町田がDF藤井航大&MF戸高弘貴との契約満了を発表

2019.11.30 16:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは30日、DF藤井航大(28)、MF戸高弘貴(28)の契約満了を発表した。

藤井は富山県出身で、鹿島学園高校から東京学芸大学へと進学。2013年に当時JFLのカマタマーレ讃岐へと入団した。

讃岐では4シーズンを過ごすと、2017年に町田へと移籍。3シーズンで明治安田生命J2リーグで65試合に出場し4ゴールを記録。今シーズンは22試合で1ゴールを記録していた。

戸高は大分県出身で、大分トリニータの下部組織出身。静岡学園高校から立命館大学へと進学すると、2014年に当時J3の町田へと入団していた。

J3では主力としてプレーするも、2014年12月に左ヒザ軟骨損傷で手術。2シーズン半を棒に振るも、その後は再びピッチに戻っていた。町田ではJ2で63試合に出場し10得点、J3で27試合に出場し5得点を記録。今シーズンはJ2で28試合に出場し2得点を記録していた。藤井と戸高はクラブを通じてコメントしている。

◆DF藤井航大

「3年間ありがとうございました」

「町田に来てからの3年間でたくさんのことを経験させてもらいました。優勝にあと一歩足りなかったり、なかなか試合に出て活躍できなかったり、自分の力不足を感じさせられる3年間でした」

「そんな中でしたが、スタッフをはじめ素晴らしいチームメイトに出会えてサッカーができたことは僕にとって大きな財産です。僕に携わってくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです」

「大きく変わろうとしているFC町田ゼルビアの力になれないのは残念であり、悔しいですが、このチームに来れて本当に良かったです。ありがとうございました」

◆MF戸高弘貴

「大学を卒業してから6シーズン本当にお世話になりました」

「町田での6年間では、本当に色々な経験をすることができました。その中で出会ったチームメートやスタッフ、そしていつも支えてくださったファン・サポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

「そして怪我で約2年半の間プレーできずにいたにも関わらずチャンスを与えてくれたクラブには感謝の気持ちでいっぱいです」

「このクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを始めることができて本当に良かったです。ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

J1目指す町田、類似色を重ねたカモフラージュ柄の2ndユニフォームを発表

FC町田ゼルビアは20日、2022シーズンの2ndユニフォームを発表した。 町田は2021年12月に、V字のストライプ線が施されたデザインの1stユニフォームを発表している。 今回発表された2ndユニフォームは、サプライヤーであるSVOLMEのオリジナルデザインから着想したカモフラージュ柄を採用している。 類似色を重ねることで、選手、スタッフ、パートナー企業、ファン、サポーターで一丸となり、前進しようというメッセージが込められている。フィールドプレイヤーはグレー、GKはグリーンが基調だ。 町田は2021シーズンの明治安田生命J2リーグを6位でフィニッシュ。2022シーズンはこのユニフォームでJ1昇格を目指す。 <span class="paragraph-title">【写真】類似色を重ねたカモ柄の町田新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2022公式ユニフォーム<br>全デザイン公開<br>\<br><br>2ndユニフォームは <a href="https://twitter.com/hashtag/SVOLME?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SVOLME</a> オリジナルデザインから着想したカモフラージュ柄で表現<br><br>スタジアムでは選手たちと同じユニフォームを着て、共に前進しましょう!<br><br>詳細はこちら<a href="https://t.co/pzDQgplAlz">https://t.co/pzDQgplAlz</a><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E7%94%BA%E7%94%B0%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC町田ゼルビア</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/zelvia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#zelvia</a> <a href="https://t.co/v4KVAPmPle">pic.twitter.com/v4KVAPmPle</a></p>&mdash; FC町田ゼルビア 公式 (@FcMachidaZelvia) <a href="https://twitter.com/FcMachidaZelvia/status/1483998187438637061?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 13:01 Thu
twitterfacebook
thumb

町田のDF青木義孝がJFLのラインメール青森へ期限付き移籍「J3昇格に貢献できるよう全力を尽くします」

FC町田ゼルビアは9日、DF青木義孝(23)がJFLのラインメール青森へと期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、町田との公式戦には出場できない。 町田の下部組織出身の青木は、ジュニアユース、ユースと昇格し、拓殖大学へと進学。2020年に特別指定選手となると、2021年から正式に入団していた。 プロ1年目の2021シーズンは公式戦の出番なし。青森で武者修行することとなる。 青木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ラインメール青森 「FC町田ゼルビアから期限付き移籍で加入することになりました青木義孝です。J3昇格に貢献できるよう全力を尽くします。何卒宜しくお願いします」 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアのファンサポーターの皆様、2022シーズンはラインメール青森FCに期限付き移籍をすることになりました。昨シーズンは非常に悔しい1年でした。この悔しさを胸に、必ず青森で大きく成長して帰ってきます!」 「引き続き皆様の応援を頂けると幸いです。何卒宜しくお願いいたします」 2022.01.09 16:37 Sun
twitterfacebook
thumb

J2復帰目指す相模原が元日本代表DF水本裕貴を獲得「覚悟を持ってやってまいります」

SC相模原は8日、FC町田ゼルビアの元日本代表DF水本裕貴(36)が完全移籍で加入することを発表した。 水本は、三重高校から2004年にジェフユナイテッド市原・千葉へと入団。4シーズンを過ごすと、2008年にガンバ大阪へ完全移籍。1年で京都サンガF.C.へと完全移籍し、2011年にサンフレッチェ広島へと完全移籍する。 広島では、加入1年目に頭蓋骨骨折および急性硬膜外血腫を負い緊急手術を受けるなどし、ヘッドギアをつけてプレー。翌年からは通常通りプレーすると、ディフェンスラインの主軸に定着した。 3バックの一角としてチームを支えると、アルベルト・ザッケローニ監督が率いる日本代表に選出され久々に代表復帰。さらに広島のリーグ優勝に貢献するなど、3度の優勝を経験した。 2015年には127試合連続フルタイム出場を記録するなどするが、2019年は期限付き移籍で松本山雅FCでプレー。2020年には町田へ期限付き移籍で加入すると、2021シーズンに完全移籍で加入していた。 水本は2020シーズンは明治安田生命J2リーグで41試合に出場し1得点を記録し、2021シーズンも24試合に出場していたが、シーズン終了後に契約が満了となっていた。 水本は相模原を通じてコメントしている。 「初めまして。水本裕貴です。SC相模原に関わる全ての皆様に1日でも早く認めて頂けるよう日々努力いたします」 「J2昇格に貢献するために、覚悟を持ってやってまいりますのでサポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 2022.01.08 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

長野が岡山MFデューク・カルロスを育成型期限付き移籍で獲得、昨季は町田でプレー

AC長野パルセイロは6日、ファジアーノ岡山のMFデューク・カルロス(21)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 育成型期限付き移籍期間中は、岡山との公式戦には出場できない。 デューク・カルロスは、川崎フロンターレの下部組織出身で、U-15、U-18と昇格し、2016年にはトップチームに2種登録。しかし、昇格は果たせず、2018年に岡山へ加入した。 2021シーズンはFC町田ゼルビアへと期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。 新天地となる長野はデューク・カルロスについて「左サイドからのキレのあるドリブル突破でチャンスメイクできる選手」と特徴を紹介している。 デューク・カルロスは長野を通じて「はじめまして。デュークカルロスです。長野サポーターの熱さ、スタジアムの素晴らしさを知っていたので、とてもワクワクしています!チームの力になれるよう覚悟を持って戦います。スタジアムでたくさんの勝利を分かち合いましょう!」とコメントしている。 また岡山を通じては「今年も期限付き移籍でプレーすることになりました。より一層自信をつけて、パワーアップできるように頑張ります!変わらず応援していただけると嬉しいです」と成長を誓った。 町田では1年間のプレーとなったが「1年という短い期間でしたがありがとうございました!初めての移籍で不安もありましたが、皆さんに温かく迎えていただき、とても充実した1年でした。2022シーズンは別のクラブに行きますが、町田のJ1昇格を願っています!」と感謝の気持ちを述べている。 2022.01.06 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木がDF髙杉亮太の現役引退&強化担当就任を発表…愛媛や長崎でプレー

栃木SCは6日、DF髙杉亮太(37)の現役引退を発表した。 なお、髙杉は強化担当に就任することも併せて発表されている。 髙杉は山口県出身で、高知高校から明治大学へと進学。2006年に当時関東サッカーリーグ2部のFC町田ゼルビアへとテスト入団した。 2007年には愛媛FCへと加入すると、2013年にはV・ファーレン長崎へと完全移籍。長崎では2017年にJ1昇格に貢献。J1でもディフェンスの要としてプレーした。 2020年から栃木でプレー。2021シーズンは明治安田生命J2リーグで4試合の出場に終わっていた。 キャリア通算では、J1で30試合1得点、J2で320試合13得点、リーグカップで1試合、天皇杯で10試合1得点を記録していた。 髙杉はクラブを通じて、引退へのコメントを寄せている。 「明けましておめでとうございます。私、髙杉亮太は2021シーズンをもちまして現役を引退することにしました」 「自分のために始めたサッカーでしたがいつしか、応援してくれる人のため、指導してくれた方々のため、スポンサーのため、共に戦う仲間のため、チームのため、そして家族のためにと変化していきました。誰かのためにサッカーすることでここまで頑張れたと思います。いや、そういう人たちがいてくれたからこそ、ここまで長く現役生活を送ることができたのだと感じています」 「私のサッカー人生に関わって頂いた方々の人生が少しでも豊かに、幸せに、エキサイティングになってくれていたのなら自分がやってきたことに意味があったのかなと思います。アスリートの人生は多くの人たちの人生と共に進んでいます。その人たちの未来を素晴らしいものに変えるほどのパワーを持っているのもアスリートです。自分はそこまでのことを出来なかったかもしれませんが、多くのアスリート、そして栃木SCの選手たちが関わる人たちを幸せにしてくれることを強く願っています」 「私のサッカー人生に寄り添って支えて頂いた多くの方々に感謝とお礼申し上げます。本当にありがとうございました」 「そして、2022シーズン栃木SC強化担当に就任することとなりました。選手としてはなかなかチームに貢献できなかった私に立場は変わりますが、再び栃木SCのために働けるチャンスを頂き感謝しています。今の自分だからこそ出来ることを最大限に発揮し、チーム・選手を全力でサポートしていきます。今後の髙杉亮太もよろしくお願いいたします」 2022.01.06 16:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly