契約延長の長谷部誠をクラブは高く評価「チームの重要な柱」

2020.05.23 14:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトと契約を延長した元日本代表MF長谷部誠(36)について、クラブ関係者がコメントした。

長谷部は22日、2021年までフランクフルトと契約を延長した。2014年夏からフランクフルトでプレーする長谷部は、在籍6年間で公式戦201試合に出場。2017-18シーズンはDFBポカールを制していた。

今季も公式戦32試合でプレーする長谷部には、懐疑的な目を向けられることも多かったが、クラブは厚い信頼を寄せ、1年間の契約延長を行なった。

長谷部についてスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏は、クラブを通じて高い評価を下していることを明かした。

「マコトは桁違いの経験を持っている。彼は素晴らしい規律と、とてもプロフェッショナルな姿勢をもって、36歳で我々のチームの重要な柱であるという事実を背負っている」

また、同じくSDを務めるブルーノ・ヒュブナー氏も高く評価。引退した際にもクラブに残ってもらいたい意向を示した。

「マコトは卓越した選手であり、クラブ内で重要なポジションにいる。彼と一緒に我々はいつも言っている。「もうプレーできないと気付いた時は、彼はプレーを止めることができる」とね。我々は彼がキャリアを終えた後、フランクフルトと契約を結んでもらう」

なお、長谷部は現役を退いた後にクラブのブランドアンバサダーとして残ることになることも発表されている。
コメント