ヒメネスはウルブス残留に前向き! 「残留するうえでCL出場権は重要ではない」

2020.03.27 22:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンに所属するメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(28)がクラブに対する強い忠誠心を示している。

母国のクラブ・アメリカで台頭し、アトレティコ・マドリー、ベンフィカを経て2018年夏にウルブスへレンタル移籍で加入したヒメネス。加入1年目となった昨シーズンはプレミアリーグ全試合に出場しチームトップの13ゴールを挙げる活躍をみせ、昇格チームの7位フィニッシュに貢献。その活躍が認められ、昨年4月には3000万ポンド(約40億円)と言われる金額で買い取られ、正式にチームの一員となった。

そして、迎えた今シーズンは序盤戦はポルトガル代表FWジオゴ・ジョタとの2トップ、シーズン中盤からはスペイン代表FWアダマ・トラオレを加えた強力トリデンテをけん引する主砲としてゴールを量産。第29節終了時点ですでに昨季に並ぶ13ゴールを記録。さらに、確度が高いポストワークやサイドに流れてスペースを作り出す利他的なプレーで6アシストを挙げるなど、得点能力以外での高い貢献度も見逃せない。

そのため、今夏の移籍市場に向けてはアーセナルとトッテナムのノースロンドン勢に加え、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーといったビッグクラブから熱視線が注がれている。

今冬の移籍市場でヌーノ・エスピリト・サント監督が流出の可能性を示唆するなど、ウルブスの引き留めは困難かに思われるが、ヒメネス自身はたとえ今季クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を逃したとしても、引き続きプレーする意思があることを明言した。

ヒメネスが自身の公式『Facebook』のビデオメッセージで語った内容をイギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

「僕とクラブの間には2023年までの契約がある。そして、自分が残留をするうえでチャンピオンズリーグの出場権獲得が重要だということはないよ」

「僕はウルブスで幸せを感じている。そして、ここでは個人としてもチームとしても重要なことを成し遂げようとしているんだ」

「それは1人のプレーヤーとして成長していくうえで大きなモチベーションになっているよ。もちろん、チャンピオンズリーグへの参加はいつでもプレーヤーを満足させるオマケのようなものだよ。だからこそ、そういった大きな目標について考え続けたいね」

今回のメッセージを通じてウルブス残留に前向きな姿勢を見せたヒメネスだが、28歳という年齢もあり、より好条件のオファーが届いた場合、ステップアップを選択する可能性は十分にあるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「他のことを考える時ではない」今季プレミアで15発のヒメネスの噂にヌーノ監督は動じず

ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督が、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス(29)に対する噂に耳を貸さなかった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2018年7月にベンフィカからウォルバーハンプトンにレンタル移籍で加入したヒメネスは、プレミアリーグ初挑戦の昨シーズンは38試合で13ゴール8アシストを記録。その活躍が認められ完全移籍に切り替わると、今シーズンもプレミアリーグでここまで33試合に出場し15ゴール6アシストを記録し、チームの攻撃を牽引している。 そんなヒメネスにはビッグクラブからの関心も高まり、ユベントスが獲得に動いていると報じられていた。 さらに、メキシコ代表のヘラルド・マルティーノ監督がヒメネスの去就について、「マンチェスター・ユナイテッドに行くべきだ」とコメント。代表選手の去就に口を出しており、注目を集めていた。 そんな中、8日のシェフィールド・ユナイテッド戦に向けた会見に出席したヌーノ監督がこの件について問われ、気にしていないとコメント。今シーズンのことしか今は考えていないと語った。 「我々にとって問題ではない。我々にはリーグ戦と試合がある。目の前にはたくさんのことがある。他のことを考える時ではない。ラウールは完全に、100%、ウルブスで何をしなければいけないかに焦点を合わせている」 「これはコントロールできないものであり、注目するかどうかを決めているのはみなさんだ。私は、タタ(・マルティーノ)に感心する。彼は偉大な監督とであり、正直なところ我々の邪魔にはなっていない」 ウォルバーハンプトンは、現在勝ち点52で6位に位置。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争いの真っ只中の状況となっている。 2020.07.07 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

サカのプレミア初弾などで好調ウルブスを下したアーセナルが3連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節のウォルバーハンプトンvsアーセナルが4日に行われ、0-2でアーセナルが勝利した。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏を目指す6位ウルブス(勝ち点52)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏を狙う8位アーセナル(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。 リーグ戦8試合無敗中の好調ウルブスは、直近のアストン・ビラ戦からスタメンを1人変更。ジョタに代えてアダマ・トラオレが2トップの一角に起用された。 一方、ミッドウィークに行われたシェフィールド・ユナイテッド戦で快勝したアーセナルは、その試合からスタメンを3人変更。ラカゼット、ネルソン、ベジェリンに代えてブカヨ・サカ、エンケティア、セドリックがスタメンで名を連ねた。 上位追走へ負けられない両者の一戦は、立ち上がりから締まりのある拮抗した展開となる。そんな中、アーセナルは26分にダニ・セバージョスの左CKからチャンス。ドハーティのクリアボールをゴール前で拾ったオーバメヤンがワントラップから右足を振り抜いたが、このシュートはGKパトリシオがセーブした。 さらにアーセナルは、35分にもジャカのパスが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス右に抜け出したエンケティアがダイレクトシュートでゴールを狙ったが、このシュートもGKパトリシオの好セーブに防がれた。 前半も終盤に入り、ゴールレスでハーフタイムを迎えるかと思われたが、43分にスコアを動く。セドリックのサイドチェンジをボックス手前のオーバメヤンが左に展開すると、ティアニーがダイレクトクロスを供給。これは相手DFにディフレクトするも、最後はボックス中央のサカがボレーシュートをゴール右に突き刺し、アーセナルが先制した。 迎えた後半、1点を追うウルブスは55分にデンドンケルを下げてジョタを投入。すると64分、ジョタのスルーパスでボックス右から侵入したアダマ・トラオレに相手GKと一対一のビッグチャンス。飛び出したGKの動きを見極めながらチップキックでゴールを狙ったが、枠に飛ばせない。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、再びスコアを動かしたのはアーセナル。86分、右サイドを持ち上がったジョー・ウィロックの折り返しを供給すると、コーディの背後からニアに飛び出したラカゼットがトラップでマークを振り切りシュート。これがゴール左隅に決まった。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。サカのプレミア初ゴールなどで好調ウルブスを下したアーセナルがリーグ戦3連勝を飾った。 2020.07.05 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

下位相手に苦戦もヒメネス弾で逃げ切ったウルブスが連勝で上位追走!《プレミアリーグ》

ウォルバー・ハンプトンは24日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦6試合無敗の6位ウルブズ(勝ち点46)が、ホームに降格圏に沈む18位ボーンマス(勝ち点27)を迎えた一戦。直近のウェストハム戦を完勝したウルブズは、その試合から先発を1人変更。デンドンケルに代えてアダマ・トラオレを先発に起用した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。60分、右サイドをドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレがクロスを供給すると、ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、この試合は初の枠内シュートでウルブズが先制に成功した。 先制したウルブスは、78分にもモウティーニョの右CKからボリが決定機を迎えたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、ウルブズは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。94分、自陣中盤でボールを受けたペドロ・ネトがドリブルで持ち上がると、そのままボックス内まで侵入。相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合は1-0でタイムアップ。ヒメネスのゴールで逃げ切ったウルブズが、再開後2連勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う上位陣を追走している 2020.06.25 04:16 Thu
twitterfacebook
thumb

躍進続くウルブス指揮官ヌーノ、延長交渉を示唆! 2021年に現行契約失効

ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督(46)が新契約締結に前向きな姿勢を示した。イギリス『ガーディアン』が報じている。 指導者としてリオ・アヴェやバレンシア、ポルトを渡り歩いたヌーノ監督は2017年からウォルバーハンプトンの監督に就任すると、初年度からプレミアリーグ昇格に貢献。今季はヨーロッパリーグ(EL)の舞台に押し上げ、7位につけるプレミアリーグでも上位争いを演じている。 昨年11月にアーセナルがミケル・アルテタ監督を招へいするまで次期監督候補の1人にも挙がったヌーノ監督。ウォルバーハンプトンと結ぶ2021年までの契約満了が刻々と近づくなか、自身の意向として、延長交渉に臨む意向を明らかにした。 「(新型コロナウイルスのパンデミックのように)非常に深刻な問題に直面しているときは他のことなんて考えられないものだ。パンデミックの間、誰もが家族のことを考えていたと思う。日常に戻った今なら、話し合う時間を設けられるだろう。我々はまだ契約がある。ここにいて、ここの居心地も良い」 なお、ウォルバーハンプトンは20日に行われるプレミアリーグ第30節が再開初戦となり、16位ウェストハムのホームに乗り込む。 2020.06.20 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブスで躍動のヒメネス、ビッグクラブ関心の噂に「彼らに注目されているだけでも信じられない」

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(29)が自らの移籍に関する噂についてコメントした。 昨シーズン、昇格組ながら7位でリーグを終え、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にし、今シーズンもここまで6位と躍進を続けるウルブス。ヒメネスはそんなチームの中心選手の1人として今シーズンここまで公式戦22ゴール10アシストとエース級の活躍を見せている。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYb2cwVjdDQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> そんなヒメネスにはヨーロッパのトップクラブの多くが関心を寄せているとの報道が出ており、その中にはマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどのクラブの名前も挙がっている。 メキシコ『Bolavip』のインタビューに応えたヒメネスは、自らに寄せられているとされるビッグクラブからの関心について「信じられない」とコメントした。 「良いことだよ。あくまで噂だし、本当かは分からないけど、噂に出ているレアル・マドリー、バルセロナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールといったクラブは、フットボールの歴史の中でも重要なクラブだ」 「彼らに注目されて、僕の名前が挙がっているだけでも信じられないことだ。成長し続けて、努力を重ねるための良いモチベーションになるし、それを実現するための意欲にもなる」 2020.06.18 18:50 Thu
twitterfacebook