大迫弾で目覚めたブレーメン攻撃陣が大爆発! ケルンに圧勝し逆転で入れ替え戦進出を決める!!《ブンデスリーガ》

2020.06.28 00:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大迫勇也の所属するブレーメンは27日、ブンデスリーガ第34節でケルンと対戦し、6-1で勝利した。大迫は87分までプレー、22分と58分にゴールを記録。

17位ブレーメン(勝ち点28)が、14位ケルン(勝ち点36)をホームに迎えた一戦。リーグ戦連敗中のブレーメンは、前節のマインツ戦からスタメンを3人変更。サージェント、ビッテンコート、グロスに代えてラシツァ、フュルクルク、フォクトが先発で起用された。

残留へ望みを繋ぐ入れ替え戦圏内の16位を目指すブレーメンは6分、ペナルティアーク手前でボールを受けた大迫が反転からミドルシュート。7分には、大迫からのパスを受けたラシカがペナルティアーク左横からシュートを狙ったが、これは共に相手GKのセーブに阻まれた。

良い入りを見せたブレーメンだが、9分にピンチを迎える。ヤーコブスの左クロスを中央のモデストが絶妙なトラップで収めると、反転からシュート。しかし、このシュートはGKパブレンカが好セーブ。

ピンチを凌いだブレーメンは22分、M・エッゲシュタインのミドルシュートがゴール前の大迫に渡ると、完璧なトラップでボールの勢いを殺すとゴール右上にシュートを突き刺した。

先制に成功したブレーメンは、27分にもドリブルで仕掛けたラシツァがボックス左まで侵攻し左足を振り抜くと、このシュートが相手GKの股を抜きゴールネットを揺らした。さらに30分には、フリードルの左クロスをフュルクルクがダイレクトでゴールに流し込み、3点目を奪った。

その後、ケルンに攻め込まれるに場面時間の続いたブレーメンだが、集中した守備でゴールを守り抜き、3点リードで前半を終えた。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのはブレーメン。55分、ドリブルで持ち上がったラシツァのミドルシュートを放つと、相手DFに当たったボールが右ポストを直撃。このこぼれ球をクラーセンが押し込んだ。

勢いの止まらないブレーメンは、58分にもロングパスで右サイドを駆け上がったゲブレ・セラシェの折り返しを大迫がダイレクトで流し込み、ドッペルパックを達成。

その後、ドレイクスラーのゴールで1点を返されたブレーメンだったが68分、最終ラインからのロングフィードをサージェントが頭で繋ぐと、最前線で受けたラシツァが粘りからボックス手前にパスを送ると駆け上がったサージェントがそのままボックス内まで侵入すると、飛び出したGKをかわすチップキックでゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのまま6-1でブレーメンが大勝。なお、16位デュッセルドルフがウニオン・ベルリンに0-3で敗戦したことにより、ブレーメンが逆転でブンデス2部との入れ替え戦進出を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

ペップが引退ピサーロにコメント「監督としてフットボール界に残ってほしい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)の引退にコメントした。 両者はバイエルンで2シーズンの間共闘。ピサーロは2013-14シーズンに公式戦26試合、14-15シーズンには同17試合に出場した。 以前、ピサーロに「今までで最高の監督」と称賛されたグアルディオラ監督がわずか8歳差の教え子の引退にコメント。指導した当時はすでに35歳と全盛期を過ぎていたことを指揮官は惜しんでいたようだ。 「彼が24歳か25歳の時に会いたかったよ」 「彼は私が見てきた中で最も優れたフィニッシャーの1人だった。ボックス内だけでなく深く下がった位置でも上手かった」 「スタイルはカリム・ベンゼマに似ているかな。でも彼は人間としても素晴らしかった」 「41歳は引退に適した年齢だと思う。フットボールはクラウディオのような人物を必要としている。願わくば監督として続けていって欲しい」 2020.07.08 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

コーフェルト監督が引退のピサーロに謝罪と賛辞「ここ数十年のブレーメンにはいつも同じ笑顔があった」

今シーズン終了を以って現役を引退した元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、最後の試合となったハイデンハイムとのプレーオフ2ndレグで出場のチャンスを与えられなかったことを謝罪するとともに、その功績を手放しで称えた。 6日に行われた当試合。今季のブンデスリーガ1部を16位で終えたブレーメンは、2部で3位となったハイデンハイムと昇格と降格をかけて対戦。ホームで行われた1stレグを0-0で引き分けていたブレーメンは2-2で試合を終え、アウェイゴール差で残留を決めた。 だがこの2試合で今季限りでの引退を表明していたピサーロに出番がなかったことをコーフェルト監督は謝罪。その感情を試合後本人に伝えたことを明かした。 「私は試合後、彼と話して最後の試合に出場させてあげられなかったことを謝罪した。状況が許さなかったんだ」 「それでも彼は私に悪態をつくことはなく、重要なのは残留出来たことだと言ってくれた」 そのキャリアの中でバイエルンやチェルシー、ケルンでプレーしてきたピサーロだが、ブレーメンにとっては象徴と言うべき存在。2018年7月に4度目となるブレーメン加入を果たし、通算では320試合に出場。コーフェルト監督が過去の試合を見ると、そこにはいつもピサーロがいたという。 「ここ30年ほどの試合をチェックしていると、そこで笑っているのはいつも同じ顔なんだ。それは彼がブレーメンのファンに与えた喜びだ。彼がこのクラブにどれだけ重要であるか示しているんだ」 「クラウディオ・ピサーロがブレーメンやブンデスリーガのためにしてきたことに、私はいくら脱帽しても、どれだけ頭を下げようとも足りないぐらいだ」 「私は、そんな彼の最後の章をブンデスリーガで終えることが出来てとても嬉しいよ」 2020.07.08 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス残留のブレーメン、大迫勇也も乗っていたチームバスが襲撃に遭っていた

来シーズンもブンデスリーガで戦うことが決まったブレーメンだが、試合後にバスが襲撃されていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗みハイデンハイムと対戦。1stレグを0-0で終えていたが、2ndレグは2-2のドローに。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んでいた。 <div id="cws_ad">◆ブレーメン戦で魅せたノイアーのセーブ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxZ2tJRjAwYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、試合後ハイデンハイムのサポーターが暴動を起こしていたとのこと。スタジアム周辺で暴動が起こり、ブレーメンのバスが襲撃されていたようだ。 『ビルト』によると、スタジアム周りに約150人のハイデンハイムファンが集まっていたとのこと。地元警察は「下り坂を進んでいるブレーメンのチームバスに、石や瓶が投げられた。そしてバスの窓が割れた」と発表していた。 警察はすでに関与している数人を特定。捜査は進行中とのことだ。 2020.07.07 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

490試合のブンデス外国人最多出場記録を持つピサーロが現役生活に別れ、197ゴールは歴代外国人2位

ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)が現役生活に別れを告げた。 ピサーロは、すでに今シーズン限りでの現役引退を発表。所属するブレーメンは残留争いに巻き込まれた中、ブンデスリーガ最終節で滑り込みで昇格・降格プレーオフに進出。プレーオフではハイデンハイム相手に2戦合計2-2、アウェイゴール差でなんとかブンデスリーガ残留を決めていた。 <div id="cws_ad">◆ピサーロ、バイエルンでのベストゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwcDdUSlZIMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ピサーロは、母国のアリアンサ・リマから1999年8月にブレーメンに加入。その後は、バイエルンやチェルシー、ブレーメン、ケルンでプレーし、2018年7月に4度目となるブレーメン加入を果たしていた。 今シーズンはブンデスリーガで18試合に出場。中断明けはハムストリングのケガで欠場すると、シーズンのラスト3試合に数分間だけ出場。プレーオフもメンバー入りはしたものの、出場機会は訪れないまま現役生活に幕を下ろした。 ブンデスリーガでは通算490試合に出場し197ゴール76アシストを記録。試合出場数は外国人選手としてブンデスリーガ最多を記録。ゴール数もバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに次いで歴代2位とブンデスリーガで偉大な功績を残していた。 なお、ピサーロは今季開幕前にシーズン終了後の引退を発表。4月には、引退後はかつて所属していたバイエルンでのブランド・アンバサダーに就任すると報じられていた。 2020.07.07 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「何度も死んだと言われた」自動降格圏から生き返ったブレーメン指揮官が残留を評価

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、ハイデンハイム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗り込んだ。 ホームでの1stレグをゴールレスドローで終えていたブレーメンは開始3分でオウンゴールにより先制。幸先良いスタートを切ると試合終盤にスコアが大きく動くも、2-2のドロー。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んだ。 試合を振り返ったコーフェルト監督は残留に向けて選手たちが示したパフォーマンスを評価。自動降格圏からの逆転での残留について語った。 「このようなシーズンを経て、今日は普通のプレーをしていたのであれば、それは普通のことではなかった。でも、それは問題ではない。我々はブンデスリーガに残る。明日からは他のことについて話し合う」 「リーグを守れたことは嬉しく思う。何度も死んだと言われたが、いつだって戻ってきた。私は、この街のチームが降格することが、ブレーメンの人々や私にとって何を意味するかを分かっている」 「サッカーのレベルでの批判は正当化されるが、選手たちはキャラクターとメンタリティを示した。最後に彼らが行ったことをリスペクトしてもらいたい」 2020.07.07 09:34 Tue
twitterfacebook