人種差別に反発したタイソンにレッドカード…選手連盟は取り消しを要求

2019.11.15 22:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャフタール・ドネツクのブラジル人MFタイソンに提示されたレッドカードを巡って、国際選手連盟(FIFPro)がウクライナサッカー連盟(FFU)に対し、カードの取り消しを要求しているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。

今月10日に行われたウクライナリーグのシャフタール・ドネツクvsディナモ・キエフにおいて、タイソンともう一人のブラジル人MFデンチーニョが人種差別被害に遭った。我慢できなくなったタイソンは、中指を立て、相手GKが持っていたボールを奪いスタンドに蹴り込んだ。

目に涙を浮かべながら反発したタイソンに対し、主審はレッドカードを提示。終盤の82分に退場処分となっていた。

FIFProはこの判定を取り消すようFFUに訴えている。

「世界中の何百万人もの人々が、ディナモ・キエフのサポーターから差別被害を受け、気持ちを抑えられなくなったタイソンがレッドカードを受けている光景を目にした」

「プロサッカー選手の代表として、レッドカードの取り下げをお願いしたい。彼に対するどんな罰も、人種差別においてフットボールやウクライナ、そして彼を攻撃した人たちに悪い影響を与えてしまいかねない」

タイソンは試合後、人種差別に対する声明を発表。「権利と平等のために僕は戦い続ける」と、世界中の人々に強いメッセージを送っている。

関連ニュース
thumb

シャフタール、アヤックスからFWトラオレを獲得! 今季リーグ戦では1試合5G3Aの大暴れで話題に

シャフタール・ドネツクは18日、アヤックスからブルキナファソ代表FWラシナ・トラオレ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 元アヤックスの選手であり、現在はアストン・ビラで活躍するブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレを従兄弟に持つトラオレは、アヤックス・ケープタウンのユースチームでの活躍が評価され、2019年1月にアヤックスへ加入。 同年5月のユトレヒト戦でトップチームデビューを飾ると、今シーズンは公式戦18試合に出場し8ゴール8アシストを記録。昨年10月に行われたエールディビジのVVVフェンロ戦では5ゴール3アシストの圧巻のパフォーマンスを披露し、13-0という驚愕の大勝の立役者となっていた。 なお、イタリア『Tuttomercatoweb』によると、U-23ブラジル代表FWペドリーニョに続くロベルト・デ・ゼルビ新体制における2人目の補強選手となったトラオレの移籍金は800万ユーロ(約10億5000万円)程度になったという。 2021.06.19 01:03 Sat
twitterfacebook
thumb

シャフタールがU-23ブラジル代表FWペドリーニョの獲得を正式発表!

シャフタール・ドネツクは13日、ベンフィカからU-23ブラジル代表FWペドリーニョ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 過去にバルセロナやレアル・マドリーが関心を示したペドリーニョは、2017年3月にコリンチャンスでプロデビューしたブラジルの逸材アタッカー。左利きのウイングで、ブラジル人らしい足元の技術やドリブルを最大の特長としている。 しかし、昨夏加入したベンフィカでは公式戦31試合に出場したものの、リーグ戦とヨーロッパリーグでは思うようなプレータイムを得られず、23試合で0ゴール0アシストに終わっていた。 なおベンフィカの発表によれば、ペドリーニョの移籍金は1800万ユーロ(約24億円)になるとのことだ。 2021.06.14 01:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シャフタールがペドリーニョ獲得でベンフィカとクラブ間合意!

ベンフィカは9日、U-23ブラジル代表FWペドリーニョ(23)のシャフタール・ドネツクへの完全移籍がクラブ間合意に至ったことを発表した。 移籍金はベンフィカがコリンチャンスから獲得時に支払った1800万ユーロ(約24億円)となり、ペドリーニョがメディカルチェック受診後、契約書にサインした段階ですべての手続きが完了する。 過去にバルセロナやレアル・マドリーが関心を示したペドリーニョは、2017年3月にコリンチャンスでプロデビューしたブラジルの逸材アタッカー。左利きのウイングで、ブラジル人らしい足元の技術やドリブルを最大の特長としている。 しかし、昨夏加入したベンフィカでは公式戦31試合に出場したものの、リーグ戦とヨーロッパリーグでは思うようなプレータイムを得られず、23試合で0ゴール0アシストに終わっていた。 なお、ペドリーニョはロベルト・デ・ゼルビ新監督の就任決定後最初の補強選手となった。 2021.06.10 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シャフタール、サッスオーロ退任のデ・ゼルビ氏を新指揮官に招へい

シャフタール・ドネツクは25日、ロベルト・デ・ゼルビ氏(41)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2021年7月1日からの2年契約になる。 これまでフォッジャ、パレルモ、ベネヴェントでの実績を積み、2018年7月からサッスオーロの監督に就任したデ・ゼルビ氏。 ジョゼップ・グアルディオラを彷彿とさせる立ち位置、ボールの循環にこだわる攻撃的なポゼッションスタイルを志向する青年指揮官は、昨シーズンに4シーズンぶりの一桁フィニッシュ(8位)に導くと、今シーズンも限られた戦力の中で2年連続の8位フィニッシュを果たしていた。 すでに今シーズン限りでのサッスオーロ退団を明言していた中、国内でのステップアップも期待されたが、自身初の国外での指揮を選択した。 なお、ルイス・カストロ体制で2年目となったシャフタールは、今季ディナモ・キエフに王座を奪い返されてリーグ連覇が「4」でストップしていた。 2021.05.26 00:42 Wed
twitterfacebook
thumb

センシ、サッスオーロ時代の恩師デ・ゼルビ就任のシャフタールからオファーか

シャフタールがインテルのイタリア代表MFステファノ・センシ(25)にオファーを出す準備があるようだ。イタリア『Calciomercato.com』が報じている。 シャフタールでは新シーズン、サッスオーロのロベルト・デ・ゼルビ監督の就任を発表。センシはデ・ゼルビ監督の下、サッスオーロでブレイクし、2019年夏にインテルにレンタルで加入していた。 インテル加入直後、大きなインパクトを残したセンシは昨年、完全移籍を果たしていたが、度重なる負傷に悩まされ、今季は最終節を前にセリエAで17試合の出場(うち先発は3試合)に留まっている。 ベンチを温める機会が多い現状に目を付けたシャフタールだが、獲得は成功するだろうか。 2021.05.19 01:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly