2年連続得点王のムバッペが粋な計らい…得点王を仲間と共有

2020.05.09 12:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、漢気を見せた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、中断していたリーグ・アン。しかし、フランス政府により9月1日までの大規模なスポーツイベント開催自粛の方針が示され他結果、4月30日にフランス・プロリーグ機構(LFP)がリーグの打ち切りを決定していた。

PSGは1試合の平均勝ち点により優勝しリーグ3連覇を達成。そして、18ゴールを記録していたムバッペはリーグ得点王に当たるゴールデンブーツを受賞していた。

今シーズンのリーグ・アンでは、ムバッペと同じ18ゴールを記録したモナコのフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルもいたが、ベン・イェデルはPKでのゴールが3つあったため、ムバッペが単独受賞となっていた。

しかし、ムバッペ本人は同じゴール数を記録したベン・イェデルもゴールデンブーツに値すると自身のツイッター(@KMbappe)でコメントした。

「すべてのメッセージに感謝します。昨年のプレミアリーグのように、彼の1年間の功績に報いるためにも、ウィッサム(・ベン・イェデル)もトロフィーに値すると思います」

このムバッペのツイートに関して、ベン・イェデルがツイッター(@WissBenYedder)で反応。「ありがとう。そしておめでとう(必要なら、僕が代わりに受け取るよ笑)」と返し、ムバッペの計らいに感謝していた。

ムバッペは、自身にとって2年連続のリーグ・アン得点王。昨シーズンのプレミアリーグはリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、そしてアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの3人がゴールデンブーツを同時に受賞していた。
コメント