16歳から日本でプレーする鹿島DFブエノ、姉がブラジル復帰の可能性を明かす

2020.06.15 12:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズのブラジル人DFブエノ(24)の姉であるレジアーネさんが弟とのやり取りについて明かしている。ブラジル『Hoje em Dia』が伝えている。

ブエノは、ルイス・アントニオFCやボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校(現:翔凜高等学校)に留学。卒業後の2014年8月に清水エスパルスへ入団しプロキャリアをスタートさせると、ヴィッセル神戸への期限付き移籍をへて、2016年に鹿島入りした。

2018年は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍したものの、鹿島に復帰した2019シーズンはJ1リーグ17試合に出場し1ゴールを記録。後半戦は守備面で重要な役割を担っていた。

最近は、ブラジルのアトレチコ・ミネイロのホルヘ・サンパオリ監督が、鹿島のテクニカルディレクター(TD)を務めるジーコ氏の推薦を受け、ブエノを2021年末までのローンでの移籍を画策していると報じられていた。

若くして母国を離れ、遠い日本で暮らすブエノだが、レジアーネさんが弟の日本行きを回想した。

「私がボタフォゴにいたとき、ブラジルに日本語学校があり、オーナーはルイス・アントニオの少年たちのサッカーの試合を観に行っていました。ちょうど弟がU-20にいたころです。スカウトマンは彼のプレーを観る前から、そのフィジカル面を評価していました。弟は、16から17歳の時には世界の反対にいて、彼がアスリートとして成功できるかどうかの確証はありませんでした」

「小さい頃から、母を助けるために、私たちは働いていました。今は弟が助けてくれます。彼はいつも選手になることを夢見ていた。彼は末っ子ですが、今では一家の大黒柱です」

ブエノは、日本での給料を家族をサポートすることに充てていたという。母に車を買い与え、家の改築もプレゼントしていたようだ。

一方で、母国ブラジルでの初めてのプロ契約になるかもしれないアトレチコ・ミネイロからのオファーについては、「彼にとって挑戦であり、そして家族の人生の新しいステップになる」と考えているようだ。

「彼はブラジルの外に旅立ち、私たちが想像していなかったものを与えてくれました。ですが、彼が近くにいることは私たちが常に望んでいたことです」

また、レジアーネさんによれば、オファーの話を聞いたブエノからはすぐに電話があり「飛行機に乗りサッカーの国に戻ることが待ちきれない」と話していたという。

再び家族がいるブラジルでプレーするチャンスを得たブエノだが、母国復帰を選択する可能性は高そうだ。



関連ニュース
thumb

「やっぱり赤が似合う」鹿島復帰の鈴木優磨が全体練習に合流、期待の声高まる「凄いね、優磨のオーラ」

Jリーグ復帰となった鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が、チームの全体練習に合流した。 3日にベルギーのシント=トロイデンから古巣への復帰が発表された鈴木。2019年夏の渡欧から、この度2年半ぶりに鹿島へと戻ってきた。 背番号は以前の「9」ではなく、長期にわたって鹿島の心臓を担ってきた小笠原満男氏の「40」を継承。育成世代から過ごしてきた鹿島を背負って立ち、タイトルを奪還すべくチームを牽引しようという気概がうかがえる。 13日には帰国後の隔離期間が完了し、1日遅れで全体練習に参加。練習場へ向かう姿からも、今季にかける意気込みが感じとれるようだ。 サポーターも感慨と期待が入り混じったコメントを多数寄せている。「すげえ、ホントに優磨がいる」、「大きく成長したところを見せて欲しい」、「やっぱ安西との絡みオモロい」、「やっぱり赤が似合うな」、「凄いね、優磨のオーラ」のように、帰還を心待ちにしていたようだ。 明治安田生命J1リーグでは2018年に11得点、ジュピラー・プロ・リーグでは2020-21シーズンに17ゴールを挙げた鈴木。今季レネ・ヴァイラー新監督の下では、何度ネットを揺らすことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】全体練習に向かう鈴木優磨がハイテンションでカメラにアピール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【トレーニング】<a href="https://twitter.com/hashtag/antlers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#antlers</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/kashima?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#kashima</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿島アントラーズ</a><br><br>今日から鈴木優磨選手が合流しました!<br><br>おかえり、優磨!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%84%AA%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鈴木優磨</a> <a href="https://t.co/lc4ayVWyml">pic.twitter.com/lc4ayVWyml</a></p>&mdash; 鹿島アントラーズ (@atlrs_official) <a href="https://twitter.com/atlrs_official/status/1481443541662707713?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 14:23 Thu
twitterfacebook
thumb

復権期す鹿島の選手背番号決定! 荒木遼太郎が新10番、電撃復帰の鈴木優磨は40番で再出発

鹿島アントラーズは11日、2022シーズンのトップチーム登録選手および背番号を発表した。 昨季も明治安田生命J1リーグ4位に終わるなど、クラブ過去最長となる5年連続で国内タイトルに届かず、相馬直樹監督が退任した鹿島。今季からは欧州でも実績十分のスイス人指導者であるレネ・ヴァイラー監督を招へいして、復権を期す。 そんな今季に向けてはMF遠藤康ら実力者が相次いで退団したが、DFキム・ミンテやMF仲間集斗、MF樋口雄太らを獲得。さらに、元エースのFW鈴木優磨がシント=トロイデンから電撃復帰するなど、復帰組や昇格組を含めて8選手が加入した。 背番号はかつて「9」を着用した鈴木が心機一転、「40」に。既存選手からもDF関川郁万が「33」→「5」、MF三竿健斗が「20」→「6」に変更され、昨季のベストヤングプレーヤー賞に輝いたMF荒木遼太郎は「13」から新たに「10」を背負う。 ◆選手背番号一覧 GK 1.クォン・スンテ 29.早川友基 31.沖悠哉 38.山田大樹 DF 2.安西幸輝 5.関川郁万※背番号変更 15.ブエノ 16.小田逸稀←ジェフユナイテッド千葉/復帰 20.キム・ミンテ←北海道コンサドーレ札幌/完全 22.広瀬陸斗 23.林尚輝 28.溝口修平←鹿島アントラーズユース/昇格 32.常本佳吾 MF 6.三竿健斗※背番号変更 7.ファン・アラーノ 8.土居聖真 10.荒木遼太郎※背番号変更 11.和泉竜司 14.樋口雄太←サガン鳥栖/完全 17.アルトゥール・カイキ 21.ディエゴ・ピトゥカ 24.小川優介 27.松村優太 30.名古新太郎←湘南ベルマーレ/復帰 33.仲間隼斗←柏レイソル/完全 34.舩橋佑 35.中村亮太朗←ヴァンフォーレ甲府/完全 FW 9.エヴェラウド 18.上田綺世 19.染野唯月 40.鈴木優磨←シント=トロイデン(ベルギー)/完全 監督 レネ・ヴァイラー 2022.01.11 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島選手1名が新型コロナ陽性…始動日として予定した11日の練習中止

鹿島アントラーズは10日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を公表した。 当該選手は同日早朝に嗅覚と味覚の異常を訴えて、抗原検査を受けると、陽性の診断結果。その後に受検したPCR検査で陽性判定が下り、適切な指導および対策のもとで療養しているという。 それに伴って、始動日として予定した11日のトップチーム練習を中止。当該選手を除く選手およびチーム関係者を対象としたPCR検査を実施予定で、保健所指導で濃厚接触者の特定を進めていくようだ。 なお、クラブハウス施設につきましては、10日に外部業者による全館内のアルコール消毒を実施。オフィシャルショップおよびフットサルコートは通常どおりの営業を継続していく。 2022.01.10 18:13 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島のDF町田浩樹が三笘薫が所属するサン=ジロワーズへ買取OP付きの期限付き移籍で合意

鹿島アントラーズは4日、DF町田浩樹(24)がベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへ期限付き移籍することを発表した。 クラブ間合意がなされ、現地でのメディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 なお、期限付き移籍期間は2023年6月30日までとなり、買い取りオプションもついているとのことだ。 町田は鹿島の下部組織出身。つくばジュニア、つくばジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にトップチームへと昇格した。 左利きのCBであり、高さもある町田はプロ1年目にリーグカップでデビュー。2年目にはJ1デビューを果たすと、徐々に出場機会を増やしていく。 プロ6年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグで34試合に出場し5得点を記録。リーグカップでも3試合、天皇杯でも2試合に出場した。 鹿島での通算はJ1で87試合8得点、リーグカップで11試合、天皇杯で8試合、 AFCチャンピオンズリーグで10試合に出場していた。 東京オリンピックに臨むU-24日本代表にも選ばれ、1試合に出場していた。 町田はクラブを通じてコメントしている。 「ベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズに移籍することになりました。まずは、自分の夢、成長のために、この移籍を受け入れてくれたアントラーズに感謝します」 「ここ数年タイトルを獲ることができず、自分の中で歯がゆさがあるのも事実です。しかし、自分のキャリアを考えた時、今、挑戦するべきだと決断しました」 「アントラーズには小学4年生から15年間在籍しました。僕の生きている時間の半分以上を過ごしたこのクラブは家であり、ともに戦った仲間たちは家族そのものです」 「そして勝ったとき、負けたとき、大怪我をしたとき、どんなときも応援してくださったファン・サポーターの皆様のおかげで、ここまで戦うことができました。アントラーズで培ったすべてを胸に、夢を追いかけていきます。クラブに関わるすべてのアントラーズファミリーの皆さん、本当にありがとうございました」 サン=ジロワーズは、日本代表MF三笘薫が今シーズンから加入。ジュピラー・プロ・リーグでは昇格組ながら首位を走っている。 2022.01.04 18:33 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨がシント=トロイデンから鹿島に復帰!「すごく興奮しています」

鹿島アントラーズは3日、シント=トロイデンからFW鈴木優磨(25)が完全移籍加入することを発表した。 鹿島でプロデビューした鈴木は、自身がMVPに輝いた2018年のAFCチャンピオンズリーグ優勝を置き土産に2019年夏、シント=トロイデンに移籍。同年9月のリーグ戦第8節のシャルルロワ戦で初めてスタメン出場すると、移籍後初ゴールも記録した。 そして、昨季はジュピラー・プロ・リーグで17ゴールを挙げる大活躍。夏の移籍市場ではアンデルレヒトやクラブ・ブルージュといった国内上位クラブの他、ブンデスリーガやリーグ・アンからも複数のオファーが来ていたという。 本人の希望であるセリエAからはカリアリからオファーがあったものの、クラブ間合意にいたらず結局残留に。今季はその影響で開幕に出遅れたこともあり、前半戦はリーグ戦11試合の出場で2ゴール2アシストにとどまっていた。 今冬のステップアップも目指していた鈴木だが、半年で状況は変わってしまい、目ぼしいクラブからのオファーは届かず。そんな中、この度2年半ぶりに古巣鹿島に復帰。タイトル獲得への意欲をあらわにしている。 「このたび、鹿島アントラーズに復帰することになりました。自分としては、この夏の段階でステップアップのための目標になかなか近づくことができず、同時に、一番体が動けるうちにアントラーズでプレーしたいという気持ちをずっと持っていました」 「ベルギーへ移籍してからもアントラーズのことは常に気にしていましたし、最近は結果が出ていない様子も見ていました。自分はアントラーズに関わるすべての人たちを笑顔にするため、このクラブを優勝させるために帰ってきました」 「もう一度カシマスタジアムのピッチに立てると思うと、今からすごく興奮しています。必ずタイトルを獲れるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2022.01.03 17:26 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly