝した前回対戦のようなラクな試合展開は想像しがたく、ジダン監督が望む一戦必勝の姿勢が求められるところだ。 2020.07.02 19:56 Thu
twitterfacebook
thumb

4年連続最少平均失点の名手オブラクの牙城が崩れる? 絶好調クルトワが受賞濃厚

今シーズンのサモラ賞争いから絶対王者の脱落が濃厚となっている。スペイン『マルカ』が伝えている。 ラ・リーガのシーズンを通して1試合当たりの平均失点数が最も少なかったGKに送られるサモラ賞。ここ最近はアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクが4年連続で受賞しており、リーグ最高のGKとして絶対的な地位を築いていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆練習から超人的セーブを連発するオブラク<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvMDFqTmZCVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンも受賞した場合、5年連続で受賞する史上初の選手になる可能性があったものの、直近のアラベス戦とバルセロナ戦において2つのPKとオウンゴールで、3失点を喫していた。 リーグ戦残り5試合を残しているアトレティコ。オブラクはここまで33試合に出場し25失点。1試合当たりの失点数は0.76点とリーグ2位につけているが、1位を走るレアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワは、ここまで29試合に出場し失点18。1試合当たりの失点数は0.62点となっている。 オブラクが直近の2試合で3失点を喫したのに対し、クルトワは2試合連続クリーンシートを記録。その点もオブラクの5年連続受賞を困難にさせている。 オブラクがこの差を埋めるには、残りの5試合全てを無失点に抑え、かつ、クルトワが残りの6試合で6失点以上を許すことが絶対条件となるが、ここまでリーグトップの15試合でクリーンシート(無失点試合)を記録しているクルトワの調子を考えれば、かなり難しい状況であることがわかるだろう。果たして今シーズンのサモラ賞を受賞するのはどちらになるだろうか。 ◆1試合当たりの失点数ランキング 1位:ティボー・クルトワ(レアル・マドリー)/0.62点 2位:ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー)/0.76点 3位:ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)/0.83点 4位:ダビド・ソリア(ヘタフェ)/0.94点 5位:トマシュ・ヴァツリーク(セビージャ)/0.98点 6位:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)/1.03点 7位:セルヒオ・アセンホ・アンドレス(ビジャレアル)/1.07点 8位:ジョルディ・マシプ(バジャドリー)/1.13点 9位:ルイ・シルバ(グラナダ)/1.17点 10位:アレックス・レミロ(レアル・ソシエダ)/1.28点 2020.07.02 16:45 Thu
twitterfacebook