ロサンゼルスFC、アンデルレヒト退団のホンジュラス代表DFが加入!

2020.06.19 16:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するロサンゼルスFCは17日、ホンジュラス代表DFアンディ・ナハル(27)の加入を発表した。ナハルは今月末にアンデルレヒトとの契約が終了するため、フリーでの加入となる。

ホンジュラス出身のナハルは13歳で家族と共にアメリカに移住。DCユナイテッドでプロキャリアをスタートすると、2010シーズンにはMLSの最優秀新人賞を獲得。その後、2013年にベルギーの名門アンデルレヒトに移籍し、以降は右サイドバックやサイドハーフを主戦場に在籍7年間で公式戦150試合以上に出場していた。ただ、今シーズンはケガの影響によりほぼ1年を棒に振っていた。

また、ホンジュラス代表では通算36キャップを誇り、2014年ブラジル・ワールドカップにも出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

アンデルレヒト、ホッフェンハイムからデンマーク代表FWブルーン・ラーセンをレンタル!

アンデルレヒトは23日、ホッフェンハイムからデンマーク代表FWヤコブ・ブルーン・ラーセン(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定している。 母国リンビーの下部組織からドルトムントの下部組織に加入したラーセンは、2016-17シーズンにトップチームデビュー。2018年1月にシュツットガルトへの半年間のレンタル移籍を経て、2018年夏に復帰を果たすと、2018-19シーズンは途中出場を中心に公式戦30試合3ゴール3アシストの数字を残すなど、2列目や最前線のバックアッパーとして重宝された。 しかし、昨シーズンに入って出場機会を失ったデンマーク代表FWは昨年1月にホッフェンハイムに完全移籍。だが、その新天地でもポジション争いで劣勢を強いられ、今季ここまでのリーグ戦出場はわずか2試合にとどまっていた。 2021.01.24 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ベニテス監督が大連人職業の指揮官を辞任…コロナ禍での家族へのサポートが理由

ラファエル・ベニテス監督(60)が大連人職業の指揮官の座を下りることを発表した。23日、同監督が自身の公式SNSで明かした。 ベニテス監督と大連人職業との契約は2021年末までとなっていたが、コロナ禍における家族へのサポートを理由に辞任を決断した。 スペイン人指揮官は今回の決断について以下のように説明している。 「残念ながら、昨年の多くのことと同様にコロナウイルスが我々の生活と計画を変えた。そして本日をもって、私と私のスタッフは残念ながら大連人職業を退団することになった」 「パンデミックはまだ誰にとっても影響があり、私たちの家族へのサポートが今回の決定の主な理由だ」 2004-05シーズンにリバプールでチャンピオンズリーグ(CL)を制し、その後もレアル・マドリーやインテル、チェルシーといった欧州のビッグクラブを渡り歩いたベニテス監督は、2019年7月に欧州を離れ大連人職業(当時は大連一方)の指揮官に就任。 月給100万ポンド(約1億4000万円)の高額なサラリーを受け取っていた中、在任期間に公式戦37試合を率い、11勝18敗8分けの戦績を残していた。 なお、ベニテス監督の家族は現在イギリスで生活しており、同監督は今後家族の元に戻った後、ヨーロッパで指導者キャリアを継続していくと思われている。 2021.01.24 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアDFカブリエウが2024年まで契約延長 「いつかここで引退したい」

バレンシアは22日、元ブラジル代表DFカブリエウ・パウリスタ(30)との契約延長合意を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。 センターバックがメインポジションのガブリエウは過去、ヴィトーリア、ビジャレアル、アーセナルでプレー。2017年8月にバレンシア入りした。 1年目からラ・リーガ30試合に出場。2018–19シーズンのコパ・デル・レイ優勝にも貢献して、今季もここまでラ・リーガ13試合に出場している。 加入初年度からレギュラーに定着するガブリエウの契約は2022年6月30に失効する状況だったが、さらに2年間の延長に至った形だ。 サインを交わしたガブリエウは「すごく幸せ。家族も素晴らしい街、クラブにとどまれるのを嬉しがっている。すべてに満足さ」と喜びの心境を口にした。 また、ブラジル代表招集歴こそあるが、出場歴がなく、先日にスペイン代表入りの夢を明かしたガブリエウはバレンシアにキャリアの全てを注ぐ覚悟も示した。 「日々、全てを与えてくれるクラブでいつか引退したい。街の人々を含めたみんなに敬意を表する。いつかここで引退したい」 「家族もここに定住したい思いだ。仕事を続けながら、将来のことを考えてみる。これからもこのシャツを着て歴史を作っていきたい」 2021.01.23 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエA首位のミラン、チェルシーからDFトモリを買取OP付きレンタルで獲得!

ミランは22日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定。今回の契約にはレンタル期間終了後の買い取りオプションが付随している。 なお、イタリア『スカイ・スポルト』など現地メディアが伝えるところによれば、今回の契約の詳細に関しては100万ユーロ(約1億2000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は2500万ユーロ(約31億5000万円)だという。 8歳からチェルシーのアカデミーに在籍していたアスリート型のセンターバックであるトモリは、2016年5月にトップチームデビュー。以降、ブライトンやハル・シティ、ダービーへの武者修行を経て昨シーズンからトップチームに定着。 同シーズンにはイングランド代表デビューを飾るなどブレイクを果たしたが、今季はブラジル代表DFチアゴ・シウバの加入もあり、センターバックとしてはチーム5番手に甘んじていた。そして、出場はプレミアリーグ1試合、FAカップ1試合、EFLカップ2試合のみだった。 なお、今シーズンここまではセリエA首位に立ち、2010-11シーズン以来のスクデット制覇にまい進するミランは、今冬の移籍市場でトリノのフランス人MFスアリオ・メイテ、フリーの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと手薄なポジションにテコ入れを図っている。 2021.01.23 04:01 Sat
twitterfacebook
thumb

スボティッチがデニズリスポルを退団…給与支払い巡る衝突で契約解消

トルコのデニズリスポルは22日、元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチ(32)との契約解消を発表した。 スボティッチは昨年9月にウニオン・ベルリンから完全移籍で加入。ここまでスュペル・リグで5試合1ゴールの数字を残していた。 しかし、トルコ『DHA』によると、スボティッチとデニズリスポルは給与の支払いを巡って問題を抱えており、同選手は給与未払いを理由に契約解除を求めていたという。 そして、一連の報道を受け、デニズリスポルはスボティッチとの契約終了を認めながらも、選手サイドが話し合いでの解決に向けて前向きな姿勢を見せなかったと不満を示している。 スボティッチはマインツの下部組織出身で、2008年7月にドルトムントへ移籍。ドイツ代表DFマッツ・フンメルスと共にセンターバックコンビを形成し、日本代表MF香川真司などを擁したユルゲン・クロップ体制で2010-11、2011-12シーズンでブンデスリーガを連覇していた。 しかし、その後ケガの影響でパフォーマンスが落ちると、ケルンへのレンタル移籍を経験した後、2018年1月にサンテチェンヌへと完全移籍。2019-20シーズンはウニオン・ベルリンでプレーしていた。 ※写真はウニオン時代 2021.01.23 01:20 Sat
twitterfacebook