モントリオールで再出発…アンリ監督「モナコで多くを学んだ」

2019.11.19 14:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグサッカー(MLS)のモントリオール・インパクトの指揮官に就任したティエリ・アンリ監督(42)が、挽回を誓った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

現役時代にワールドクラスのストライカーとして名を馳せた元フランス代表のアンリ氏。現役引退後は、『スカイ・スポーツ』などで解説者を務める傍ら、古巣アーセナルのU-18チームのコーチ、2016年からはベルギー代表でロベルト・マルティネス監督のアシスタントコーチを務めていた。

その後、昨年10月に解任されたレオナルド・ジャルディム前監督の解任に伴い、現役時代の古巣・モナコの新指揮官に就任。低迷していたクラブの再建を託されるも、就任からリーグ戦12試合でわずか2勝と振るわず。監督初挑戦はわずか3カ月ほどで終焉を迎えた。

失意の解任から約10カ月…。今月14日にモントリオール・インパクトの監督就任が発表され、指導者としての再スタートを切ることとなったアンリ氏は、記者会見で以下のようにコメントした。

「皆さんは良いことばかり覚えているが、私は暗闇の中で良い選手になっていった。きっとその経験が良い監督になることにも役立つだろう」

「モナコでは上手くいかなかった。多くの言い訳をすることができるが、結局は上手くいかなかったんだ。そして、今はモントリオールの監督としてここにいる」

「私はそこで多くのことを学ぶことできた。唯一の間違いは起きたことから学ばないことなんだ。それに立ち向かっていく必要がある」

「常に戦うということだ。これは私の話だけではない。すべての人の人生の話でもある。倒れることもある。でも、その後、どうやって起き上がるかが大事なんだ」


関連ニュース
thumb

グリーズマン、MLS行きの夢ブレず 「バルサと契約満了後は良いタイミング」

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(30)が将来的なアメリカ行きの夢を改めて公言した。 母国フランスではなく、スペインでプロキャリアをスタートさせ、レアル・ソシエダ、アトレティコ・マドリーを渡り歩き、2019年夏からバルセロナに在籍するグリーズマン。度々、パフォーマンスぶりが批判の的になりつつ、公式戦99試合の出場で35得点16アシストを記録する一方で、NBA好きが高じて、以前から将来的なアメリカでのプレー願望を明らかにしている。 そんなフランス人アタッカーは今もアメリカでプレーするという夢を抱き続けているようだ。今夏もまことしやかにバルセロナからの移籍が取り沙汰されるグリーズマンだが、フランス『Le Figaro』のインタビューで現行契約を全うした後、アメリカに活躍の場を移すプランを再び口にした。 「バルセロナとの契約は2024年6月までだし、その後はアメリカに行くのに良いタイミングだと思う。あの国やあの文化、NBAが大好きで、もっと知りたいんだ。家族のことも考えないといけないけどね」 また、欧州だと切ろうとしても切れないメディアの目から距離を置け、プライバシーが守られるという点もアメリカ行きに心が惹かれ続ける背景としてあると語っている。 「プライバシーがより尊重されるのもアメリカを好む理由であり、行きたい理由だ。フランスやスペインだとそうじゃないが、アメリカだとあまり気づかれないしね」 2021.06.20 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター退団のフックスが来季MLS参戦のシャーロットFCへ加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシャーロットFCは7日、今季限りでレスター・シティを退団した元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 フックスは、母国のウィーナー・ノイシュタットやマッテルスブルクでプレーし、その後はドイツへ活躍の場を移すと、ボーフムやマインツでプレー。2011年7月にはシャルケへと完全移籍する。 シャルケでは公式戦136試合に出場し8ゴール30アシストを記録。元日本代表DF内田篤人と両サイドバックを務めるなどし、主力としてプレー。2015年7月にレスターへと移籍した。 左足から繰り出される高精度のキックはレスターでも武器に。加入1年目の2015-16シーズンからいきなり左サイドバックのレギュラーに定着すると、プレミアリーグで32試合に出場し4アシストを記録。チームの奇跡の優勝に大きく貢献した。 その後も左サイドバックのレギュラーとしてプレーし、152試合に出場し3ゴール13アシストを記録。しかし、近年は出場機会が激減しており、今季も公式戦16試合に出場にとどまっていた。 シャーロットFCは、2022年からメジャーリーグサッカー(MLS)に参入することが決定しており、フックスは2022年1月からクラブに加入することとなる。 2021.06.08 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チチャリート躍動のLAギャラクシーがインテル・マイアミに逆転勝利、ネビル監督は初陣で黒星《MLS》

2021シーズンが開幕したメジャーリーグ・サッカー(MLS)だが、開幕戦からレベルの高い戦いが見られた。 デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミは、ホームに古巣でもあるロサンゼルス・ギャラクシーを迎えての一戦。かつてヨーロッパで活躍した選手たちが躍動した。 インテル・マイアミは、イングランド女子代表の監督を務めていたフィル・ネビル監督の初陣に。互いに試合は堅い入りを見せ、なかなかゴールを奪うことができない。 それでもインテル・マイアミは32分、ボックス中央で横パスを受けたゴンサロ・イグアインが豪快に左足一閃。しかし、これはGKにセーブされてしまう。 それでも前半アディショナルタイムにはイグアインが浮き球のパスに反応し抜け出すと、そのままドリブルでボックス内に侵入しGKと一対一に。すると横パスを出し、ロビー・ロビンソンが落ち着いて流し込み、インテル・マイアミが先制する。 先制を許したLAギャラクシーだったが、後半もインテル・マイアミに押し込まれる展開に。それでも62分、左サイドで29がパスを受けると、ドリブルで持ち上がりグラウンダーのクロス。これをボックス中央受けた“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが相手をかわしてシュート。これが決まり、1-1の同点に追いつく。 追いつかれてしまったインテル・マイアミだが、66分にPKを獲得。ロドルフォ・ピサーロがボックス内で倒されて得たPKをイグアインが右隅にしっかり決め、2-1と勝ち越しに成功する。 勝ち越しに成功したインテル・マイアミだが、73分に失点。左サイドからのクロスをGKがファンブル。こぼれ球をチチャリートが詰めて再び同点に追いつく。 さらに81分には、右サイドを仕掛けるとグラウンダーのクロスがルーズボールに。最後はマイナスのパスをサーシャ・クリエスタンが蹴り込むとGKは全く反応できず、左ポストを叩いたシュートが決まり、LAギャラクシーがついに逆転。そのまま逃げ切り、2-3で開幕戦を制した。 インテル・マイアミ 2-3 ロサンゼルス・ギャラクシー 1-0 45+2分:ロビー・ロビンソン(インテル・マイアミ) 1-1 62分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー) 2-1 68分:ゴンサロ・イグアイン(インテル・マイアミ)【PK】 2-2 73分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー) 2-3 81分:サーシャ・クリエスタン(LAギャラクシー) <span class="paragraph-title">【動画】絶妙なムーブで相手DFをいなすチチャリートの妙技!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">CHICHARITOOOO!<br><br>All tied up in <a href="https://twitter.com/hashtag/MIAvLA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MIAvLA</a>! <a href="https://t.co/ll2hX764ZA">pic.twitter.com/ll2hX764ZA</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1383884725547257857?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベッカムが「ベッカム・ルール」に違反…マテュイディ獲得で特別指定選手の制限を超えていたことが発覚

デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミだが、2020シーズンに規則違反をしていた。 MLSはその他のリーグは異なり、クラブにはサラリーキャップ制度が設けられている。チーム間の戦力差をなるべく均等にするこの制度だが、そこから外れる「特別指定選手」という制度も設けられている。 MLSではヨーロッパで活躍した一線級の選手達が多くプレーしていたが、かつてはベッカム氏がロサンゼルス・ギャラクシーに加入した際にできた制度。「ベッカム・ルール」とも言われるこの制度は、各チームがサラリーキャップ外で登録できるという枠になる。 ベッカムを始め、ティエリ・アンリやラファエル・マルケス、スティーブン・ジェラードやフランク・ランパードらが該当する。 そんな中、3月に1つの疑惑が浮上。インテル・マイアミが2020年夏にユベントスから獲得したフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(34)に疑惑の目が向けられた。 マテュイディは通常の選手枠である、TAM(ターゲット・アロケーション・マネー)の範囲で登録されたメンバーだったが、実は特別指定選手にしなければいけなかったとのこと。そして、インテル・マイアミはマテュイディを含めると4名の特別指定選手を登録したこととなり、上限の3名を超えていたことがわかった。 MLSは声明で「マテュイディの報酬はTAM選手の上限を超えてお理、彼は指定選手に分類されるべきだった」とし、「その結果、インテル・マイアミは2020シーズンの間、マテュイディに加えて3人の指定選手を抱えており、制限に違反した」としたものだった。 現時点でクラブへの処分などは発表されておらず、これらは後日発表されるとのことだ。 2021シーズンもマテュイディはインテル・マイアミでプレー。ゴンサロ・イグアイン、ロドドルフォ・ピサーロとともに指定選手として登録されたが、制限を超えたためにアルゼンチン人MFマティアス・ペジェグリーニとの契約を取りやめ、レンタル移籍で放出することになった。 2021.04.17 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシとセスクが再びチームメイトに? 仲良し奥さん2人が夫のMLSでの共闘画策か

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)と元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(33)の2選手が将来的に再びチームメイトになる可能性があるようだ。 メッシとセスクはバルセロナの下部組織である“ラ・マシア”と、バルセロナのトップチームで共にプレーしてきた盟友。現在、メッシがバルセロナでのキャリアを継続している一方、セスクは2014年にバルセロナを離れて以降、チェルシーを経由しモナコでプロキャリアを続けている。 共に今年34歳とキャリア終盤に差し掛かっている中、バルセロナでの去就が不透明となっているメッシに関してはその新天地に大きな注目が集まる。 ロナルド・クーマン監督は10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦後の会見の場で、「レオの将来は彼自身が決めること。だが、彼はこのチームに素晴らしい未来があることがわかっているし、チームを去ることは考えないだろう」と、来シーズン以降の残留に自信を示した。 ただ、CLで敗れた相手であるPSG行きを含め、バルセロナ生え抜きのエースが新天地を求める可能性は十分に想定されるところだ。 そういった中、ラ・リーガに精通するスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏は、アメリカ『CBS Sports』でメッシのメジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性について言及。 その背景にはメッシの妻であるアントネラ・ロクソさん、セスクの妻であるダニエラ・セマーンさんの密接な友人関係があるようだ。 「セスク・ファブレガスはMLSに行きたがっている。そして、セスクの奥さんとメッシの奥さんはとても仲が良く、奥さん2人はセスクとメッシが一緒にアメリカに行くように説得している」 「もちろん、セスクはまだモナコにいるので、それがいつ実現するかはわからない。しかし、その可能性は両プレーヤーの頭の片隅にはあることだ」 現時点では実現の可能性は限りなく低い2人のMLS移籍だが、アントネラさんとダニエラさんが夫を説得できた場合、両選手の3度目の共闘が実現するかもしれない。 2021.03.12 00:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly