シーズン打ち切りのオランダ・エールディビジ、来季は9月12日開幕! 観客も制限して入場可

2020.06.27 14:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダサッカー連盟(KNVB)は26日、2020-21シーズンのエールディビジのスケジュールを発表。9月12日、13日に開幕を迎えることを発表した。

エールディビジは、世界各国と同様に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。しかし、オランダ政府が4月21日に、すべてのサッカー活動を9月1日まで禁止したことでシーズン打ち切りが決定。首位に立っていたアヤックスの優勝も無くなっていた。

7月1日からは、トレーニングの再開が許可されており、新シーズンに向けた準備は可能となっている。

また、観客についても新シーズンは入場が可能とのこと。しかし、1.5mのソーシャル・ディスタンスを守る必要があるため、満員にはできない。7月8日に、KNVBが各クラブへプロトコルを提出するとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

VARの存在価値なし!プレミアリーグ3試合全てでPKの誤審、2試合はドロー

プレミアリーグで由々しき問題が発生した。イギリス『BBC』は、9日に行われたプレミアリーグの3試合全てにおいて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がありながらもPKの判定でミスがあったと報じた。 プレミアリーグは9日、第34節の3試合が行われた、エバートンvsサウサンプトンは1-1のドロー、ボーンマスvsトッテナムは0-0のゴールレスドロー、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドは0-3でユナイテッドが勝利していた。 シーズン終盤に差し掛かり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権、そして残留争いとシビアな戦いが続く中、勝敗を左右するミスが起こっていた。 『BBC』によると、番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』に対し、プレミアリーグがVARで誤ったPKの判定を下したことを認めたとのことだ。 アストン・ビラvsユナイテッドの試合では、0-0で迎えた26分にブルーノ・フェルナンデスがエズリ・コンサに倒されPKを獲得。VARも介入しながらのPKとなったが、このシーンはB・フェルナンデスがターンをした際に倒れ込んだだけ。プレミアリーグは、「間違った決定だった。実際にはコンサのファウルではなかったはずで、VARによって覆されるべきだった」と誤審を認めた。なお、PKを含む3ゴールを奪ったユナイテッドが勝利している。 ボーンマスvsトッテナムでは開始4分のトッテナムのCKの場面。ゴール前にクロスが送られると、ファーサイドで合わせに行ったハリー・ケインをジョシュア・キングが後ろから押しているように見えたが、ノーファウル。これにはジョゼ・モウリーニョ監督も怒りを露わにしたが、判定は覆らなかった。なお、このシーンでVARは介入したもののオン・フィールド・レビューは使われていない。 エバートンvsサウサンプトンでは、ジェームズ・ウォード=プラウズがアンドレ・ゴメスに倒されたとしてPKが与えられた。接触はあったものの、正当なチャージであり、PKではないと判断されるべきだったという。なお、サウサンプトンはこのPKをウォード=プラウズがクロスバーに当てて失敗していた。 プレミアリーグではVARの運用が度々問題視され、特に主審がモニターで映像をチェックする回数が少なく、VARからの助言をベースに決定を変えたり、または全くVARの助言を聞かないというシーンが散見。他のリーグに比べて、主審の権限が強すぎるとし、多くの監督や選手から不満が出ていた。 今回のケースでは、3試合全てで誤ったPKの判定が下されてしまい、改めてVARと主審の関係性が重要であることが浮き彫りになった。この先、プレミアリーグでその辺りが改善される日は来るのだろうか。 2020.07.10 10:41 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルFWヨビッチが自宅隔離、接触した友人が新型コロナ陽性反応

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、自宅で隔離されることとなった。スペイン『アス』が伝えた。 報道によると、ヨビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応がでた友人と接触していたとのこと。マドリーはプロトコルに従い、ヨビッチを自宅隔離させたとのことだ。 <div id="cws_ad">◆多くの期待を受けたヨビッチがお披露目<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ZkZ0emZLSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヨビッチの友人は、6日の昼にベオグラードからマドリッドへと渡航。当初の計画では、ヨビッチが友人であっても訪問者を受け入れないということだったが、外国人選手でもあるためにクラブが別の手段を考えたようだ。 マドリーの対応は、選手を訪ねてくる全ての人に検査を実施。その結果、ヨビッチの友人が陽性反応を示したために今回の措置となったようだ。 6日はマドリーのトレーニングが休みであった前、ヨビッチは検査を受けたが結果は陰性。しかし、プロトコルに則り、自宅隔離の措置となった。 なお、マドリーは10日にアラベス戦を控えているが、今後の進行状況によっては、検査の範囲などが拡大される可能性もあるようだ。 ヨビッチは、新型コロナウイルスの感染拡大による中断期間でセルビアへ帰国。しかし、自宅隔離の決まりがある中に外出し、セルビア国民からも大きな非難を受けることに。さらには自宅で骨折したために、中断明けのトレーニングを行えないという不始末も起こしていた。 5日に行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦には終了間際にカリム・ベンゼマと交代して入り試合に復帰していた。 2020.07.09 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

相手に噛み付いたラツィオDFパトリックは4試合出場停止&罰金1万ユーロ、かつてスアレスが受けた処分は?

相手選手に噛み付いた代償はやっぱり大きなものとなった。 ラツィオのスペイン人DFパトリックが、4試合の出場停止処分を受けることとなった。 ラツィオは7日、セリエA第31節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦。前節、ミラン相手に完敗して首位ユベントスとの勝ち点差を「7」に広げられた2位ラツィオは、降格圏の18位に低迷するレッチェを相手に2戦ぶりの白星を目指したが、試合は予想外の結果に終わった。 その試合終了間際、パトリックは相手DFジュリオ・ドナーティの左上腕部にまさかの噛みつき行為。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューにより噛み付いたことが確認され、退場処分となっていた。 セリエAの懲戒委員会は8日午後に開かれ、パトリックの愚行に対し4試合の出場停止処分となった。 これにより、サッスオーロ戦、ウディネーゼ戦、カリアリ戦だけでなく、ユベントス戦も欠場することに。さらに、1万ユーロ(約122万円)の罰金処分も下されていた。 噛み付き行為と言えば、現在はバルセロナでプレーするウルグアイ代表FWルイス・スアレスが思い浮かぶだろう。リバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付いた際は、10試合のプレミアリーグ出場停止処分に。2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いた際は、4カ月間のサッカー活動禁止の処分を受けていた。 <div id="cws_ad">◆ドナーティの左上腕部をガブり<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lazio defender Patric was sent off for biting Lecce&#39;s Giulio Donati. <a href="https://t.co/C681xLtPuz">pic.twitter.com/C681xLtPuz</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1280592725570699264?ref_src=twsrc%5Etfw">July 7, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.08 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス残留のブレーメン、大迫勇也も乗っていたチームバスが襲撃に遭っていた

来シーズンもブンデスリーガで戦うことが決まったブレーメンだが、試合後にバスが襲撃されていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗みハイデンハイムと対戦。1stレグを0-0で終えていたが、2ndレグは2-2のドローに。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んでいた。 <div id="cws_ad">◆ブレーメン戦で魅せたノイアーのセーブ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxZ2tJRjAwYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、試合後ハイデンハイムのサポーターが暴動を起こしていたとのこと。スタジアム周辺で暴動が起こり、ブレーメンのバスが襲撃されていたようだ。 『ビルト』によると、スタジアム周りに約150人のハイデンハイムファンが集まっていたとのこと。地元警察は「下り坂を進んでいるブレーメンのチームバスに、石や瓶が投げられた。そしてバスの窓が割れた」と発表していた。 警察はすでに関与している数人を特定。捜査は進行中とのことだ。 2020.07.07 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

31歳J・アルバが運転免許取得 周りの送迎で練習場入りの日常に別れ

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバ(31)がついに運転免許証を取得したことがわかった。 これまで運転免許証を持っていなかったため、家族や友人、チームメイトに送迎してもらい、バルセロナの練習場に通うのが日常だったJ・アルバ。しかし、その日常に変化があったようだ。 スペイン『アス』によれば、4日に自ら車のハンドルを握り、練習場に向かう姿がスペイン『Deportes Cuatro』のカメラでキャッチされ、クラブ施設の出入り口前で待つ報道陣を驚かせたという。 もちろん、J・アルバが1人で練習場にやってくるのはプロキャリア初。その日の練習前にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら同僚に花道を作られ、手荒い祝福を受ける姿もあったようだ。 なお、そんなJ・アルバの気になる運転の様子は実に慎重。チームメイトは法定の最大速度で練習場にやってくるのに対して、まだ慣れていないからか、非常に低速走行だったとのことだ。 2020.07.05 17:15 Sun
twitterfacebook