浦和の中盤を支えるMFエヴェルトン、浦和への愛、そしてポルトガルへの気持ち

2020.02.12 19:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトから浦和レッズにレンタル移籍中のブラジル人MFエヴェルトン(27)だが、契約を1年延長したようだ。ポルトガル『Maisfutebol』が伝えた。

エヴェルトンは、母国のブラジルでキャリアをスタートさせると、2014年8月にポルティモネンセへ完全移籍。2018年7月にポルトへ完全移籍すると、そのままポルティモネンセへとレンタル移籍していた。

2019年1月から浦和に加入すると、明治安田生命J1リーグで22試合出場し2ゴール、YBCルヴァンカップで1試合出場1ゴール、天皇杯で1試合出場1ゴール、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも14試合出場1ゴール1アシストを記録し、準優勝に貢献していた。

エヴェルトンは『Maisfutebol』に、「2021年1月まで、もう1年レンタル移籍する。ここにいることが本当に好きだね。すぐに適応できた。妻もここでの暮らしが大好きなんだ。クラブは全ての条件を満たしているね」とコメント。浦和に1年残ることを語り、日本での生活に満足していることを明かした。

ポルトでのプレー経験がないエヴェルトンだが、指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督についても「素晴らしい監督だ」コメント。また、自身がプレーする機会を得られなかったことについても「何が起きたかは分からないけど、僕以外の特徴を持つ選手を望んでいたんだと思う」と語っている。

浦和での2シーズン目を迎えるエヴェルトンは、Jリーグについてもコメント。チームへ馴染むことも容易だったと語り、アジアでの勢力を増していると語った。

「マウリシオ(元マリティモ)とファブリシオ(元ポルティモネンセ)を知っていたから、適応するのは簡単だった。日本のリーグは、ヨーロッパでは目立っていないけど、中東とアジア全域では知られている。昨年はAFCチャンピオンズリーグのファイナリストだったからね」

「重要なことは幸せになり、良いシーズンを過ごし、1日1日、物事が自然に起こる。ポルトガルが大好きだし、そこに住みたいと思う。戻らなければならないなら、落ち着いて戻ってくるよ」

2019シーズンはJリーグで低迷した浦和。今シーズンはアジアの舞台での戦いはないが、日本国内で結果を残せるのか。エヴェルトンの活躍にも注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:浦和vs広島】守備崩壊の浦和は立ち直れるか? 上昇気流に乗る広島は3連勝目指す

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2020年8月15日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs サンフレッチェ広島 [埼玉スタジアム2002] ◆悪夢の守備崩壊、立ち直れるか【浦和レッズ】 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦した浦和。しかし、そこで待っていたのは守備の崩壊だった。 前田直輝に4ゴールを奪われるなど合計6失点。締まりのない守備を終始見せてしまい、試合を壊してしまった。 カウンター時の対応もさることながら、プレスが機能せず、名古屋の攻撃陣に蹂躙されてしまう始末。特に、センターバックでコンビを組んだトーマス・デンと鈴木大輔の補完性が悪い印象を受けた。 第6節の柏レイソル戦に続いての守備崩壊となったが、いずれも主導権を握った際に得点を奪えなかったことも影響している。守備意識の改善をこの1週間でどこまで行えたか。新たな気持ちで臨めるかが重要だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:長澤和輝、青木拓矢、柴戸海、関根貴大 FW:武藤雄樹、レオナルド 監督:大槻毅 ◆調子は上向き、急きょ試合中止で休養も【サンフレッチェ広島】 前節はホームで湘南ベルマーレに1-0で勝利。2試合連続クリーンシートで連勝と調子が上向いていた。そんな中、ミッドウィークのYBCルヴァンカップのサガン鳥栖戦が急きょ中止に。今シーズン2度目の当日中止を経験した。 試合に向けて準備を進めていた中での突然の中止となったが、プラスに捉えれば選手たちは休めたということ。ホームゲームでもあったため、移動もなかったことは、この過密日程では大きい。 浦和は選手個々の能力も高く、難しい相手になるが、ポイントは攻撃面だろう。どこからでも点が取れるという状況ではないだけに、いかにチャンスを決めきるか。サイド攻撃を軸に、崩していきたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:ハイネル、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 2020.08.15 13:52 Sat
twitterfacebook
thumb

「J1昇格。求めていることはそれだけ」新潟が浦和生え抜きのDF荻原拓也を期限付きで獲得

アルビレックス新潟は12日、浦和レッズのDF荻原拓也(20)が期限付き移籍で加入することを発表した。 なお、移籍期間は2020年8月13日から2021年1月31日となり、浦和との公式戦には出場できない。背番号は「7」をつける。 荻原は、浦和の下部組織出身で2018年にトップチームへ昇格。これまでJ1で13試合に出場。リーグカップで11試合2得点、天皇杯で3試合に出場していた。 今シーズンもJ1で1試合に出場し、カップ戦も2試合に出場している。 荻原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「J1昇格。自分が求めていることはそれだけです」 「自覚と責任を持つためにもこの背番号を希望して、理解していただいたクラブには感謝しかありません。毎試合すべての力を出し切り、チームの勝利に必ず貢献します」 「アルビレックス新潟サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします!」 ◆浦和レッズ 「このたび、アルビレックス新潟へ期限付き移籍をすることになりました」 「ジュニアユースからずっと過ごしてきた大好きなこのクラブから離れる決断は、決して簡単ではありませんでした。チームの力になれなかったことに力不足と悔しさを感じています」 「ファン・サポーターのみなさんには、常に僕に対して期待感をもっていただき、気持ちのこもったご声援をいただいたこと、本当に感謝をしています」 「クラブにも、ファン・サポーターのみなさんにも必要とされる選手になって必ず戻ってきます」 2020.08.12 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和守備崩壊、前田直輝4発の名古屋が大量6ゴールで快勝!《J1》

8日、明治安田生命J1リーグ第9節の名古屋グランパスvs浦和レッズが豊田スタジアムで行われ、6-2で名古屋が勝利した。 前節は柏レイソル相手に0-1で敗れた名古屋。ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは清水エスパルス相手に0-3で快勝していた中、前節からスタメンを1名変更。相馬勇紀を外し、ガブリエル・シャビエルを起用した。 対する浦和は前節は清水エスパルス相手に終盤にゴールを許し1-1のドロー。ルヴァンカップでは、大幅にメンバーを入れ替えるとセレッソ大阪相手に1-0で敗れていた。 前節から浦和はスタメンを3名変更。槙野智章、関根貴大、エヴェルトンが外れ、鈴木大介、武富孝介、柴戸海が起用される。 互いに勝利が欲しい今節。ホームの名古屋が前半から畳み掛ける。 まずは9分、左サイドをオーバーラップした吉田がマイナスのパス。マテウスがスルーすると金崎がシュート性のパス。これに反応した前田がダイレクトで合わせると、GK西川がセーブするも、こぼれ球を前田が冷静に押し込み名古屋が先制する。 さらに直後の10分、左サイドを抜け出たマテウスがアーリークロス。これを中央に走り込んだ前田が落ち着いて合わせ、一気に2点目を奪い切る。 攻勢を止めない名古屋はさらに追加点。18分、左CKから変化をつけると、ガブリエル・シャビエルのクロスをボックス中央でジョアン・シミッチがヘッド。これがゴール右隅に決まり、名古屋のリードが早くも3点となる。 3点ビハインドとなった浦和だが、攻勢に出るもフィニッシュの精度を欠いて、ゴールを奪うことができない展開が続く。 すると38分、浦和はパスカットから丸山の縦パスを受けたガブリエル・シャビエルが華麗なターンで鈴木をかわすとスルーパス。これに反応した前田がGKとの一対一を冷静に流し込み、ハットトリックを達成し、リードを4点に広げる。 44分、山中がミドルシュート。これが右ポストを直撃するあわやというシーンとなるが、ここから名古屋がカウンター。丸山のクリアボールに対して金崎がヘッドで競り合うと、こぼれ球をガブリエウ・シャビエルが拾ってドリブル突破。そのままドリブルで運ぶと、最後はボックス内からシュートを左隅に決めて、前半で5ゴールを奪う。 成す術のなかった浦和はハーフタイムに3枚替え。鈴木、汰木、武富に代えて、槙野、関根、武藤を起用する。 すると48分、武藤の浮き球のパスをボックス内で受けたレオナルドが強引に突破。シュートを中谷がブロックすると、こぼれ球を拾ったレオナルドがそのまま押し込み、1点を返す。 後半早々に1点を返したことで勢いに乗りたい浦和だったが名古屋がすぐさま反撃。カウンターからガブリエル・シャビエルがドリブルで持ち込むとボックス手前で金崎へパス。ボックス内でキープした金崎の横パスを前田がダイレクトで蹴り込み、この試合4点目を決める。 浦和はまたリードを広げられてしまったが、諦めずに攻め立てる。すると72分、山中が遠目から左足一閃。無回転気味のシュートは、またしても右ポストを叩いてしまう。 それでも76分、自陣からボールをつなぐと山中が左サイドで縦パス。裏へ抜けた関根が反応すると、ボックス内左からのグラウンダーのパスを受けたレオナルドがトラップから素早く蹴り込み、再び1点を返す。 ここから押し込みたい浦和だが、名古屋がしっかりと集中した守備を見せて得点を許さない。 名古屋は4点のリードがありながらも、最後まで追加点を目指していくが、途中出場の槙野が希薄の守備を見せ、その後はスコアが動かずに終了。名古屋が大量6得点を奪って快勝を収めた。 名古屋グランパス 6-2 浦和レッズ 【名古屋】 前田直輝(前9、前10、前38、後5) ジョアン・シミッチ(前18) ガブリエル・シャビエル(前45) 【浦和】 レオナルド(後3、後31) 2020.08.08 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:名古屋vs浦和】前節はともに勝ち点を落とした両者、上位に踏み止まるのは?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 18:00キックオフ 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] ◆疲労は懸念も連敗を避けられるか【名古屋グランパス】 前節は柏レイソルを相手に0-1と敗戦。好調のチーム同士拮抗した試合展開となったが、オルンガの一発にやられ、シーズン初黒星となった。 攻撃の形は作れているものの、フィニッシュの部分で不安が残り続けていた名古屋。前々節の大分トリニータ戦も3-0で快勝したが、得点者は守備を主戦場とする3名が挙げたものだった。 前線の選手の得点が伸びない中でここまで勝ち点を積み重ねてきたが、この先はYBCルヴァンカップを含めた大型連戦となるだけに、やはり攻撃陣の得点力が不可欠だ。 ルヴァンカップでは清水エスパルス相手に0-3で勝利。マテウス、山﨑凌吾にゴールが生まれた一方で、主力を休ませきれなかったことは気になる。中2日での試合、どう影響するだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ MF:マテウス、前田直輝、相馬勇紀 FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆今年も問われる勝負強さ【浦和レッズ】 前節は最下位の清水を相手に苦戦。前半は主導権を握られる展開となり防戦一方となった。凌いだ浦和はレオナルドの一瞬の隙をついたゴールで先制。しかし、終盤にセットプレーの流れからゴールを許し、1-1のドローに終わった。 開幕から順調な試合を続けてきた浦和だったが、FC東京(2-0●)、柏(0-4●)と連敗。そして清水には引き分けと、勝負弱さが露呈し始めている。 昨シーズンの大きな課題となったこの勝負弱さは払拭しきれていないが、その要因の1つがフィニッシュ精度と言えるだろう。 今シーズンはレオナルドが4ゴール、興梠慎三が2ゴールを記録しているが、その他の選手に訪れるゴールチャンスがことごとく入らない。良い攻撃を見せていても、ネットを揺らせなければ、勝ち点3を獲ることは難しい。 ルヴァンカップはセレッソ大阪相手にスタメンを8名も変更。しかし、勝ちきることができなかった。今年も問われかねない勝負強さを示すには、格好の相手だろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:関根貴大、エヴェルトン、柴戸海、汰木康介 FW:杉本健勇、レオナルド 監督:大槻毅 2020.08.08 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

レオナルドがミスを突いて先制もヴァウドの2戦連発弾で清水がドローに持ち込む!《J1》

1日、明治安田生命J1リーグ第8節の浦和レッズvs清水エスパルスが埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節は横浜FC相手に0-2で勝利を収めた浦和は、スタメンを3人変更。鈴木、柏木、興梠が外れ、トーマス・デン、汰木、杉本を起用した。 対する清水は、前節は大分トリニータ相手にセットプレーから4ゴールを奪い今季初勝利。その試合と同じスターティングメンバーを起用。勢いを持って連勝を目指す。 先にチャンスを作ったのは浦和。11分、エヴェルトンがスルーパス。これをハーフウェイライン付近でレオナルドがフリックすると、受けた汰木が抜け出しドリブル。ボックス付近まで持ち上がるが、エウシーニョが対応すると、最後は上がってきた杉本がパスをダイレクトシュート。しかし、枠を捉えられない。 清水は24分、エウシーニョがボックス手前でドリブルを仕掛けると、トーマス・デンが倒してFKを獲得。ボックス手前ギリギリのところから西澤が直接狙うが、壁の橋岡が頭でクリアしゴールとはならない。 39分には左サイドから西澤がクロス。ボックス内で青木がヘッドでクリアも、浮いたボールはゴールへ。しかし、これはクロスバーに当たりゴールとはならない。 42分にも清水がカウンターからチャンス。右サイドでパスを受けた金子がボックス右からクロスを上げるも、後藤のヘッドはGK西川がセーブする。 清水は最終ラインから繋ぐと。関根がチャージしてスローインへ。素早いスローインを受けたレオナルドがドリブルを中央に仕掛けると、一度はパスミスもこぼれ球を拾い、冷静にコースを狙って流し込んだ。 先制した浦和は、清水の攻勢を受けるものの、勢いを持ったサイド攻撃で清水ゴールに迫る。 山中や途中出場の荻原が陣取る左サイドから清水陣内に攻め込むが、なかなか得点を奪えない。 すると清水は86分、CKの流れから一度は防がれるも、こぼれ球を拾った中村が右サイドを突破。ラインぎりぎりで浮き球のクロスを上げると、ヴァウドがヘディングで合わせ、清水が同点に追いつく。 浦和はアディショナルタイム4分、ボックス手前のFKから浮き球のパスに槙野が反応。折り返しをエヴェルトンが頭で合わせるが、わずかにオフサイドとなる。 結局そのまま試合は終了。清水が追いつく形で勝ち点1を獲得。浦和は痛いドローとなった。 浦和レッズ 1-1 清水エスパルス 【浦和】 レオナルド(後9) 【清水】 ヴァウド(後41) 2020.08.01 21:12 Sat
twitterfacebook