冨安健洋が初めてC・ロナウドと対決へ「本当に楽しみです」

2020.06.22 17:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャの日本代表DF冨安健洋が、ユベントスとの再開初戦へ意気込んだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』でのコメントを『Voetbalkrant』が伝えた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け中断していたセリエA。一時は世界で最も感染者と死者数が多くなったイタリアだが、ロックダウン(都市封鎖)などの規制を遵守したことで徐々に感染が小康状態に。そして、ブンデスリーガ、ラ・リーガ、プレミアリーグに続いてヨーロッパ5大リーグの1つとしてリーグ再開にこぎ着けた。

ボローニャは、22日に首位のユベントスと対戦。現在は勝ち点34で10位につけているものの、ヨーロッパリーグ出場権を獲得できる6位ナポリとの勝ち点差は「5」とまだまだ目指せる状況だ。

冨安は、ローマやウェストハム、サウサンプトンなどが興味を示しているとされている中、ボローニャでのプレーを続け、ヨーロッパの大会への出場を目指すと意気込みを語った。

「ボローニャで幸せです。ここでの生活は良いです。ここに留まり、さらに重要になりたいです。ヨーロッパの大会でのプレーを目指しています。僕は残りの12試合で、その目標を達成できると信じています」

また、今季最初の対戦となった昨年10月のアウェイゲームは、日本代表の試合で左大腿二頭筋損傷のケガを負ったために欠場していた。

冨安は初めて対戦するユベントスの印象を語り、楽しみだと語った。

「トリノでの最初の試合は足のケガで見守ることになっていたので、本当に楽しみです。ユベントスはイタリアで最強のチームで、アグレッシブで何よりもコンパクトにプレーする必要があります」
コメント
関連ニュース
thumb

久保の新天地はビジャレアル! 来季加入に向け合意報道

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英(19)のビジャレアル移籍が今週中にも実現しそうだ。スペイン『アス』が報じている。 昨夏の移籍市場でマジョルカにレンタル移籍を果たして、公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた久保。日を追うごとに様々な移籍先が挙げられてきたが、最後に急浮上してきたビジャレアルが日本の至宝を射止めた。 今回の報道によれば、移籍形態は買い取りオプションのない1年間のレンタル契約となる模様。また、ビジャレアルは久保の給与全額に加え、レンタル料200万ユーロ(約2億5000万円)をマドリーに支払うことで合意に至ったようだ。 今シーズンのラ・リーガを5位で終え、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したビジャレアルは、先月20日にハビエル・カジェハ監督の退任を発表。新指揮官には、セビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどの監督を歴任した実績豊富なウナイ・エメリ氏を招へいしていた。 2020.08.06 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

DAZNがベルギーリーグの独占放映権獲得!今週末開幕の新シーズンから放送

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は5日、8日(土)に開幕するベルギーのジュピラー・プロ・リーグの2020-21シーズン独占放映権獲得を発表した。 多くの日本人選手もプレーしているジュピラー・プロ・リーグ。シント=トロイデンでは、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF松原后、FW中村敬斗が在籍。また、MF森岡亮太(シャルルロワ)やFW伊東純也(ヘンク)、MF三好康児(アントワープ)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、MF小林祐希(ベベレン)も参戦している。 開幕節では日本人選手所属チームの2試合とメヘレンvsアンデルレヒトの試合が放送される。 ■ベルギーリーグ配信予定(日本時間) ▽8月8日(土) 《23:30》 クルブ・ブルージュ vs シャルルロワ ▽8月9日(日) 《20:30》 シント=トロイデン vs ヘント 《25:15》 メヘレン vs アンデルレヒト 2020.08.05 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラブと話し合う」吉田麻也が自身の去就について語る「長期契約は僕にもクラブにも良いこと」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、セリエA初挑戦のシーズンを振り返った。 サンプドリアは1日、セリエA最終節でブレシアと対戦。吉田は、この試合でもフル出場を果たしていた。試合は1-1の引き分けだった。 今年1月に7年半過ごしたサウサンプトンからレンタル移籍で加入。加入後はなかなか出場機会がなかったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた中断期間後は全13試合に出場。うち12試合でフル出場を果たし、守備の要としてチームを支えた。 <div id="cws_ad">◆吉田麻也、最終節を終えてインタビュー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4NjZpQzlDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 吉田は、シーズン最終節のブレシア戦後にインタビューを受け、流暢なイタリア語で試合についてコメント。チームがセリエAに残留できたことを喜んだ。 「高温多湿だったため、誰にとってもとても難しい試合でした。でも、幸運にも来シーズンはセリエAでプレーする。これは我々全員にとって最も重要なことです」 「チーム全体、メディカルスタッフ、監督、そして全てのファンに感謝します」 「みんなにとってとても困難な状況であり、僕たちはとても上手くやりました。サンプドリアが、セリエAに残ることができて、とても幸せです」 また、自身初のセリエA挑戦となった半年間についても振り返った。 「これは僕にとって新しい経験でした」 「イギリスで7年間を過ごした後、何か新しいことに挑戦するための変化を求めていました」 また、サンプドリアとの契約が満了を迎える吉田。10試合に出場したため1年間の契約延長という可能性もある一方で、トルコのベシクタシュへの移籍なども囁かれている。 去就についても問われた吉田は、数日中にクラブと話をするとし、落ち着いて見守って欲しいと最後はジェノバ地方の方言を用いながら語った。 「まだ、自分の将来については何も知りません。僕が言えることの1つは、もう1年残る可能性はあるけど、長期契約は僕とクラブにとってより良いことであり、あと数日で僕の代理人と僕はクラブと話し合うことになるだろう」 「全てが完璧に動くことを望んでいます。チャニン、チャニン(冷静に)」 2020.08.04 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋は来季はセンターバック? ミハイロビッチ監督が来季の構想を明かす

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、新シーズンについてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ボローニャは、シーズン開幕前にミハイロビッチ監督の白血病が発覚。治療をしながらの指揮となった中、シーズン前半は負けが混むなど苦しい展開に。 <div id="cws_ad">◆冨安健洋のセリエA初ゴール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuYWJBTEIxMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 再開後も負けが先行するなど苦しい戦いとなり、最終的には勝ち点47の12位でシーズンを終えていた。 日本代表DF冨安健洋は、セリエA挑戦1年目ながら29試合に出場し1ゴールを記録。右サイドバックというこれまでプレーしてこなかったポジションで、新境地を開いた。 ミハイロビッチ監督は、最終節となった2日のトリノ戦後来シーズンについてコメント。チームを立て直す必要があると語り、その冨安をセンターバックとしてチームを組み立てる構想があることを明かした。 「私は会社にトップクラブのようなお金を使うように要求することはできない」 「ただ、チームを改善するため、右サイドバックやセンターバックの役割など、選手のリズムを改善する必要がある」 「来年は冨安がセンターバックとなり、明確なアイデアがある。チームを改善し、ヨーロッパの大会のためにも戦わなければならない」 「我々は改善し、来年はより良いプレーをするように努め、徐々に近づいていく。時間、忍耐、適切な移籍が必要だ」 2020.08.03 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

5月にヒザ負傷の宮市亮、新シーズンに向けた最初のトレーニングを欠席

新シーズンに向けて指導したブンデスリーガ2部のザンクト・パウリ。しかし、その初日にはFW宮市亮の姿はなかったようだ。 ザンクト・パウリは、2日に新シーズンに向けた最初のチームトレーニングを実施。しかし、クラブの発表によると、宮市はヒザの負傷の問題で不参加となったようだ。 宮市は、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。凡に右ウイングとして主力を務めていたが、5月にヒザを負傷。シーズン最後の4試合を負傷欠場していた。 順調に過ごしたシーズンの最後を、再びケガで棒に振った宮市。信頼を得ていたヨス・ルフカイ監督が退任し、新シーズンからティモ・シュルツ監督が率いることとなったが、出遅れることとなってしまった。 シュルツ監督は宮市について「昨シーズンの終わりに離脱していて、100%の状態を取り戻せていない」とコンディションに問題があるとコメント。「ただ、彼は今後数週間でトレーニングの負荷を増やせると楽観視しているよ」と語り、長期離脱にはならないようだ。 2020.08.03 10:40 Mon
twitterfacebook