ヒメネスはウルブス残留に前向き! 「残留するうえでCL出場権は重要ではない」

2020.03.27 22:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンに所属するメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(28)がクラブに対する強い忠誠心を示している。

母国のクラブ・アメリカで台頭し、アトレティコ・マドリー、ベンフィカを経て2018年夏にウルブスへレンタル移籍で加入したヒメネス。加入1年目となった昨シーズンはプレミアリーグ全試合に出場しチームトップの13ゴールを挙げる活躍をみせ、昇格チームの7位フィニッシュに貢献。その活躍が認められ、昨年4月には3000万ポンド(約40億円)と言われる金額で買い取られ、正式にチームの一員となった。

そして、迎えた今シーズンは序盤戦はポルトガル代表FWジオゴ・ジョタとの2トップ、シーズン中盤からはスペイン代表FWアダマ・トラオレを加えた強力トリデンテをけん引する主砲としてゴールを量産。第29節終了時点ですでに昨季に並ぶ13ゴールを記録。さらに、確度が高いポストワークやサイドに流れてスペースを作り出す利他的なプレーで6アシストを挙げるなど、得点能力以外での高い貢献度も見逃せない。

そのため、今夏の移籍市場に向けてはアーセナルとトッテナムのノースロンドン勢に加え、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーといったビッグクラブから熱視線が注がれている。

今冬の移籍市場でヌーノ・エスピリト・サント監督が流出の可能性を示唆するなど、ウルブスの引き留めは困難かに思われるが、ヒメネス自身はたとえ今季クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を逃したとしても、引き続きプレーする意思があることを明言した。

ヒメネスが自身の公式『Facebook』のビデオメッセージで語った内容をイギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

「僕とクラブの間には2023年までの契約がある。そして、自分が残留をするうえでチャンピオンズリーグの出場権獲得が重要だということはないよ」

「僕はウルブスで幸せを感じている。そして、ここでは個人としてもチームとしても重要なことを成し遂げようとしているんだ」

「それは1人のプレーヤーとして成長していくうえで大きなモチベーションになっているよ。もちろん、チャンピオンズリーグへの参加はいつでもプレーヤーを満足させるオマケのようなものだよ。だからこそ、そういった大きな目標について考え続けたいね」

今回のメッセージを通じてウルブス残留に前向きな姿勢を見せたヒメネスだが、28歳という年齢もあり、より好条件のオファーが届いた場合、ステップアップを選択する可能性は十分にあるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ウルブスの左WBジョニーがヒザの前十時じん帯損傷で手術へ

ウォルバーハンプトンは8日、スペイン代表MFジョニー・カストロが右ヒザの前十時じん帯を損傷し、手術を要することになると発表した。 ジョニーは6日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で先発。しかし、13分にピッチに足を取られた際に右ヒザを痛めて17分に交代を強いられていた。 左ウイングバックを主戦場とするジョニーは今季の公式戦48試合に出場して2ゴール3アシストとフル稼働し、プレミアリーグ7位、ELベスト8進出に貢献していた。 ジョニーを失ったウルブスは11日にELベスト4を懸けてセビージャと対戦する。 2020.08.09 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがFFP違反も、来季CL出場時は選手登録制限でUEFAと和解合意

ウォルバーハンプトンが、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に違反していたことが発覚。しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)とは和解合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 オリンピアコスは、7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で1-0と勝利。2戦合計2-1とし、セビージャが待つ準々決勝に駒を進めた。 ウォルバーハンプトンは、48年間の間でヨーロッパの大会でベスト8に残ったのは初だが、このまま優勝すれば、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが可能となる。 しかし、ウォルバーハンプトンは2020年までの会計年度で最大3000万ユーロ(約37億5000万円)の赤字を計上したとのこと。これが過大な支出とし、FFP違反となった。 ただし、UEFAはウォルバーハンプトンと2020-21シーズンのCLに出場した場合に使用する選手のAリストを25名から23名に減らすことで和解合意したとのことだ。 2020.08.08 22:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブズがオリンピアコスに競り勝ち、セビージャの待つ準々決勝へ!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、ウォルバーハンプトンvsオリンピアコスの2ndレグがモリニュー・スタジアムで行われ、ウルブズが1-0で勝利し、合計スコア2-1で準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で3月の開催を最後に中断していたEL。5カ月ぶりに再開に漕ぎ着けたが、レギュレーションは大幅に変更され、準々決勝以降は中立地ドイツでの一発勝負となる。 このラウンド16では、一部を除いて1stレグまで進んでいたため、2ndレグは通常通りそれぞれのホームチームのスタジアムで開催される。オリンピアコスの本拠地カライスカキス・スタジアムで行われた1stレグは1-1の痛み分けに終わっていた両チーム。序盤からインテンシティの高い内容が繰り広げられる中、9分にGKへのバックパスを奪いにいったポセンセがGKラディに倒されPKを獲得。オリンピアコスにとってやや厳しい判定となったが、このPKをヒメネスが決めて、ホームのウルブズが先制した。 ギリシャ王者のオリンピアコス怯まず反撃。19分に左サイドでボールを持ったツィミカスが味方とのワンツーでボックスへ侵入。左足でゴールを狙ったが、GKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれた。29分には、味方のスルーパスで右サイドを突破したエル・アラビのクロスに合わせたカマラがネットを揺らしたが、エル・アラビがオフサイドを取られ、ゴールは認められなかった。 後半は選手を2人入れ替えたオリンピアコスが優勢に試合を進める。途中出場のフォルトゥニスやエル・アラビがトライしていく中、67分には左サイドから切り込んだフォルトゥニスの折り返しをエル・アラビがシュート。DFを背にして反転しながらのシュートだったが、足を滑らせてしまい枠に飛ばすことができなかった。 ウルブズはネヴェスやモウティーニョが長短のパスを駆使してチャンスメイク。CKの流れで、ポデンセの折り返しを途中出場のジョッタがシュート。相手に当たってこぼれたところをボリが押し込みにかかったが、惜しくも届かなかった。 80分過ぎには、後半途中投入のコカのヘディングシュートが飛び出したオリンピアコスだが、ここもGKルイ・パトリシオが立ち塞がる。対するウルブズもショートカウンターからモウティーニョがシュートを放ったが、クロスバーを掠めていった。 その後は、ボリの負傷の影響でアディショナルタイムは長めに取られたが、追いすがるオリンピアコスを躱したウルブズが合計スコア2-1で勝利し準々決勝に進出。セビージャと対戦する。 2020.08.07 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、わずか1年でグイエ放出を検討 プレミア復帰か

今季からパリ・サンジェルマン(PSG)に新天地を求めたばかりのセネガル代表MFイドリサ・グイエ(30)だが、早くも移籍の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 グイエは昨夏、エバートンから移籍金3000万ユーロ(現レートで約37億4000万円)の4年契約でPSG入り。2018-19シーズンの冬から続いたPSGのラブコールを実らせる形でのパリ行きだった。 そんな今季はケガによる離脱時期もあったが、ここまで公式戦33試合に出場して1得点2アシストを記録。しかし、首脳陣は選手のパフォーマンスに満足していない模様だ。 スポーツディレクター(SD)のレオナルド氏は新たに中盤の強化を模索するなか、チャンピオンズリーグ(CL)終了後のグイエ売却を検討。移籍先としてイングランドが挙がっているという。 今もプレミアリーグ方面から高い評価を受けるグイエを巡っては先日、にわかにマンチェスター・ユナイテッドの関心が挙がったが、ウォルバーハンプトンも目を光らせているとのことだ。 2020.08.04 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがEL出場権確保で25年連続でヨーロッパの舞台へ、トッテナムはEL予選2回戦から

最多となる14度目のFAカップ優勝を果たしたアーセナルが、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保した。 今シーズンのアーセナルは、シーズン序盤から勝ち切れない試合が続き、中位に低迷。12月にウナイ・エメリ監督を解任し、ミケル・アルテタ監督を招へいした。 <div id="cws_ad">◆アーセナルのトロフィーリフト!14度目のFAカップ優勝<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6c2JvbVJWeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年に入ってからは8戦無敗と調子を取り戻したアーセナルだったが、中断明けは不安定な戦いに終止。結局8位でシーズンを終え、来シーズンのヨーロッパの大会とは無縁の順位に終わっていた。 1996-97シーズン以来続く、ヨーロッパの大会出場が途切れかけたアーセナルだったが、FAカップでチェルシー相手に見事な逆転勝利。これにより、2020-21シーズンのEL出場が決定。25年連続でのヨーロッパの大会出場を確保した。 これにより、来シーズンは最多で8クラブがプレミアリーグからヨーロッパの大会に出場する可能性がある。 現時点では、リバプール(首位)、マンチェスター・シティ(2位)、マンチェスター・ユナイテッド(3位)、チェルシー(4位)がチャンピオンズリーグ(CL)に、5位のレスター・シティとアーセナルがELに出場。6位のトッテナムは、マンチェスター・シティがEFLカップ(カラバオカップ)を優勝しているため、EL予選2回戦に回ることが決定していた。 残すはリーグ7位のウォルバーハンプトン。チェルシーがFAカップを優勝していれば、ヨーロッパリーグの予選2回戦から出場となったが。その可能性はなくなった。ちなみに、その場合は、アーセナルに出場権がなく、トッテナムはEL出場権を確保していた。 一方で、現在は今シーズンのELラウンド16に勝ち残っており、このまま優勝すれば来シーズンのCL出場権を確保。その場合は、プレミアリーグから8クラブがヨーロッパの大会に出場することとなる。 ウォルバーハンプトンは、8月6日にELラウンド16・2ndレグでオリンピアコスと対戦。1stレグは1-1の引き分けに終わっていた。 ◆2020-21シーズンの出場権 1位:リバプール/CL出場 2位:マンチェスター・シティ/CL出場 3位:マンチェスター・ユナイテッド/CL出場 4位:チェルシー/CL出場 5位:レスター・シティ/EL出場 6位:トッテナム/EL予選2回戦 7位:ウォルバーハンプトン/CL出場の可能性(EL優勝で) 8位:アーセナル/EL出場(FAカップ優勝) 2020.08.02 11:15 Sun
twitterfacebook