ナスリが解雇報道に物申す!「適当な憶測はやめろ」

2020.04.21 19:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日、所属先のアンデルレヒト解雇が報じられた元フランス代表MFサミル・ナスリが全くの誤報であると憤りを露わにしている。地元メディア『La Dernière Heure』によると、新型コロナウイルスの猛威が続く間、アンデルレヒトでは選手に移動や練習日程の報告を義務付けていた。だが、ナスリは規定を無視してUAEのドバイへ渡航。これがクラブの逆鱗に触れ、チームの秩序を乱すとして解雇に向けて動き始めたと伝えられた。

しかしナスリは後日、インスタグラムでフランス『レキップ』の記者とビデオ通話した際に真相を述べ、大きな怒りを露わにした。

「何にもないよ。怒りが頂点に達しそうだ。いつどこで誰が消えた?これは僕が見て見ぬふりをすべきなのか?」

「いやだね。僕はちゃんと医療スタッフのチーフにもヴァンサン・コンパニにも毎日報告している。勝手な憶測は止めてくれ」

「僕は今後のシーズンの日程が知りたいんだ。プレーオフをするのかしないのか。僕たちはもう次のシーズンを見据えている。もう今シーズンにこだわっていない」

クラブ解雇は事実無根であることを強調したナスリ。なお、ジュピラー・プロ・リーグは今月2日に打ち切りを発表し、暫定首位だったクラブ・ブルージュの優勝を宣言していたが、UEFA(欧州サッカー連盟)が圧力をかけたことにより、打ち切り撤回に傾き始めている。
コメント
関連ニュース
thumb

神戸DFフェルマーレンを狙ったアンデルレヒト、給与の問題で撤退へ

ヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(34)の獲得を目指しているとされたアンデルレヒトだが、どうやら諦めたようだ。ベルギー『Voetbal24』が報じた。 2019-20シーズン限りで、元ベルギー代表のキャプテンで、選手兼監督を務めていたヴァンサン・コンパニが現役を引退。アンデルレヒトは、2020-21シーズンからは監督に専念することを発表していた。 新たなディフェンダーの獲得を目指すアンデルレヒトは、コンパニ監督とベルギー代表でもチームメイトであったフェルマーレンの獲得に興味を持っているとされていた。 特にコンパニ監督が獲得を望んでいたものの、諦めざるを得なかったようだ。 『Voetbal24』によると、フェルマーレンが要求しているサラリーに問題があるとのこと。神戸でもらっているサラリーの関係で、アンデルレヒトは獲得を諦めたようだ。 フェルマーレンはアヤックスの下部組織出身で、アーセナルやバルセロナ、ローマでプレー。2019年7月に神戸へと完全移籍し、2022年6月30日まで契約が残っている。ケガの影響などもありながら、試合に出れば正確なフィードを武器に神戸の攻撃を牽引。今シーズンは明治安田生命J1リーグで6試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で2試合に出場している。 2020.09.11 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸DFフェルマーレンに母国の名門・アンデルレヒトが興味? コンパニ監督はベルギー代表の同僚

アンデルレヒトが、ヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(34)の獲得に興味を持っているようだ。ベルギー『Voetbal24』が報じた。 2019-20シーズン限りで、元ベルギー代表のキャプテンで、選手兼監督を務めていたヴァンサン・コンパニが現役を引退。2020-21シーズンからは監督に専念することが発表されていた。 また、ベルギー代表DFエリアス・コボーが負傷離脱をしている関係で、新たなディフェンダーを獲得したいアンデルレヒト。その中で2人の候補が挙がっている。 1人は、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(26)とのこと。2019-20シーズンはロイヤル・アントワープにレンタル移籍しており、ジュピラー・プロ・リーグで21試合に出場していた。 一方で、獲得候補に挙がっているもう1人がフェルマーレンとのこと。コンパニ監督とはベルギー代表でも同僚であり、同い年であることから、非常に強い関心を示しているようだ。 フェルマーレンはアヤックスの下部組織出身で、アーセナルやバルセロナ、ローマでプレー。2019年7月に神戸へと完全移籍し、2022年6月30日まで契約が残っている。ケガの影響などもありながら、試合に出れば正確なフィードを武器に神戸の攻撃を牽引。今シーズンは明治安田生命J1リーグで6試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で2試合に出場している。 なお、アンデルレヒトがより獲得に迫っているのはホードとのことだが、フェルマーレンも諦めていない様子。すでに始まっているシーズンでは4試合を終えて8位と出遅れているアンデルレヒトにとって、守備の補強は急務のようだ。 2020.09.07 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

元ベルギー代表DFコンパニが現役引退! アンデルレヒトの正指揮官に就任

元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(34)が現役引退を発表した。 コンパニが在籍するアンデルレヒトは同選手が17日付けで現役を引退し、正指揮官として4年契約にサインしたことを明らかにした。これに伴い、フランキー・ベルコーテレン監督(63)が退任することになった。 34歳での現役引退を決断したコンパニは、クラブ公式サイトを通じてその理由を以下のように説明している。 「私は監督としての役割に完全にコミットしたいと思っており、そのためには100%、自分の時間と集中を注ぐ必要があると感じている。それがフットボーラーを止める理由だ」 「我々の野心とハングリーな気持ちは変わらない。少なくとも4シーズンはこのクラブに残り、アンデルレヒトが結果を残しながら、現代的なスタイルのフットボールができることを証明したいと思っている。フランキー(・ベルコーテレン)に感謝したい」 2003年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせたコンパニは、ハンブルガーSVを経て、2008年にマンチェスター・シティに加入。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴールを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験したほか、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。 2019年夏に選手権監督として復帰したアンデルレヒトでは指導者ライセンスの問題や正式不振により、一時監督としての職務を停止し、選手、キャプテンとしての役割に専念。2019-20シーズンは公式戦18試合1ゴールの数字を残していた。 また、2004年にデビューを飾ったベルギー代表では通算87試合に出場し4ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)、2018年のロシアW杯の2大会に出場し、ロシアW杯では同国史上最高位となる3位フィニッシュに貢献していた。 なお、コンパニ監督としての初陣は23日にホームで予定されるジュピラー・プロ・リーグのムスクロン戦となる。 2020.08.17 19:27 Mon
twitterfacebook
thumb

松原后が初アシストも10人のシント=トロイデンはアンデルレヒトに完敗…《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは16日、 ジュピラー・プロ・リーグ第2節でアンデルレヒトと対戦し、1-3で敗戦した。シント=トロイデンのFW鈴木優磨は72分まで、MF中村敬斗は56分まで、DF松原后はフル出場。GKシュミット・ダニエル、MF伊藤達哉はベンチ外となった。 鈴木の今季初ゴールなどで白星発進を飾ったシント=トロイデンは、開幕連勝に向け、鈴木、中村、松原を先発で起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュートまで持ち込めない時間の続いたシント=トロイデンは41分に先制を許す。中盤でボールを受けたマイカリチェンコにドリブルで中央を切り裂かれると、そのままボックス内まで侵入され、左足でゴール右隅にシュートを決められた。 反撃に出たいシント=トロイデンだったが、後半開始早々の49分にジェレミー・ドクを故意に踏みつけたシャンコンがレッドカードで退場。さらに、このプレーで与えたFKからディマタにヘディングシュート決められ、追加点を許した。 数的不利となったシント=トロイデンは、56分に中村を下げてマナンガを投入。防戦一方の時間が続くと72分には、鈴木を下げてバロンゴをピッチに送り出した。すると88分、オーバーラップした松原がコリーディオのスルーパスで左サイドを抜け出すと、中央へラストパスを供給。これをゴール前に走り込んだバロンゴがすべり込みながら流し込んだ。 松原のアシストで1点を返したシント=トロイデンだったが、後半アディショナルタイムにアンデルレヒトに3点目を奪われ、万事休す。試合はそのまま1-3で終了し、シント=トロイデンの開幕連勝はならなかった。 アンデルレヒト 3-1 シント=トロイデン 【アンデルレヒト】 マイカリチェンコ(前41) ディマタ(後5) タウ(後48) 【シント=トロイデン】 バロンゴ(後43) 2020.08.17 03:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、今冬にレンタル加入したMFサレマーカーズの買い取りOPを行使

ミランは1日、U-23ベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズ(21)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 ベルギー屈指の名門アンデルレヒトのアカデミー出身のサレマーカーズは2018年2月にトップチームデビュー。右サイドを主戦場とする突破力と攻撃センスに長けたアタッカーは、トップチームで公式戦64試合2ゴール6アシストを記録した。 この活躍が認められ、今冬にミランへレンタル移籍で加入。ミランでは出場機会に恵まれず、公式戦6試合で92分の出場にとどまっていた。それでも出場した際にはポテンシャルを感じさせるプレーを披露しており、今回の完全移籍を勝ち取った。 なお、移籍金について明かされていないが、フランス『Foot Mercato』によれば総額700万ユーロ(約8億5000万円)になるとのことだ。 2020.07.02 02:10 Thu
twitterfacebook