デンマーク、1年延期のユーロ2020の開催可能に! 当初ツール・ド・フランスとの日程被りを懸念

2020.05.08 14:17 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマークサッカー協会(DBU)は、来年に延期されたユーロ2020を予定通り、開催可能であることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。同大会は当初、今年6月から7月にかけてイングランド(ロンドン)やドイツ(ミュンヘン)、イタリア(ローマ)、オランダ(アムステルダム)、スペイン(ビルバオ)らヨーロッパの12か国の12都市で開催される予定だった。

しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)は3月17日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって1年間の延期を決定。新たな日程に関しては2021年6月11~7月11日までとなることが、併せて発表された。

ただ、新型コロナウイルスによる深刻な都市機能のダメージ、大幅な日程変更を受けて、一部の開催都市は1年後の開催に難色を示していると言われていた。

その中でコペンハーゲンでの開催を予定としているデンマークでは、2021年7月2日から4日までの期間に、世界的な自転車ロードレースであるツール・ド・フランスの第108回大会が行われることがすでに決定していた。

そのため、セキュリティなどの問題によって世界的なスポーツイベントの同時開催は難しいのではないかとの見方も出ていた。

しかし、DBUは今回、コペンハーゲン市と会場パルケン・スタジアムと、同期間のユーロ4試合の開催に関して合意に至ったと発表。これにより、同地では予定通りの開催が可能となった。
コメント
関連ニュース
thumb

大ケガを乗り越えたキエッリーニが現役続行の意思を示す「ユーロ2020に出場できるよう願っている」

ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(35)は、自身のキャリアやプロとしての心構え、そして今後のキャリアについて語っている。 キエッリーニは昨年8月、トレーニング中に右ヒザ前十字じん帯を損傷し約6カ月にわたって離脱。現在は戦列に復帰しているが、キャリア終盤での大ケガということもあり、引退が囁かれることもあった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1dm5PNVh5RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、キエッリーニは様々な経験を積んだからこそ、大ケガも乗り越えることができたと、イタリアでテレビの司会者などを務めているマルティナ・コロンバーリ氏とのインスタグラムのライブ配信で語った。 「10年前に起こっていたら、平穏な精神ではいられなかっただろう」 「35歳になった今、全ての経験があるので、これは通過点であることを認識し、復帰するためのエネルギーに変えることができる」 「僕は自身のメンタルを全体的に改善した。若い頃は怒ることでたくさんのエネルギーを消費していた。僕は恵まれた人生を送っている。だから上手くいかない時期には苛立つのではなく、幸せであることを思い出す」 そんなキエッリーニは、経営学の修士号を取得するほどのインテリプレーヤーでもある。その秘訣は時間があったからだとし、地に足をつけてプレーすることが、長くプロ生活を送る秘訣であると明かした。 「19歳の時、セリエBでプレーしていたので勉強することができなかった。自由時間があったとき、なぜプレイステーションをやるのだろうか?と思っていた。計画的に学んだおかげで、僕は別のことをし、なんとか3年の学位を4年で終えることができた」 「17歳でとても強いプレッシャーがかかっている人がいる。彼らのキャリアを台無しにするほど、多くの期待がかかることがある。ユベントス、インテル、ミランでトライアルを行えたことに感謝しているけど、リボルノは僕を残すことを強く要求していた。なぜなら、僕が普通の青年期を迎えることを意味するからだ」 「僕の見解では、プロのサッカー選手になることは2つの本当に難しいことがある。1つは地に足をつけ、もう1つは孤独に耐えることだ。それらの暗い部分が現れるので、内面に精神的な強さが必要だ。ビジネスの観点でより独りよがりになる時、家族も助けてくれる。家に帰って、普通の世界に連れ戻してもらえる」 キャリアの終わりも見え始めたキエッリーニは、ユベントスと契約延長合意に達したという報道も出ている。しかし、現時点で公式発表はまだなく、今シーズンいっぱいでユベントスとの契約が満了を迎える。 キエッリーニ本人は、まだ引退は考えていないと口にしており、来るユーロ2020を見据えて現役を続行する意思があるようだ。 「もう1年プレーして、それから自分の調子や足の状態を見ようと思う。来年の夏に引退するかもしれないし、その後にもう1シーズンプレーするかもしれない」 「僕はフットボール界に居続けたいと思っているよ。恐らくは、フロントよりも監督などを目指すことになるだろう。でも、人生は解らないものだ」 「延期したユーロ2020に出場できるよう願っているし、才能豊かな若い選手たちの面倒を見ることもできるだろう。そうやって循環していくんだ」 2020.06.15 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

1年延期のユーロ2020、3都市が開催に問題、12都市開催がなくなる可能性

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、1年間の延期が決定しているユーロ2020。欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、開催都市について語った。 本来であれば、今年開催される予定だったユーロ2020。UEFA創設60周年記念の特別大会として行われ、ヨーロッパの各国で分散開催することが決定していた。 12カ国での分散開催というこれまでにない規模での大会となる予定だったが、1年間延期されたことで、元々2021年に予定されていたイベントなどとのバッティングが発生。そのため、UEFAは改めて開催都市との協議を進めるとしていた。 チェフェリン会長は『beIN Sports』に対し、2021年に行われるユーロについてコメント。12都市開催が行えなくなる可能性にも言及した。 「我々は9つの都市と会話をしてきた。そして、彼らは次の夏に向けた準備ができている。3つの都市については問題があり、これについては今後説明する」 「原則としては12都市で開催するが、そうでない場合は8〜10都市で開催する準備が進んでいる」 チェフェリン会長は、現時点でどこの都市が開催不可能かを明かすことはなかった。以前は、ツール・ド・フランスの開催と重なることから、デンマークでの開催が難しいと見られたが、その問題は解決していた。 なお、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、スペインではビルバオのサン・マメスが開催地となっていたものの、問題なく開催する方向で動いているとのことだ。 2020.05.18 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ライスの代表変更について元アイルランド代表監督が落胆「ゴールを決めてシャツにキスしていたのに…」

元アイルランド代表監督のミック・マッカーシー氏が、イングランド代表MFデクラン・ライスの代表チーム変更についての落胆を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ロンドン生まれのライスは、アイルランド出身の祖父母を持っていたため、ユースレベルからアイルランド代表としてプレーしていた。 その後ライスはA代表の試合にも3試合出場していたが、ライスは2019年2月イングランド代表を目指すこと明言。アイルランド代表としてプレーした試合は親善試合だったため、規定上問題なく代表チームを変更した。 歴史的に複雑な関係を持つ両国間での代表チーム変更は多くの反感を買うことに。しかし、ライスはイングランドを選択したことを後悔していないと語っていた。 この一件について、アイルランド代表監督としてライスを起用していたマッカーシー氏は落胆。A代表の試合に出場していても親善試合であればチームの変更が可能な規定に苦言を呈した。 「(ライスの代表変更が)どのように受け止められたかって? 大不評さ。彼は(アイルランド代表として)3試合に出て、ゴールを決めて、シャツにキスしていたのに」 「選手は代表チームを選ぶことができる。もし選手がA代表の親善試合に出場していたら、イングランド、アイルランド、スコットランド、どこの国であっても、その国の代表として認識されるべきか? 私は認識されるべきだと思う」 「彼は決断を下した。私は彼の父に会いに行ったよ。彼がまたアイルランド代表としてプレーするとは思わなかった。もうイングランド代表としてプレーする方向へ道を踏み外していたからね」 「彼との電話では素っ気ない態度になってしまったよ。電話をかけ直してイングランドとウェストハムで良いキャリアを歩むように幸運を祈らなきゃならなかった。素晴らしい選手を失ってしまい本当に落胆した」 ライスはイングランド代表として7試合に出場。来年に延期されたユーロ2020の有力な招集メンバーになっている。一方のマッカーシー氏は4月、アイルランド代表監督の座を退くことを発表していた。 2020.05.14 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

カカとフェリックスが対談…プロの生活、バロンドール、代表を語る

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、元ブラジル代表MFカカ氏とインスタグラムでビテオ通話を行い、それぞれにインタビューした。スペイン『アス』が対談の様子を伝えた。 フェリックスは昨シーズン、ベンフィカで公式戦43試合20得点11アシストを記録し大きく飛躍。多くの欧州有力クラブを惹きつける人気銘柄として大きな脚光を浴びる中、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(約153億円)とも言われる移籍金でアトレティコに加入していた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPQlBwMVhCViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 一方のカカ氏は、現役時代ミランやレアル・マドリーで活躍し、2007年にはバロンドールも受賞。2017年に現役を引退している。 その風貌やスピードがどことなく似ている部分もある両者。バロンドール受賞者と未来のバロンドール受賞が期待される逸材という豪華なコンビのやり取りを抜粋してお伝えする。 <span class="paragraph-title">◆ユースからプロへの移行</span> フェリックス 「ファーストチームでプレーを始めた時に直面した最大の困難はなんでしたか?」 カカ 「最も難しいのは移行の最中だと思う。下位カテゴリーから移行してプロになると、全く異なる世界で異なる状況に適応する必要がある。選手は君に教え、歓迎し、助けてくれる。それが私のキャリアの重要な瞬間だ。難しいが同時に美しくもある。君はすでにプロとして2年やっているが、自分の役割を理解している?」 フェリックス 「僕にとっても最も難しいことでしたけど、試合以外ではそうでもなかったです。なぜなら、ベンフィカのチームメイトが本当によくしてくれて、常に僕が元気かどうか確認してくれました。チームと同じ土俵に立てば、うまくプレーできます」 「しかし、最も僕が影響を受けたのはメディアへの対処でした。新聞や僕が以前フォローしていたSNSは、良いことを言ってくれた時は好きですが、そうでない時は好きではなかったです」 「ある時からそれを追うのをやめ、その後はしていません。今の僕は元気で、ポルトガルからスペインのリーグに映りました。今の僕にとって何が一番重要だと思いますか?」 カカ 「君にとってベストなのはスペインの仕組みを理解することだ。試合はどこでも同じだと思うかもしれないが、全く違う。ブラジル、イタリア、スペイン、アメリカ。これらは私がプレーした場所だ。そして、違いがある」 「戦術がより重要な場所もあれば、よりテクニカルな場所もある。周りの環境やアトレティコが世界で何を表しているのかを理解する必要がある。今、君は素晴らしい場所にいる。マドリッドは美しい街​​だ」 <span class="paragraph-title">◆バロンドールとチャンピオンズリーグ</span> フェリックス 「2007年、僕が8歳の時、あなたの最高の年でしたよね?」 カカ 「2007年は私のキャリアのピークだった。チームとしても個人としても。チャンピオンズリーグの決勝に到達した時、セビージャとのヨーロッパスーパーカップ、日本でのボカ・ジュニアーズとのクラブ・ワールドカップ、そしてバロンドールを受賞した。2007年は私にとっては素晴らしい年だ」 フェリックス 「あなたがその1年で達成したことは、選手がキャリアを通じて達成したいことだと思います」 カカ 「本当に素晴らしい年だった。何か特別な夢はある?」 フェリックス 「両方を勝ち取りたいです。チャンピオンズリーグとバロンドール」 <span class="paragraph-title">◆ユーロ2020について</span> カカ 「ユーロは君にとって初めての主要な大会?」 フェリックス 「はい。11月には21歳になります」 カカ 「言い換えれば、次のワールドカップで23歳になる。準備しなくてはならないね。君と私はフィジカル的に似ていると思うし、君はとても攻撃的な選手だと思う」 「私よりテクニックがあると思う。私はより攻撃的で、直線的だった。しかし、私は比較が好きじゃないんだ」 フェリックス 「カカはカカ、フェリックスはフェリックスだと思います。僕が小さい頃、あなたは私のアイドルの1人でした。あなたのポスターを部屋に置いていましたし、こうしてあなたと話すことができるとは思ってもいなかったです」 2020.05.14 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣ビジャレアルで完全復活のカソルラ、ユーロ延期に失望「僕はもう35歳」

ビジャレアルに所属するスペイン代表MFサンティ・カソルラ(35)が、ユーロ2020が延期となったことへの失望感を露わにした。スペイン『マルカ』が伝えている。 カソルラはビジャレアルの下部組織で育ち、レクレアティボ・ウエルバ、マラガ、アーセナルを経て2018年8月に復帰。アーセナル時代には度重なる負傷に苦しみ、10度もの手術を経験した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5QjlRdzdnUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 過去には右足切断の危機もあった中、ビジャレアル復帰以降は見事な復活を遂げ、今シーズンもラ・リーガで24試合に出場し8ゴール6アシストを記録。コパ・デル・レイでは5試合で4ゴール1アシストを記録している。 また、2019年6月には、2015年以来となるスペイン代表にも復帰。そのため、ユーロ2020でのメンバー入りの可能性もあったカソルラだが、自身の年齢を考えると延期はマイナスになると考えているようだ。スペイン『モビスター』で語った。 「僕はユーロに行くことを望んでいたから、フラストレーションが溜まる。僕はすでに35歳で、毎日がより難しくなってくる」 また、カソルラは新型コロナウイルスの検査を受けていないが、近い症状を発症していたことを明かした。 「長い間、咳と鼻水に悩まされた。(ラウール・)アルビオルら何人かのチームメイトも感染していたように思う」 「サッカーがあれば、僕たちは皆、隔離期間をうまく過ごしていただろう」 2020.05.07 16:30 Thu
twitterfacebook