北九州、横浜FMから町野修斗を完全移籍で獲得! 生駒仁と椿直起の期限付き移籍延長も発表

2020.01.06 15:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は6日、FW町野修斗(20)が横浜F・マリノスから完全移籍加入したことを発表した。履正社高校卒業後に横浜FMに加入した町野は、2019シーズンは北九州に期限付き移籍。明治安田生命J3リーグ第11節のY.S.C.C.横浜戦でプロ初ゴールを決めると、その後もゴールを重ね、30試合の出場で8ゴールを記録しチーム内得点王となった。

完全移籍に切り替えた町野は、両クラブの公式サイトでコメントを残している。


◆ギラヴァンツ北九州
「明けましておめでとうございます。この度、完全移籍で今年もギラヴァンツ北九州でプレーさせてもらいます!最高のスタジアム、最高のファン・サポーターの皆様と共にJ2の舞台で闘うことができ幸せです」

「今年は二桁ゴールを目標に北九州のために全力で闘います!よろしくお願いします!」

◆横浜F・マリノス
「明けましておめでとうございます!この度、ギラヴァンツ北九州に完全移籍することを決めました。去年、ギラヴァンツ北九州の試合にも関わらず応援に来てくださるマリノスサポーターの皆様をみて改めて素晴らしいチームに身をおかせてもらっていたことに気づかされました。本当にありがとうございました」

また、北九州は同日に横浜FMから期限付き移籍しているDF生駒仁(20)と、育成型期限付き移籍中のMF椿直起(19)の移籍期間延長も発表している。

2018年に横浜FMに加入した生駒は、2019年はリーグ戦3試合に出場。一方、同クラブの下部組織出身の椿は2019年から正式にトップチームに昇格し、8月に北九州へ武者修行。リーグ戦7試合、カップ戦2試合に出場した。
関連ニュース
thumb

J2最下位の北九州、選手1名が新型コロナ陽性…4名が濃厚接触者で5日の栃木戦を回避

ギラヴァンツ北九州は3日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は4月30日に実施したJリーグ公式検査でのPCR検査で陽性判定が出たとのこと。すでに自宅で療養しているとのことだ。 当該選手は4月27日(火)に倦怠感があり病院を受診。PCR検査を行ったが、陰性判定に。その後発熱などはなくチーム活動に参加。30日にPCR検査を受けていた。 1日、喉の違和感と倦怠感があり熱は37.4度あったために午前中に病院を受診し自宅待機に。2日はチーム活動がオフとなっていたが、3日に陽性判定を受けたとのことだ。 なお、保健所による濃厚接触者の特定を進めた結果、トップチームの選手4名が濃厚接触者となったとのことだ。 北九州では、陽性者1名の他に、発熱などの症状がある者はおらず、本日5月3日に当該選手を除く、トップチーム全選手及びチームスタッフを対象にPCR検査を実施し、濃厚接触者を含む選手・スタッフ全員が陰性となっております。 なお、5日にカンセキスタジアムで予定されている明治安田生命J2リーグ第12節の栃木SC戦は、陽性者1名と濃厚接触疑いの4名を除いて予定通り開催されるとのことだ。 また、この試合ではオンサイト検査をキックオフ3時間前に実施し、陰性判定を受けた選手・スタッフのみが試合にエントリーされることとなる。 チーム活動も保健所との協議の結果、陽性者1名と濃厚接触者4名を除き、感染予防策の徹底を図ることで継続可能との判断を受けたとのことだ。 北九州は今シーズンの明治安田J1ではで1勝5分け5敗と最下位に位置しており、苦しい中で選手を欠くこととなった。 2021.05.03 19:12 Mon
twitterfacebook
thumb

「Jリーグマスコット総選挙」結果発表!31位は北九州のギラン、キヅールは5ランクアップ

Jリーグは17日、「Jリーグマスコット総選挙2021」の最終結果を発表した。今回は31~53位の結果が発表された。 2月1日からスタートした「Jリーグマスコット総選挙2021」。8日には中間結果が発表され12日に投票が締め切られた。 優勝者は2月20日(土)に埼玉スタジアム2〇〇2で行われるFUJI XEROX SUPER CUP 2021で撮影する、集合写真のセンターポジションに立つ権利を手にする。今回発表された31~55位は以下の通り。 【最終順位】(カッコ内は中間順位) 31位(29):ギラン(ギラヴァンツ北九州) 32位(30):ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 33位(38):キヅール(いわてグルージャ盛岡) 34位(34):ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 35位(32):ディーオ(モンテディオ山形) 36位(33):ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 37位(35):ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 38位(36):ナンシー(ツエーゲン金沢) 39位(37):パーサくん(京都サンガF.C.) 40位(40):ガミティ(SC相模原) 41位(41):ファジ丸(ファジアーノ岡山) 42位(42):ロアッソくん(ロアッソ熊本) 43位(46):ジンベーニョ(FC琉球) 44位(44):ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 45位(43):ライオー(AC長野パルセイロ) 46位(45):さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 47位(49):湯友(ザスパクサツ群馬) 48位(48):ライカくん(カターレ富山) 49位(51):ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 50位(47):レディア(浦和レッズ) 51位(50):Jリーグキング(Jリーグ) 52位(53):福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 53位(52):オ〜レくん(愛媛FC) 54位(54):蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 55位(55):ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) 2021.02.17 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

J2北九州が9年間にわたる誤った入場者数カウントでJリーグが処分、水増しの意図はなし

Jリーグは12日、ギラヴァンツ北九州について入場者数のカウント問題について懲罰を発表した。 Jリーグの発表によると、北九州は2010シーズンのJリーグ入会後、2015シーズン、2016シーズンの2年間を除く2020シーズン第19節までのホームゲーム全159試合で誤った入場者数を報告していたとのことだ。 なお、懲罰内容は「けん責」と罰金200万円とのことだ。 Jリーグによると、北九州は当該期間の全159試合において、Jリーグ規約及びリーグ戦試合実施要項が規定する入場者数の算定方法を用いておらず、入場者に算入できない運営ボランティア、運営スタッフ、出店者、メディア関係者を入場者に算入し、結果的にJリーグに提出する公式記録に少なくとも1試合50~130名程度過大な、誤った入場者数を記載したとのことだ。 懲罰量定の参考とした事項についてはJリーグは3点挙げており、1つ目は「入場者数は、スポンサーやファン・サポーター等にとって極めて重要な指標であり、Jリーグ開幕当初から厳格な方法により算定した実数を発表しているが、Jリーグ入会当初から途中2年間を除いて約9年間もの長期にわたり、上記のとおり算入できない関係者を入場者数に含めて報告してきた本件行為は、Jリーグへの信頼を大きく失墜させるものである」と長期間の水増し行為を行なっていたことを挙げた。 また、「ギラヴァンツ北九州は、入場者数の水増しを図ろうとした意図は認められないが、上記の間、他クラブによる同種事案に対して懲罰が科された際や、入場ゲートにおける入場者のカウントについて外部から指摘を受け検証して問題ないことが判明した際に、関係者受付まで範囲を広げて点検して是正する機会が何度もあったのにこれを怠り、担当社員に正しい算定方法を周知しないまま放置してきたものであり、その管理監督責任は大きい」と管理責任と問うこと、そして「本件行為を確認した後も、Jリーグ規約第139条に反して、直ちにJリーグへ報告しなかった」とし、報告義務を怠ったことを挙げた。 2020シーズンにはブラウブリッツ秋田の観客水増し問題が発覚していたが、北九州は続けていたこととなる。 北九州は同日に玉井行人 代表取締役社長の名前で声明を発表。ファン・サポーター、スポンサーへの謝罪を行った。 「いつも、温かい応援、支援をいただき、誠にありがとうございます。リーグ開幕前に、お詫びをせねばなりません」 「ギラヴァンツ北九州がJリーグに加盟した2010年から途中2年間を除く、約9年間のホームゲームについて、Jリーグ規約などを順守せず、誤った入場者数を報告しておりました。Jリーグから懲罰決定を通知されました」 「クラブが苦境に追い込まれている時も、変わらぬ応援・支援をしていただいているファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、ホームタウン・北九州市、フレンドリータウンの自治体の皆様、すべての北九州の皆様の信頼を大きく損なう事態を招いたことを深く、深く、お詫び致します。誠に申し訳ありませんでした」 「今後、ホームゲームに関して、各部門の運営を総点検して厳格なマニュアルを整備するとともに、社員教育を徹底。ゲーム開催時に順守状況をチェックする体制を整えて再発防止に全力を尽くし、皆様方との信頼回復を図ってまいります。どうか引き続き、応援、支援をよろしくお願い致します」 2021.02.12 13:17 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州がMF新垣貴之との契約更新を発表、昨季はJ2で32試合に出場し4得点

ギラヴァンツ北九州は13日、MF新垣貴之(24)との契約更新を発表した。 新垣は流通経済大学柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に北九州へ入団した。 2019シーズンは明治安田J3で30試合に出場。2020シーズンは明治安田J2で32試合に出場し4得点を記録していた。 新垣はクラブを通じてコメントしている。 「J1昇格に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2021.01.13 12:02 Wed
twitterfacebook
thumb

北九州が大宮FW富山貴光を期限付き移籍で獲得「史上最高の1年になるように」

ギラヴァンツ北九州は13日、大宮アルディージャのFW富山貴光(30)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなり、大宮との公式戦には出場できない。 富山は矢板中央高校から早稲田大学を経て2013年に大宮に入団。1年目から試合に出場すると2016年にサガン鳥栖へと完全移籍。アルビレックス新潟への期限付き移籍を経て、2018年に大宮へ復帰していた。 2020シーズンは明治安田J2で29試合に出場し4得点を記録していた。富山はクラブを通じてコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「北九州の皆様、はじめまして富山貴光です。ギラヴァンツ北九州の歴史の中で史上最高の1年になるように僕の経験と力を最大限発揮します!応援宜しくお願い致します!」 ◆大宮アルディージャ 「僕が大宮に復帰してきて3年間、J2優勝・J1昇格を果たせなくて本当に申し訳ありませんでした。それでも熱い声援を送ってくれる皆さまが大好きでした。その声援は僕の心の中で消えることはありません。北九州に移籍することになりますが、僕のことを陰ながら応援していただけたらうれしいです。本当にありがとうございました!」 2021.01.13 10:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly