フランクフルト長谷部誠、日本でヒザを手術 ブンデス最終戦欠場

2020.06.27 09:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠がヒザの手術を受けるため、日本に帰国したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

フランクフルトは27日にホームで行われるブンデスリーガ最終節でパーダーボルンと対戦。アディ・ヒュッター監督が26日の会見で「長谷部は決まっていたヒザの手術を日本で受けたため、欠場が決まった」と明かした。

「慢性的な痛みがあったため、信頼する医師の下で小さな遊離体を取り除いてもらいたいという彼の要望を承諾した。深刻なものじゃないが、不快感のあるものだからね」

ブンデスリーガ最終戦の欠場が判明した長谷部は23試合の出場で今季のリーグ戦が終了。チームはリーグ終了後、8月にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのバーゼル戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

今季は結果を残した鎌田大地、フランクフルトSDは契約延長に自信「長期契約を締結する」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏が、日本代表MF鎌田大地について言及した。ドイツ『フランクフルター・ルントシャウ』が伝えた。 今シーズンから復帰した鎌田は、ブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグでは9試合で6ゴール2アシストと結果を残し、チームの攻撃を支える働きを見せていた。 鎌田とフランクフルトの契約は2021年6月30日までとなっている中、セリエAクラブへの移籍の噂が常に飛び交っている状況だが、ボビッチ氏は鎌田を高く評価しており、契約延長に自信を見せた。 「前に持ち出す動きでこれだけのクオリティを持ち、カギとなる選手はわずかしかいない。全てが準備をしている段階だ」 「7月中にはこの件を片付けられると確信している。ダイチはここで長期契約を締結する」 鎌田は2017年にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍。しかし、なかなか出番をもらえずにいると、2018-19シーズンはシント=トロイデンへとレンタル移籍する。 シント=トロイデンでは、持ち前の攻撃センスを発揮し公式戦36試合で16ゴール9アシストの大活躍。これを受け今シーズンはフランクフルトへ復帰していた。 鎌田が新天地を選ぶのか、それともフランクフルトに滞在することを望むのか。去就に注目が集まる。 2020.07.02 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

鎌田フル出場のフランクフルトが最終節を白星で飾る!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは27日、ブンデスリーガ最終節でパーダーボルンと対戦し、3-2で勝利した。 新型コロナウイルスに中断を強いられながらも、無事に最終節を迎えたブンデスリーガ。フランクフルトは降格が決定しているパーダーボルンと対戦した。 出場停止により前節を欠場した鎌田がスタメンに復帰。一方で、ヒザの手術を受けるため一足早く日本へ帰国したという長谷部は招集外となった。 試合は早々に動く。9分、フランクフルトが左サイドから上げたクロスに対し、パーダーボルンはクリアを試みた2人の選手が衝突しルーズボールに。これを拾ったローデがボックス手前からシュートを突き刺し、フランクフルトが先制に成功した。 幸先の良い立ち上がりとなったホームチーム。16分には再び左からのクロスをドストが落としたところを鎌田がシュート。しかし、枠を大きく越えてしまった。 それでも32分、ボックス右に侵入した鎌田が中に折り返すと、パスを受けたダ・コスタも冷静にゴール前にパス。最後は好調アンドレ・シウバが押し込んで、フランクフルトがリードを2点に広げた。 後半もフランクフルトが主導権を握る中、52分に味方のパスからコールが右サイドを突破。丁寧な折り返しからドストが3点目を決めた。 余裕の展開と思われたその直後、CKの流れからドレーガーに1点返されると、75分にはこちらのCKからカウンターの餌食に。ミヒャエルにゴールを許し、1点差に詰め寄られてしまった。 怪しい雲行きとなってきたフランクフルトは78分に2枚替え。パシエンシアと、前日に今季限りでの退団が発表されたデ・グズマンが投入された。 後半アディショナルタイムにピンチを迎えたが、オフサイドに救われたところで試合終了。鎌田もゴールに絡んだフランクフルトが最終節を白星で飾った。 2020.06.28 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、元オランダ代表MFデ・グズマンの退団を発表

フランクフルトは26日、元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(32)が今季をもってクラブを離れることを発表した。 フェイエノールトでプロデビューを飾ったデ・グズマンは、マジョルカやビジャレアル、スウォンジーにナポリと欧州主要リーグでキャリアを積み、2017年夏にフランクフルトに加入。フランクフルトでは公式戦67試合に出場して4ゴール15アシストを記録した。昨季は準主力としてプレーしていたものの、今季はケガの影響もあって公式戦9試合の出場にとどまっていた。 2020.06.27 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトの“バンディエラ”、マルコ・ルスが34歳で現役引退

フランクフルトは26日、ドイツ人DFマルコ・ルス(34)の現役引退を発表した。 フランクフルトの下部組織出身のルスは2004年10月にプロデビュー。2011年夏から2013年冬までヴォルフスブルクへ移籍した期間があったものの、それ以外のキャリア全てをフランクフルトで過ごしてきた。クラブの象徴と言える存在のルスはフランクフルトでこれまで公式戦328試合に出場して24ゴール12アシストを記録。2017-18シーズンにはMF長谷部誠と共にDFBポカール優勝に貢献していた。 ただ、昨年8月にアキレス腱を断裂する大ケガを負ったため、今季の公式戦出場はヨーロッパリーグ予選の1試合のみにとどまっていた。なお、引退後は分析官としてフランクフルトに留まるとのことだ。 2020.06.27 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト鎌田大地、契約延長で大筋合意…独『ビルト』報じる

フランクフルトの日本代表FW鎌田大地(23)がクラブとの契約延長に近いようだ。 鎌田は今季、レンタル先のシント=トロイデンから戻り、公式戦46試合に出場して10得点9アシストの活躍を披露。現行契約は2021年6月末までとなっている。 ドイツ『ビルト』によると、フランクフルトはその鎌田との交渉が進み、「当事者間で大筋合意に達しており、サインを交わす瞬間が差し迫っている」という。 また、フランクフルトは今季、2021年6月末までのレンタルでミランから獲得したポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(24)の買い取りにも動いている模様だ。 アンドレ・シウバは今季、ここまで公式戦35試合に出場して15得点5アシストを記録。ブンデスリーガ再開後の8試合で7得点を挙げ、調子を上げている。 そうした活躍ぶりを受けて、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が見込める他のブンデスリーガ勢からの関心も集まっている状況のようだ。 2020.06.19 14:15 Fri
twitterfacebook