“闘将”コンテの現役時代、相手GK棒立ちの意表を突くバイシクルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.25 18:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は現在はインテルの指揮官を務める元イタリア代表MFのアントニオ・コンテ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。

レッチェでキャリアをスタートさせたコンテ氏は、1991年にユベントスに移籍すると、現役を引退するまで13年にわたりプレー。チームのキャプテンも務めていた。

ユベントスでは公式戦420試合に出場したコンテ氏だが、1997年9月21日に行われたセリエA第3節のブレシア戦では素晴らしいゴールを決めている。

1-0とユベントス1点リードで迎えた36分、中盤から前線に飛び出したコンテは、右サイドからのクロスボールに反応。ボックス内に侵入しながら落下点に入ると、タイミングを合わせてジャンプ。放たれたバイシクルシュートは見事な弾道を描いてゴールネット左隅に吸い込まれた。このシュートには相手GKのジョヴァンニ・チェルヴォーネも見送ることしかできなかった。

現在はインテルの監督を務めるコンテ氏だが、2011年にユベントスの監督に就任した際にはセリエA3連覇の偉業を成し遂げている。
コメント
関連ニュース
thumb

万能型DFヘイティンガが放った弾丸ミドルにGKも棒立ち!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表DFヨン・ヘイティンガ氏がアヤックス時代に見せたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆万能型DFヘイティンガが見せた完璧なミドルシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNMVFlZHY1aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスユースで育ったヘイティンガは、足元の技術に優れたDFが揃うオランダの中でも特に優れたテクニックを持ち、同胞の先輩DFヤープ・スタムの後継者と呼ばれた万能型DFだ。 キャリアを通してアトレティコ・マドリーやエバートン、フルアム、ヘルタ・ベルリンなどで活躍したハイティンハだが、アヤックス時代の2006年12月13日に行われた、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)、グループステージのズルテ・ワレヘム戦では豪快なスーパーゴールを決めている。 アウェイのアヤックスが2-0とリードして迎えた83分、衝撃のゴールが生まれる。 アヤックスが相手陣内でボールを回す中、敵陣中央でハイティンハがボールを受ける。すると大きめのタッチでボールを前に出し、充分な助走を取ると、右足を豪快な一振り。シュート回転のかかったボールは、ゴールキーパーから離れるように変化しながらものすごいスピードでゴール右上に突き刺さった。 これには相手GKもお手上げ。棒立ちのままゴールが決まるところを見ることしかできなかった。これでリードを3点に広げたアヤックスは3-0で勝利している。 2020.08.06 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダンの鋭すぎるターンで相手DFを破壊!相手を翻弄するターンからの豪快なゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジダンがキラーターンで相手DFを翻弄<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJESHNpYVBGSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボルドーで頭角を現したジダンは、ユベントスでブレイク。スターダムを駆け上がると、2001年に“銀河系軍団”の一員として、レアル・マドリーに加入し、現役を引退するまで同クラブでプレーした。 攻撃的MFとして、味方のチャンスを演出する天才的なパスと自らも得点を挙げる決定力を武器に、芸術的なプレーでファンを魅了したジダンだが、2005年2月5日に行われた、ラ・リーガ第22節、エスパニョール戦では、相手を翻弄するプレーから豪快なゴールを決めている。 ホームにエスパニョールを迎えた、レアル・マドリー。序盤からジダンがいきなり魅せる。 自陣からMFデイビッド・ベッカムの正確なサイドチェンジのボールを、敵陣の左サイドに張っていたジダンが受ける。 完璧なトラップで簡単にボールをコントロールすると、ドリブルで相手ボックス左端まで侵入。細かいカットインで、ハーフスぺースを得ると、シュート体勢に入った。 しかし、相手DFがブロックしようと足を伸ばした絶妙のタイミングでキックフェイントによるキレのあるターン。完全にバランスを崩された相手DFは尻モチを突き、フリーになったジダンが左足で豪快なシュートを放つ。強烈なシュートはGKのニアポストを抜き、見事なゴールとなった。 2020.08.06 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“決勝男”ベイルが2018年CL決勝で決めた半端ないバイシクルキック【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルがチャンピオンズリーグ(CL)決勝で決めた驚愕のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベイルが決めたCL決勝の歴史に残る驚愕のスーパーゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQTTJSRjIwNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門サウサンプトンユースで育ち、トッテナムで世界トップレベルのアタッカーに成長したベイルは、2013年に鳴り物入りでマドリーに加入した。 加入初シーズンからバルセロナとのコパ・デル・レイやアトレティコ・マドリーとのCL決勝などで決勝点を決め、多くのタイトルもクラブにもたらした“決勝男”として知られるベイルだが、2018年5月26日に行われた、リバプールとのCL決勝戦では、大舞台で信じられないゴールを決めている。 1-1の同点で迎えた61分、ベンチスタートだったベイルがピッチへ。すると直後の63分、CL決勝の歴史に残るスーパーゴールが生まれる。 DFマルセロが左サイドでボールを持つと、ボックスの左端手前から右足でインスイングのボールを中へ入れる。するとこれをベイルが考えられない高さに足を上げ、バイシクルキック。ここしかないというピンポイントの場所で完璧にミートされたボールは、GKロリス・カリウスの届かないゴール左上に吸い込まれた。 交代早々値千金の勝ち越しゴールを決めたベイルは、その後にも無回転ロングシュートを叩き込み2得点。マドリーは3-1で勝利し、CL3連覇の偉業を達成している。 2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“トルネード”ことアッピアーが見せたキレキレのドリブルからの豪快な一撃!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ガーナ代表MFスティーブン・アッピアー氏がユベントスで見せた見事なゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アッピアーが見せた単独での打開力から生まれたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxQ3FwMDJFZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウディネーゼやパルマ、ユベントスなど、主にセリエAで活躍したアッピアー氏。単独でチャンスを作る事のできる打開力の高さから“トルネード”の異名をとったが、2005年5月29日に行われた、セリエA第38節、カリアリ戦では、その打開力を活かした見事なゴールを決めている。 2-0とユベントスがリードして迎えた59分、ブロックを作って守る相手に対して、敵陣でボールを持ったアッピアーが、ドリブルで切り込んでいく。 相手DFとの駆け引きの中でボックス左に流れてきたアッピアーだが、2人に挟まれてしまう。しかし、華麗なボールタッチで相手を左右に振り、隙を作ると、2人の間を一瞬で抜き去る。そのままシュート体勢に入ると、豪快に右足を振りぬき、ボールをゴールネット上部に突き刺した。 アッピアーのゴールでさらにリードを広げたユベントス。この後カリアリに2点を返されるも、追加点を奪い、4-2で勝利している。 2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めた、記憶に残る衝撃のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アリが決めた、2015-2016シーズンベストゴールに選ばれたスーパーゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チャンピオンシップ(イングランド2部)のMKドンズで大器の片鱗を見せ、ビッグクラブの注目を集めたアリは、2015年夏にトッテナムに正式加入。イングランドの次代を担う若手MFとして、瞬く間にチームの中心選手へと成長を遂げている。 イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えるアリだが、2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めている。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とす。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放つ。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まった。 極上のテクニックと天才的センス炸裂のゴールで勝ち越したトッテナムは、アディショナルタイムにも追加点を奪い3-1で勝利。ちなみにアリのゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されている。 2020.08.05 12:00 Wed
twitterfacebook