新潟、8年ぶりに復帰した元韓国代表MFチョ・ヨンチョルとの契約満了を発表「愛してる新潟」

2019.11.22 19:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は22日、元韓国代表MFチョ・ヨンチョル(30)との契約満了を発表した。

チョ・ヨンチョルは、韓国の蔚山鶴城高校から2007年に横浜FCへと入団。2009年に新潟へと移籍すると、サイドアタッカーとして頭角を現す。2012年には大宮アルディージャへと完全移籍すると、ここでも左サイドを主戦場にアタッカーとして活躍した。

2014年にはカタールSCへと移籍すると、2015年7月に蔚山現代へと移籍。同年12月には兵役のために尚州尚武へと移籍。2017年9月に蔚山現代へと復帰すると、2018年7月から慶南FCに移籍。今年1月に新潟へ復帰していた。

今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。チョ・ヨンチョルはクラブを通じてコメントしている。

「新潟のサポーターの皆さん!まずは、悲しいことでの挨拶となり、申し訳ございません!もっと長く新潟でプレーして、チームにもっと貢献したかったのですが実現できず、応援してくださった皆さんの期待に応えられず、すみませんでした」

「8年ぶりに、新潟に戻ることができて本当に幸せでした。新潟を離れた時から、いつかは絶対に新潟に戻りたい気持ちがあったので、今季またチームに加われたのは、ある意味、夢が叶う瞬間でした!以前と変わらずに新潟サポーターの皆さんの温かい応援が伝わって幸せでした!」

「今年、J1には昇格できませんでしたが、来年こそアルビがJ1に昇格することをどこかで応援しています!皆さん!あらためて、本当にありがとうございました!愛してる新潟。」
コメント
関連ニュース
thumb

「J1昇格。求めていることはそれだけ」新潟が浦和生え抜きのDF荻原拓也を期限付きで獲得

アルビレックス新潟は12日、浦和レッズのDF荻原拓也(20)が期限付き移籍で加入することを発表した。 なお、移籍期間は2020年8月13日から2021年1月31日となり、浦和との公式戦には出場できない。背番号は「7」をつける。 荻原は、浦和の下部組織出身で2018年にトップチームへ昇格。これまでJ1で13試合に出場。リーグカップで11試合2得点、天皇杯で3試合に出場していた。 今シーズンもJ1で1試合に出場し、カップ戦も2試合に出場している。 荻原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「J1昇格。自分が求めていることはそれだけです」 「自覚と責任を持つためにもこの背番号を希望して、理解していただいたクラブには感謝しかありません。毎試合すべての力を出し切り、チームの勝利に必ず貢献します」 「アルビレックス新潟サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします!」 ◆浦和レッズ 「このたび、アルビレックス新潟へ期限付き移籍をすることになりました」 「ジュニアユースからずっと過ごしてきた大好きなこのクラブから離れる決断は、決して簡単ではありませんでした。チームの力になれなかったことに力不足と悔しさを感じています」 「ファン・サポーターのみなさんには、常に僕に対して期待感をもっていただき、気持ちのこもったご声援をいただいたこと、本当に感謝をしています」 「クラブにも、ファン・サポーターのみなさんにも必要とされる選手になって必ず戻ってきます」 2020.08.12 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟、秋山をプロA契約に変更!今季はここまで8試合に出場

アルビレックス新潟は5日、MF秋山裕紀(19)との契約をプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。 秋山は、7月19日に行われた明治安田生命J2リーグ第6節のモンテディオ山形戦に出場し、Jリーグが定めるプロA契約締結条件である900分間の出場時間を超えたため、同契約に至ったという。 昨年、前橋育英高校から新潟に加入した秋山。デビュー戦となった同年10月のJ2リーグ第37節の福岡戦では、長短のパスで試合のリズムを作り、見る者を唸らせていた。今季はここまでJ2リーグに8試合出場している。 2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島が新潟DF岡本將成を育成型期限付き移籍で獲得 「鹿児島のために全身全霊で」

鹿児島ユナイテッドFCは5日、アルビレックス新潟に所属するDF岡本將成(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「3」を着用する。 新潟下部組織出身の岡本は、2019年にトップチーム昇格を果たすと、明治安田生命J2リーグ10試合に出場。今シーズンはここまで出場がなかった。武者修行決定を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆さん、こんにちは。チームの目標であるJ2昇格に向けて、鹿児島のために全身全霊でサッカーに取り組んでいきたいと思います。応援をよろしくお願いします!」 ◆アルビレックス新潟 「中学生から指導していただいたアルビレックス新潟のおかげで、ここまで成長することができました。同期加入した至恩、和輝、裕紀と共に切磋琢磨できたことは財産であり、4人そろって出場したいという気持ちがありましたが、このたび育成型期限付き移籍することを決めました。とても難しい決断でしたが、これまで以上に成長した姿を皆さんに見ていただけるように、努力を続けていきます。これからも応援をよろしくお願いいたします」 2020.08.05 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟FWファビオが最大6週間の負傷離脱 今季ここまでチーム最多タイの4ゴール

アルビレックス新潟は4日、ブラジル人FWファビオの戦線離脱を報告した。 ファビオは今季から新潟でプレー。今季のここまで明治安田生命J2リーグ8試合に出場してチーム最多タイの4得点を挙げているが、7月29日に行われた第8節の東京ヴェルディ戦で負傷した。クラブの発表によると、診断結果は右足関節外側じん帯損傷。全治は受傷後4〜6週間の見込みだ。 新潟は現在、J2リーグ3勝5分け1敗の6位。8日に行われる次節、2位の大宮アルディージャをホームに迎え撃つ。 2020.08.04 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟がホニの契約問題についてFIFAの裁定に不服、スポーツ仲裁裁判所へ控訴

アルビレックス新潟は28日、FIFAが介入したブラジル人FWホニの契約問題に関して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への控訴を行うことを発表した。 2017シーズン、クルゼイロから加入したホニは、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し7得点を記録。しかし、2018年冬にクルゼイロとボタフォゴとの間の移籍交渉に絡むとされ、新潟のキャンプに不参加。ブラジル復帰が濃厚とみられていたものの、2018年3月30日に新潟が選手登録を行っていた。 しかし、ホニが一方的な理由で契約解除を申し出て、新潟との契約期間中にアトレチコ・パラナエンセと契約。これが重大な契約違反となり、新潟は2019年3月に国際サッカー連盟(FIFA)に提訴。14日にその裁定が下された。 裁定はホニに対して4カ月間の公式戦出場停止と移籍禁止。また、アトレチコ・パラナエンセに対して、今後2度の移籍ウインドーで新選手の登録禁止。また、ホニとアトレチコ・パラナエンセに対して、新潟への賠償金の支払いとなっていた。 しかし、新潟はこの裁定に対して不服があるとし、CASへの控訴を実施。7月24日に申し立てが受理されたことを報告した。なお、最長で1年半程度、裁定が下されるまでに時間がかかるとのことだ。 2020.07.28 15:10 Tue
twitterfacebook