元フランス代表MFナスリが現役引退、マルセイユやアーセナル、シティでプレー

2021.09.26 19:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表MFサミル・ナスリ(34)が現役引退を発表した。フランス『レキップ』が報じた。報道によると、ナスリは26日にフランス『Le Journal du Dmanche』のインタビューにて引退を発表したとのことだ。

「あるエピソードが僕をひどく傷付け、サッカーとの関係を変えた」

「僕はドーピングなどしていなかったから、不公平というもの以上のことを感じた。病気だったから、ビタミン注射を打っただけだった。思わず足が止まってしまったよ」

ナスリが口にしたのは、2018年2月に処分が下されたドーピング疑惑。ナスリはセビージャに所属していた2016年冬、6時間以内に50mlのルールに反する500mlの点滴静脈注射を受けていたが、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は、2017年3月に同選手に対する処分を科すことを決定。2018年2月に6カ月のフットボール活動禁止処分が決定していた。

その後、1年間の処分期間が延長され、合計で18カ月もサッカーから離れることに。その出来事が、情熱を消してしまったようだ。

その後、ウェストハム、そしてアンデルレヒトでプレーしたナスリ。マンチェスター・シティ時代の同僚であるヴァンサン・コンパニ率いるチームで指導者になる目論見があったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で計画が狂い、チャレンジする気持ちを失ったと明かした。

「感情的な面もあったけど、選手であると同時に少しスタッフでもいようという考えがあった」

「僕は指導者になりたいと思っているので、彼と一緒に学ぼうと自分に言い聞かせた」

「でも、計画通りにはいかなかった。その後、コロナのためにリーグ戦は中止された。そのあとは、あまりやりたいと思わなくなった」

「何のチャレンジもしたいと感じなかった。そしてマルセイユでなければ、フランスに戻ることは考えられなかった」

マルセイユの下部組織で育ったナスリは、2004年7月にファーストチームに昇格。マルセイユで若くして才能を見出されると、2008年7月にアーセナルへと移籍する。

アーセナルでも主軸選手としてプレーしたナスリは、2011年8月にシティへと完全移籍。2016年8月からセビージャへとレンタル移籍すると、2017年8月にはアンタルヤスポルへと完全移籍。その後、前述のドーピング問題で解雇されると、2019年1月にウェストハムへと加入。2019年7月から1年間アンデルレヒトでプレーし、その後は無所属だった。

クラブキャリアではプレミアリーグで220試合に出場し36ゴール44アシスト、リーグ・アンで121試合に出場し11ゴール22アシストを記録。チャンピオンズリーグでも58試合で9ゴール10アシストを記録していた。

タイトルとしても、シティ時代にプレミアリーグで2度優勝。リーグカップもシティで制していた。

フランス代表としても41試合に出場し5ゴールを記録。ワールドカップの出場経験はないものの、ユーロは2大会に出場していた。


1 2

関連ニュース
thumb

吉田麻也所属のサンプドリア、成績不振でタヴェルサ監督を解任

サンプドリアは17日、ロベルト・ダヴェルサ監督(46)を解任したことを発表した。 クラウディオ・ラニエリ前監督に代わり、今季からサンプドリアに就任したダヴェルサ監督。積極的に補強を行い、上位進出の期待も高まったが、セリエAで22試合を消化した現時点で15位と、結果が出ない日々が続いていた。 直近のリーグ戦では3連敗で5戦未勝利。逆転負けを喫した15日のトリノ戦が最後の試合となった。 なお、イタリア『スカイ』によれば、後任はマルコ・ジャンパオロ氏(54)が濃厚となっている模様。同氏はかつて2016年夏から3年間にわたってサンプドリアを指揮し、3シーズン連続でリーグ10位以内に入るなど安定した成績を残した。 その後はミランとトリノを指揮したが、いずれも1シーズン持たず解任の憂き目に。トリノの指揮官を解任された2021年1月以降はフリーの状態が続いている。 2022.01.17 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタがアトレチコ・ミネイロを退団! 半年で2つのタイトルを獲得

アトレチコ・ミネイロは16日、元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(33)と契約を解除したことを発表した。 2020年末に個人的な理由でアトレティコ・マドリーを退団したジエゴ・コスタは、半年の空白期間を経てアトレチコ・ミネイロに加入。個人的には公式戦19試合5ゴールを記録した中で、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAとコパ・ド・ブラジルを制覇し、同選手にとってもキャリア初の母国凱旋を最高の形で締めくくった。 だが、その後は去就を巡ってジエゴ・コスタが「なんでも起こりうる」と退団の可能性を示唆すると、クラブのセルジオ・コエーリョ会長がそれを否定し、メディアを騒がせる一幕もあった。 するとこの度、2022年末までとなっていた契約を双方合意の下で解除。ジエゴ・コスタは自身のインスタグラムを通じて感謝の言葉を綴っている。 「アトレチコに正式に別れを告げてきた。初日から最後の日までたくさんのサポートと愛をくれたファンのみんなには感謝しているよ」 「ブラジルでタイトルを獲得するという子供の頃からの夢を叶えてくれて本当にありがとう。クラブの全スタッフ、特に日々助けてくれた仲間たちよありがとう」 「世界最高の成功を祈っているよ」 2022.01.17 13:44 Mon
twitterfacebook
thumb

パトがオーランド・シティと契約更新! 加入初年度は長期離脱もクラブの期待変わらず

メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するオーランド・シティは15日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(32)との契約を1年間延長したことを発表した。 かつてミランで活躍したパトは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海足球倶楽部を渡り歩き、2019年5月にサンパウロへ復帰。2020年8月に退団して以降はフリーの状態が続いていたが、2021年2月に1年契約でオーランドに加入していた。 ただ、その新天地ではMLS開幕戦のアトランタ・ユナイテッド戦で右ヒザに重傷を負い、約半年間の離脱を経験。昨年10月半ばにようやく戦列に復帰したが、加入1年目は公式戦5試合の出場に留まっていた。 それでも、オーランドでゼネラル・マネージャーを務めるルイス・ムッツィ氏は、「パトの能力は証明されており、彼が我々のチームにもたらすことのできる未開発の可能性を知っている」、「今シーズン、ピッチとドレッシングルームの両方で重要な役割を果たすことを楽しみにしている」と、ベテランストライカーへの期待を口にしている。 ※写真はサンパウロ時代 2022.01.17 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンが今季就任のベニテス監督を解任…チームは暫定15位に低迷…

エバートンは16日、ラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表した。 また、後任人事に関しては決まり次第、改めてアナウンスされる予定だ。 レアル・マドリーに旅立ったカルロ・アンチェロッティ監督の後任として今季からエバートンを率いるベニテス監督。元リバプール指揮官ということもあり、歓迎ムードとはいかなかったが、シーズン序盤は4勝2分け1敗と上々のスタートを切り、久々のプレミアリーグでの船出は決して悪くなかった。 しかし、度重なる負傷者や新型コロナウイルスの影響などで徐々にパフォーマンスが低下すると、2度の3連敗を経験するなど急失速。直近のノリッジ戦で今季3度目の連敗を喫したことで、現時点での戦績は5勝4分け10敗の暫定15位に。 また、今冬にアストン・ビラへ新天地を求めたフランス代表DFリュカ・ディーニュとの衝突や退屈と揶揄される守備的なスタイルに関して多くのファンの不興を買ったことも、その手腕を疑問視する結果に繋がっていた。 そして、ノリッジ戦後後にクラブ幹部と緊急ミーティングを行った中、解任という結論に至った。 2022.01.17 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田ら離脱でCB手薄なサンプドリアがヴェローナからマニャーニをレンタル!

サンプドリアは16日、エラス・ヴェローナからイタリア人DFジャンジャコモ・マニャーニ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 190cmの長身センターバックのマニャーニは、セリエCのシラクサでのプレーが評価されると、ペルージャでのプレーを経て、2018年夏にユベントスへ完全移籍。しかし、即座にサッスオーロへ買い戻しオプション付きのレンタルに出されると、以降はブレスト、ヴェローナへのレンタル移籍を繰り返し、2020年9月にはヴェローナに完全移籍で買い取られることになった。 そのヴェローナでは在籍1年半で公式戦41試合に出場。今シーズンここまではセリエA14試合に出場していた。 サンプドリアではガンビア代表DFオマル・コリーがアフリカ・ネーションズカップ参戦中で、日本代表DF吉田麻也も右太ももの負傷で1カ月程度の離脱が見込まれており、センターバックの補強が急務となっていた。 2022.01.16 19:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly