かつての盟友がドログバ氏の会長就任を支持「フットボールを変える時が来た」

2020.05.08 09:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、ディディエ・ドログバ氏の会長就任を支持すると明かした。イギリス『BBC』が報じた。

現役時代はル・マンやマルセイユ、チェルシー、上海申花、ガラタサライ、モントリオール・インパクトなどでプレーし、2018年12月に引退したドログバ氏。引退後は、古巣チェルシーのアンバサダーを務めるなど、指導者とは別の形でサッカー界に関わっていた。

そんなドログバ氏は、コートジボワールサッカー協会の会長選に立候補すると2月に報道。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大したことで、現在は選挙が行われていない。

対立候補となるのは、現在会長を務めるソリー・ディアバテ氏と、副会長のイドリス・ディアロ氏となるようだが、コートジボワール代表で共に戦って来たヤヤ・トゥーレはドログバを支持すると明かした。

「フットボールを変える時が来た。現代に合わせる必要がある」

「私がドログバを支持すると言う時、アフリカにおいて、彼のような自分に投資ができる元選手は、国の利益のためでもある」

ドログバ氏は、コートジボワール代表としても105試合で65ゴールを記録。キャプテンも務め、同国の最多得点記録保持者でもあるレジェンドだ。

ヤヤ・トゥーレは不仲説も一時流れたことはあったが、そんなことはないと否定した。

「ディディエは兄のような存在であり、キャプテンだった。みんなは、僕たちについて色々な話をいたけど、いつも冷静で賢明だった。僕たちはお互いをよく知っている」

「マスコミ、ファンには、彼を批判しようとする人が多すぎた」

なお、投票は現役選手が可能に。4度年間最優秀選手にも輝いたドログバ氏は会長になることができるだろうか。

関連ニュース
thumb

ドログバ氏が母国で名誉学位を取得! 過去には内戦終結に大きな貢献

元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏が、アフリカの学術機関で名誉学位を取得した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現役時代はル・マンやマルセイユ、チェルシー、上海申花、ガラタサライ、モントリオール・インパクトなどでプレーし、2018年12月に引退したドログバ氏。コートジボワール代表では通算105試合に出場し65ゴール、母国を3度ワールドカップ(W杯)の舞台に導いた。 2005年10月には、ドイツW杯のアフリカ予選でスーダンに勝利してW杯初出場の切符を手にすると、試合後のテレビで内戦が長期化していたコートジボワールの国民たちに終戦を呼びかけ。その後コートジボワールでは選挙が行われ、停戦が実現していた。 ドログバ氏は、それ以外にも2007 年には国連の親善大使に任命されると、2009年には故郷に病院を建設するために300万ポンドを寄付するなど、社会に貢献してきた。 引退後は、古巣チェルシーのアンバサダーを務めるなど、指導者とは別の形でサッカー界に関わっていたが、この度、アフリカのいくつかの大学などを中心に構成された学術機関であるRUSTAから、名誉学位という形でその功績が讃えられた。 <span class="paragraph-title">【写真】アメリカの大学生みたい!ガウンに身を包むドログバ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Didier Drogba receives an honorary degree in his home country of the Ivory Coast <a href="https://t.co/DdKo0FN47p">pic.twitter.com/DdKo0FN47p</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1400479777958596615?ref_src=twsrc%5Etfw">June 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.04 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

主審が昏倒で80分過ぎに試合打ち切り…ANC予選のコートジボワールvsエチオピアでアクシデント

30日に行われたアフリカ・ネーションズカップ2021予選のグループK最終節のコートジボワール代表vsエチオピア代表で、主審のピッチ上での昏倒によって試合が打ち切られるアクシデントが起きた。『beIN SPORTS』が報じている。 グループK首位のコートジボワールと、2位のエチオピアによる首位攻防戦となった一戦は、ホームのコートジボワールが前半にDFウィリー・ボリ、MFフランク・ケシエのゴールによって2点を先行。その後、後半半ばにFWゲタネー・ケベデのゴールでエチオピアが1点を返すも、直後にFWジャン・クアシのゴールでホームチームが引き離した。 そして、3-1のスコアで迎えた80分過ぎにピッチ内でアクシデントが発生。主審を務めていたガーナ人レフェリーのシャルル・ブルが、ハーフウェイライン付近で突然昏倒。そして、異変に気付いた選手たちがすぐさまメディカルスタッフをピッチに呼び込み、治療が施されることになった。 意識の有無は不明も心肺停止などの大事には至らなかった同主審だが、担架に乗せられてピッチを後にした。 通常であれば、試合はフォースオフィシャルが主審の代役を担い、中断時間から再開するはずだったが、試合はマッチオフィシャルと両チームの協議の結果、中断時点のスコアで試合打ち切りという決定が下されることに。 実はこの試合でフォースオフィシャルを務めていたのはコートジボワール出身のレフェリーだったため、試合の公平性を保つことが困難との考えによって打ち切りという決定となった。 また、同時刻開催の試合でグループ3位のマダガスカル代表がニジェール代表と引き分けたことで、エチオピアの2位通過が確定したことも、打ち切りを決定する後押しとなったようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】主審がピッチ内で昏倒…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ghana referee Charles Bulu collapsed while officiating the 2021 AFCON Qualifier between Ivory Coast and Ethiopia in Abidjan. Swift recovery to him <a href="https://twitter.com/hashtag/TotalAFCONQ2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TotalAFCONQ2021</a> <a href="https://t.co/ESxPqxWskX">pic.twitter.com/ESxPqxWskX</a></p>&mdash; (@NuhuAdams_) <a href="https://twitter.com/NuhuAdams_/status/1376937922000269315?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.31 02:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの18歳FWアマド・ディアロがコートジボワール代表初招集

マンチェスター・ユナイテッドのFWアマド・ディアロ(18)が、コートジボワール代表に初招集された。クラブ公式サイトが伝えた。 今年1月にアタランタから加入したディアロは、逸材として大きな期待が寄せられている存在。ここまでヨーロッパリーグで3試合に出場し、ラウンド16・1stレグのミラン戦ではゴールを記録していた。 21日に行われたFAカップ準々決勝のレスター・シティ戦では、終盤に出場機会を得ていたディアロ。今回、アフリカ・ネーションズカップ予選に臨む30名の候補として、初めてコートジボワールのメンバーに選出された。 なお、ディアロはイタリアとギニアも選択できたが、生まれ故郷であるコートジボワールを選択。ユナイテッドのDFエリック・バイリーとともに代表活動に参加するという。 2021.03.22 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「僕の記憶にない」2試合無失点のDF吉田麻也はビルドアップに手応え「1試合目の課題をうまくクリアできた」

13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。 前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。 キャプテンとして2試合続けてフル出場を果たしたDF吉田麻也(サンプドリア)が試合後の記者会見に出席。記者の質問に応えた。 ◆DF吉田麻也(日本代表) ──カメルーン戦に続き2試合無失点に抑えたことについて 「なかなかアフリカ勢に対してここまで堅く守れたことは僕の記憶にはありません。非常に良いコンディションのチームだったと思います」 「目に見える数字として結果を残せたことは自信になりますし、これを続けていくことが大事かなと思います」 ──今回の2試合の課題と収穫について 「合宿前の課題としては、自分たちのやり方、タイミング、コンビネーションを擦り合わせることがメインでしたが、1試合目はうまくいかないことが多くて、2試合目はうまく修正できたのではないかと思います」 「特に守備に関しては、1試合目も悪くなかったと思いますが、2試合目は良くなりました。見てもらってわかるように、ビルドアップ、ゴールキックからのビルドアップやスローインで失う回数というのは、1試合目の課題を2試合目にうまくクリアできたのかなと思います」 「やっていても非常にテンポよくボールを回せたと思います。ウォーミングアップを見ていても、今日は相手があまりスイッチ入っていないんじゃないかなと感じたので、前半から畳み掛けるように意識しました」 「逆に後半は相手がスイッチを入れてきて、難しい中でも上手く戦って、バトルして、流れを自分たちに引き戻せたのは良かったと思います」 ──ゴールシーンについて。直前に植田選手の背中を触ったように見えた。セットプレーの練習はどれぐらいしたか 「セットプレーの練習は前日に少しやっただけでした。特にアフリカのチームにありがちなのは、ボールウォッチャーになってファーサイドが空くというのが多い傾向にありますし、タフな試合で残り時間が少なくて、集中力を欠く可能性が高いなということで、(植田)直通のストロングポイントはヘディングですし、正直僕がファーに行きたかったんですが、直通が入ってきて、直通の方が可能性あるなと思って、僕はニアに囮になりました」 「トミ(冨安健洋)と直通にファーに行ってもらうようにして、(柴崎)岳にもファーに蹴ってくれと言いました。しっかりと良いボールを蹴って、しっかりと決めてくれたので、非常に良い形で点が取れたと思います」 「直通は毎日ヘディングをしていて、セットプレーの練習で一番つきたくないです。いつも僕がマッチアップさせられますが、マークするのが大変なぐらい手強い相手なので、自分たちがチームとして活かせたのは良かったですし、日々のトレーニングの成果だったと思います」 ──コートジボワールには2014年のブラジル・ワールドカップで敗れていた。この6年間の、劣勢の中での耐えきる守備の変化について 「まずは良いボールを上げさせないように最後までプレスをかけ続けられたということと、僕とトミのところのセンターは高さがあって、そこは絶対的に安定感を出さないといけないですが、今日は終盤のところでサイドバックがつかなくてはいけないところを、しっかりとはね返せたのが大きかったのかなと思います」 「室屋(成)にしても、中山(雄太)にしても最後まで体を張ってやっていたので、その辺りの粘り強さというのはこの6年で大きくレベルアップというか、前進しつつあるところじゃないかなと思います」 ──この2試合で吉田選手個人としての手応えもあったのか 「個人的には長くいたチームから移籍して、この半年色々な新しいことにチャレンジして、またもう1回自分が成長するためにやるべきことを考えて試行錯誤していた中で、こうやって代表に呼ばれて活動できています」 「1つはここで自分の存在価値を改めて証明しなくてはいけないと合宿前に思っていました。冨安も良いパフォーマンスを出しているので、自分も負けないようにいけないという危機感というの以前より強くなっています」 「歳も歳になってきたので、パフォーマンスが落ちたら、ものすごく叩かれるので(笑)、今まで以上に意識するようになりました」 「個人的にももっともっと成長できると思っているので、新しいことをたくさん吸収して、代表は今まで自分は選ばれてきて、当たり前に代表に選ばれてやってきたことが、COVID-19で活動が止まって、改めて日本代表が自分の中での存在や入る意味を考えさせられる時間がたくさんありました」 「またここで自分が結果を出したいな、ここで何か日本の新しいサッカーの歴史を築きたいなというすごく強いモチベーションを抱くようになったので、不幸中の幸いというか、この期間があったことで改めてハングリーになれたのかなと思います」 ──今回の活動が与えるもの 「まず、今回の活動のためにベストを尽くしてくれたたくさんの方々に感謝しなければいけないですし、選手はいつもと違う環境で難しい部分もたくさんありましたが、衛生管理を徹底して、2試合とも陽性を出さずにパフォーマンスを出せたことは、選手だけじゃなくチーム全体でうまくやり遂げたと思います」 「帰るまでが遠足みたいですが、帰って次検査を受けて、そこで陽性になると週末の試合やチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも影響するので、次の検査でみんなが陰性の結果を出せるということが、日本代表の今回のシリーズを全うすることになる。全員が気を抜かずに、移動でも衛生管理をしないといけないなと思います」 2020.10.14 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

実りある活動の日本代表、「積極的にポジティブにチャレンジしてくれた」と評価する森保一監督は11月も同様の活動を希望

13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。 前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。 土壇場のゴールで勝利をもぎ取った日本。森保一監督は試合後の記者会見で試合を振り返り、収穫と課題をコメントした。 ◆森保一監督(日本代表) ──最後まで集中できた試合だったが、後半は攻め込まれるところもあったが、選手交代で流れを変えたように見えたが 「相手も本当に力のあるチームで、最近の試合ではコートジボワールはFIFAランク1位のベルギーとフレンドリーマッチを行って、1-1という結果を掴み取れるチームということでした」 「もちろん全ての時間で優位に進められればいいですが、彼らが持っている力があるので、攻め込まれる時間帯があるのは仕方ないかなと。そこを無失点で粘り強く終わらせることができたことが良かったと思います」 「南野と久保の交代で流れが変わったことについては、チームとしてまずはやるべきことを選手たちが余力を残しながらハードワークする、高いインテンシティで戦うということではなく、久保は今持っている力をプレーする時間内に発揮してくれたと思いますし、これからまだまだ体力的にもつけていってもらいたいと思っていますが、全て出し切りながら全力で戦う部分には満足しています」 「チームとしてスタメンの選手がいて、疲れた時、流れが悪くなった時、勝ち切るためにサブの選手が出てきて、チームに活力を与えてくれるということは、サブの選手の役割として南野が良い働きをしてくれたと思いますし、これから戦う上で、最後植田が決勝点を決めてくれましたが、出場が1試合目になくて、練習の中から、自分のためチームのためにしっかり準備してくれて、集中を切らすことなく良い準備をしてくれたことが決勝点につながったと思いますし、サブの選手の役割を途中から出てきた選手たちは全うしてくれたと思います」 ──昨日の会見では3バック、4バックを試したいという中で3バックをやらなかったこと、左サイドバックに中山雄太を起用した意図 「システムの部分に関しては、第1戦で4バックからハーフタイムを挟んで3バックに変えて戦いました。戦術の幅を広げるために、そして勝つためにということを含めて、1戦目は流れを見ながら試していくことで戦っていった」 「コートジボワール戦でも3バックで状況によっては戦うという練習をしてきましたが、それはあくまでも状況によってということで判断して、4バックで行った方が勝つ確率が高いのではないかと、勝利を目指して戦う上で判断しました」 「3バックで戦うときには、植田を3バックに入れて戦うことも考えていましたが、そのまま4バックの右サイドに入れて、しっかり守備をしながら攻撃に繋げていくことをしました」 「形は変わりましたが、選手たちが臨機応変に結果をもたらしてくれたと思います」 「中山の起用については、彼は所属チームでも今はボランチをやっていますが、これまでは左サイドでプレーしたりとかという経験があると思います。我々の日常のスカウティングでも左サイドバックができるのではないかということになった」 「センターバック、左サイドバック、ボランチという点では複数ポジションでプレーできるように要求していますし、左サイドではチームの戦い方として、戦術の部分もチーム力をアップさせるという意味でもチャレンジしたいと思って起用しました」 ──1年ぶりの活動でやりたいと想定していたことはどれだけできたか。また、収穫と課題 「今回チャレンジしたいと思っていたことに関しては、ある程度のことはできたかなと。準備していたことを含めて、100%ではないですが、ある程度できたという風に思っています」 「チャレンジすることも、選手たちには攻守ともに要求してきましたが、何をというよりも、選手たちがこれをやろうということを勇気を持って積極的にポジティブにチャレンジしてくれたことは、監督としてありがたいと思いますし、チャレンジしながら結果を出すという部分、選手たちが素晴らしかっと思っています」 「攻撃で例を挙げると、ゴールキックの部分で、1戦目はゴールキックからロングキックを入れることがありましたが、コートボワール戦では自陣からボールをつないで、攻撃を仕掛けて行くという部分。マイボールを大切にしながら攻めようという部分、ゴールキックからチャレンジしてくれました」 「流れの中からでも、ボールを動かしながら、マイボールを大切にしながら、相手の守備を崩して行く部分。速攻を仕掛けられるときは仕掛けますが、ディフェンスラインからボールをつないで相手を崩して行くということ、相手の守備も個の能力が高いですし、組織的にも強いところもありますが、勇気のいるところだと思いましたが、選手たちが勇気を持って戦ってくれたと思います」 「守備の部分では切り替えて、そこからボール奪えたら奪いに行く。切り替えを早くする、ボールにアタックするという点では、この2試合で選手たちはチャレンジしてくれたと思います」 「攻から守に切り替わったとき、ボールにチャレンジしてそこがうまくいかなかった時に、中盤エリアでコンパクトブロックを作って、お互いの距離感をよくしてボールを奪いに行くことを1戦目も2戦目も選手たちはトライしてくれましたが、2戦目の方がよりコレクティブに、お互いの距離感をよくして、相手の嫌がる守備ができたと思っています」 「今言ったところはよくチャレンジしてくれました。他にもありますが、試合を見てざっくり見ていただける部分はそこだと思います」 ──南野拓実と鎌田大地の距離感、プレーの評価は 「非常に良い距離感で、お互いの関係でプレーしてくれたと思う。(南野)拓実は、(鈴木)武蔵の交代によってトップの位置に入りましたけど、タイプ的には違いますが、トップ下の鎌田と良いコンビネーションを持って、前線でも守備をまず関わる、攻撃になったときは起点になる、背後に飛び出したりした」 「起点になった時には鎌田とのコンビネーションで相手の守備網を崩すという部分。2人の関係は非常に息が合っていたと思います」 「練習の中ではそういうシチュエーションでなかなかトレーイニングできなかったですが、試合の中でお互いのイメージを共有してくれたと思います」 ──11月の日本代表の活動について。2週間自主待機になるのか 「まずは11月の代表活動については決定事項ということで技術委員長やダイレクターから伝えられていることはありません」 「しかしながら、10月ヨーロッパで活動させていただいて、11月も同じようにというお願いはしています。今は関係者の方々が身を粉にして準備をしてくださっています。決定の報告を聞きたいと思います」 「我々日本代表の活動をするにあたって、本当に多くの方々に尽力していただいて、我々は活動することができたということ。関係者の方々、全ての方々にお礼を申し上げたいと思います」 「サッカーがこうやってヨーロッパに渡ってきて、国際試合ができたということを日本の他のスポーツ団体も、勇気を持って活動の場を広げて行けることに繋がればと思いますので、今回環境づくりをしてくださった方々に感謝を申し上げたいと思いますし、これから日本のスポーツ界がさらに動いていくという風に楽しみにしています」 「日本に帰国する予定です。そして自主待機はもちろんすることになると思いますので、自主待機の期間は協会の関係者の方々に確認しながらしたいと思います。そこは日本の政府が出しているルールに沿って我々も行動したいと思います」 2020.10.14 06:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly