サラーがラグビーとの二刀流? 休暇中に圧巻のトライ!

2020.02.12 14:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーはMLBとNFLで同時に活躍したディオン・サンダース以来のマルチアスリートなのかもしれない。サラー? がラグビーで見せた圧巻のトライがSNS上を賑わせている。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。

今シーズンも公式戦33試合で18ゴール9アシストと圧巻のスタッツを記録し、プレミアリーグ初優勝にまい進するリバプールを牽引するサラー。今季もフル稼働を続けるエースだが、プレミアリーグが導入したウィンターブレークによってつかの間の休息期間を過ごしている。

しかし、11日にはその休暇中のサラーがラグビーの試合に出場しているとの怪情報がSNS上に流れた。

その動画ではラグビーのキックオフのボールを直接キャッチしたモジャモジャヘアーにあごひげ姿の選手が、大男たちの密集を鮮やかなステップと爆発的なスピードですり抜けてオープンスペースに飛び出すと、そのまま相手選手の追走を難なく振り切って圧巻のトライを記録。

明らかに身体がゴツイところは気になったが、その容姿とあの爆発的なスピードはサラーに違いないと、多くの人たち? がディオン・サンダース以来のマルチアスリート誕生に沸いた。

ただ、重要なシーズン中にサラーが危険を伴うラグビーとの二刀流を敢行することはなく、今回見事なトライを決めたのは、サルフォード・レッドデビルズに所属するウェールズ人ラグビー選手のリース・ウィリアムズ(30)。

前述のプレー動画では体格以外は非常にサラーに近い容姿に見えたが、実際の写真を見ると、ヘアースタイルとあごひげ以外はあまり似ていなかった。

ただ、昨年日本で行われたラグビー・ワールドカップ開催時にウォルバーハンプトンFWアダマ・トラオレやマンチェスター・ユナイテッドDFハリー・マグワイアがラグビーでも活躍できると話題になったこともあり、逆にウィリアムズの足技を確認してみたい気もする。

<div id="cws_ad">◆明らかに身体がゴツイところは気になったが…

Clear handball from salah, suprised you obsessed rival fans haven’t found it yet pic.twitter.com/CajOq365iR

— (@Virg_VD) February 10, 2020
コメント
関連ニュース
thumb

「非常に満足」王者撃破にアルテタ監督が強い満足感

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、逆転勝利を収めたプレミアリーグ第36節のリバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 15日にリバプールをホームに迎えたアーセナルは、20分に左サイドを崩されてFWサディオ・マネに先制を許してしまう。しかし、32分にDFヴィルヒル・ファン・ダイクのバックパスをカットしたFWアレクサンドル・ラカゼットが同点ゴールを奪うと、44分にはGKアリソン・ベッカーのパスミスの流れからFWレイス・ネルソンが逆転ゴールを決め2-1で勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆ラカゼットが2ゴールに絡む…アーセナルvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8xz1ediyqqiv1adg9wl168iu5" async></script></div> レスター・シティ(1-1)、トッテナム(1-2)とヨーロッパリーグ(EL)出場を争いながら勝ち点を積み上げられなかったアーセナル。3試合ぶりの勝利にアルテタ監督は、「これが我々のやり方」と選手たちのパフォーマンスに満足感を示した。 「彼らがどのように全ての試合へ臨んでいるかが見られただろう。全てのアクションにどれほど激しくいくか。みんなそれをやる意思があると確認できた。パスに対してプレスをかければ、相手にミスを強いることになる」 「私は非常に満足している。我々の戦い方でスパーズに負けたとき、選手たちにとって大打撃だった。しかし、今日の試合で彼らは再び示してくれた」 「プレミアリーグ王者、チャンピオンズリーグ王者に勝利した。彼らがどれほど支配的であるかはわかっている。あらゆる面で支配された。我々がやっているのは偶然ではない。とても満足している」 「リバプールはミスやエラー、周りの選手をプッシュする方法を強くしてくれる最高のチームだと思う。我々は本当に上手くやって、嬉しく思う。ポイントを取れたことは素晴らしい」 2020.07.16 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、30年ぶりのトロフィーリフトは優勝を決めてくれたチェルシー戦で実施

30年ぶりのリーグ制覇、初のプレミアリーグ優勝を成し遂げたリバプールだが、悲願のトロフィーリフトの日程が決まった。 昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)を制したものの、プレミアリーグではわずかに及ばず2位で終えていたリバプール。今シーズンは悲願のリーグ優勝に向けて開幕から結果を出し続けると、第27節まで無敗を継続。しかし、第28節のワトフォード戦で0-3と完敗を喫すると、その後新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦が約4カ月中断することとなった。 <div id="cws_ad">◆2019-20シーズン優勝のリバプール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCWkxiUzlrVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 中断明けも勝ち点を重ねたリバプールは、2位のマンチェスター・シティが6月25日にチェルシーに敗れたことで優勝が決定。ソーシャル・ディスタンスや密集を避けることが叫ばれるなか、アンフィールドの外には多くのリバプールサポーターが集まってしまうなど、歓喜に沸いた。 そのリバプールだが、30年ぶりのトロフィーはアンフィールドで手渡させるとのこと。7月22日に行われる今シーズンのホーム最終戦となる22日のチェルシー戦で受け取ることになるようだ。 優勝を決めてくれたチェルシー戦でのトロフィー授与という不思議な運命を持つリバプールだが、30年待ったサポーターたちはこのトロフィーリフトを見ることができない。 プレミアリーグは現在無観客で試合を開催。当然チェルシー戦も無観客となる。しかし、今回の表彰式は特別なものが準備されるようだ。 クラブの発表によると、選手とスタッフはファンのバナーに囲まれたKOPスタンドの中央に建てられた特別な表彰台でトロフィーとメダルを受け取るとの音だ。 また、30年前に優勝した当時の指揮官であり、クラブのレジェンドであるケニー・ダルグリッシュ氏もメダルの授与に参加するという。 さらに、イギリス『スカイ』ではこの表彰式をサポーターが自宅で視聴できるように無料放送するとのこと。チェルシー戦も無料で放送するとのことだ。 リバプールとプレミアリーグは、このセレモニーを楽しむために、ファン・サポーターには自宅にいることを訴え、アンフィールドに来ないことを求めている。 2020.07.16 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼を信頼している」1G1Aで王者撃破に導いたラカゼット、決勝点のネルソンを称賛

アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが、1ゴール1アシストの活躍を披露したプレミアリーグ第36節のリバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 15日に王者リバプールをホームに迎えたアーセナルは、20分にFWサディオ・マネに先制を許す展開に。しかし、ラカゼットは32分にDFヴィルヒル・ファン・ダイクのバックパスをカットし同点ゴールを記録。さらに、44分にはGKアリソン・ベッカーのパスミスを逃さなかったラカゼットがクロスを供給すると、FWレイス・ネルソンが逆転ゴール。3試合ぶりの勝利でヨーロッパリーグ出場権獲得にわずかな望みを残した。 <div id="cws_ad">◆ラカゼットが2ゴールに絡む…アーセナルvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8xz1ediyqqiv1adg9wl168iu5" async></script></div> 1ゴール1アシストでチームを逆転勝利に導いたラカゼットは試合後、「試合に勝てたからとても嬉しいよ。少しプレッシャーがあって試合がスタートしたが、その代償を払いたくなかった。その後、今日のリバプール相手にも、しっかりプレーをすることができた」と試合を振り返った。 得点シーンでリバプールのミスを誘発したことに関して「監督は全チームと全試合に対応している。プレッシャーをかけるようにアドバイスをくれた。うまくいくときもあれば、いかない時もある。今日はミスを逃さず、得点できたから幸せだ」と述べた。 また、決勝点をアシストしたネルソンについては「彼にはとても才能があり、裏ではとても練習をしている。彼を信頼しているよ。全トレーニングでたくさん練習をしていた。今日はスタメンでプレーしたけど、それに値すると思う。彼にはとても満足している」と賛辞を送った。 2020.07.16 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「明らかに僕たちがプレゼントした」まさかのミスで失点に関与したファン・ダイクが敗戦を語る

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、自身のミスを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは15日、プレミアリーグ第36節でアーセナルとアウェイで対戦。2-1で敗れ、今シーズンのリーグ戦3敗目を喫した。 <div id="cws_ad">◆ファン・ダイクのミスも…アーセナルvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8xz1ediyqqiv1adg9wl168iu5" async></script></div> 20分に相手のパスを奪ってからのカウンターからサディオ・マネのゴールで先制したリバプール。しかし、32分にはファン・ダイクのパスミスをアレクサンドル・ラカゼットに決められ同点とされると、44分にはGKアリソン・ベッカーがパスミス。これを最後はレイス・ネルソンに決められ、アーセナルに逆転負けを喫していた。 優勝決定からすでに2敗を喫してしまったリバプール。アーセナル戦の敗戦を呼び込むこととなってしまったミスを犯したファン・ダイクが試合を振り返った。 「明らかに僕たちがプレゼントしてしまったゴールだ」 「アーセナルの最初のゴールまでは完全に僕たちの試合だったと思う。僕たちが支配し、プレッシャーをかけていた。しかし、2つのゴールを与えてしまった。そこから取り戻すのは難しい」 「いくつかチャンスを作った。彼らは何度か僕たちの守備を打ち破りににきた。でも、今日も僕も含めて、このようにゴールをあげてしまっては、相手がそれに値するものを手に入れるだろう」 今回はミスで敗戦のキッカケとなってしまったファン・ダイク。しかし、それ以外は問題がなかったと前向きに捉え、残り2試合でしっかりと勝利すると意気込んだ。 「それを言うのは簡単だし、それを非難することも簡単だ」 「試合を観ていれば、僕がミスをしない限り何も問題がなかったことがわかる。うまくプレーしていたし、ある時点では簡単に勝てる気がした。ただ、ゴールを決められれば何が起こるかがわかる」 「残念なことに、僕はミスをした。もちろん自分ではそれを非難する。でも、それを人間であると捉え、前へ進んでいく」 「僕たちは最後の2試合に勝って、当然のバカンスを得られるように努力する。しかし、素晴らしいシーズンを過ごしてきたことを忘れる必要はない」 2020.07.16 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクとアリソンのまさかの連続ミス…リバプールがアーセナルに逆転負け《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、アーセナルvsリバプールが15日に行われ、2-1でアーセナルが勝利した。 今節のリバプール戦を含めて直近4試合で上位陣と連戦となっているアーセナル。第33節のウォルバーハンプトン戦は勝利したものの、続くレスター・シティ戦と前節のトッテナム戦では1分け1敗と白星から遠ざかっている。 <div id="cws_ad">◆ファン・ダイクのミスも…アーセナルvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8xz1ediyqqiv1adg9wl168iu5" async></script></div> 一方のリバプールは優勝決定以降はやや迫力に欠ける試合が続いており、前節も格下のバーンリーと1-1の引き分けに終わっている。 試合はまずは現状のフルメンバーを揃えたリバプールが先制パンチ。20分、相手GKマルティネスのキックを敵陣で奪い、左サイドから攻撃を仕掛ける。フィルミノのタメからロバートソンにパスが渡ると、ボックス左に侵入したロバートソンの折り返しをマネが押し込んで先制ゴールを挙げた。 対するアーセナルも32分、ネルソンのプレッシャーがファン・ダイクのパスミスを誘い、奪ったラカゼットがゴールに流し込んで同点に。 さらに44分には、今度はGKアリソンのミスパスをラカゼットが掠め取り右サイドから折り返すと、ボックス中央で受けたネルソンがネットを揺らし、逆転に成功した。 後半に入り、アーセナルは57分に一度に3枚替え。ゴールを決めたラカゼットやネルソンらを下げて、オーバメヤン、セバージョス、ウィロックが投入された。リバプールも61分に2枚替え。フィルミノとチェンバレンに代わり、南野とケイタが起用された。 その南野は直後のプレーでシュートへ。ボックス左から思い切りよく左足を振り抜いたが、惜しくも枠を捉えることが出来なかった。 ここからリバプールがポゼッションで圧倒。その中で南野も攻撃に絡むが、なかなか形にすることが出来ない。 85分の時点でのシュート数は2対21。リバプールが押し込む一方、アーセナルは2本のシュートをゴールに繋げている。アーセナルの3本目のシュートは90分。オーバメヤンが左から上げたクロスにウィロックが走り込みながらシュートを打ったが枠を捉えられず。 結局試合は2-1で終了。相手のミスを確実に突いたアーセナルが王者を倒し勝ち点3を獲得。一方、リバプールはこの敗戦により勝ち点100には到達できなくなった。 2020.07.16 06:27 Thu
twitterfacebook