岩手、長野退団のMF有永一生&関東2部クラブ所属のFW大谷真史の加入を発表

2019.12.18 13:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
いわてグルージャ盛岡は18日、今シーズン限りでAC長野パルセイロを退団したMF有永一生(30)、関東2部リーグのCriacao Shinjukuに所属するFW大谷真史(25)の加入を発表した。

有永は2011年に関東学院大学から長野に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグに28試合1得点を記録したものの、今月3日に契約満了となっていた。クラブはプレースタイルを「豊富な運動量と献身的な守備、足元の高い技術を併せ持つユーティリティプレーヤー。セットプレーのキッカーとしても貢献できる」と紹介している。

大谷は駒澤大学に進学後、モンテネグロのFKコムでプレーして、今シーズンにCriacao Shinjukuに加入。今シーズンは関東2部リーグで12試合11得点を記録した。クラブはプレースタイルを「大柄ながら洗練された動き出しをみせる器用なストライカー。強靭なメンタルを持ち、チームを支える行動力にも期待」と紹介している。

岩手への加入が決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆有永一生
「来シーズンから、いわてグルージャ盛岡でプレーさせて頂くことになりました有永一生です! 岩手の為に走りまくりたいと思います!よろしくお願いします」

◆大谷真史
「この度、いわてグルージャ盛岡に入団することになりました大谷真史です。2020年、いわてグルージャ盛岡がJ3優勝を達成するために、そして岩手の人々が笑顔になれるように、自分の全てをかけて闘う覚悟でいます。一岩となって、共に岩手を盛り上げましょう。よろしくお願い致します」


関連ニュース
thumb

沼津、GK武者大夢が岩手から完全移籍加入

アスルクラロ沼津は12日、GK武者大夢(23)がいわてグルージャ盛岡から完全移籍加入することを発表した。 関東学院大学出身者である武者は、2021年に岩手に加入。リーグ戦での出場はなかったものの、天皇杯1回戦の大山サッカークラブ戦でスタメン出場し、プロ入り後初出場を果たした。 一方、沼津では武者と同い年のGK西川駿一郎が退団しており、武者はその後釜という格好に。新天地での活躍に意気込みを語った。 「アスルクラロ沼津のみなさん、はじめまして!いわてグルージャ盛岡から移籍してきました、武者大夢です。サッカー王国の地でプレーできることを嬉しく思ってます」 「また、チャンスをくれたクラブに感謝し、プレーで貢献したいと思います。全身全霊で沼津のゴールを守ります!」 また、プロデビューを果たした岩手に向けて感謝の言葉を残している。 「この度アスルクラロ沼津に移籍することになりました。最後の最後に僕のことを拾ってくれたこのチームにすごく感謝しています」 「いわてグルージャ盛岡に関わるすべての方々、お世話になりました。ここでの経験を次の舞台でしっかりと発揮していきます!グルージャのみんなが大好きです!ありがとうございました!」 2022.01.12 17:23 Wed
twitterfacebook
thumb

岩手退団のMF有永一生が関東1部のVONDS市原へ完全移籍「必ず昇格しましょう!」

いわてグルージャ盛岡は8日、MF有永一生(32)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。 有永は福岡県出身で、国見高校、関東学院大学、AC長野パルセイロを経て、2020シーズンから岩手でプレーしていた。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで21試合に出場し2得点を記録。しかし、シーズン終了前の12月3日に契約満了が発表されていた。 有永は新天地での意気込みをコメントしている。 「VONDS市原でプレーします、有永一生です。JFLに昇格する為にチーム、サポーターが一体となって必ず昇格しましょう!走りまくります!応援よろしくお願いします!」 2022.01.08 13:59 Sat
twitterfacebook
thumb

セレッソ大阪の田平起也が完全移籍で岩手へ! 期限付き移籍の昨季は1試合のみの出場に

いわてグルージャ盛岡は6日、セレッソ大阪から期限付き移籍しているDF田平起也(20)が完全移籍加入することを発表した。 C大阪の下部組織の在籍歴もある田平は、神戸弘陵学園高等学校在学中に同クラブの目に留まり、2019年に特別指定選手として入団。翌年には正式加入したが、出場機会に恵まれず、2021年は岩手に移籍することになった。 だが、その岩手でも今季はJ3リーグ1試合のみの出場に。悔しいシーズンを払拭するための来季の成長を誓った。 ◆いわてグルージャ盛岡 「セレッソ大阪から完全移籍で加入することになりました田平起也です。試合で自分の力を出しチームの為に闘います。チームに貢献して個人としても逞しく成長したいと思います」 ◆セレッソ大阪 「アカデミーを含め4年間お世話になりました。まず、高校から入ってきた自分の事を応援してくれたサポーターの皆さん、どんな時でもメッセージを送り続けて期待してくれたファンの皆さんの温かさに心から感謝します。今まで応援していた側からされる側になり、改めてファン、サポーターの力、温かさを肌で感じることができました」 「僕はセレッソ大阪というクラブ、そしてサポーターの皆さんが大好きですし、このエンブレムをつけてプレーできた事を誇りに思います。自分が思い描いたようにはいかないことが多いですが、諦めず自分なりに目標に向かって歩んでいきたいと思います」 2022.01.06 16:46 Thu
twitterfacebook
thumb

宮崎が金沢MF西田恵の期限付き移籍加入を発表、昨季は岩手でJ2昇格に貢献「最高のシーズンにしましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は6日、ツエーゲン金沢のMF西田恵(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。 西田は大阪体育大学から2020年に金沢に入団。2021シーズンはいわてグルージャ盛岡へと期限付き移籍していた。 岩手では明治安田生命J3リーグで20試合に出場し1得点。J2昇格へ貢献していた。 西田は新天地の宮崎を通じて「この度、期限付き移籍で加入することになりました西田恵です。宮崎の勝利の為に熱く貪欲に闘います!最高のシーズンにしましょう!テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての皆様、よろしくお願いします!」と強い意気込みを述べている。 また金沢を通じては「2022シーズンはテゲバジャーロ宮崎でプレーさせてもらいます。人としても選手としても成長できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします!」と成長を誓った。 1年間戦った岩手を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べている。 「リリースの通り、期限付き移籍期間が終了し、チームを離れることになりました。振り返るとJ2昇格、J初ゴール、10戦無敗、2度のインアウトなどシーズンを通して様々な経験をさせてもらい、忘れられない1年になりました。この経験は絶対に今後のサッカー人生でプラスに活かせると確信しています」 「スタッフの方々含め関係者の皆様、スポンサーの皆様、ご指導、運営やサポート、ご支援いただきありがとうございました」 「ファン・サポーターの皆様、熱い声援本当に力になってました。ピッチ内外で声を掛けてくれたり、暖かく迎えてくださりありがとうございました」 「初めての東北・岩手での生活、1年間でしたが沢山の出会いがあり、本当に濃い時間を過ごさせてもらい、チームのこと、岩手のこと大好きになりました。次の場所でも自分らしくサッカーを楽しんで頑張ります!関わってくださった皆様、本当にお世話になりました!ありがとうございました!」 2022.01.06 12:42 Thu
twitterfacebook
thumb

J2初挑戦の岩手、岐阜からDF甲斐健太郎が完全移籍で加入「自分の持ってる力を出し尽くす」

いわてグルージャ盛岡は4日、FC岐阜からDF甲斐健太郎(27)が完全移籍で加入すると発表した。 立正大淞南高校出身の甲斐は、阪南大学在学中に当時J2のFC岐阜の特別指定選手に認定。2017年に正式に岐阜へ加入したものの出場機会を得られず、翌年はガイナーレ鳥取へと期限付き移籍を決断し、実戦経験を積み上げた。 2019年に岐阜へと復帰。2021シーズンはJ3リーグで27試合1得点という記録を残している。 甲斐は両クラブを通じて次のようなコメントを残している。 ◆いわてグルージャ盛岡 「こんにちは。FC岐阜より移籍してきました甲斐健太郎です。自分の持ってる力を出し尽くし、グルージャの力になれるように全力を尽くします。個人的には偉大なCBである秋田監督の元、さらにレベルアップしたいと思っています。よろしくお願いします」 ◆FC岐阜 「明けましておめでとうございます。まず初めに、昨シーズンFC岐阜を応援・サポートして頂いたファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様をはじめとする、FC岐阜に関わる全ての皆様に感謝申し上げます。多大なるサポートありがとうございました。今シーズンもFC岐阜への後押しよろしくお願いいたします」 「今回僕はいわてグルージャ盛岡に移籍することになりました。特別指定、レンタル移籍期間込みで6年間、物凄くお世話になりました。恐らく、皆様が思っている以上に僕自身、人間としても選手としても成長できたと思います」 「振り返るとこの6年間はいい思い出より悔しい、辛い思い出の方が多いです。ですが僕のそれ以上に、日頃支えてもらっているスポンサー様、ファン・サポーターの皆様にいい思いをさせてあげられなかったのがすごく心残りです」 「言いたいこと、伝えたいことはたくさんあります。でも正直、中島賢星選手がリリースで伝えたことが全てで、それ以上の言葉が僕の小さい頭では見つかりません」 「今回移籍を決めたのは、自分のキャリアを考えた上でこれからベテランの年齢に差し掛かっていくタイミングでチャレンジするなら今の27歳くらいが最後と感じ、色々な方に相談しました。もちろん、岐阜の強化部であったり社長直々に残ってくれと言ってくださり、自分が必要とされている中でこの決断をするには非常に勇気がいりました」 「何よりやはり家族、自分の娘の出生地は紛れもなくここ岐阜県です。僕が心から愛している切っても切れない岐阜県を離れることは非常に寂しいですが、奥さんが今回の挑戦を後押ししてくれました。そんな家族のために今回移籍することを決断しました」 「長くなりましたが、この6年間支えてもらったサポーターの皆さんのお顔は僕の頭にすぐに浮かびます。どこかのスタジアムで会ったりすることもあると思います。そんな時は気軽にお話ししましょう。今回のヘニキ選手や庄司選手のように、より強く、より逞しくなって、また求めてもらえるような選手に成長したいと思います」 「2022シーズンのFC岐阜は必ずJ2に昇格します。どうか皆さんの力で支えてください。これからも変わらぬ応援、今よりさらに選手の力になる応援をよろしくお願いします。6年間ありがとうございました!」 2022.01.04 11:56 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly