ハーランド、PSGとのあの一件を回想「世界に瞑想を広めてくれて助かった」

2020.05.01 22:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムント所属のノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(19)が、自身のゴールパフォーマンスが一躍有名になったあの一件についてコメントしている。ハーランドはゴールパフォーマンスとして座禅を組むヨガのポーズをとることで有名だ。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のファーストレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦でも、勝利に導く2ゴールを挙げた際に同じセレブレーションを行っていた。

その後、セカンドレグの前日にハーランドが『Snapchat』にネイマールやPSGの選手たちを挑発するような投稿をしてしまい、相手を感情を逆なで。迎えたセカンドレグでPSGがゴールを決めた際、選手らはハーランドのゴールパフォーマンスを真似し挑発し返した。

さらに、試合後もヨガのポーズを写真に撮りSNSに投稿されるなど倍返しの餌食に。

試合も逆転でのベスト16敗退を喫したが、ハーランドは意に介していない模様。アメリカ『ESPN』のインタビューで大人な対応を見せている。

「彼らが僕の代わりに瞑想を世界に広めてくれた。世界に瞑想を広げていくのはとても大事なことだからね。とてもありがたいよ」

この発言が終止符となるのかは微妙なところだが、若気の至りでスター軍団の闘争心を燃え上がらせてしまったハーランドにとっては、今後の良い教訓となったのかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、デンベレの移籍金増加中…最大で180億円超に?!

ドルトムントからバルセロナに移籍したフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの移籍金が膨れ上がっているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 2017年夏に1億500万ユーロ(現レート約130億円)の移籍金で加入したデンベレだが、契約内容の中にいくつか追加支払いが発生する条項が含まれていたようだ。 『キッカー』によれば、そのひとつが出場数に応じてボーナスが増えていくもの。「25」、「50」、「75」、「100」と、25試合ごとに500万ユーロずつ加算され、現段階で1億3000万ユーロ(約160億円)まで上昇している。 さらに、あと17試合の出場で100試合に到達するため、今季の内にさらなる上乗せが見込まれている。 また、『キッカー』はその他諸々のボーナスを含めると、最大で1億4800万ユーロ(約182億円)になると予想しており、ここまで度重なるケガで離脱の多いデンベレは、少々高額過ぎる買い物だったと言えるかもしれない。 2020.11.23 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「親愛なるユスファ、幸あれ」ブンデス最年少デビューのドルトムントFWムココに記録保持者のサヒンがエール

かつてドルトムントで活躍したアンタルヤスポルの元トルコ代表MFヌリ・サヒンが、自身の記録を塗り替えたU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココ(16)についてコメントした。ドルトムント公式サイトが伝えた。 ドルトムントユース出身のサヒンは、2005年8月6日に行われたヴォルフスブルク戦で16歳と335日でブンデスリーガデビュー。ドルトムントの最年少デビュー記録を持っていた。 21日、ドルトムントはブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦。20日に16歳になったムココは、85分にMFラファエウ・ゲレイロとの交代でピッチイン。16歳1日でブンデスリーガデビューを果たした。 自身の記録を抜かれたサヒンはビデオメッセージで「この記録は15年間守られた。ある時点でそれを破るのがユスファであることは明らかだった」とコメントした。 また、「この記録を破ったのは我々の1人であり、ボルシアの1人であることを嬉しく思う。親愛なるユスファ、幸あれ」と今後の飛躍を応援するメッセージを送った。 ムココはドルトムントのU-17、U-19で88試合に出場し141ゴールを記録。20日に16歳になったことでプロの試合でプレーすることが可能となった。 ルシアン・ファブレ監督はムココについて「デビューは彼に取ってもチームにとっても良いことだ」とコメント。「彼が今ファーストチームの一員であることを理解することが重要だ。しかし、前線には良い選手がたくさんいるし、後ろにも良い選手がたくさんいる。彼は若い、とても若い」と語り、ここからファーストチームで競争が始まると示唆した。 2020.11.22 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

後半4発のハーランド、16歳1日でデビューのムココを評価「世界で最も優れた才能の1人」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、ヘルタ・ベルリン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦。33分にマテウス・クーニャに豪快なミドルシュートを決められ先制を許し試合を折り返す。 しかし後半はハーランドが爆発。47分に同点ゴールを記録すると49分に逆転ゴール。62分にハットトリックを達成し試合の大勢を決めた。その後、2-4となった79分には4点目を記録。チームの勝利に大きく貢献した。 ハーランドは自身のゴールについて「最初のゴールはとても良かったし、2つ目のゴールも良かった。誰もがオフサイドだと思っていたけど、そうではなかった」とコメント。自身のパフォーマンスを評価した。 また、16歳1日でブンデスリーガデビューを果たしたU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココがデビュー。ムココについては、「ユスファ(・ムココ)にはとても満足しているよ。いつか彼とプレーしたいね。彼は今、世界で最も優れた才能の1人だと思う」とコメント。「彼はたった16歳と1日で素晴らしいプレーをした。彼の目の前には素晴らしいキャリアが待っている」と、今後の飛躍に期待を寄せた。 2020.11.22 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランドが後半に4発のドルトムントがヘルタに逆転勝利!神童ムココが16歳でデビュー!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、5-2で逆転勝利した。 前節バイエルンに一歩及ばず敗れ、3位に後退したドルトムント(勝ち点15)は、代表帰りのサンチョやベリンガム、レイナらがベンチスタートに。そして16歳となった神童ムココが初めてベンチ入りを果たした。 12位ヘルタ・ベルリン(勝ち点7)に対し、3バックに戻したドルトムントは[3-4-2-1]で臨み、最前線にハーランド、2シャドーにロイスとブラントが構えた。 オープンな展開でスタートした中、8分にルケバキオのミドルシュートでゴールに迫られたドルトムントは17分、ロイスがオンターゲットのシュートを記録する。 徐々にドルトムントがポゼッションを高める展開となったが、33分にヘルタに先制された。ルケバキオのパスを受けたマテウス・クーニャに豪快なミドルシュートを叩き込まれた。 追う展開となったドルトムントはハーフタイムにかけて、フラットな[4-4-2]のブロックを作るヘルタを崩せず1点ビハインドのまま前半を終えた。 それでも迎えた後半開始2分に追いつく。ロイスのダイレクトパスでボックス右に抜け出したジャンのクロスをハーランドが押し込んだ。 さらに2分後、ドルトムントが一気に逆転する。ブラントのスルーパスでボックス左に侵入したハーランドがGKとの一対一を難なく制した。 逆転後、試合をコントロールしたドルトムントは62分、相手のバックパスミスをカットしたハーランドがGKとの一対一を制してハットトリック達成。 70分にはラファエウ・ゲレイロにもゴールが生まれ、4-1とした中、78分にPKでヘルタにゴールを許すも1分後にハーランドがこの試合4点目を決める。 そして85分にはムココが投入され、16歳1日でブンデスデビューを飾ったドルトムントが終わってみれば圧勝で首位バイエルンに1ポイント差としている。 2020.11.22 06:29 Sun
twitterfacebook
thumb

2020年ゴールデンボーイ賞にハーランド! ドルトでも卓越した決定力で異彩

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがゴールデンボーイ賞に輝いた。 イタリア『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、フランス『レキップ』やスペイン『マルカ』、イギリス『タイムズ』、ドイツ『Bild』などの欧州各国主要メディアも審査員となり、選考。ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手が対象となり、その年に最も活躍した若手選手を決めるもので、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが受賞した。 18度目となる今回も錚々たるタレントが候補入りしたが、当初の100名から1カ月ごとに20名ずつが削られていき、先月10月の段階で20名に。そして、21日に2020年のゴールデンボーイ賞として、ハーランドの受賞を発表した。 ハーランドは今年1月にザルツブルクからドルトムント入りして以降、公式戦通算29試合の出場で27ゴールと新天地ドイツでも驚異的な得点力を発揮。今季もここまで11試合に出場して11ゴールとその異彩ぶりをより解き放ち、チャンピオンズリーグ(CL)に限れば、ここまで3試合4ゴールを記録している。 なお、日本人選手ではビジャレアルのMF久保建英とAZでプレーするDF菅原由勢の2選手が100名の候補に含まれたが、9月の段階で両者とも落選。ハーランドが新たな勲章を手にする形で幕を下ろした2020年のゴールデンボーイ賞最終候補者は以下のとおり。 ◆2020年のゴールデンボーイ賞最終候補 DFミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン/オランダ) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ/フランス) FWジョナサン・デイビッド(リール/カナダ) MFアルフォンソ・デイビス(バイエルン/カナダ) DFセルジーニョ・デスト(バルセロナ/アメリカ) FWファビオ・シウバ(ウォルバーハンプトン/ポルトガル) FWアンス・ファティ(バルセロナ/スペイン) MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス/オランダ) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) FWアーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー) FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー/イングランド) MFデヤン・クルゼフスキ(ユベントス/スウェーデン) FWロドリゴ(レアル・マドリー/ブラジル) FWブカヨ・サカ(アーセナル/イングランド) MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド) MFドミニク・ショボスライ(ザルツブルク/ハンガリー) MFサンドロ・トナーリ(ミラン/イタリア) FWフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/スペイン) FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/ブラジル) 2020.11.21 14:45 Sat
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly