CL・ラウンド16で激突! ジダン、ペップを称賛「世界一の監督」

2019.12.22 14:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン、クラブ・ブルージュ、ガラタサライが同居するグループAを2位通過したマドリー。16日にラウンド16の組み合わせ抽選会が行われ、シティとの対戦が決定した。

これを受けてジダン監督がコメント。シティを率いるグアルディオラ監督を称賛し、対戦を心待ちにした。

「彼と対戦することは特別なことだ。私と彼はこれまで何度も対戦してきた」

「彼は世界一の監督だと思う。選手として、監督として尊敬しているよ」

「それは彼のキャリアが証明している。私は立ち向かい、彼が率いるチームと対戦することを楽しみにしているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、かつて所属したバイエルンとマドリーで異なる点があると明かしている。スペイン『アス』が伝えた。 クロースは、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のボルシアMG戦にスタメン出場。チームはアウェイで2点を先取される苦しい展開だったが、終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のスコアで試合を終えている。 クロースはこの母国ドイツへの遠征を利用し、試合後に現在ドイツ2部でプレーしている弟のフェリックス・クロースとポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で配信を開始。選手としての最高の逸話や試合後の感情などについて話し、ファンを沸かせた。また、配信の中でクロースは、2014年まで所属していたバイエルンとマドリーを比べ、ある“習慣”が違うと明かしている。 「バイエルンではCLの試合後に必ず大宴会が開かれるんだ。正直、気乗りしていなかったし、面倒に感じていた。僕はここ(マドリー)でのやり方の方が好きだね。マドリーでは試合が終わるとすぐ家に帰れるんだ。でも、ミュンヘンでは違った。家に帰るまで永遠の時間が流れているようだったよ」 バイエルンとマドリーそれぞれの習慣は、合う選手と合わない選手ではっきり分かれるかもしれない。ただ、少なくともクロースにとっては、マドリーでの習慣の方が快適なようだ。 2020.10.29 17:46 Thu
twitterfacebook
thumb

「アイツを相手にするな」、ベンゼマが同僚ヴィニシウスを見切る

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマは、同僚であるブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対して見切りを付けたようだ。 マドリーは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節でボルシアMGと対戦し、2-2のドローに終わった。 ベンゼマとブラジル代表MFカゼミロの試合終了間際の連続ゴールによって2点差を追いつく劇的な展開となったが、シャフタールとの初戦に続く勝ち点逸によってグループ最下位に沈んでいる。 そういった苦境の中、チーム内においても軋轢が生まれているようだ。フランス『テレフット』は、ボルシアMG戦のハーフタイムのトンネル内におけるベンゼマとフランス代表DFフェルラン・メンディのやり取りに注目。 両選手はフランス語でやり取りをしていた際、ベンゼマは近くにいたヴィニシウスを見ながらメンディに対して、「アイツ(ヴィニシウス)は自分のやりたいようにやっている」、「アイツを相手にするな、兄弟。アイツはまるで俺たちに対して戦っているようなもんだ」と発言。ヴィニシウスにパスを出せないように要求していた。 ヴィニシウスに関しては決定力の問題に加え、判断の拙さから自己完結型のプレーが多く、周囲とのリンクアップで輝きを放つベンゼマにとって、ボルシアMG戦を含めここ最近の同選手のプレーに憤りを感じていたようだ。 なお、後半開始前にヴィニシウスとコミュニケーションを取っていたベンゼマだが、スペイン『OptaJose』によると、ボルシアMG戦の後半にはブラジル代表FWに対して1本のパスも出さなかったという。(前半は3本) <div id="cws_ad">◆「アイツを相手にするな、兄弟」<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Benzema : &quot;Il fait n&#39;importe quoi. Joue pas avec lui, il joue contre nous&quot; <a href="https://t.co/xrNQ10PNuK">https://t.co/xrNQ10PNuK</a> <a href="https://t.co/wLF132tV1f">pic.twitter.com/wLF132tV1f</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1321374928164315138?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG戦で1G1Aのカゼミロ「最後まで戦い抜いた結果」

レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、1ゴール1アシストを記録したボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に敵地で行われたCLグループステージ第2節でボルシアMGと対戦したマドリー。2点ビハインドの87分にカゼミロのアシストからFWカリム・ベンゼマがゴールを記録すると、試合終了間際にDFセルヒオ・ラモスの折り返しから今度は自らゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 土壇場の劇的ゴールでチームに勝ち点「1」をもたらしたカゼミロ。試合後のインタビューで、ボルシアMGが難しい相手だったと認めている。 「僕たちは試合をうまくコントロールしていた。彼らは2回のチャンスで2点を決めたが、僕らもよくやったとと思うよ。最後まで諦めずに戦い、それが結果につながったね。対戦相手にもクオリティがあったけどこれはチャンピオンズリーグ。全試合が非常に難しいことは理解しているさ」 「僕はいつもチームを観察している。フットボールについて話す時は皆が一緒でなければならない。それは絶対だと思う。僕たちは再び仕事に戻り、最後まで戦う。今回の僕たちは驚異的なことを成し遂げた。最後まで戦い抜いた結果だよ」 2020.10.28 15:59 Wed
twitterfacebook
thumb

久々復帰のアザールが、チームの劇的ドローを喜ぶ「勝ち点3のような味わいがある」

レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ボルシアMG戦での劇的ドローを喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 CLグループステージ第1節でシャフタール相手に2-3で敗れ、まさかの黒星スタートとなったマドリー。24日のラ・リーガ第7節で、バルセロナとのエル・クラシコに勝利した勢いをボルシアMG戦に持ち込みたいところだったが、この日も大苦戦することに。 前半に先制点を許したマドリーは、後半にも追加点を奪われる厳しい展開になる。そのまま試合時間は残り5分を切り、敗戦は確実かと思われたが、そこからFWカリム・ベンゼマとMFカゼミロが立て続けにゴールを奪い、辛くもドローという結果に終わった。 この試合で70分から途中出場したアザールは、8月に行われた昨季のCLラウンド16・2ndレグのマンチェスター・シティ戦以来となる、およそ2カ月半ぶりの復帰に。試合では躍動感のあるパフォーマンスを見せ、劇的なドローに貢献している。 マドリーはこれでCL2試合未勝利となってしまったが、試合後のインタビューに答えたアザールは、この結果をポジティブに受け止めていると話した。また、久々の復帰についても喜びを露わにしている。 「(ドローとなったものの)勝ち点3のような味わいがあるね。僕たちは素晴らしいキャラクターをプレーで示せたし、さらにもう1点を取ることもできたと思う。結局ドローにはなってしまったけど、勝利のような味がするよ」 「2~3カ月間ピッチから離れてしまったけど、今はとても満足している。僕が望むのは、サッカーを続けたいってことだけなんだ」 CL連敗こそ免れたものの、決勝トーナメント進出に向け厳しいスタートとなってしまったマドリー。ここからチームが向上していくため、アザールの本領発揮は欠かせない要素になるはずだ。 2020.10.28 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

苦戦続くレアル、ジダン監督はGS突破に強がる「突破できると確信している」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がチャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に敵地で行われたCLグループステージ第2節でボルシアMGと対戦したマドリーだが、33分と58分にFWマルクス・テュラムにゴールを許して2点ビハインドに。しかし、87分にFWカリム・ベンゼマが1点を返すと、試合終了間際にMFカゼミロが同点ゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 CLグループステージで連敗こそ回避したものの、1分1敗と未勝利が続くマドリー。試合を振り返ったジダン監督は、序盤から決定機を外し続けたことに肩を落とした 「我々は規律を整えて、試合をタイに戻すためにプレーしなければいけなかった。チームのキャラクターを示してこのようにプレーをすることが重要で、達成できたと思う。それは確かだ」 「我々はゴールを奪えなかった。1失点目はマークに付ききれずに失点をした。我々がボールを失い、相手が得意としているカウンターから先制点を許してしまった」 「これがフットボール。それが起こってしまう。私が関心を持っているのはリアクションだ。チャンピオンズリーグで2-0の展開になると、試合を引き戻すのはとても大変だが、我々はやれた。チームがこうしたプレーをしているのを見ると、私も落ち着ける」 2試合終わって、グループステージで最下位に沈んでいる状況だが、ジダン監督はグループステージ突破に自信を見せている。 「我々はいつものようにグループステージを突破するためにあらゆることをするつもりだ。我々が望んでいるのは常に試合に勝利することだ。私のチームは全力を尽くしてくれたとわかっているから私は満足だ」 「今、簡単な試合はない。我々はこういったことを継続しなければいけない。こういったプレーをするのはとても良いことだ。もちろん、グループステージを突破できると確信している」 2020.10.28 10:55 Wed
twitterfacebook