「憧れてきたチームはマリノスだった」10年ぶり復帰の水沼宏太が心境を語る「やってきたことが認められた」

2020.01.11 23:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜で育った男が、10年ぶりに帰還した。マリノス、その前身の日産自動車で活躍した水沼貴史氏を父に持つ水沼宏太は、葛藤がありながらも古巣への復帰を喜んでいるようだった。

横浜FMでの下部組織で育った水沼は2008年にトップチームに昇格。しかし、中々出場機会がない中で2010年途中に栃木SCへと期限付き移籍する。

その後、横浜FMに戻ることなく、サガン鳥栖、FC東京、セレッソ大阪と渡り歩いていた。

水沼は「昔はオファーが来ても行くかという気持ちだった」と横浜FMでプレーする気は無かった過去を明かした。

「今までオファーが1回も来たことがなかった」とも語っていたが、「このタイミングで来たってことは、マリノスが優勝したタイミングで来たってことは、連覇するために呼んでくれたということなので、嬉しかったのが率直な感想です」と今はその気持ちは変わっているという。

期限付き移籍先の栃木でプロ初ゴール、鳥栖ではJ1で初めてレギュラーとしてプレー。武者修行と言うつもりはなかっただろうが、「いざ(オファーが)来たらめちゃくちゃ嬉しかったし、今までやってきたことが認められたんだなというのもある」と、これまでのプレーを育ったクラブに認められたことは、素直に嬉しかったようだ。そして、強い覚悟を持って、復帰を決断したと明かした。

「今まで外でやってきたプレーを認められたこともそうですし、昔トップに上がっても何もできなかった。点も取ったことないという思い出しかないマリノスだったので、今は違うぞということを見せたい気持ちが強かったです」

チャンピオンチームに満を辞して戻ると言うことは、ファン・サポーターにとっても大きな期待を寄せたくなるだろう。過去のことは忘れ、新たな気持ちで、新たなチームに来たというつもりで戦うと語った。

「古巣に戻ってきたという気持ちは正直そんなになくて、練習場もスタッフも選手も全然変わっているので、新しいチームに来たなというのが今日の練習をやってみての感想です」

確かに、堅守をベースに戦っていた当時の横浜FMとは大きくスタイルが異なる。全く別のチームということは誰がみても明らかだ。それでも、水沼にはトリコロールの血が流れていたようだ。

「ただ、ユニフォームを着ると本当に帰ってきたなと。昔憧れてきたチームのユニフォームはマリノスだったなと、自分の中で心の中から湧き上がってきたというか。やっぱりマリノスが好きだったなというのがありました」

革新的なサッカーで15年ぶりのJ1王者に輝いた横浜FM。「マリノスの一員として点を取っているイメージは結構できています」と水沼が語ったように、ファン・サポーターもその姿を早くスタジアムで見たいことだろう。
コメント