愛媛FW吉田眞紀人が入籍 「『全進』していきたい」

2020.01.29 13:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは29日、FW吉田眞紀人(27)が一般の方と22日に入籍したことを発表した。吉田はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「この度、入籍致しました。これからは2人で力を合わせ助け合いながら『全進』していきたいと思います。今度とも応援宜しくお願いします」

名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた吉田は、水戸ホーリーホックやジェフユナイテッド千葉などでプレーした。その後、2018年から愛媛に期限付き移籍し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで21試合3ゴールを記録。昨年12月19日に愛媛への完全移籍が発表されていた。

関連ニュース
thumb

山口がFW高木大輔と契約更新、今季はリーグ戦37試合5得点「チームの先頭となって引っ張っていく存在に」

レノファ山口FCは10日、FW高木大輔(27)との契約更新を発表した。 高木は東京ヴェルディの下部組織出身で、東京Vの他、G大阪でもプレー。山口には2018年から2019年にも在籍しており、2021年に復帰していた。 元プロ野球選手の高木豊氏の息子であり、Jリーガーの3兄弟の末っ子。今季は明治安田生命J2リーグで37試合に出場し5得点、天皇杯で2試合に出場していた。 高木はクラブを通じてコメントしている。 「レノファ山口を応援してくださる全ての皆様、2022シーズン支えてくださったスポンサー企業の皆様、そして応援し続けてくれたファン・サポーターの皆様、1年間本当にたくさんのご支援とご声援ありがとうございました!」 「来シーズンもレノファ山口でプレーすることに決めました。多くは言いません。残留争いではなく来シーズンは必ずチーム全員で上位争いをして上を目指せるチームになるように成長していきます」 「そのチームの先頭となって引っ張っていく存在になれるよう努力していきます」 「レノファ山口を支えてくださる全ての皆様と成し遂げたいと心から思ってます。共に熱く戦いたくさんの勝利を分かち合いましょう!」 2022.12.10 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

大分DF高橋祐翔が2年の修行から復帰 「経験を大分トリニータの為にピッチの上で表現」

大分トリニータは10日、DF高橋祐翔(21)の復帰を発表した。 高橋は2020年に米子北高校から入団。2021年の日本フットボールリーグ(JFL)を戦うヴェルスパ大分に続き、今季から九州サッカーリーグのヴェロスクロノス都農に期限付き移籍をした。 3年ぶりの大分復帰となり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「ファン、サポーターの皆さんお久しぶりです! 来シーズンより大分トリニータに復帰させていただくことになりました。この2年間で、沢山のことを経験することができました。この経験を大分トリニータの為にピッチの上で表現したいと思います。そして、様々な方々のサポートもあり、再び大分の地でサッカー出来ることに感謝をし、J1昇格という目標を達成できるよう、強い覚悟を持ち、チームのために戦います。応援をよろしくお願いします」 2022.12.10 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟FW谷口海斗、自身初のJ1挑戦となる契約更新! 「今まで以上に全力を」

アルビレックス新潟は10日、FW谷口海斗(27)と2023シーズンの契約更新に合意したと発表した。 谷口は岐阜経済大学卒で、いわてグルージャ盛岡、ロアッソ熊本を経て、2021年に新潟入り。移籍初年度から明治安田生命J2リーグで13ゴール(42試合)を決め、チームとしてJ2優勝&J1昇格の今季も9ゴール(36試合)を記録した。 クラブ公式サイトでは自身にとってキャリア初のJ1挑戦となる来季に向け、決意を新たにしている。 「今季は、アルビレックス新潟を支えてくださる皆さんの大きくて温かい応援のおかげで、目標を達成することができました。本当にありがとうございました」 「来季もアルビレックス新潟の一員として戦います。強敵のそろうJ1リーグで、今まで以上に全力を尽くし、応援してくださる皆さんへの感謝をプレーで表現し、チームのために一生懸命に頑張ります」 「また、J1リーグで戦うからこそ、より地域に貢献しなければなりません。未来の新潟を耕すつもりで行動していきます。来季も、温かいご声援をよろしくお願いいたします」 2022.12.10 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸がおこしやす京都へ武者修行していたDF田辺陽太の復帰を発表

水戸ホーリーホックは9日、DF田辺陽太(20)の復帰を発表した。 田辺は水戸のユース出身で、2021年にトップチーム昇格。シーズン途中に当時JFLのいわきFCへと育成型期限付き移籍した。 今シーズンは4月に関西サッカーリーグ1部のおこしやす京都ACへと育成型期限付き移籍。リーグ戦で5試合に出場していた。 田辺はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズン水戸ホーリーホックで戦えることを嬉しく思っています」 「来シーズンはファン・サポーターの皆さんの前で躍動する姿を1日でも早くみせたいと思っています」 「一緒に戦っていきましょう!応援よろしくお願いします!!」 2022.12.09 21:28 Fri
twitterfacebook
thumb

宮崎のMF小野寺達也が現役引退、小林悠、太田宏介、ぺこぱ・シュウペイとは高校の同期「自分が納得できるまでプレーする事ができました」

テゲバジャーロ宮崎は9日、MF小野寺達也(35)が現役引退することを発表した。 小野寺は神奈川県出身で、麻布大学附属渕野辺高校から拓殖大学へと進学した。 高校時代は元日本代表DF太田宏介(FC町田ゼルビア)、FW小林悠(川崎フロンターレ)、お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイと同期で、小林とは大学でもサッカー部で共にプレーした。 2010年に栃木SCに入団。2016年にはV・ファーレン長崎へと完全移籍すると、2017年にギラヴァンツ北九州へと期限付き移籍。2018年に完全移籍した。 2019年には当時JFLの宮崎に完全移籍。2020年にはチームのJ3昇格に貢献していた。 J2通算122試合6得点、J3通算35試合出場。JFLでは40試合で1得点を記録した。 小野寺はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンをもって、現役を引退することに決めました。サッカーをする事が中心の生活から離れるのは少し寂しいですが、自分が納得できるまでプレーする事ができました」 「これまでプレーしてこられたのは共に戦ってくれたファン・サポーターの皆様、チームメイト、監督、スタッフ、スポンサーの皆様、自分に関わって下さったすべての方々のおかげです」 「栃木SC、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州、テゲバジャーロ宮崎でプレーができてとても幸せでした。本当にありがとうございました」 「サッカーを通じて色々な事を学び、出会えた人が自分の宝物です。今後も大好きなサッカーと向き合っていきたいと思います」 「最後に、どんな時でも1番近くで支え続けてくれた家族に感謝しています。13年間ありがとうございました」 なお、小野寺は強化部スタッフに就任することも決定。コメントを寄せている。 「2023年シーズンより、強化担当スタッフをさせて頂く事になりました。来年もテゲバジャーロ宮崎の一員として戦える事を嬉しく思います」 「クラブに貢献できるように精進していく所存です。宜しくお願い致します」 2022.12.09 19:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly