PSVに痛手…若き主砲マレンが左ヒザ手術で今季絶望…

2020.01.05 03:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは4日、オランダ代表FWドニエル・マレンがアメリカのピッツバーグで受けた左ヒザの手術が無事成功したことを発表した。

マレンは先月15日に行われたフェイエノールト戦で同箇所を負傷。その後、クラブのメディカルスタッフとの話し合いの末にピッツバーグで手術を受けることになった。

なお、同選手は術後2週間ほど同地に滞在し、経過に問題がなければ、アイントホーフェンに戻って本格的なリハビリプロセスに入る予定だ。

ただ、マレンの今シーズン中の復帰は絶望的となっており、オランダ代表の一員としての参加が期待されたユーロ2020本大会出場も厳しい状況だ。

今シーズンからセンターフォワードに本格コンバートを果たしたマレンは、ここまでの公式戦25試合で17ゴール9アシストの数字を残していた。
コメント
関連ニュース
thumb

堂安律、東京五輪延期決定を受けて心境を語る「ポジティブに考えている」

PSVに所属する日本代表MF堂安律が、東京オリンピックの延期を受けて心境を語った。 堂安は、日本代表としてプレーする一方で、U-23日本代表としても活動。東京オリンピック世代を牽引する存在として期待されている。 ガンバ大阪から、2017年6月にフローニンヘンへレンタル移籍。2019年8月からはPSVへと活躍の場を移し、東京オリンピックへ向けて準備をしてきた。 しかし、ここにきて新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で急速に感染拡大を見せており、アスリートのトレーニングもままならない状況に。そんな中、24日に安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が電話会談を実施。2020年7月からの東京オリンピック・パラリンピックの開催を延期することで合意し、2021年夏までに開催することを発表した。 この決定を受け、堂安は自身のツイッター(@doan_ritsu)に動画を投稿。東京オリンピックへの思いを語るとともに、新たな目標に向けてリスタートすることを明かした。 「オリンピックの延期が決定したということで、先ほど僕もニュースで知って、1つはオリンピックのために準備してきたというのもありますし、そのためにトレーニングを積んできたので、少なからず驚きはありました」 「それと同時に、ヨーロッパで僕は暮らしていて、おそらくヨーロッパの方が最近は深刻な状況になっている中で、2週間程自宅で待機している状況でした。オリンピックがどうなるかもわからず待機しているのはすごく辛かったので、早く決断してくれたこと、1年後というまた自分の中で新しい目標を立てることをポジティブに考えています」 「もちろん色々な人の気持ちはあると思いますが、日本だけでなく世界で1つになってこの危機を乗り越えて、僕たちアスリートは1年後の目標に向かってしっかり調整して、みなさんに感動を与えられるよう頑張りたいと思います」 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【東京オリンピック延期について】 <a href="https://t.co/L6hfOsURgJ">pic.twitter.com/L6hfOsURgJ</a></p>&mdash; Ritsu Doan/堂安 律 (@doan_ritsu) <a href="https://twitter.com/doan_ritsu/status/1242468382185787392?ref_src=twsrc%5Etfw">March 24, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.03.25 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安律のPSV、ロジャー・シュミット氏を新指揮官に招へい

MF堂安律の所属するPSVは11日、ロジャー・シュミット氏(52)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 PSVでは12月にマルク・ファン・ボメル元監督を成績不振により解任。暫定監督にクラブのアカデミー・ディレクターを務めていたエルネスト・ファベル氏が就任していた。 パーダーボルンやザルツブルク、レバークーゼンで実績を残したシュミット氏は、直近では北京国安を指揮していたが、昨年7月に退任していた。 PSVは26試合を消化したエールディビジで首位アヤックスと7ポイント差の4位に位置している。 2020.03.12 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

PSV堂安が2020年初先発! フローニンヘン板倉との日本人対決制す《エールディビジ》

エールディビジ第26節のフローニンヘンvsPSVが8日に行われ、0-1でPSVが勝利した。フローニンヘンの日本代表DF板倉滉、PSVの日本代表MF堂安律は共にフル出場を果たした。 リーグ戦連敗中の8位フローニンヘン(勝ち点35)が、ホームに4位のPSV(勝ち点46)を迎えた一戦。フローニンヘンの板倉はセンターバックで2試合ぶりの先発。一方、PSVの堂安は左MFで8試合ぶりの先発出場を飾った。 立ち上がりからホームのフローニンヘンがやや押し気味に試合を運ぶ中、先に試合を動かしたのはPSV。16分、右サイドをオーバラップしたダンフリースがヘンドリクスのロングパスを受けると、そのままボックス右深くまで持ち込みシュート。これがゴール左隅に吸い込まれた。 さらにPSVは29分、細かなパスワークで敵陣を崩すとラマースがボックス内に送ったラストパスに堂安が反応。しかし、これはシュートの前に相手DFのクリアに阻まれた。 1点を追うフローニンヘンは72分、板倉のスルーパスで左サイドを抜け出したトーマス・ポルの折り返しをボックス左で受けたエル・ハンクリがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはGKウネルスタリの好セーブに防がれた。 フローニンヘンは、80分にもメサウーディの強烈なミドルシュートでPSVゴールを脅かしたがこれもGKウネルスタリの好セーブに阻まれた。 結局、試合は0-1のままタイムアップ。ダンフリース弾で日本人対決を制したPSVは、リーグ戦無敗を5試合に伸ばし上位を追走している。 2020.03.09 02:46 Mon
twitterfacebook
thumb

デビュー弾で話題のベルフワイン、スパーズ加入に向け巨額ボーナス放棄か

マンチェスター・シティ戦で鮮烈デビューを飾ったトッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインが、同クラブ移籍のために巨額のボーナス受け取りを諦めていたようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 先月29日にPSVから2700万ポンド(約38億3000万円)といわれる移籍金でトッテナムに加入したベルフワイン。 数日前にインテルへ旅立ったMFクリスティアン・エリクセンが背負っていた背番号23を託されるなど、大きな期待を受けた万能型アタッカーは、2日に行われたプレミアリーグ第25節のマンチェスター・シティ戦でいきなりスタメンデビューを飾った。すると、63分にはセットプレーの流れで見事な胸トラップからの右足ボレーで先制点を奪取。プレミアリーグでのファーストシュートで強豪シティを沈める鮮烈なデビューを飾った。 このデビュー戦での活躍で早くもスパーズサポーターの心を掴んだベルフワインだが、今回明かされた移籍の経緯によって、さらに評価を高めるかもしれない。 『ミラー』によると、ベルフワインは今夏までPSVに残留した場合、600万ポンド(約8億5000万円)のボーナスを受け取ることになっていたが、今冬のタイミングでのトッテナム移籍に向けてその受け取りを放棄していたようだ。 PSVのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるヨン・デ・ヨング氏は、「ステーフェンはトッテナム移籍のためにボーナスの一部を放棄した」と、クラブがトッテナム行き許可の条件に設定したボーナス受け取りを放棄したことを認めた。 また、一部でトッテナム移籍のためPSVの練習や試合への参加を拒否したとの報道が出ていたが、デ・ヨング氏はこれを否定。イギリスへの渡航をクラブが許可しなかったことは認めながら、ベルフワインとクラブは移籍が完了するまで良好な関係を築いていたと主張している。 「ステーフェンがプレーを拒否することはなかったとハッキリと言いたい」 「彼は試合当日に監督に連絡を取り、トッテナムとの交渉のために招集メンバーを外れる許可を求めて監督はそれを了承した」 「ただ、我々はイングランドへの渡航は許可しなかった。それは単純にトッテナムとの間で合意に至っていなかったからだ」 よりレベルの高い環境でいち早くプレーするため、600万ポンドのボーナスを放棄してトッテナム行きを選択したベルフワイン。22歳の若者の向上心の強さは、クラブの今後の更なる躍進を求めるスパーズサポーターに間違いなく好意的に受け止められるはずだ。 2020.02.03 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリがPSVからウルグアイ代表MFガストン・ペレイロを獲得 SPALからパロスキもレンタル

カリアリは1月31日、PSVに所属するウルグアイ代表MFガストン・ペレイロ(24)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月30日まで。背番号は「20」に決定した。 2017年にデビューのウルグアイ代表としても通算10試合4得点を記録するガストン・ペレイロは母国クラブのナシオナル・モンテビデオでプロデビュー後、2015年夏にPSV移籍。今シーズンは公式戦8試合2得点にとどまったが、攻撃的MFとして公式戦通算154試合49得点21アシストを誇る。 また、カリアリはSPALからイタリア人FWアルベルト・パロスキ(30)を今シーズン終了までのレンタルで獲得したことも併せて発表。その代わりに、イタリア人FWアルベルト・チェッリ(23)、元アルゼンチン代表MFルーカス・カストロ(30)をそれぞれレンタルでSPALに送り出している。 2020.02.01 11:45 Sat
twitterfacebook