国歌演奏時の起立義務を廃止、人種差別撲滅へ米サッカー連盟が謝罪「十分なことをしてこなかった」

2020.06.11 16:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカサッカー連盟(USSF)は10日、ある規約についての廃止を決定した。今回廃止が決定したのは、「604-1」に制定されているもので、「国歌が流れている間は起立しなければいけない」というものが取りやめになる。

この規約は、2016年に白人警察官による黒人射殺事件が起こり、これが人種差別的な事件として抗議活動に発展。NFLのコリン・キャパニックが国歌で起立を拒否したことをきっかけに、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーも同調し、起立しなかったことで制定されていた。

ラピノーはアメリカ女子代表の中心選手だが、試合時の国歌演奏時には他の選手が胸に手を当てている中、後ろで手を組み歌うことはない姿勢を貫いている。

しかし、今年5月25日、アメリカのミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官により殺害。これは、フロイドさんの首元を白人警官がヒザでおよそ9分間押さえつけたことによるもので、再び人種差別だとして抗議活動が世界中で起こっていた。

USSFは「Black Lives Matter」として行われている人種差別への抗議活動を支持する上で、この取り決めが誤っているとし、今回廃止することを決定。選手たちの主張が改めて自由であるとし、スポーツ界が与える影響について再認識させられたとした。

「我々は、特に選手に耳を傾け、我が国の黒人、およびその他のマイノリティコミュニティの現実的で意味のある体験を理解し、それを認めるための十分なことをしてきていません」

「選手、特に黒人選手のスタッフ、ファン、および人種差別撲滅を支援する全ての人に謝罪します」

「スポーツは善のための強力なプラットフォームであり、我々は我々のプラットフォームを、効果的に利用していません。これらの問題について、多くのことがさらにできます」

「あらゆる形態の人種差別、差別、および不平等と戦うために、プラットフォームをどう最適化し、活用できるのかを決定するのは、選手たち次第です」

「我々は選手のためにここに存在し、社会正義を達成するための彼らの努力を高めることで、彼らをサポートする準備ができています」

「過去を変えることはできませんが、未来を変えることはできます。我々はこの変更への取り組み、近い将来にサポート活動を実施する予定です」

ジョージ・フロイドさんの死を受け、全世界で起きている人種差別への抗議活動はサッカー界にも波及。各選手が訴える他、チーム単位でも抗議の姿勢を示すケースが出ており、改めてその考え方を見直す時が来たようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

元デンマーク代表FWラウドルップ氏がガンを克服、10年間の治療で完全寛解

かつてデンマーク代表FWとしても活躍したブライアン・ラウドルップ氏(51)が長い闘病生活の末にガンを克服した。イギリス『BBC』が伝えた。 ラウドルップ氏は、デンマーク代表の一員として1992年のユーロで優勝。現役時代はバイエルンやフィオレンティーナ、ミラン、レンジャーズ、チェルシー、コペンハーゲン、アヤックスでプレーした。 ヴィッセル神戸でもプレーしたミカエルを兄にもつラウドルップ氏は、10年前に濾胞性(ろほうせい)リンパ腫と診断。そこから長い間治療を進めた結果、見事に完全寛解したとのことだ。 ラウドルップ氏は、自身のインスタグラムで「デンマーク国立病院の素晴らしい医療スタッフに対し、心から感謝します」と感謝の気持ちを綴っていた。 2020.09.15 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

所持していた画像は297枚、元レアルのドイツ代表DFメッツェルダーが児童ポルノ違反で罪を認める

かつてドルトムントやレアル・マドリー、シャルケなどでプレーした元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー(39)が、児童ポルノ容疑で罪を認めたようだ。ドイツ『シュピーゲル』が報じた。 報道によると、メッツェルダー氏は、子供などのポルノコンテンツを含む297個の画像ファイルを所持していたとのこと。また、2019年7月から9月の間に、メッセージアプリ『WhatsApp』を使用して、3人の女性に29個の画像やビデオファイルを送信していたとされていた。 メッツェルダーは罪を公表しないでほしいとしていたものの、デュッセルドルフ行政裁判所はメッツェルダーの刑事訴訟についての情報をマスコミに提供。罪が公になっていた。 全ての罪を認めたのか一部を認めたのかは明らかにされていないものの、メッツェルダーの訴えが認められなかったのは、個人の保護と報道の自由のバランスを考えた際、公的な利益が私益よりも優先されるべきとの判断が下され、罪が公表されることになったようだ。 裁判所は、元プロサッカー選手であり、ドイツ国民にも知られた存在であること、そして引退後もエージェンシーの設立やコーチとしての活動、さらには2006年の障害者ワールドカップの大使を務めたことも含め、責任のある立場だと判断したようだ。 メッツェルダーはブンデスリーガで178試合に出場し4ゴール9アシスト、チャンピオンズリーグでも28試合に出場し1アシストを記録。ドイツ代表としても47試合でプレーし2002年の日韓ワールドカップ、2006年のドイツ・ワールドカップに出場していた。 2020.09.15 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

電話番号が晒され殺害予告も、ネイマールへの人種差別疑惑のマルセイユDFが被害者に

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが人種差別発言を受けたと主張するマルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスだが、殺害予告を受けているようだ。 13日、リーグ・アン第3節、PSGvsマルセイユとの“ル・クラスィク”が行われ、マルセイユが0-1で勝利。PSGは開幕2連敗という屈辱を味わった。 しかし、その結果以上に注目を集めたのが試合終了間際に起こった騒ぎ。両チーム合わせて5名が退場処分となり、後味の悪い試合となった。 この場面でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により退場処分となったネイマールだが、自身が人種差別発言を受けたと主張。その相手がアルバロであり、後頭部を殴った理由を語っていた。 PSGはこのネイマールの主張を支持し、調査が進むためのサポートをすると声明を発表したが、マルセイユもこの件に対して声明を発表。アルバロが人種差別を行なっていないと主張した中で、予想以上の事態に発展していることを明かした。 「アルバロ・ゴンサレスは人種差別主義者ではありません。チームメイトがすでに証言しているように、クラブに加入して以降、彼は日々の行動でそのことを示しています。クラブはこの議論に関わるすべての出来事とその前の24時間に起きた調査に全面的に協力し、懲戒委員会の裁量に任せます」 「この論争は深刻であり、すでに深刻な結果をもたらせています。クラブは、アルバロ・ゴンサレスとその親族の私的な電話番号がブラジルのメディアやソーシャルネットワークに一夜で広まったことを非難し、殺害予告を含む不快な嫌がらせを引き起こしています」 「マルセイユはその歴史とマルセイユの街の歴史、スタンドの多様性、そしてそれがもたらす絶え間ない闘争を考えると、フランスのプロスポーツにおける反人種差別の象徴です。常にこの惨事を根絶することを目指しています。選手は、フィールド内外で日々の取り組みでそれを実証します」 人種差別があったかどうかは現在調査中だが、アルバロが“クロ”だと判定した心無い人物が電話番号を晒したことで、本人や親族が命の危険に晒されることに。調査結果がどうであれ、個人情報を晒した行動は許されるべきではないだろう。 2020.09.15 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

人種差別発言があったと主張するネイマール、PSGは全面サポートを発表

パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、ブラジル代表FWネイマールに対する人種差別について、全面的なサポートを行うと声明を発表した。 ネイマールは13日に行われたリーグ・アン第3節、マルセイユとの“ル・クラスィク”に臨み、0-1で敗戦。開幕2連敗という屈辱を味わった。 この試合では後半アディショナルタイムに両チーム合わせて5名が退場。ネイマールもその中の1人だったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により、マルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴打したことが確認され、退場となっていた。 ネイマールは、この退場劇の裏側にアルバロからの人種差別発言があったと主張。「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」と言われたとし、自身のツイッターでも「アイツの顔を殴らなかったことが唯一の後悔」と怒りをあらわにしていた。 この件を受け、PSGは声明を発表。ネイマールを完全に擁護する姿勢を見せ、人種差別発言の調査を待つとした。 「パリ・サンジェルマンは、相手選手による人種差別的発言の犠牲者であるネイマールを強く支持します」 「クラブは、社会、サッカー、また我々の生活に人種差別の余地がないことを思い出させ、世界中のすべてのそのような兆候に反して、声を上げるように呼びかけます」 「15年以上にわたり、クラブはSOS Racisme、Licra、Sportitudeなどのパートナーと共に、あらゆる形の差別との闘いに力を注いできました」 「パリ・サンジェルマンはLFP(フランス・プロリーグ機構)の懲戒委員会が調査し、この事実を明らかにすることを期待しています。クラブは、調査を進める上で協力いたします」 2020.09.15 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

またしても愚行、ユナイテッドの18歳MFグリーンウッドが女性連れ込みに続き笑気ガスを吸う写真が出回る

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFメイソン・グリーンウッドが、またしても愚行を謝罪した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 グリーンウッドは、9月のUEFAネーションズリーグに臨むイングランド代表に初招集。しかし、アイスランドでの合宿中に、マンチェスター・シティのMFフィル・フォーデンとともに女性を連れ込んだとしてイングランド代表を追放。謝罪をしていた。 しかし、その後笑気ガスを吸っている動画がSNSのSnapchatで出回り、またしてもピッチ外での問題行動が見つかってしまった。 この動画は数週間前に撮影されたものだとされているが、グリーンウッドはこの件について謝罪声明を発表。自分の判断が間違っていたと事実を認め、謝罪した。 「私は今、この習慣に関連する健康上のリスクを認識しており、これらの事実に基づく写真に示されているように、それを試すことは、僕の悪い判断だったと認めます。僕は他の人が、僕の例に従わないことを強く求めます」 「18歳の僕はいつも学んでいますが、今週はサッカー選手としてのキャリアのおかげで、より高い基準で審査されることを学びました。今後もそれを尊重する必要があります。私の監督とコーチによって示された信頼を返すために」 2020.09.13 21:50 Sun
twitterfacebook