慣れていかないと…J・アルバが再開後の過密日程やソーシャルディスタンスにコメント

2020.05.29 16:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバがラ・リーガ再開後の過密日程に言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、他国と同様に中断を決断したラ・リーガだが、スペイン政府のペドロ・サンチェス首相が6月8日の週からの再開にゴーサイン。リーグも6月中の再開に向けた動きを強めており、残る11試合を1カ月強でこなしていくハードスケジュールが予想されている。

しかし、再開後はソーシャル・ディスタンス遵守の観点からハグや握手などの接触行為が禁じられ、選手はこれまでと異なる形でのプレーを強いられる。スペインのテレビ番組『El Hormiguero』に出演したJ・アルバはブンデスリーガを引き合いに出して、話している。

「唾を吐くと、イエローカードを受けてしまう可能性がある。ブンデスリーガを見てもハグがなく、祝うことすらほとんどできていない。ひどいよね。どうやって、コントロールできるかを考えているよ」

また、勝ち残っているチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを含めると、8月まで過密日程が予想されるが、「1カ月以内で全試合を終えた後、CLに出場する。僕たちは何をコントロールすべきかをわかっている。とても注意する必要がある」とコメントした。

最後に無観客試合については「僕たちは良くも悪くも、たくさんコミュニケーションを取る。基準を超えてしまうときもあるかもしれないが、慣れなければいけない」と述べている。
コメント
関連ニュース
thumb

元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が新型コロナ陽性 自身インスタを通じて公表

元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏が新型コロナウイルス感染を明らかにした。 イベント参加で24日からブラジルのベロ・オリゾンテに滞在しているというロナウジーニョ氏は25日、自身インスタグラム(ronaldinho)のストーリー機能を用いて、自らの新型コロナウイルス陽性を報告した。 「新型コロナウイルスの検査を受けてみたら、陽性反応が出た。無症状で、元気だが、イベントを後回しにしないといけなくなってしまった。大きなハグを!」 これを追って報じたブラジル『Globo』によると、ロナウジーニョ氏は今後の検査で陰性反応が示されるまでの間、ベロ・オリゾンテのホテルで隔離措置に入る模様だ。 ブラジル代表通算97試合の出場数を誇り、人々を魅了するスキルで現役時代に一世を風靡したロナウジーニョ氏。最近、パラグアイ入国時の偽造パスポート使用容疑で5カ月ほど拘束されたが、8月に保釈され、ブラジル帰国していた。 2020.10.26 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

コウチーニョがクラシコでハムストリングを負傷、CLユーベ戦欠場へ

バルセロナは25日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが左足ハムストリングを負傷したことを発表した。 離脱期間は今後の経過次第としてクラブは発表を控えているものの、『フットボール・イタリア』は28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節のユベントス戦を欠場すると報じている。 コウチーニョは24日に行われたラ・リーガ第7節レアル・マドリーとのエル・クラシコで先発。フル出場していたが、25日朝の検査で負傷が発覚した。 今季、バイエルンからレンタル復帰したコウチーニョは、ラ・リーガ5試合に出場して1ゴール2アシスト、CL1試合に出場して1ゴールを挙げるなど、好スタートを切っていた。 2020.10.25 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタが見せたスルーパスの神髄!メッシへ送った絶妙アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナで記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆イニエスタがメッシに送った絶妙スルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSb2d4SFRpdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったイニエスタは、2002年にファーストチームデビュー。クラブの哲学を体現する生え抜きの名手として活躍し、多くのトロフィーを勝ち取った。 抜群のパスセンスを活かし、バルセロナで通算139アシストを記録しているイニエスタだが、2014年3月26日に行われたラ・リーガ第30節のセルタ戦では、素晴らしいスルーパスで同僚のゴールをお膳立てしている。 1-0とバルセロナリードの30分、セルタ陣内中央でイニエスタがボールを持つ。相手からのプレスに遭うものの、これをいなしながら一気に前線にスルーパス。しっかりとブロックを作って守る相手の中央を真っ二つに割って前線へ送られたスルーパスは、相手の裏に走り出したFWリオネル・メッシにピンポイントで入った。 パスを受けたメッシは冷静にGKをかわすと、無人のゴールにシュートを流し込み、見事な追加点となった。名手イニエスタらしい絶妙アシストから2点目を奪ったバルセロナ。後半にもさらに1点を加え、3-0で完勝している。 2020.10.25 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

118年の歴史で初! バルサDFデストがクラシコでプレーした初のアメリカ人に

118年の歴史を誇る、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”だが、今シーズン最初の対戦では新たな記録が生まれた。 今夏アヤックスからバルセロナに加入したアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)だが、118年を誇る“エル・クラシコ”にて、初めてプレーしたアメリカ人選手となった。 デストはアメリカ人の父とオランダ人の母の間に誕生。アヤックスの下部組織で育ち、2019年9月にファーストチームに昇格。そして、今夏バルセロナへと完全移籍を果たした。 今シーズンはすでにエールディビジで3試合に出場していた中、バルセロナ加入後はマドリー戦を含めてラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ1試合でプレーしていた。 そもそも、バルセロナのファーストチームに所属する初めてのアメリカ人であるデスト。右サイドバックとしての定着が期待されている。 マドリー戦後は「試合に出られたことは嬉しいけど、負けてしまったことは悲しい」とコメント。不可解なPKの判定については「ハッキリとは見ていなかった」とコメントしていた。 2020.10.25 18:53 Sun
twitterfacebook
thumb

物議醸すPKの当事者、セルヒオ・ラモスが言及「彼に掴まれていたことは明白」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、バルセロナとの“エル・クラシコ”を振り返り、PKのシーンについても語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ラ・リーガでは前節のカディス戦で敗れ、21日にはチャンピオンズリーグ(CL)の初戦でシャフタール・ドネツクに敗れて、公式戦連敗だったマドリー。ジネディーヌ・ジダン監督の去就問題も浮上するなど、混沌とした1週間を過ごしていた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1gr19wkx3e1bi1r621ludwj714" async></script></div> 24日にラ・リーガ第7節でバルセロナと対戦したマドリーは、フェデリコ・バルベルデが先制ゴールを奪うと、同点に追いつかれた後半にセルヒオ・ラモスがPKを決め勝ち越し。終盤にはルカ・モドリッチがダメ押しゴールを決め、1-3で勝利を収めた。 この試合でPKをしっかりと決めたセルヒオ・ラモスはクラシコでの勝利の意味を語り、しっかりと戦えたことを評価した。 「精神的な面では、この勝利は次の試合に向けてとても良いものだ。今は幸せを味わうつもりだが、戦いは続く。クラシコとライバルの本拠地で勝利を収めることは、とても満足すべきことだ」 「世界で最高の選手たちと対戦はそれだけの価値がある。僕たちは守備がとても優れており、互いに多くの敬意を払っていた。僕たちはとてもアグレッシブに出て、ゴールを決めるという目標を達成した」 「間違っていなければ、前半で僕たちはポゼッションを描くおtくし、後半は2点目を奪った後ブロックを敷いてディフェンスを固めた。一般的に見てもとてもよく、僕たちにとって士気の面では最高だった」 また、物議を醸しているPK獲得のシーンについても言及。クレマン・ラングレにユニフォームを掴まれていたことはハッキリしていると語った。 「ジャンプしようとした時に彼に掴まれていたことは明白だ。明らかなプレーのために、審判のことをとやかくいうことは、僕には不公平に思える。彼らはそこで全力で仕事をしている」 「上手くいくときもあれば、いかないときもある。それを受け入れて生きていかなければいけない。PK後に落ち込んだことを利用して3点目を奪いきり、結果を守ることができた」 2020.10.25 17:45 Sun
twitterfacebook