ミュラー、ドイツ代表復帰はなし! 代表関係者が改めて宣言

2020.06.05 17:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨年3月にヨハヒム・レーヴ監督から構想外であることが伝えられて以降、ドイツ代表から遠ざかっているバイエルンのMFトーマス・ミュラーだが、現在でも復帰の可能性はほとんどゼロに近いようだ。

ドイツ代表で通算100試合出場38ゴール36アシストの成績を持つミュラーだが、昨年3月に突如、レーヴ監督から構想外が宣告された。今夏に開催予定だったユーロ2020に向けて「今こそ、未来への新たな道を切り開く時だ」と指揮官が世代交代を目論んだためだ。



それから1年以上が経過し、今年9月に31歳の誕生日を迎えるミュラーは、今シーズンのブンデスリーガで29試合7ゴール18アシストとリーグ最多アシスト数を更新中。それでも、ドイツサッカー協会(DFB)のディレクターを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は、レーヴ政権下では復帰の可能性は極めて低いと、ドイツ『キッカー」の取材でコメントした。

「今季のミュラーは素晴らしい活躍をしている。レーヴ監督も認めなければならないだろう」

「だが、彼は明瞭な決断を下し、若手への信頼を表明した。我々は今、若い選手へ目を向けている」

なお、ミュラー同様にDFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテングの2人も今後招集されないことになっている。
コメント
関連ニュース
thumb

天津泰達を退団した元ドイツ代表FWワグナーが現役引退を発表!「家族と過ごす時間を楽しみたい」

元ドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(32)が現役引退を発表した。 7月末に中国スーパーリーグの天津泰達を退団しフリーとなっていたワグナーは2日、ドイツ『ビルト』を通じて、12年間のプロキャリアに終止符を打ったことを明かした。 <div id="cws_ad">◆ワグナー、バイエルンでのゴール集!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2c3FUMUJoTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「本当に素晴らしいサッカー人生を歩むことが出来たことを感謝している。僕は自分の目標と夢をすべて達成することが出来た」 「ここ数日は、ブンデスリーガのクラブや多くの海外クラブから連絡をもらったよ。とても嬉しかったけど、僕の決意が揺らぐことはなかったんだ」 「9月からコーチになるためのトレーニングを開始するつもりだ。来年の夏でもコーチ業に就ければと思っている。とりあえず今は、家族と過ごす時間を楽しみたいと思っているよ」 バイエルンの下部組織出身のワグナーは、2007年7月にファーストチームへ昇格。しかし、結果を残せず1年で退団すると、その後は、デュイスブルクやブレーメン、カイザースラウテルン、ヘルタ・ベルリン、ダルムシュタット、ホッフェンハイムと多くのクラブを渡り歩いた。 2016-17シーズンにはホッフェンハイムでブンデスリーガ31試合で11ゴール4アシストを記録。翌シーズンもホッフェンハイムでプレーを続けたが、2018年1月に古巣バイエルンからのオファーを受け電撃移籍。しかし、2019年1月に出場機会を求めて天津泰達へと完全移籍していた。 中国スーパーリーグでは26試合に出場し12ゴール2アシストを記録するなど結果を残していたが、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けシーズン開幕が大幅に延期。先週末にようやく開幕を迎えていたが、ワグナーは個人的な理由から7月24日に天津泰達との契約を解消していた。 2020.08.02 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ドイツ代表で活躍したヘヴェデスが32歳で現役引退…

元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス(32)が現役引退を決断した。かつて在籍したシャルケが31日に元キャプテンの引退を伝えた。 シャルケの下部組織出身のヘヴェデスは2007-08シーズンにトップチームデビュー。以降は本職のセンターバックや両サイドバック、守備的MFを主戦場に長年に渡って主力として活躍。2011年からはキャプテンを務めていた。 しかし、シャルケでの晩年は思うように出場機会を得ることができず、2017年8月にはユベントスへレンタル移籍。その翌年にはロコモティフ・モスクワへと完全移籍した。 そのロコモティフ・モスクワでは公式戦50試合に出場し4ゴールを記録し、加入初年度には国内カップ優勝も経験していたが、家族を理由に今年6月に双方合意の下で契約を解消していた。 ここまでのクラブキャリアを通じてはブンデスリーガ240試合、チャンピオンズリーグ(CL)46試合など、公式戦400試合近くに出場。シャルケ時代の2010-11シーズンにDFBポカール、ユベントス時代にはセリエAとコッパ・イタリアの国内2冠を経験していた。 さらに、2011年から2017年までプレーしたドイツ代表では通算44試合に出場し2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは左サイドバックのレギュラーとして全7試合に出場し、優勝に大きく貢献していた。 なお、ヘヴェデスはドイツ『Der Spiegel』で、スパイクを脱ぐ決断に至った経緯を説明している。 「最後までフットボールが大好きだったよ。だからこそ、引退という決断は難しかった」 「ただ、コロナウイルスや無観客試合といったものが、もしかしたらフットボールを辞めさせるためのメッセージだったのかもしれない」 「お金は僕にとってそこまで重要なものではないんだ。これまで十分に稼いできたからね」 2020.07.31 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップ監督は2024年にリバプール退団の意向! 母国ドイツ帰還へ

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は現行契約が満了する2024年にドイツへ帰還する見込みだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 2015年10月にブレンダン・ロジャーズの後任としてリバプールの指揮官に就任したクロップ監督。約3年間の準備期間を経て2018-19シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げると、今シーズンは絶対的王者マンチェスター・シティを圧倒する圧巻の戦いぶりでレッズに悲願のプレミアリーグ初制覇をもたらした。 多くのKOPはその伝説の指揮官との関係を永続的なモノとしたいと考えているはずだが、ドイツ人指揮官は現行契約が満了する2024年をもってクラブを離れることを計画している。 クロップ監督がドイツ『SWR Sport』で自身の今後のキャリアプランについて言及した。 リバプールでの今後について問われると、「あと4年はリバプールにいるつもりだ。その後、1年間は何もしたくない」と、現時点の考えでは現行契約の満了をもってクラブを去る意向を示した。 さらに、リバプール退任後の母国ドイツ帰還の可能性について問われると、「今後のキャリアにおいてその線は間違いなく生きている。マインツ復帰の可能性だってありえるよ」と、母国での指導者キャリア継続に前向きな姿勢を見せている。 また、気になる次の挑戦に関しては、「自分が求めるもの。やりたいことをしたい。それはクラブチームかもしれないし、代表チームかもしれないが、何もやらないという選択肢もあるよ。ただ、今後の5年間で世界は大きく異なる形に見える可能性もある」と、明言を避けている。 2020.07.14 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レーブ監督が絶好調のゴレツカを称賛! 過去に右SBでの起用プランも…

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が、バイエルンで絶好調の同国代表MFレオン・ゴレツカを称賛している。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ボーフム時代に“100年に1人の才能”と評され、シャルケを経て2018年夏にバイエルン入りを果たしたゴレツカ。 ドイツの盟主での1年目も上々のパフォーマンスを披露していたが、ハンジ・フリック新監督の下、ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒと中盤の底でコンビを組み始めてからは、ロックダウン中の肉体改造の影響もあり、攻守両面での存在感が絶大だ。 そのゴレツカを2014年にA代表デビューさせ、今後の主力として期待をかけるレーブ監督は、ここ最近の好パフォーマンスに目を細めている。 「彼のここ最近の成長ぶりは、とりわけ満足のいくものだね。レオンはバイエルンで非常に良い立ち位置にいる。先日に電話で話したときには、今までにないぐらい状態が良いと言っていたよ」 レーブ監督はセントラルMFとして存在感を放つゴレツカのパフォーマンスに満足感を示しつつ、過去に右サイドバックとして起用するプランを持っていたことを明かしている。 「彼のダイナミズム、ボールに対する執着心、ゲームに対する理解力を考えれば、十分にプレー可能だと思っていたよ」 「ただ、レオンはそのポジションで一度もプレーしたことがなかった。そうなると、トレーニングや実戦での経験を得る必要があった」 ここまでゴレツカを1人のプレーヤーという側面から評価してきたドイツ代表指揮官だが、同僚キミッヒと共に新型コロナウイルスに対抗するための基金『WeKickCorona』を設立するなど、慈善活動にも熱心なその人柄も高く評価している。 「我々は世界中のドイツ国民を代表する存在でもある。そういった意味でレオンは素晴らしい振る舞いを見せている」 「彼は自分の周囲で起きていることに関して正確に理解しているし、批判的でありながらも注意深い若者だ」 「彼はその若さにも関わらず、私にとって良い話し相手でもある。彼の物事に対する視野はとても広く、彼との会話はいつでも興味深いものなんだ。同様に正義感が強い」 「それに自分が特権的な立場にいることを理解しており、それを何らかの形で社会に還元したいと考えている。国民的なスターの1人として自身がロールモデルになることを意識しているし、人生において重要なもののために懸命に取り組んでいる。それは他者に向けたものでもある。とにかく、責任感が強い若者だね」 2020.06.08 18:52 Mon
twitterfacebook
thumb

シュバイニーが新たな挑戦に向かうゲッツェを激励!

元ドイツ代表MFのバスティアン・シュバインシュタイガー氏がドイツ『ARD』を介して、ドルトムントの同代表MFマリオ・ゲッツェ(27)を激励した。ドイツ『Sport1』が報じている。 今季限りでドルトムントとの契約失効となり、今夏の退団報道が加熱したゲッツェ。ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が23日にドイツ『スカイ』で、今夏の退団を正式に認めた。 2016年にドルトムント復帰して以降、代謝異常のトラブルを抱えるなどもあり、苦しみ続けた末に退団が決まったゲッツェだが、バイエルンや代表で共闘したシュバインシュタイガー氏は新天地での成功を願っている。 「すごくすごく残念だと思う。若い頃のマリオ・ゲッツェが素晴らしい才能の持ち主だったのは誰もが知っている。今の年齢は27、28だが、フットボール界だと最高の時期だ。欧州のベストクラブである必要はないが、彼がプレーできるクラブを見つけてほしいと思っている」 かつての戦友からそう温かい声をもらったゲッツェは新天地として、国外を希望しているといわれる。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で優勝に導く決勝ゴールを決めた、かつてのような輝きを取り戻せるか。 2020.05.25 14:50 Mon
twitterfacebook