アヤックスで60年ぶりの記録! U-21オランダ代表FWが初先発でハットトリック達成!

2019.12.03 12:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
これまでも数多くの若手選手を輩出してきたオランダの名門・アヤックス。また新たな原石が見つかったかもしれない。

1日、エールディビジ第15節でトゥベンテと対戦したアヤックス。FW中村敬斗が先制ゴールを決めるなど、トゥベンテが2点を先行する試合展開となったが、そのチームを救ったのがU-21オランダ代表FWノア・ラングだ。

弱冠20歳のラングは、この試合がアヤックスのトップチームで初先発となったが、2-0で迎えた32分に1点を返すと51分に同点弾を記録。61分にクラース・ヤン・フンテラールが逆転ゴールを決めると、70分にハットトリックとなる3点目を記録。後半アディショナルタイムにもフンテラールがゴールを決め、2-5で逆転勝利を収めた。

ラングは初先発でいきなりハットトリックを達成。これは、1959年にヘンク・フルートが記録して以来、2人目の記録となった。

フルートは、アヤックスで225試合に出場し162ゴールを記録したレジェンド。3連覇を含む4度のエールディビジ制覇に貢献。また、1960-61シーズンにはエールディビジで32試合41ゴールを記録し得点王にも輝いていた。オランダ代表としても39試合で12ゴールを記録している。

ラングは世代別のオランダ代表を経験しており、アヤックスの下部組織で育った逸材。U-19、U-21チームではゴールも量産している。この先はオランダ代表としての活躍の可能性も秘めているラング。新たなダイヤモンドになるかもしれない。


関連ニュース
thumb

ユナイテッド新監督テン・ハグ、早くも働き始めへ! C・パレス戦視察か

アヤックスでの今季が終わったばかりのエリク・テン・ハグ監督だが、早くもマンチェスター・ユナイテッドでの仕事を始めるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 来季からユナイテッドの再建を託され、今季を最後に4年半を過ごすアヤックスから退団するテン・ハグ監督。先週末にエールディビジ最終節が終わった。 そのアヤックスはこれからキュラソー遠征を行って今季を締めくくるが、テン・ハグ監督は帯同せず、ユナイテッドでの新たなキャリアに専念するという。 テン・ハグ監督はフィテッセとのリーグ最終戦後、「キュラソーには行かない」ときっぱり。続けて、ユナイテッド監督としての働き始めを示唆している。 「まだやらなければならないことがたくさんあって、それは理解できることだと思う。どのクラブでもそう。スタッフも、スカッドもまだ整理すべきことが多くある。明日からはそれに集中的に取り組む」 なお、ユナイテッドは22日に敵地でプレミアリーグ最終節のクリスタル・パレス戦を予定。テン・ハグ監督はこの試合を現地で視察する可能性もあるようだ。 2022.05.16 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン加入間近のマズラウィをナーゲルスマン監督が歓迎 「まさに我々が必要としている選手」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、獲得間近となっているアヤックスのモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を歓迎した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 アヤックスのアカデミー出身であるマズラウィは右サイドバックとして主力に定着すると、今季はここまで公式戦34試合に出場して5得点4アシストを記録。チームのエールディビジ優勝に大きく貢献したが、クラブとの契約は今夏までとなっており、バイエルンが獲得に向けて動いていた。 現時点でクラブから正式発表はないものの、マズラウィ本人やバイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は移籍を認めるコメントを出しており、すでにバイエルン加入は既定路線となっている。 14日に行われるブンデスリーガ最終節ヴォルフスブルク戦の試合前会見に出席したナーゲルスマン監督も契約が間近に迫っているマズラウィを歓迎。ハングリーな選手の加入が、チームをより進歩させると高い期待を示した。 「彼はとてもとても良い選手であり、我々はこの補強にとても満足している。彼と会話したとき、そこまで大がかりな説得は必要はないと思ったんだ。最初の会話から彼には大きな熱量があり、バイエルンでしかプレーしたくないと言ってくれた」 「その後、取引は比較的早く成立したよ。というのも、まさに我々が必要としている選手との話し合いだったからだ。情熱ある人物、ハングリー精神のある人物の加入は他の選手の背中を押して、ベストを尽くさせる効果を生むだろう。そうすることで、チームはもっと良くなると思う」 「彼は非常にハングリーな性格のようだ。私はそうしたハングリーな選手がチームに加入することを、嬉しく思っているよ」 2022.05.14 17:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「来季こそタイトルが獲れると信じないとダメ」 C・ロナウドがテン・ハグ新体制に口開く

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがエリク・テン・ハグ監督に発言した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 タイトルに届かなかっただけでなく、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も逃した今季のユナイテッド。来季からは今季もアヤックスをエールディビジ優勝に導き、再び常勝軍団に返り咲かせたテン・ハグ監督の下で再建を図る。 戦い方や戦力をいちから築きつつ、結果も追い求めていかなければならず、難しい仕事になるのが必至だが、C・ロナウドは期待感を抱いているようだ。クラブのインタビューで新体制について時間の必要性を説きつつ、心境を語った。 「彼がアヤックスでファンタスティックな仕事をやり遂げたことや、経験豊富な監督なのは知っている。でも、時間が必要だ」 「彼が望むやり方に変えていかないといけないんだ。彼がうまくいけば、マンチェスター・ユナイテッドの全体が成功することになるし、僕はそうなるよう願っている」 「僕らの誰もが喜び、ワクワクしているよ。選手だけじゃなく、ファンもね。来季こそタイトルが獲れると信じないとダメだ」 そう語るC・ロナウドだが、自身もチームが来季のCL出場権を逸したことで去就が注目の的に。ユナイテッドとの契約は1年延長オプションを除けば来季までだが、移籍の可能性も騒がれている。 2022.05.14 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックス優勝決定試合で“ヒザスラ”失敗から前方一回転…挙句コーナーフラッグに八つ当たり…

アヤックスのオランダ代表FWステーフェン・ベルフハイスが恥ずかしい姿を晒してしまった。 アヤックスは11日、エールディビジ第33節でヘーレンフェーンと本拠地ヨハン・クライフ・アレナで対戦し、5-0で勝利を収めた。2年連続36度目のリーグ優勝を達成したこの試合で、ベルフハイスはゴールを奪取。だが、セレブレーションに失敗してしまった。 ニコラス・タグリアフィコの先制点で試合を動かしたアヤックスは、33分にベルフハイスがネットを揺らす。アタッカーはゴール後、コーナーフラッグへ向かって走り、渾身の"ヒザスラ"を決行した。 だが、芝にヒザを取られ、盛大に顔から地面に激突。勢いのまま一回転となり、結果的に立ち上がると、失敗の照れ隠しか苛立ちか、コーナーフラッグに八つ当たりした。 見た目は美しい"ヒザスラ"パフォーマンスだが、失敗すると悲しい姿を晒すことなる。ベルフハイスもホームの芝具合の確認がやや不足していた様子。ただ、大きなケガにつながらなくて何よりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】盛大にヒザスラを失敗したベルフハイス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CddApgZgKF-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CddApgZgKF-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CddApgZgKF-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN NL(@espnnl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.13 21:07 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックス新指揮官はテン・ハグ監督元右腕のスロイデル氏! 現在クラブ・ブルージュでタイトル獲得へまい進中

アヤックスは12日、来シーズンからの新指揮官としてアルフレッド・スロイデル氏(49)の招へいを発表した。 スロイデル氏が現在指揮を執るクラブ・ブルージュとの交渉が合意に至り、同氏は来シーズンから2024年6月30日までの2年契約にサイン。また、この契約には3年目の延長オプションも付随している。 前日に2年連続通算36度目のエールディビジ優勝を決めたアヤックスでは、来シーズンからマンチェスター・ユナイテッドを指揮するエリク・テン・ハグ監督の今季限りでの退任がすでに決定。 そして、既報通り、テン・ハグ監督の後釜に座ったのは、2018年1月から2019年まで、アヤックスで同監督の副官を務めていたスロイデル氏。 49歳の指揮官は、選手時代はフェイエノールトをはじめ、RKCヴァールヴァイクやNACブレダなど、母国オランダでキャリアを全う。2009年にフィテッセでの引退後、そのまま同クラブのアシスタントコーチに就いた。 その後はアシスタントから監督に昇格した古巣のトゥベンテを経て、ホッフェンハイムやアヤックスで現バイエルン指揮官のユリアン・ナーゲルスマン監督やテン・ハグ監督のアシスタントを務めた。また、2019-20シーズンはナーゲルスマン監督の後任としてホッフェンハイムのトップチームを率いた経歴も持つ。 ここ数年では、2020-21シーズンにロナルド・クーマン監督の右腕としてバルセロナに加入。そして今年1月には、フィリップ・クレメント監督がモナコに引き抜かれたクラブ・ブルージュの監督に就任した。 監督を務めるのはトゥベンテ、ホッフェンハイムに続いて3クラブ目だったが、就任後のリーグ戦ではわずか1敗で、現在は上位4チームで行われる決勝プレーオフで3勝1分けで首位に立つ。 なお、アヤックスの新指揮官就任が決定したスロイデル氏は、古巣での新たな挑戦に意気込む一方、それまではクラブ・ブルージュでのタイトル獲得に全力を注ぎたいと語っている。 「アヤックスの監督になることは名誉であり、両手で掴む絶好のチャンスだ。また、アヤックスでの1年半の仕事を楽しんだので、ここに戻ることも楽しみだ」 「魅力的なフットボールをするチームで、ここアムステルダムでタイトルを獲得したい。経験豊富なトッププレーヤーと非常に優れた若手タレントのバランスが取れている」 「しかし、まずはクラブ・ブルージュでシーズンを無事に終えたいと思うし、できるだけ良い形でサヨウナラを言いたい。タイトル、それは私にとって非常に重要であり、それを達成するために最善を尽くしたい」 2022.05.12 23:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly