ミュラー、ドイツ代表復帰はなし! 代表関係者が改めて宣言

2020.06.05 17:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨年3月にヨハヒム・レーブ監督から構想外であることが伝えられて以降、ドイツ代表から遠ざかっているバイエルンのMFトーマス・ミュラーだが、現在でも復帰の可能性はほとんどゼロに近いようだ。

ドイツ代表で通算100試合出場38ゴール36アシストの成績を持つミュラーだが、昨年3月に突如、レーヴ監督から構想外が宣告された。今夏に開催予定だったユーロ2020に向けて「今こそ、未来への新たな道を切り開く時だ」と指揮官が世代交代を目論んだためだ。



それから1年以上が経過し、今年9月に31歳の誕生日を迎えるミュラーは、今シーズンのブンデスリーガで29試合7ゴール18アシストとリーグ最多アシスト数を更新中。それでも、ドイツサッカー協会(DFB)のディレクターを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は、レーブ政権下では復帰の可能性は極めて低いと、ドイツ『キッカー」の取材でコメントした。

「今季のミュラーは素晴らしい活躍をしている。レーブ監督も認めなければならないだろう」

「だが、彼は明瞭な決断を下し、若手への信頼を表明した。我々は今、若い選手へ目を向けている」

なお、ミュラー同様にDFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテングの2人も今後招集されないことになっている。

コメント
関連ニュース
thumb

クロップが逆風強まるレーブを擁護 「監督だけが問題ではない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督を擁護した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ドイツ代表は先月17日に行われたネーションズリーグでのスペイン戦で0-6の歴史的大敗。これを機に、ドイツ国内ではレーブ監督への批判がさらに過熱しており、解任を求める声も多数となってきている。 しかし、同胞のクロップ監督はレーブ監督を支持しているようだ。ドイツ『Welt』のインタビューで「明らかに容易なものではない」と現状を語ると、監督だけに責任があるわけでないと見解を示した。 「人々はいつも次の監督が来たら、すぐに良くなると思っている。しかし、物事がうまくいっていないときには、監督だけが問題というわけじゃない」 また、「他の監督の誰もがそう思っているだろうが、レーブが状況を好転させる可能性は高い。来年はユーロだ。もしかしたら優勝するか、良いところまで行くかもしれない。そもそも完璧な人間など存在しないものだ」と信頼を強調した。 そんなクロップ監督は次期代表監督候補に挙がっているが、「(ドイツ代表には)良い人材が揃っている」とした上で、「レーブも確かにその中の1人だ。私からすると、批判をするつもりなんて1%もない。理由が見当たらないからだ。大抵はスタートが難しくとも、後から大きな効果が出てくる。私は彼を信じている」と続けた。 2020.12.08 13:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表、レーブ監督の続投が決定!連盟が信頼を強調

ドイツサッカー協会(DFB)は11月30日に声明を発表し、ヨアヒム・レーブ代表監督への信頼を改めて強調している。 2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)終了後、ユルゲン・クリンスマン前監督の辞任に伴い、ヘッドコーチから昇格する形でドイツ代表指揮官に就任したレーブ監督。ここまで14年の長期政権を築いてきたが、今月行われたUEFAネーションズリーグでスペイン代表に0-6で大敗したことをきっかけに、風向きが変わっていた。 DFBは30日にレーブ監督の続投について電話会議を開き、フリッツ・ケラー会長や代表マネージャーのオリバー・ビアホフ氏、そしてレーブ監督との話し合いの末、このまま続投することを決定。実行委員会は「コーチングスタッフの質の高い仕事、チームと監督の完全な関係性、そして現在までの道のりと将来の方針についての明確なコンセプトこそが重要であることに同意した」として、レーブ監督の長年にわたるチーム作りへの信頼を強調した。 また、スペイン戦の敗戦に関しては「大きな失望だった」としながらも、「1試合のみでチームやコーチ陣のパフォーマンスを判断できないし、してはならない」とコメント。さらには「2021年のユーロに向けて、その参加資格、ひいてはネーションズリーグのリーグAに留まり、カタールW杯予選の抽選ポット1に入るなど、重要な目標はすでに達成されている」ことから、大きな問題ではないと判断したようだ。 結果的に続投で決着がついたレーブ監督。2018年5月に更新された現行契約は2022年のカタールW杯までとなっているが、DFB2024年のユーロまでの延長も視野に入れているようだ。 2020.12.01 16:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「見ていて痛々しい」ドイツ代表の惨敗にショックを受けるシュバインシュタイガー

元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー氏は、代表チームが喫したまさかの惨敗を嘆いている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 ドイツは17日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4最終節でスペイン代表と対戦して、0-6の敗北。引き分け以上で準決勝進出が決定する状況だったが、前半からボールを相手に握られると、守備も崩れ、大敗した。 この惨敗により、ベスト4入りも逃して、非常に失望感が漂うドイツ。ワールドカップ(W杯)で2大会連続の3位を飾った後、2014年のブラジル大会では優勝を果たすなど一時代を築いたチームの落日には多くの批判が寄せられているようだ。 ドイツ『ARD』に出演したシュバインシュタイガー氏も「恐ろしい試合だった」と語っており、チームの戦いぶりに苦言を呈している。 「首を撃たれたような気分だった。最も気になったのは(リードされている状況下で)反撃に転じれず、チームとしてのパフォーマンスが見られなかったことだ。常に数人の選手はプレーに関与している一方で、数人の選手は試合に参加していないようだった」 シュバインシュタイガー氏はハーフタイムの時点から「何もなかった。緊張感も身振り手振りもボールに対する執着も、何もない」とコメントしており、「見ていて痛々しい」と失望を隠していなかった。 一方で、シュバインシュタイガー氏はこの大敗の原因がヨアヒム・レーブ監督のみにあると考えておらず、選手にも責任を果たす必要があると語っている。 「スペインにはセルヒオ・ラモスのような選手がいる。今のドイツ代表に彼のようなチームに対して気合を入れる選手はいるのだろうか」 「監督に責任があるのはもちろんだが、選手だって責任を取らなければならない。私はこの試合で何のリアクションも見てないし、必要なファウルを取る姿も見ていないのだから」 2020.11.19 15:54 Thu
twitterfacebook
thumb

まさかの6失点惨敗に、クロースはチーム改善を訴え「やるべきことがたくさんある」

ドイツ代表MFトニ・クロースは、UEFAネーションズリーグ2020-21での衝撃的な敗戦を受け、敗因を冷静に分析している。ドイツサッカー協会(DFB)が伝えた。 ドイツは17日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4最終節で、スペイン代表と対戦。前半から試合を支配される展開になると、スペインの攻撃を防ぐことが出来ず、0-6のスコアで大敗。これによりグループステージの首位から陥落し、プレーオフ進出を逃す結果になってしまった。 また、この試合では結果だけでなく、スタッツでもスペインに完敗。スペインがシュート数23本、枠内シュート数10本を記録したのに対して、ドイツはシュート数わずか2本、枠内シュートに至っては0本。また、ボール支配率もスペイン70%、ドイツ30%となっており、まさに圧倒される結果となった。 この試合にフル出場したクロースは、試合後に応じたインタビュー内で、チームが機能不全に陥っていたことを認め、改善の必要性を口にしている。 「僕たちの守備は全く機能しなかった。スペインは守備の仕方を教えてくれたね。前半はもっとコンパクトにするプランだったんだ。リードされてからは落ち着きがなくなってしまったし、オープンにするのが早すぎたかもしれない」 「後半になって僕たちはより攻勢に出たいと考えていたけど、それすら上手く機能しなかった。この試合の分析は、とても重要だね。これからやるべきことがたくさんあるよ」 また、クロース同様にスタメン出場していたGKマヌエル・ノイアーもこの試合を受け、「僕たちにはまだ時間がある。もちろん、この試合で受けた打撃も含め、すべてのことが助けになってくれるだろう」と語っており、チームへの危機感と改善の必要性を語った。 2020.11.18 13:21 Wed
twitterfacebook
thumb

「嵐が来ているのに、ドアを開けてしまった」6失点大敗&首位陥落のドイツ指揮官は失望「何一つ機能しなかった」

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、歴史的惨敗を喫した試合を力なく振り返っている。ドイツサッカー協会(DFB)が伝えた。 ドイツは17日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4最終節で、スペイン代表と対戦。試合前の時点でグループ首位に立っていたドイツは、引き分け以上でプレーオフ準決勝進出が決定する状況だった。 しかし、前半だけで3失点を許す非常に厳しい展開となると、後半も反撃どころかさらに失点を重ね、終わってみれば0-6のスコアで大敗。歴史的な大敗を喫しただけでなく、プレーオフ出場も逃す最悪の結果となってしまった。 試合後のインタビューでレーブ監督は、チームは何もかもが機能しなかったと語り、肩を落としている。 「真っ暗な日だ。何も機能しなかった。身のこなしも緊張感もデュエルの強さも欠いていた。攻撃も守備も、何一つとして機能しているものはなかったよ」 「0-1にされた後で、我々はフィールド上でのコンセプトを放棄した。嵐が来ているのに、部屋のドアを開けてしまったんだ」 「組織もコミュニケーションもなかったのは致命的だった。アクセスができないまま、デュエルにも勝てなかったよ。今日、我々は間違いなく後退したと思う。我々は分析して、活用できる部分があるか確認しなければならない」 「今日は非常に大きな失望となった。あらゆる部分で、良い点を見つけられなかったね」 2020.11.18 12:16 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly