逆に清々しい! マイク・ディーンは贔屓クラブ応援時は審判揶揄のチャントも歌う

2020.02.22 16:32 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドの名物レフェリーの1人として知られるマイク・ディーン氏は公私の区別が非常にハッキリとした人物のようだ。イギリス『サン』が興味深いエピソードを伝えている。

マイク・ディーン氏は日本のプレミアリーグファンの間では良くも悪くもよく知られている名物レフェリーの1人だ。

そのディーン氏に関してはフットボール1(イングランド3部)に所属するトレンメア・ローヴァーズの熱狂的なサポーターとしても知られており、度々スタジアムで熱狂的な応援をしている姿が話題になっていた。

先日、元イングランド代表FWのピーター・クラウチ氏のポッドキャストでディーン氏は、トレンメアサポーターとしての自身について言及。その際、イングランドサポーターの間で審判を揶揄するチャントとして知られている『the referee’s a wa**er(審判はロクデナシの意)』を歌ったことがあることを認めている。

「正直なところ、何度かあるよ。私がスタジアムで試合を観戦しているときはレフェリーではなく、あくまで1人のサポーターだからだ」

「ただ、私の娘はより過激だよ。自分がトレンメアの大ファンだと思っているし、時には公平さを失ってしまうものさ」

日常的に選手、ファン、メディアから厳しい批判に晒されるレフェリーは一蓮托生の強固なギルドかに思われたが、公私の区別が非常にハッキリとしたディーン氏は愛するトレンメアに不利な判定が下された場合、同僚に対しても断固たる態度を取るようだ。

関連ニュース
thumb

第二のプリシッチ現れるか! プリシッチが地元にトレーニング施設を開設 「すべての子供たちに刺激を」

チェルシーのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが自ら携わったトレーニング施設を訪れた。アメリカ『FOX43』が伝えている。 アメリカのペンシルベニア州ハーシーで生まれたプリシッチは、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝を終えて母国での休暇中に地元を訪問。自身のルーツとなったPAクラシックというクラブへと足を運んだ。 そこで子供たちとボールを蹴り、汗を流したプリシッチ。自身のチェルシーやアメリカ代表のレプリカユニフォームを着用した子供たちとの交流にはご満悦の様子だった。 「ここにいるすべての子供たちに刺激を与えられたり、みんなが自分のユニフォームを着てくれているのを見られてうれしいね。本当に素晴らしい」 「ランカスターの8歳の子供から質問は、イギリスのメディアよりも手厳しいね。確かに難しい質問もあるけれど、子供たちと受け答えをするのはいつだって楽しいよ」 さらに、自らも資金を寄付し、施設の設計を手伝った『プリシッチのたまり場』のオープンセレモニーではリボンカットも行った。デザインは彼が小さいときのイギリスでの経験から着想を得ているという。 「僕が1年間イングランドで過ごしていたときに、このようなフィールドがあって、それを元にしているんだ」 「とても特別なことだった。子供たちが来て、誰もがかれもやって来て、コーチなしで遊んで、楽しむことができた。そこで僕はたくさんのことを学び、ゲームへの情熱も高まったんだ。だから僕が想像したものを与えられたらって思っていたんだよ。(施設は)思っていたよりもずっと良くて、とてもかっこいいね」 今季のチェルシーでアメリカ人史上初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験しただけでなく、先日にメキシコ代表とのCONCACAFネーションズリーグ決勝で決勝ゴールを挙げ、母国を初代王者に導いたプリシッチ。母国でより人気が高まるなか、第二のプリシッチ発掘にも力を注いでいるようだ。 2021.06.12 16:29 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロがシティのスタッフにプレゼントしたレンジローバーがオークションに出品…売上の一部は寄付に

アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、マンチェスター・シティのスタッフにプレゼントした車がネットオークションに出品された。イギリス『サン』が伝えている。 シティとの契約が今シーズン限りで満了し、5月31日にバルセロナ移籍が発表されたアグエロは、マンチェスターでの最後に苦楽を共にしたスタッフたちに素敵なサプライズを用意。60人以上のスタッフに「グラシアス」と感謝の言葉が刻まれたウブロもしくはタグ・ホイヤーの腕時計をプレゼントしただけでなく、アグエロが以前購入したという高級車のレンジローバー イヴォークが当たる抽選を実施していた。 アグエロのレンジローバーはクラブのキットマンであるアリー・マーランド氏がゲット。幸運のマーランド氏は「震えているよ。毎日レンジローバーに乗って行く。他に何か言えることがあるか?君のことは忘れない。ありがとう!」と感謝の言葉を口にしていた。 しかし、マーランド氏と妻のニッキーさんはすでに車を所有していたため、レンジローバーはネットオークションに出品。売上の5%はランカシャー州のチョーリーにある子供向け病院に寄付されるそうだ。 夫妻は2万3000ポンド(約360万円)の開始価格で出品。現時点では5万1200ポンド(約978万円)の落札価格が付いている。 <span class="paragraph-title">【写真】出品されたレンジローバー イヴォーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A percentage of the proceeds will go to Derian House Children&#39;s Hospice <a href="https://t.co/8zZcspGWNt">https://t.co/8zZcspGWNt</a></p>&mdash; FootballJOE (@FootballJOE) <a href="https://twitter.com/FootballJOE/status/1403302832367931398?ref_src=twsrc%5Etfw">June 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.12 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

カンテのバロンドールをフランスのマクロン大統領も支持!「獲ってほしいと思う」

フランスのエマニュエル・マクロン大統領がチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテのバロンドール受賞を支持した。 マクロン大統領は開幕を間近に控えたユーロ2020に向けて調整を続けるレ・ブルーのもとを訪問。選手たちにエールを送った。 フランス『RMCスポーツ』のインタビューに応じたマクロン大統領は、カンテやパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペといったスター選手について語った。 「エンゴロ・カンテはキリアン・ムバッペのような素晴らしい選手であり、彼は模範だ。彼はこの国の若者の模範だよ。カンテが彼のクラブで過ごしたシーズンを見ると、バロンドールを獲ってほしいと思うし、彼が今回のユーロで何を見せてくれるか確信している」 「彼とキリアンもまた、努力と協調を大切にする善良な国民だ。彼らは出身地のクラブに忠実的。そして、スポーツは常に単なるスポーツを超えて大きいので、国にとって非常に重要だと考えている」 マクロン大統領はフランスが2018年のロシア・ワールドカップを制した際に現地で観戦し、派手なガッツポーズなどで大喜びする様が話題になったことがある。 前回大会で準優勝のフランスは、15日にドイツ代表との初戦を控える。 <span class="paragraph-title">【写真】ロシアW杯で話題になった喜びまくるマクロン大統領</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FRA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FRA</a> President Emmanuel Macron absolutely loved that <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> <a href="https://t.co/YCJrNf86En">pic.twitter.com/YCJrNf86En</a></p>&mdash; Match of the Day (@BBCMOTD) <a href="https://twitter.com/BBCMOTD/status/1018549034095529986?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.12 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

U-20伊代表MFポルタノーバがレイプ容疑で拘束…今冬ユーベからジェノアに移籍

ジェノアに所属するU-20イタリア代表MFマノーロ・ポルタノーバ(21)がレイプ容疑によって自宅で拘束されていることが判明した。『ロイター通信』が報じている。 『ロイター通信』が伝えるところによれば、事件は5月31日にシエナの中心街で発生したという。23歳の女性がレストランでのディナーを終えた後、シエナ中心街のアパートにて21歳から24歳の4人の男にレイプされたとして、警察に通報していた。 そして、ポルタノーバと友人と思われる2人の男は警察による捜査の結果、逮捕されており没収された携帯電話も捜査対象となっているようだ。 また、ポルタノーバを含む3名は14日に警察による聴取を受けるまで自宅での拘束状態にある。 ラツィオとユベントスの下部組織出身のポルタノーバは2018-19シーズンにユベントスでセリエAデビュー。今シーズンもユベントスで公式戦3試合に出場していたが、今年1月末にジェノアに完全移籍していた。 2021.06.11 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

メッセージは政治的とUEFAが指摘、ウクライナ代表ユニフォームに改善を要請

ウクライナ代表のユニフォームに手が加えられるかもしれない。『RBCウクライナ』が伝えている。 ウクライナは6日、ユーロ2020に臨むチームのユニフォームを発表。そのユニフォームにはクリミア半島を含んだウクライナの国土と「ウクライナに栄光を!」、「英雄に栄光を!」というスローガンが描かれていた。 このスローガンに対してロシアの国会議員から「政治的挑発だ」という声が上がっており、欧州サッカー連盟(UEFA)に行動を起こすよう提言するなどの意見が飛び交っていた。 ユーロを主催するUEFAは当初「問題ない」との見解を示していたが、ロシアサッカー連合(RFU)からの要請により再調査を開始。慎重な調査がなされた結果、「英雄に栄光を!」(Героям слава!:原語)というスローガンに「政治的な意味合いがあることが判明した」と判断された。 そして『政治的なスローガンを用いてはならない』というUEFAの要件に反しているとし、UEFAはウクライナ側に対してユニフォームからこのフレーズを削除するよう求めたという。 これに対してウクライナ代表のヘッドコーチを務めるニコライ・ヴァシルコフは「おそらく変更されるだろう」と、襟背面の内側にあるメッセージはなくなるだろうと述べた。 なお、グループCのウクライナは13日にオランダ代表と、17日に北マケドニア代表と、21日にオーストリア代表と対戦する。 2021.06.11 16:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly