町田、MF端山豪と契約満了 「地元の町田でプレー出来た経験は貴重な想い出」

2020.01.20 10:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは20日、MF端山豪(26)との契約満了を発表した。
町田市出身の端山は慶応大学在学中の2013年7月、下部組織時代を過ごした東京ヴェルディの特別指定選手として登録され、同月にJリーグデビュー。2016年、前シーズン途中から特別指定選手として在籍したアルビレックス新潟に正式入団した。その後、栃木SCを経て、昨シーズンから町田でプレー。明治安田生命J2リーグ4試合、天皇杯1試合に出場した。町田退団を受け、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「FC町田ゼルビアを応援してくださる皆様、1年間という短い時間でしたが、たくさんのご支援ご声援をいただきありがとうございました。地元である町田でプレーできた経験は、私にとって貴重な想い出となりました。今後のFC町田ゼルビアの発展を心より応援しております」
コメント
関連ニュース
thumb

町田MF平戸太貴が入籍 「妻と笑顔が絶えない家庭を」

FC町田ゼルビアは24日、MF平戸太貴(23)の入籍を報告した。 一般女性と入籍した平戸はクラブを通じて「この度、私事ではありますが先日入籍を致しました。より一層の覚悟と責任感を持ち、妻と笑顔が絶えない家庭を築いていきたいと思います。また初心を忘れずにサッカー選手としても1人の人間としても更に成長していけるように日々精進していきます。引き続き応援よろしくお願い致します」とコメントした。 平戸は2019年夏に鹿島アントラーズから古巣の町田に完全移籍で復帰。昨季は明治安田生命J2リーグ全42試合に出場して、9得点をマークした。 2021.01.24 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

町田、昨季10ゴールのFWドゥドゥを甲府から獲得!「新しい挑戦を行うためのモチベーションは非常に高い」

FC町田ゼルビアは23日、ヴァンフォーレ甲府を退団したブラジル人FWドゥドゥ(30)の完全移籍加入内定を発表した。背番号は「11」に決定している。 なお、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶという。 ドゥドゥはブラジルの複数クラブを渡り歩いた後、2014年に柏レイソルへ加入。翌年にフィゲイレンセに移籍し母国に戻るも、2016年に甲府への完全移籍を機に再来日を果たした。 2018年のアビスパ福岡への期限付き移籍挟んで、甲府で通算在籍4年目を迎えた昨シーズンは、明治安田生命J2リーグ27試合でチームトップの10ゴールをマーク。しかし、シーズン終了後に契約満了で甲府を退団していた。 今季から活躍の場を移すドゥドゥは町田の公式サイトで以下のように意気込んでいる。 「FC町田ゼルビアの皆さん、初めましてドゥドゥです。ゼルビアのユニフォームを着ることを非常に光栄に思います。この新しい挑戦を行うために私のモチベーションは非常に高いです。FC町田ゼルビア関係者の皆様の信頼に大変感謝します」 「フィールドでは責任とコミットメントをもってプレーします。そして、私と家族をいつも歓迎してくれたこの素晴らしい国である日本の為にも最善を尽くし、ファン・サポーターにはたくさんのゴールプレゼントしたいと思います。私は準備ができているので、ファン・サポーターの皆様とお会いすることをとても楽しみにしています」 2021.01.23 16:38 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪DF森下怜哉がさらなる武者修行! 栃木、松本の次は町田にレンタル

FC町田ゼルビアは15日、セレッソ大阪に所属するDF森下怜哉(22)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「15」を着用する。 C大阪下部組織出身の森下は2種登録選手の期間を経て、2017年にトップチーム昇格。2019年に栃木SC移籍を機に武者修行の旅に出ると、昨季は松本山雅FCに加わり、明治安田生命J2リーグ15試合1得点を記録した。 新シーズンからさらなるレンタルで町田でプレーすることが決まった森下はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「FC町田ゼルビアのファン・サポーターの皆さん! 森下怜哉です。J1昇格のために、全力でプレーします! このクラブとファン・サポーターの皆さんと共に自分自身も成長していきたいと思っています。一緒に戦いましょう!」 2021.01.15 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

町田MFジョン・チュングンが韓国に帰還 「J1には残った仲間がきっと行ってくれる」

FC町田ゼルビアは12日、韓国人MFジョン・チュングン(25)がKリーグの水原FCに完全移籍で加わると発表した。 ジョン・チュングンはナントのセカンドチームを経て、2017年に横浜FC入り。その後、ファジアーノ岡山を挟み、2019年から町田に加わり、2020シーズンは明治安田生命J2リーグ25試合に出場して2得点をマークした。 新シーズンから母国でプレーするジョン・チュングンは町田の公式サイトを介して、ファンに別れのコメントを送っている。 「2年間ありがとうございました。ファン・サポーター皆様の応援のおかげで2年間頑張ることができました。ファン・サポーターの皆様と行きたかったJ1には、残った仲間がきっと行ってくれると信じています。私も韓国で頑張るので、応援よろしくお願い致します」 2021.01.12 17:52 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京GK廣末陸がラインメール青森へ移籍 今季は町田にレンタルも出場ゼロに

FC東京は12日、GK廣末陸(22)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森に完全移籍することを発表した。 廣末は2017年に青森山田高校からFC東京に入団。しかし、トップチームで出場機会を得られず2019年はレノファ山口FC、2020年は町田へと期限付き移籍した。 それでも一度も出番が回ってこないまま町田を退団。この度、青森への移籍も決定し、FC東京の公式サイトでは別れの言葉を残している。 「FC東京では2年間、期限付き移籍先でも2年間お世話になりました。この4年間は自分にとっては苦しいことの方が多かったのですが、必死にもがいてきたこの期間は自分にとって価値のある4年間だったと確信しています」 「本当はお世話になったFC東京に結果という形で恩返しをしたかったのですがなかなか叶わず申し訳ない気持ちでいっぱいです。ですが、念願のリーグ制覇に向けて進んでいくFC東京を僕は常に応援しています。僕もまた青森で結果を残し、必ずJ1の舞台に這い上がってきます!」 「4年間本当にありがとうございました!」 2021.01.12 15:43 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly