ナポリFWロサーノにスペイン行き浮上も移籍実現は非現実?

2020.04.05 18:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(24)にスペイン行きの可能性が浮上しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

昨夏、4000万ユーロ(約46億9000万円)と言われる移籍金でPSVからナポリに加入したロサーノ。前指揮官であるカルロ・アンチェロッティ監督の下では重用され、ブレイクの兆しを見せ始めていたが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の就任以降は一度もスタメン起用がない。

そのため、クラブは今季の公式戦28試合3ゴール2アシストと適応に苦しむメキシコ代表FWの1年での売却を考慮しているようだ。

『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、現時点でロサーノに関心を示しているのは、アトレティコ・マドリーとバレンシア、セビージャの3クラブだという。

これまで多くのメキシコ人プレーヤーが活躍してきたスペインは戦術的なイタリアに比べ、ロサーノが活躍し易い環境だと思われる。

ただ、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長はロサーノの移籍金を昨夏獲得時と同じ4000万ユーロ前後に設定しているという。これに対して、前述の3クラブは現時点で2000万ユーロ(約23億4000万円)から大きく離れた金額を支払う意思はなく、移籍実現に向けては大きな溝があるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、ガットゥーゾ体制で序列低下のアランの売却を考慮か?

ナポリは今夏の移籍市場でブラジル代表MFアラン(29)の売却を考慮しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏からパリ・サンジェルマン(PSG)の関心を集めていたアランだが、今冬の移籍市場ではナポリサイドが受け取った公式オファーを拒絶したと言われている。 しかし、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の就任以降、細かいケガの影響もあり、ベンチを温める回数が増えているブラジル代表MFは以前のような絶対的な主力という立場ではなく、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は今夏のタイミングが売り時だと判断しているようだ。 『カルチョメルカート』が伝えるところによれば、ナポリは移籍金として今冬の移籍市場でPSGから受け取ったとされる2000万~2500万ユーロ(約24億3000万~30億4000万円)以上の金額を求めているという。 そして、移籍先の候補にはPSGと共に、カルロ・アンチェロッティ前監督が率いるエバートンが挙がっているという。 なお、ナポリはアランの後釜としてミランが熱視線を注ぐレッドブル・ザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(19)をリストアップしている模様だ。 2020.07.14 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

CL追放回避のシティ、ペップに200億円超の今夏補強費?

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触によるチャンピオンズリーグ(CL)追放などの厳罰を免れ、今夏の移籍市場で大型補強に転じるかもしれない。 欧州サッカー連盟(UEFA)のクラブ財務管理機関(CFCB)は今年2月、シティに対して、2012〜2016年にかけたスポンサー収入の水増しによるFFP抵触の重大な違反を主張。来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止と3000万ユーロ(約36億4000万円)の罰金処分を科した。 この処分に納得がいかないシティはスポーツ仲裁裁判所(CAS)にすぐさま異議申し立て。先月上旬にビデオ会議でヒアリングを実施したCASは13日にその判決として、シティのCL出場を認めると、罰金額も1000万ユーロ(約12億1000万円)への減額を言い渡した。 イギリス『ガーディアン』によると、CL追放処分の回避に成功したシティは選手1人分の年俸にも匹敵する罰金額の軽減も後押しとなり、今夏に左サイドバックとセンターバックを最優先の補強ポイントに挙げるグアルディオラ監督に対して、大型投資を許可したという。 その気になる予算は1億5000万ポンド(約201億7000万円)。2021年までの契約を巡る延長交渉が滞っているバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)や、今夏も去就が騒がれるナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(29)が候補入りしている模様だ。 また、シティとの契約が2021年まで残っているものの、今夏移籍の可能性がにわかに浮上しているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)の去就次第で、ストライカーの獲得にも乗り出す可能性があるようだ。 2020.07.14 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

好調ナポリとのドローにミラン指揮官、「クオリティをいつだって確信している」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、12日に敵地で行われたセリエ第32節のナポリ戦を振り返った。イタリア『スカイ』が伝えた。 ナポリとの上位対決に臨んだリーグ5戦無敗のミランは20分にDFテオ・エルナンデスが左足ボレーシュートを決めて先制に成功。DFジオバニ・ディ・ロレンツとFWドリエス・メルテンスのゴールで勝ち越されたが、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラの得たPKをMFフランク・ケシエが冷静に決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 ナポリのコッパ・イタリア優勝によるエクスキューズにより、ヨーロッパリーグ(EL)圏内の7位キープに成功したピオリ監督は試合後、以下のように総括している。 「強い相手との対戦はとても困難だ。しかし、我々は規律を守って、いつでもこういった試合ができるということを示した。私はチームのクオリティをいつだって確信している」 「哲学を落とし込むには時間がかかる。我々が共闘している時間は短いけど、チームになるには十分だ。我々はそれを認識しているし、目標を引き上げることを正しい」 「私が就任した時、選手たちと直接話すのに苦労していたが、今はみんなとプレーしている。3日ごとの試合は非常に難しく、選手たちは動揺しているが、歯を食いしばって前進する必要がある」 また、勝ち越し直後にピッチを退いたFWズラタン・イブラヒモビッチについて問われると、「その時点で我々が負けていたから、彼はもっとうまくプレーできると怒っていた。選手がピッチを後にする時、決して幸せではない」と述べている。 2020.07.13 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル、バルサが狙うナポリMFファビアン・ルイス、新契約締結か

スペインから熱視線が送られているナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイス(24)だが、ナポリと新たに契約を結ぶようだ。 移籍に精通するジャーナリストのニコロ・シラ氏によると、ファビアン・ルイスはナポリに残留するとのこと。5年契約を結ぶように動いているとのことだ。 <div id="cws_ad">◆ナポリで輝くファビアン・ルイスのプレー!<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXRXA1TFU2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 報道によれば、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長はファビアン・ルイスに対して2025年6月までの契約で年俸320万ユーロ(約3億9000万円)になるとのことだ。 また、新たな契約には将来的な移籍に向けた高額な契約解除条項が設定されており、5年契約を結ぶとしている。 2018年7月にレアル・ベティスからナポリへ加入したファビアン・ルイスは、ここまで公式戦通算80試合に出場し10ゴール8アシストを記録。今シーズンはセリエAで28試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 2020.07.13 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

守り切れずのDFクリバリ、ミスからの失点を悔やむ「守備面で成長していかないと」

ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリが、2-2の引き分けに終わったセリエA第32節のミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ミランをホームに迎え入れたナポリだったが、DFテオ・エルナンデスに先制ゴールを許す展開に。その後、DFジオバニ・ディ・ロレンツとFWドリエス・メルテンスのゴールで勝ち越しに成功したが、MFフランク・ケシエにPKを沈められて、2-2の引き分けに終わった。 チームとして2失点を喫したDFリーダーのクリバリは、「多くのことをさせなかった」とコメントしたが、不注意によるミスからの失点を悔やんだ。 「多くのことをさせなかったが、我々は2ゴールを許した。僕たちは非常に多くのチャンスを作り出している。より攻撃的になるために決心しなければいけないが、守備面でも成長していかないといけない」 「このレベルの相手と対戦する時、不注意は決定的なものになってしまう可能性がある。僕らの目標はより安全に守り、ゴールを奪われることなく、試合を終わらせなければいけない」 「チームは順調に進んでいる。道のりは正しい。だが、将来に向けて、より高い目標を目指しているから成長しなければいけない」 2020.07.13 13:20 Mon
twitterfacebook