ロサンゼルスFC、アンデルレヒト退団のホンジュラス代表DFが加入!

2020.06.19 16:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するロサンゼルスFCは17日、ホンジュラス代表DFアンディ・ナハル(27)の加入を発表した。

ナハルは今月末にアンデルレヒトとの契約が終了するため、フリーでの加入となる。

ホンジュラス出身のナハルは13歳で家族と共にアメリカに移住。DCユナイテッドでプロキャリアをスタートすると、2010シーズンにはMLSの最優秀新人賞を獲得。その後、2013年にベルギーの名門アンデルレヒトに移籍し、以降は右サイドバックやサイドハーフを主戦場に在籍7年間で公式戦150試合以上に出場していた。ただ、今シーズンはケガの影響によりほぼ1年を棒に振っていた。

また、ホンジュラス代表では通算36キャップを誇り、2014年ブラジル・ワールドカップにも出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

サッリ解任のユーベ、監督未経験のピルロを新指揮官に任命!

ユベントスは8日、新指揮官にアンドレア・ピルロ氏(41)を任命したことを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 ユベントスでは8日、前日のチャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンの前に敗退したことを受けてマウリツィオ・サッリ前監督が電撃解任されていた。 2018年1月に現役を引退したピルロ氏は選手時代、ユベントスのスクデット4連覇に大きく貢献。先月30日にU-23チームの指揮官としてユベントスに復帰したばかりだった。U-23チームでは指揮を執らず、監督未経験のままトップチーム指揮となる。 ピルロ氏の他、前トッテナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏も後任候補に挙がっていたが、サッリ前監督の高額な違約金に加え、1200万ユーロ(約15億円)とされるポチェッティーノ氏の給与に難色を示し、折り合いがつかなかったと現地メディアでは報じられている。 2020.08.09 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

降格のボーンマス、ハウ監督の右腕・ティンダル氏を監督に招へい

チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスは8日、新監督にジェイソン・ティンダル氏(42)が就任することを発表した。3年契約を結んだとのことだ。 ティンダル氏は、現役時代はチャールトンやボーンマス、ウェイマスFCなどでプレー。2011年1月に現役を引退すると、現役時代からエディ・ハウ監督の右腕としてアシスタントマネージャーを務めていた。 2012年10月にボーンマスに復帰すると、チームのプレミアリーグ昇格を含めて多くの成功をハウ監督とともに経験してきた。 ティンダル氏は「このような素晴らしいクラブの監督になることは名誉であり、特権である」とコメント。自身がハウ監督のようにチームを導くと意気込んだ。 「過去12年間のクラブの成功を考えると、エディが担当し、私は彼のそばにいた。私が率いるからといって、全てを引き裂き、再建するつもりはない。それをするのは馬鹿げている」 「しかし、私も自分自身の考えを持つ一個人であり、トレーニングの現場に戻れば、すぐに実行することを目指している」 「チャンピオンシップがとてもタフなリーグであることは理解しているが、目標はクラブをプレミアリーグに戻すことだ」 「準備ができていると感じている課題であり、楽しみだ」 2015-16シーズンにクラブ創設125年で初の1部リーグ昇格。5年間にわたりプレミアリーグに所属していたが、今シーズンは18位で降格となっていた。 2020.08.08 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエA9連覇のユベントス、CL敗退翌日にサッリ監督を電撃解任! 本人は前日に否定的な見解

ユベントスは8日、マウリツィオ・サッリ監督(61)の解任を発表した。 サッリ監督は、これまでペスカーラやエンポリ、ナポリなどを指揮。2018-19シーズンは自身初の海外挑戦となるチェルシーで指揮を執ると、ヨーロッパリーグを制し監督キャリアとして初のタイトルを獲得していた。 今シーズンからマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任としてユベントスの監督に就任すると、セリエAでは26勝5分け6敗の成績で9連覇を達成。セリエA史上最年長での優勝監督となった一方で、これまでの圧倒的な強さを見せることはできていなかった。 また、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦では、2-1で勝利したものの、アウェイゴール差で敗退。試合後には「トップレベルの監督が1試合の結果だけで判断されるとは思わない。彼らはシーズン全体を含めて評価してくれるだろう」と解任はないと試合後にコメントしていたが、一夜明け解任されることとなってしまった。 2020.08.08 22:06 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、3部リーグ優勝に貢献した若手2選手が2部ニュルンベルクにレンタル移籍!

バイエルン・ミュンヘンは7日、ニュージーランド代表MFサープリート・シン(21)と、U-20ドイツ代表GKクリスティアン・フリュヒトル(20)がブンデスリーガ2部のニュルンベルクにレンタル移籍することを発表した。移籍期間はいずれも2020-21シーズン終了までとなる。 クラブ史上初のニュージーランド人選手となったシンは、昨年夏にウェリントン・フェニックスから完全移籍で加入。今シーズンはブンデスリーガ3部に所属するバイエルンⅡの主力として優勝に貢献。また、トップチームでも2試合に出場した。 一方、14歳からバイエルンの下部組織に在籍するフリュヒトルは、2017年にトップチームとのプロ契約を締結。ここまでトップチームデビューは果たせていないが、ドイツの世代別代表常連のエリートGKは、バイエルンⅡの守護神として優勝に貢献していた。 2020.08.08 14:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、元サッリの右腕ゴッティ監督と来季契約更新

ウディネーゼは7日、ルカ・ゴッティ監督(52)と2020-2021シーズンの契約を更新したことを発表した。 チェルシー時代にマウリツィオ・サッリ監督のアシスタントコーチを務めた経歴を持つゴッティ監督は、昨年11月にイゴール・トゥドール前監督の後任として、アシスタントコーチからウディネーゼの監督に就任。 チームは一時残留争いに巻き込まれかけたものの、セリエAで9勝8分11敗の成績を残し、最終的には13位でシーズンを終えていた。 2020.08.08 07:30 Sat
twitterfacebook