スペインで苦しむロニー・ロペス、1年でセビージャ退団か…フェネルバフチェの関心

2020.04.11 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェネルバフチェが、セビージャに所属するポルトガル代表MFロニー・ロペス(24)の獲得に興味を持っているようだ。スペイン『Cadena COPE』が報じている。

マンチェスター・シティやリール、モナコを渡り歩いたロニー・ロペスは、昨夏に5年契約でセビージャに加入。しかし、今シーズンはビッグクラブの熾烈なレギュラー争いに敗れ、ここまでラ・リーガでわずか3試合の出番しかなく、その間の総プレータイムも87分間にとどまっていた。

そんなロニー・ロペスには、リールやモナコでの活躍を評価するマルセイユが関心を示していたが、『Cadena COPE』によれば新たにフェネルバフチェもポルトガル人アタッカーの獲得に動いているようだ。

なお、ロニー・ロペスと2024年まで契約を残しているセビージャだが、今夏の移籍市場でオファーが届けば、耳を傾ける意向であるという。
コメント
関連ニュース
thumb

モンチの執念実るか? セビージャがマキシム・ロペス獲得に向け個人間合意

セビージャがマルセイユのフランス人MFマキシム・ロペス(22)の獲得に本腰を入れているようだ。スペイン『Estadio Deportivo』が報じている。 マルセイユ生え抜きのマキシム・ロペスは、10代後半から元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを彷彿とさせるテクニカルなプレーメーカーとして注目を集めている逸材だ。今シーズンはリーグ・アン23試合3アシストの活躍をみせ、マルセイユの2位フィニッシュに大きく貢献していた。 そのマキシム・ロペスに関してはセビージャの敏腕スポーツ・ディレクターのモンチ氏が以前から熱視線を注いでおり、直近2つの移籍市場では実際に獲得オファーを掲示したと言われている。 そして、今夏の移籍市場では3度目の正直を目指して新たなオファーを準備しているという。 『Estadio Deportivo』が伝えるところによれば、モンチ氏はすでに選手サイドと接触しており、5年契約の条件で個人間の合意に至っているという。ただ、現時点でクラブ間での合意には至っていないようだ。 2021年の契約となっているマキシム・ロペスの移籍金に関してはマルセイユ側が1200万ユーロ(約14億8000万円)を要求している一方、セビージャは800万ユーロ(約9億8000万円)での交渉成立を目指しているという。 2020.07.29 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

キーパー一歩も動けず!マルセイユ復帰のパイエがアウトにかけて決めた美しい技ありゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエがトロワ戦で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆パイエが決めた美しい技ありゴール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzSXlGdEpPUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2004年にエクセルシオールでプロデビューを果たしたパイエは、2007年に加入したサンテチェンヌでブレイク。リール、マルセイユでプレーした後、2015年にウェストハムへ移籍後は、フランス屈指の技巧派MFとして評価を高め、2017年にマルセイユへ復帰した。 繊細なテクニックでシュートもパスも一級品の実力を持つパイエだが、2017年12月20日に行われた、リーグ・アン第19節のトロワ戦では、見事な技ありゴールを決めている。 トロワをマルセイユがホームに迎えたこの一戦だったが、先制を許して迎えた31分、マルセイユに反撃のチャンスが訪れる。 MFモルガン・サンソンへ向けた味方のパスのクリアボールをボックス右で拾ったパイエはそのままドリブルで相手ボックス内に侵入。相手DFが間合いを詰め切る前の絶妙のタイミングで右足のアウトサイドにかけたシュートを放った。タイミングを上手く外したシュートに相手GKはほとんど動けず、ボールはゴール左隅にキレイに決まった。 このパイエの技ありゴールで同点としたマルセイユ。これで息を吹き返したのか、この後に2点を奪い、3-1と逆転で勝利を収めている。 2020.07.26 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“悪童”バロテッリが途中出場のデビュー戦で95分に決めたマルセイユデビュー弾!【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがマルセイユ時代に決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バロテッリが途中出場のロスタイムで決めたデビュー弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHTnFwYUt2aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年にインテルでセリエAデビューを飾ったバロッテリは、10代から大器の片鱗を見せ、次代のスター候補として注目を浴びてきた。その後、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールなどでプレーした後、2016年夏にニースへ加入し、リーグ・アンに初挑戦。フランスでは好調を維持し、2019年には強豪マルセイユへ加入し、公式戦15試合で8ゴールという数字を残している。 その記念すべきマルセイユ最初のゴールは、デビュー戦となった2019年1月25日のリーグ・アン第22節、リールとの試合で決めたものだった。 2019年1月23日にマルセイユと契約を結んだバロテッリは25日にデビュー。0-1とリードされる試合の中、74分に途中交代でクラブ初出場を果たす。 チームは94分に追加点を許し、0-2とされるが95分、ラストプレーで見せ場が待っていた。コーナーキックを獲得したマルセイユは最後の攻撃を仕掛ける。インスイングのボールがボックス内へ上がると、ボックス中央で待っていたバロテッリが強烈なヘディング。ゴール左上の隅の完璧なコースに見事なゴールを決めてみせた。 土壇場で1点を返したマルセイユだったが、反撃もここまで。試合には1-2で敗れたものの、新戦力の初ゴールという収穫を得た試合となっている。 2020.07.25 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがドルトムントのアルゼンチン代表DFバレルディを買取OP付きのレンタルで獲得

マルセイユは21日、ドルトムントのアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。買い取りオプション付きの1年契約となる。 バレルディは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2019年1月にドルトムントへ完全移籍。2018-19シーズンはブンデスリーガでの出場はなかったものの、今シーズンは7試合に出場。チャンピオンズリーグでも1試合に出場していた。 センターバックを主戦場としながら、ボランチでもプレー可能。アルゼンチン代表としても2試合でプレーしていた。 2020.07.22 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

“天才”ドリブラー、ベン・アルファが雨の中異次元の長距離弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回はバジャドリーの元フランス代表FWハテム・ベン・アルファがマルセイユ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆異次元のロング・フリーキック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFMDlidmxLQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2008-09シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のラウンド32でマルセイユはトゥベンテと対戦する。ホームでの1stレグを0-1で落としていたマルセイユは、2009年2月26日に行われた2ndレグでアウェイの地へと乗り込む。 大雨が降りしきる中、前半24分にマルセイユは敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得するが、ゴールまでの距離があり、直接狙える位置ではなかった。 しかし、キッカーを務めたベン・アルファは、小刻みなステップから左足のインサイドで蹴り込むと、少しカーブがかかったシュートは、相手GKの頭上を越え、ファーサイドのゴールポストに当たってゴールネットを揺らした。 信じられないゴールに雨中の観客は大盛り上がり。マルセイユはこの1点を死守すると、120分の戦いの末にPK戦へともつれ込み、PK戦ではベン・アルファもしっかりと決め、ラウンド16へと駒を進めている。 2020.07.21 13:00 Tue
twitterfacebook