スキルならメッシ、パワーなら? ファーディナンド「アドリアーノだね!」

2020.05.20 17:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであり、元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が現役時代に最もパワフルさを感じた選手として、かつてインテルでプレーした元ブラジル代表FWのアドリアーノ氏を挙げた。イギリス『メトロ』が報じている。

アドリアーノ氏は2001年のインテル入り後、フィオレンティーナやパルマでの武者修行を経て、2004年に復帰。身長は189cmで、体重も100kgに近かったが、パワフルなドリブルと卓越したシュートスキルでインテルのセリエA4連覇に貢献するなど、カルチョを大いに席巻した。

私生活の乱れもあり、全盛期こそ短かったが、インテル時代にパワフルな左利きストライカーとして公式戦177試合74得点を記録したアドリアーノ氏。同じ時代にイングランドが誇る屈強なセンターバックとして名を馳せたファーディナンド氏も対峙した際に“圧”を感じたという。

イギリス『BBC』のラジオ番組『606 Savage Social』に出演したファーディナンド氏はチャンピオンズリーグ(CL)でマッチアップしたことのあるアドリアーノ氏が持つパワフルさをこう振り返った。

「誰がフィジカル面でビーストだったかを言うなら、アドリアーノだね!」

「CLでインテルと対戦したことがあるが、正直なところ、彼は良いプレーができているわけじゃなかった。でも、何回か彼に近づいたとき、パワーを感じたよ」

「車の隣に立っているとき、エンジンを吹かされたら、ハッとするだろ。彼はそんな感じだ。とんでもないパワーの持ち主だった」

「スキルだけで言うなら、メッシはクレイジーなものがある。ティエリ・アンリもそうさ」
コメント