移籍決定で再起を図るロニー・ロペスに絶望…「言葉が出ない」

2020.08.03 16:23 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表MFロニー・ロペス(24)の母親が亡くなった。各国のメディアが伝えている。ロニー・ロペスは先月30日、セビージャからニースへのレンタル移籍が決まった。昨夏に加入したセビージャでは不遇の時を過ごしたが、再起を図ろうと新天地を求めた。

しかしその4日後、母の訃報が届いた。自身のSNSで伝えたロニー・ロペスは、感謝と別れのメッセージを綴った。

「言葉が出ない。僕がまたプレー出来ることを喜んでくれたばかりなのに。あなたは僕やダニエラ、ガブリエル、そして父さんのことを誇りに思ってくれていた」

「本当に受け入れ難いよ。でも、天は輝く星を手に入れた。お母さん、あなたはそこで僕たちを見守ってくれるのだろう」

「僕たちはあなたが教えてくれたこと、強くなって夢に向かって戦い続けることを誓う。ママが誇りに思ってくれるよう頑張るよ。想いは永遠に。愛してるよ」

なお、セビージャやニースからも追悼の言葉が寄せられている。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴェローナ、ニースからMFタメゼを獲得! 昨季はアタランタにレンタル

ヴェローナは3日、ニースからカメルーン人MFアドリアン・タメゼを獲得したことを発表した。契約は2024年6月30日までとなる。 守備的MFを本職とするタメゼは、2017年夏にヴァランシエンヌかrニースに移籍。昨シーズンは出場機会を求めて1月にアタランタにレンタルするも、先発出場はわずか2試合にとどまり、買い取りオプションは行使されずシーズン終了後にレンタルバックしていた。 昨シーズンは9位という好成績を残したヴェローナは、ジェノアからドイツ人DFコライ・ギュンター、チューリッヒからスイス人MFケヴィン・リュエグ、ウディネーゼからガーナ代表MFエマヌエル・バドゥを獲得するなど、積極的な補強に動いている。 2020.09.04 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーが逸材CBマラン・サールを5年契約で獲得! 来季は他クラブへレンタルの意向

チェルシーは27日、今夏にニースを退団したU-21フランス代表DFマラン・サール(21)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 なお、サールの契約期間は2025年6月30日までとなり、2020-21シーズンは他クラブへのレンタル移籍で経験を積むことになるという。 2016年夏に智将ルシアン・ファブレ監督(現ドルトムント)の下、17歳でトップチームデビューを飾ったサール。左サイドバックでもプレー可能なスピードと、高精度の左足のキックを武器に、すぐさまセンターバックの主力に定着。公式戦119試合に出場していたが、6月末の契約満了を以ってクラブを退団していた。 フリーで獲得可能となっていた逸材DFにはアーセナルやパリ・サンジェルマン、ナポリ、RBライプツィヒなどのビッグクラブが興味を示していたが、最終的にはチェルシーへの移籍で決着した。 2020.08.27 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、フリーの逸材CBマラン・サールと交渉中

チェルシーが、今夏にニースを退団したU-21フランス代表DFマラン・サール(21)と交渉中のようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2016年夏に智将ルシアン・ファブレ監督(現ドルトムント)の下、17歳でトップチームデビューを飾ったサール。左サイドバックでもプレー可能なスピードと、高精度の左足のキックを武器に、すぐさまセンターバックの主力に定着。公式戦119試合に出場していたが、6月末の契約満了を以ってクラブを退団していた。 多くのクラブが関心を寄せる中、最近はバルセロナとの接触が報じられていたが、交渉に動いていたエリック・アビダルSD(スポーツ・ディレクター)が先日に解任されたため不透明な状況に。その間に距離を縮めようとしているのがチェルシーのフランク・ランパード監督だ。 センターバックの補強が急務のチェルシーは、同じく今夏にフリーとなるパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFチアゴ・シウバやナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリなど多くの大物タレントの名前が候補に上がっているが、その一方でU-21フランス代表の逸材にも触手を伸ばしているという。 なお、『スカイ・スポーツ』のケイヴェ・ソルヘコル記者によると、チェルシーは獲得に成功した場合、すぐにレンタルで放出する意向とのことで、現状は即戦力となりうる折り紙付きのセンターバック獲得を優先しているようだ。 2020.08.23 14:16 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のニース、U-21スイス代表DFロトンバを獲得! 左右のSBこなす有望株

ニースは3日、ヤング・ボーイズからU-21スイス代表DFジョルダン・ロトンバ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 アンゴラ人の両親の下、スイスで生まれ育ったロトンバは、ローザンヌでプロデビュー。その後、2017年にヤング・ボーイズへのステップアップを果たした。 スピードと運動量に長けたU-21スイス代表DFは、利き足は右足も両足のキックが安定しており、両サイドバックをそん色なくこなせる攻撃性能に長けたスイスリーグ屈指の若手DFだ。今シーズンは公式戦35試合に出場し、3アシストを記録していた。 なお、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるニースは、元フランス代表DFモルガン・シュナイデルラン、U-20フランス代表FWアミーヌ・グイリ、ポルトガル代表FWロニー・ロペス(24)ら6選手を獲得しており、ロトンバが7人目の補強となっている。 2020.08.04 13:31 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタMFタメゼ、完全移籍には至らずレンタル元のニースへ復帰

ニースは3日、アタランタにレンタル移籍していたフランス人MFアドリアン・タメゼ(26)の復帰を発表した。 1月にニースからアタランタに買い取りオプション付きのレンタルで加入したセントラルMFのタメゼだったが、セリエAでは7試合(うち先発は2試合)の出場に留まり、完全移籍には至らなかった。 ナンシーでプロデビューを飾ったタメゼは、ヴァランシエンヌを経て、2017年夏からニースでプレー。昨季前半はリーグ・アンで8試合の出場に留まっていた。 2020.08.04 07:00 Tue
twitterfacebook